おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

タグ:新規募集馬

今年も楽しみな🐞CLUBの新規募集の時期が来ました!^^汗
2020年産募集馬はサラッと下記👇でつぶやきましたが、

新たに募集価格と予定厩舎が発表され、だいぶ考えが変わりました…。
しかし私の出資方針は変わらず、抽優馬は確実に出資出来る馬狙い。一般も人気薄の穴狙いで3頭GETを目標に挑戦したいと思います^^汗

抽優馬はネット競馬のアクセス数などを参考に、まだ発表されていない募集馬写真、動画、即尺も確認しないと全く分かりません…^^汗 現在発表されている情報だけで選ぶなら…ドレフォン牝馬、キタサン牝馬、モーリス牝馬など、選べる幅があるのですごく迷いますね^^汗 しかしあくまでも募集馬写真などが発表されてからの選択になります。

一般馬は、悲しくも不人気馬の中から発掘するといった感じになると思います。下位10頭くらいから2頭選ぶ予定です^^汗 今年は実績が0に近い2年目…。昨年よりも会員数や新規挑戦者が増え、ますます厳しいいばらの道となりそうです^^汗

ミニョンルミエールミニョンルミエール(ブルーボサノヴァの19)
牝馬 栗 2019/3/23
父エイシンヒカリ 母父パイロ
美浦・和田雄二厩舎 マリオステーブル
測尺 157/177/20.0/442kg (2021/6/28)

調教師コメント(美浦・和田雄二調教師)
母のブルーボサノヴァは筋肉質な馬でしたが、本馬もお母さんにそっくりの筋肉質な馬体ですね。父のエイシンヒカリはすごく軽い走りをしていたイメージがあります。ただ現時点では、お母さんが出ているのかなというイメージで、どちらかと言えばダートが合いそうな印象です。筋肉質でボリュームがあり楽しみですね。ブルーボサノヴァは廐舎開業当初からすごく助けてくれた馬で、その初仔となる本馬には思い入れがありますので、活躍させてあげたいですね。

育成牧場コメント(川上牧場・川上氏)
初仔なので生まれたときは少し小柄でしたが、母によく似た馬が出たなというのが生まれたときに見た印象でした。馬体は母ブルーボサノヴァにそっくりなので、ダート向きかもしれませんね。ただ、ディープインパクトの系統は芝で走りますから、そこがどう出るか楽しみです。おとなしい気性も母に似ていますね。血統的な面も含め、長い距離をこなせるタイプだと思います。この馬の長所は、父や母から受け継いだ動きの良さです。秋までは昼夜放牧で鍛えて、大きく良く走る馬に育てていきたいと思います。

【血統解説(水上学氏)】
母ブルーボサノヴァは、伯父にダート重賞2勝、芝重賞1勝、そしてフェブラリーSと毎日王冠で2着した万能型一流馬トーヨーリファールがいる。祖母トーヨーサンバも関東オークス2着馬で、潜在能力はかなり高い牝系だ。そこに、イスパーン賞圧勝により一時は世界ランキングトップに君臨した、エイシンヒカリが絡んだのが本馬の配合。父の現役時と、母の血統双方がやや晩成型のため、仕上がりは少し遅くなるかもしれないが、芝ダート不問で、マイルから2000mまでを中心に期待したい。芝向きの父のスピードを、ダート配合の母の血が支えて脚の航続距離を延ばすという理想的配合だ。無事なら3歳夏後半以降に勢いを増し、かなりの出世も夢ではないだろう。

【馬体診断(治郎丸敬之氏)】
エイシンヒカリといえば、最後の直線で大外のラチ沿いまで大きくヨレたにもかかわらず快勝し、無傷の5連勝を飾ったアイルランドトロフィーの走りが印象的です。最後まで未知の能力を秘めていたことがエイシンヒカリの魅力のひとつですが、本質的にはパワータイプの中距離馬であったと私は考えています。それは日本よりも力を要する馬場・コースで行われる香港カップとフランスのイスパーン賞を勝ったことからも分かります。ディープインパクト産駒は母系の長所が引き出されている馬ほど成功しやすく、種牡馬としては産駒に自身の母系の長所をそのまま伝えますので、エイシンヒカリの産駒はストームキャット譲りのスピードとパワーが受け継がれることでしょう。そういう視点で見ると、同馬もまだ首の細さや顔つきなどに幼さを残していますが、将来的にはつくべきところに筋肉がついて、マイルから2000mまでの距離のレースで活躍してくれるのではと想像が膨らみます。芝かダートかというと芝向きでしょうが、重い馬場は苦にしないはずです。
(YGGオーナーズクラブより転載)

