おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

タグ:2着

ハートホイップ2着ハートホイップ 2着本日7/25(日)函館1R 2歳未勝利(芝1200m・牝)泉谷楓真騎手騎乗で出走したハートホイップは惜しくも2着。逃げずともやれることを見せた、次走につながる2着でした^^汗

1番人気馬ニシノタマユラが隣の1番枠でしたので、その前を行くか注目していましたが、後ろの3番手に控えました。しかしこれが前後逆だったとしても、着順は変わらなかったかな…と思います。パトロールビデオ見ると、まだハートホイップは真っ直ぐ走れていないので、ロスが多いですね。相手は真っ直ぐ走れているので、余裕ありの勝ち方でした。

今回は7頭立ての牝馬限定戦だったので、勝ちたかったのが正直な気持ちですが、焦らず、一旦休ませてからの次走に期待したいですね^^汗 本日はお疲れさまでした。。。

★7/25(日)函館・2歳未勝利(芝1200m・牝)泉谷楓真騎手 結果2着
「相手が強かったですね。ジョッキーは『馬の後ろについても怯むようなこともありませんでしたし、最後まで懸命に走ってくれました』と話しています。デビュー戦とはまた違う競馬で、いい経験になったと思いますので、今後に生かしていきましょう」(天間昭一調教師)454kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ラッキーミーティア2着ラッキーミーティア 2着本日7/6(火)門別3R 2歳牝馬 未勝利 ダ1000m 阿部龍騎手騎乗で出走したラッキーミーティアは離された2着…。

今回もスタートから前に出れず中団の位置取り。しかしコーナーに差し掛かると前に進出し、結果勝った馬には離されましたが、前進ある2着でした。

しかしデビュー前は期待度が大きかったラッキーミーティアだけに、なかなか勝てず、馬具も大掛かりなものを付けさせられ、少しトーンダウン…。次走は勝ってトーンを上げていきたいですね^^汗 本日はお疲れさまでした。。。

7月6日(火)門別3R 2歳牝馬 未勝利 ダ1000m戦に出走し2着でした。 佐々木調教師「競馬っぷりは良かったと思います。馬場がパンパンで時計が速かったですね。ジョッキーは『ゲートを出てからもだいぶハミを噛むようになりました。ただ、まだ追ってステッキを入れたらフラフラフラフラしようとするので、そういう所が解消されればもっと走ってくると思います。馬場はこれくらい軽い方が脚抜きが良くて走りそうな感じがします』と話していました。直線縦に見ていてもフラフラしてるところがあるから、もうちょっと真面目になってガツンとハミを取ってくれたら良いですね。馬体重はプラス8キロでしたが、ヘイキューブという飼料を良く食べる事を発見したので、ヘイキューブに色々なものを混ぜて与えるようにしたら、ペロっと完食するようになりました。プラス8キロまで持っていくつもりはなかったですが、割と食べてくれたので増えましたね。まあ太め感はなかったと思います。腰の方はまた筋注はやっとこうと思います。また同じタイミングで競馬に使って行くのが良いと思いますので、次走も馬の状態次第ですが、中1週で開催の前半を考えています。今日の走りならすぐに順番が来ると思います」
(YGGオーナーズクラブより転載)

ラッキーミーティア2着ラッキーミーティア 2着本日6/22(火)門別2R 2歳未勝利 ダ1000m 阿部龍騎手騎乗で出走したラッキーミーティアは、スタート後、行き脚がつかなかったようで、後方2番手からの競馬…。この時点でまた駄目か…と諦めかけていましたが、直線の末脚は目を見張るものがあり、重馬場ながら上り35.3の快速ぶり^^汗 2着と健闘しました。

しかしレースコメントを見る限り、先行きは暗雲が立ちはだかり、不安がいっぱい…。まぁ、レース慣れするしか改善策は無いでしょうから、怪我だけはせず、前向きに進めてもらえたらと思います。本日はお疲れさまでした。。。

6月22日(火)門別2R 2歳未勝利戦に出走し2着でした。 佐々木調教師「直線は良く伸びてくれましたが、スタートを出てからが、本当にモソモソで全然進まないんですよね。ジョッキーもかなりしごいているんだけど、能検の時みたいなピュッというのがなくなってしまってますね。直線の反応は悪くなかったようですが、追い出しでよれたりしているので、やっぱり気が悪いというか、競馬に気持ちが向いてないような感じで。以前よりは反応して伸びてきていますけどね。ゲートを出てから遅いのを、終いの脚でカバーしてくれたのは良かったですが。デビュー戦の不利を引きずってるのか、まあそれを言い訳にすれば楽ですけど、もう1ヶ月も前の話ですし。今回はパシュファイヤーにブリンカーがついている道具を着けて馬のメンタルは前向きになっているので、多少は前進していると思いますので、このままこの装備で使って行きたいと思います。距離については悩みますね。これで距離を伸ばして、道中ゆったりさせちゃうと反応しなくなっちゃうかもしれないし、1000mでグイグイグイグイだから反応しているのかもしれないので。距離延長で道中息を入れた時に、そのまま止めちゃったら嫌だなというのがあるので、もう一戦くらいは1000mか1100mくらいで使ってみて、ゲートの出はいきなり良くはならないと思いますが、終いにちゃんと脚を使う事を覚えてくれたら、1200mとか、距離を伸ばしても良いかもしれません。スタート後に進んで行かない理由の一つとして、僕が乗っての感触ですが、なんとなくトモが少し疲れやすかったり、しっかりしてない部分があるので、それでなのかなとも思っています。獣医さんには定期的に診てもらって、筋注を入れてもらったりしているんですけど、治療してもらうと良くなるんですよね。なのでこのまま治療も定期的にやっていこうと思います。(ゲートでの)尾上げはジョッキーとも話したんですが、(ゲートを)出た後が遅いのであって出の反応が悪いわけではないのでまだやっていないですが、試しにやってみるのも手なので今後尾っぽを取る事も考えます。今回、結構攻め馬もやって、馬場にも行って気合いをつけて乗ったので、体重は減らしちゃいましたね。春先から飼い葉はあまりガツガツ食べていないので、もう少し食べれるようにしてあげたいなと思うんですが、今日の見た目は細かったですね。あばらも浮いてきているので、出来ればこれ以上減らしたくないと思います。この体重を最低限維持したいです。この後は3、4日休ませてから跨ってみて、馬に異常がなければ1、2週くらい空けて未勝利戦に向かいたいと思います。大体みんな同じローテーションになるので、次回の開催前半で使えれば、同じようなメンバーになると思うので。まあ、馬体も減らしてしまったので、馬の疲れとかも見ながら判断したいと思います」
(YGGオーナーズクラブより転載)
ラッキーミーティアkinkyo_201913_5736


ホーリーライン
松風馬事センターで調整され、18日(火)に帰厩しました。 20日(木)に坂路コースで4ハロン55.2-39.2-25.4-12.4を単走で馬ナリに追い切りました。「アスファルトなど固い地面での歩様はまだ若干気にしつつも、いまのところ骨瘤の影響なく乗り進められています。ただ、坂路コースから追い切りをスタートさせているように、今回はジックリ慎重に中身を整えていく予定。滞在競馬で北海道開催を使うプランも検討はしていますが、まずは6/19(土)東京・相模湖特別(芝1400m・混)あたりの番組を目指せれば。体はこれまでになく膨らんでいますので、このシルエットをキープさせながら仕上げていきたいですね」(矢野英一調教師)

セレンディピア
★5/16(日)新潟・4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)杉原誠人騎手 結果4着
「右手前に替えてから頭の高いフォームに。まともならゴール前もっと際どい勝負になっていたはずですし、その点が勿体なかったですね。捌きに多少硬さは出てきたものの、レース後も元気いっぱいの様子。一旦放牧を考えていましたが、心身ともにまだ競馬を使っていける状態に映ります。権利行使してこのまま続戦するか、週明けまで様子を見てから判断させてください」(尾形和幸調教師)

プリュムドール
吉澤ステーブルWESTで調整され、本日21日(金)に帰厩しました。 「育成場から、『大分良くなってきました』との報告を受けていましたし、次走予定の6/12(土)中京・3歳未勝利(芝2000m・牝)から逆算して、今日こちらに戻しています。体重こそ大きな変動はないものの、毛艶が良く、体も張りのある状態。向こうでいいリフレッシュが図れた様子ですね。レースまではあと3週間あるので、来週から時計を出していくつもり。次走も川田将雅騎手が乗れるということなので、何とか決めたいと思っています」(奥村豊調教師)

エストラテーガ
★5/16(日)東京・3歳未勝利(ダ1400m)永野猛蔵騎手 結果14着
この後はトレセン近郊の須藤ステーブルで調整することになり、本日13日(木)に移動しました。 「レースを終えて、以前もそうだったように右トモを中心とした疲労が見られます。歩様もゴトゴトしていて硬さもありますので、まずはしっかりとほぐしていきながら疲れをとっていく必要があるでしょう。その後は脚元に気を配りながら、乗り込みを重ねて鍛えていきます」(稲垣幸雄調教師)

ラヴィネルージュ
「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター3000m(18~20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。ピッチを上げながら乗り込んでいます。硬さはまだありますが、それでもこの馬なりに順調と言っていい状態だと思います。昨日的場調教師が来場されて、『フックラしてきて体調も良さそうですね。そう遠くないうちに帰厩させるつもりです』と話していました。声が掛かるまでしっかり乗り込んでいきます」(担当者)ケイツーステーブル 456kg

デクラーク
★5/15(土)東京・3歳未勝利(芝1400m・混)岩田康誠騎手 結果5着
「直線坂のあるコースで距離も1400m。デクラにとって条件好転とはいかない中でよく頑張ってくれたと思います。とにかく最低限、権利を確保できたことは良かった。若干トモに疲れは残っているものの、レース後も大きなダメージは見られません。次走は6/12(土)札幌・3歳未勝利(芝1200m)を横山武史で。週明けどこかで札幌競馬場に移動させる予定です」(矢野英一調教師)

ヴィオマージュ
★5/16(日)新潟・3歳未勝利(ダ1200m)津村明秀騎手 結果2着
この後はトレセン近郊の松風馬事センターで調整することになり、19日(水)に移動しました。 「安定した内容で走れてはいるものの、どうしても最後に詰めが甘くなってしまう。2着続きで歯痒い思いをさせてしまっていることは重々承知。大変申し訳なく思っています。一旦近郊でケアしてもらい、また権利内に戻して競馬を使う予定。札幌開幕週(6/12.13)のダ1000m戦に向かうつもりです」(牧光二調教師)

ルネッタ
現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。輸送の疲れはそこまで感じさせませんでしたが、小柄な馬なので体をしっかり戻してから調教を開始したいと考えています。1週間が経ってだいぶ回復してきたようなので、近日中には周回コースでの騎乗へ移行する予定です。ノルマンディーファーム小野町 424kg

ハートホイップ
19日(水)にWコースで5ハロンから併せ、 71.6-56.2-42.3-14.8を強めに追い切りました。「ゲート試験を無事にパスして、今週からは時計消化を開始しました。パートナーもハートホイップと同じく初めての追い切り。最後は少し苦しそうにしていましたし、相手と比較するなら手応えはもう一つという印象でした。とはいっても一本目ですし、大事なのはこれからコンスタントに本数を重ねていけるかどうかです。今のところ飼い食いがガタっと落ちたりということはありませんが、週末の様子を見ながらあらためて判断していきましょう」(天間昭一調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ビスバルト2着ビスバルト2着本日5/21(金)園田9R 3歳C1一 ダ1400mに吉村智洋騎手騎乗で出走したビスバルトは、また悔しい2着…。

これで地方競馬は5戦して2着3回。先々中央競馬に戻って来れたとしても、厳しい結果となるでしょう。ただ、未だ相手が格下というのもありますが、ビスの善戦している姿を見ていると、もう少し応援してやりたい気持ちが多々あります^^汗 園田、姫路でどこまで頑張れるのか?引続き成長を見守りたいと思います^^汗 本日はお疲れさまでした。。。

5月21日(金)園田9R 3歳C1一 ダ1400m戦に出走し、2着でした。 保利調教師「勝ち運がなかったですね。勝ち馬はちょっと強かったかなと思いますが、吉村君が無理くりでも外に出してくれたから、良い競馬は出来たかなと思います。やっぱり今回も怯んでいたようで、ジョッキーは「あのまま馬込みにいたら進んで行かなかったと思います。」と言っていましたので、そこが課題ですね。今日はパシュファイアーを付けましたが、毎回今日のような競馬が出来るわけではないので。ジョッキーはもう一度乗せて下さいと言っていたので、一度乗って次はもっとこうしたいなとかがあるんだと思うので、また乗ってもらおうと思います。同じC1の前のレースの時計より1秒くらい速いので、ここは運がなかったです。詰めて使って今回体も減っていたので、次は中2週で行くと思います。治療をして、ケアをしながら次のレースに向かおうと思います。」

アイリーライフ
21日に美浦トレセン近郊のブルーステーブルに放牧に出ました。
(YGGオーナーズクラブより転載)

ヴァランシエンヌ
調教主任「この中間も同様のメニューで乗り運動を続けていますが、疲れを見せることもなく、順調に進められています。まだ全体的に緩さがあるものの、入場時より逞しくなってきましたし、この馬なりに成長していますよ。この調子で更に負荷を強めながらデビュー戦に備えていければと思っています。馬体重は461kgです」ノーザンファームしがらき
(シルクホースクラブより転載)

ヴィオマージュ2着ヴィオマージュ 2着本日5/16(日)新潟2R 3歳未勝利(ダ1200m)津村明秀騎手騎乗で出走したヴィオマージュは、スタートから果敢に逃げる1番ディベルティールの番手に付くと、そのまま最後の直線勝負!結果負けました…。2着。

1番の馬は、最短コース、減量騎手、揉まれたくないという理由で、逃げるのは十分承知だった。それを易々と逃がし、番手に付けて直線勝負に挑むとは、1180mが距離の限界であるヴィオマージュを未だ理解していなく、余裕をかまし過ぎ…。逆にパトロールVTRを見ると、プレッシャーを与えていたのは秋山稔樹騎手の方に見えました。ダメ、今回も力負け…。馬の状態が本当元気なら新潟連闘も考えて欲しいが、リスクが高く、6月の札幌ダ1000mを本線で背水の陣を敷いてもらいたい。本日はお疲れさまでした。。。

★5/16(日)新潟・3歳未勝利(ダ1200m)津村明秀騎手 結果2着
「どうしても最後に甘くなってしまいますね。津村は『今日は行く馬を行かせて運ぶ形でしたが、ハナへ行かない方が集中して走れている』とコメントしていました。今日も後続は離しているだけに、2着続きで歯痒い結果。申し訳ありません。レース後の状態を見てですが、札幌も視野にまた番組を考えていきます」(牧光二調教師)486kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

セレンディピア4着セレンディピア 4着同日、新潟7R 4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)杉原騎手騎乗で出走したセレンディピアは、こちらも同じく番手追走で直線に懸けますが、残り200mくらいでキツイのか頭が高くなり、少し後退4着入線。しかし久々に掲示板に載り、人気以上に好走しました^^汗 本日はお疲れさまでした。。。

★5/16(日)新潟・4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)杉原誠人騎手 結果4着
「序盤からプレッシャーのキツい競馬でしたが、最後まで集中して走れていましたし、力は出し切れた内容に思えます。杉原は『直線で右手前に替えてると苦しがって、頭の高いフォームになってしまいました。そこが勿体なかったです』と話していました。できればもう少し雨が早く落ちて、脚抜きのいい馬場になってほしかったですね。この後は一息入れてやるつもりです」(尾形和幸調教師)466kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

更に同日、東京1R 3歳未勝利(ダ1400m)永野猛蔵騎手騎乗で出走したエストラテーガは、良いところがなく14着…。2アウト目です。次走は思い切った使い方や、馬具を駆使して、8着以内入線を絶対目標にレースに臨んでもらいたいです^^汗 本日はお疲れさまでした。。。

★5/16(日)東京・3歳未勝利(ダ1400m)永野猛蔵騎手 結果14着
「トモの踏ん張りがきかずにスタートはヨイショという具合でした。4コーナーで手応えはあるのですが思いのほか脚を使えておらず、その辺りもトモがパンとしてくれば解消してくるはずです。体の使い方が良くなってきている段階ですので、それにプラスして鍛えてもう一回り成長させる必要があるのを感じます」(稲垣幸雄調教師)504kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

このページのトップヘ