3周年記念キャンペーンということで10000クラブポイントを頂きましたので、残っているクラブポイントと合わせてこの馬に1口だけ出資いたしました^^汗 他にも欲しい馬がいたり、出資を見送ろうかな…とも思いましたが、募集開始時は362kgしかなかったミニョンルミエールが、これまで大きな頓挫もなく、精神的に落ち着いてきて調教も順調に進み、何より馬体重が442kgまで増え、これは大変楽しみな馬では?と、興味を掻き立てられました^^汗 活躍してくれたらうれしいなぁ…。

ミニョンルミエールに出資の方々、今後ともよろしくお願いいたします^^

スマートシャワーの19 募集写真スマートシャワーの19
牡馬 鹿 2019/3/3
父ジャングルポケット 母父アグネスタキオン
浦和・野口孝厩舎 松田牧場
募集時測尺 162.5/181.0/20.5/488kg (2021/4/20)

育成牧場コメント
3月上旬に北海道からこちらに移動してきました。BTCでは順調に15-15をこなしていましたが、こちらではかかる負荷も違いますので、現在は坂路では18秒くらいの所で調整しています。もう少し環境に慣らして、5月に入ったら15-15を始めていければと考えています。脚元に気になる所はありません。気性面はまだまだ子供っぽいので、もう少し成長してきてほしい所ですが、ジャングルポケット産駒の特徴が良く出ているのかもしれません。まだ全体的に固まりきっていない感じですが、動きは柔らかく、しなやかな歩様をしていますよ。(千葉・愛知ステーブル千葉分場 野牧悟氏)

クラブコメント
本年の3月に亡くなったジャングルポケット。残す産駒も数世代となり、ご出資頂く機会も今後なかなかないと思います。 ジャングルポケット産駒というと、芝の中距離以上での活躍馬が多いイメージですが、アウォーディー(JBCクラシック)、ディアドムス(全日本2歳優駿)、モズアトラクション(エルムステークス)など、ダートの一線級の産駒も多数輩出しており、その豊富なスタミナは力のいる地方のダートにもフィットする事でしょう。 本馬の叔父にはメジャーアスリート(全日本2歳優駿2着)がおり、母系の地方ダートとの相性も抜群。南関東の重賞戦線を賑やかす、そんな活躍を期待しています。
(YGGオーナーズクラブより転載)

昨日の今日で恐縮ですが…私的におっ⁉これは…という馬名を思いついてしまったので、1口だけですが逝ってしまいました…^^汗

サマーセールで506万円(税込)で落札され、この時期に地方競馬所属とはいえ、上乗せ500万円以下の募集価格は、あまり強気ではない心配な面が見え隠れしますが、逆を言えばセリで右肩上がりで競われた馬なので、お買い得感があります。ふたを開けてレースで走ってみないと分からない…ということです^^汗 馬格はあるし、丈夫そうだし、兄姉に活躍馬がいないのと、気性があまり良くなさそうな感じがするの以外は、私的にOKの範疇。それよりも馬名採用されないかな…センスないですけど^^汗汗汗

スマートシャワーの19に出資の方々、今後ともよろしくお願いいたします^^

ナスカの19ナスカの19
牝馬 鹿 2019/4/9
父ドレフォン 母父サンデーサイレンス
美浦・青木孝文厩舎 ノーザンファーム
募集時測尺 164.0/ 177.0/ 20.5/456kg(4月時点)

ポイント
騎乗調教開始時にはやや線が細く踏み込みに物足りなさがあったものの、坂路調教で鍛錬を積み重ねることで、トモ回りを中心に筋肉のボリューム感が増して、それに伴い動きもパワーアップしました。この血筋らしく走ることには前向きで、他の馬に対する負けん気も旺盛です。新種牡馬の父の産駒は評判が高く、本馬も早期入厩からの活躍を期待します。

2021.04.12 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,700m、残りの日は軽めの調整

担当者「こちらへ来て乗り出した当初は踏み込みの浅いところはあったものの、調教を進めていく内にボーンシストの影響はまったく気にならなくなりました。ただ、まだ上へ抜けるような走りになっているのはこの馬の課題ですので、今後は周回コースでの調教で上手く体を使えるように教えていきたいと思います。また、入場時は少し馬体が小さいなと感じていたのですが、坂路調教で鍛えながら筋肉が付いてきたので、今は非力さを感じなくなりましたし、何より幅が出てきて見映えのする体つきになりましたね。先日来場された青木調教師も『多少難しさはありそうですが、潜在能力は高そうですね。秘めたる素質を開花させられるよう頑張ります』と意気込んでいました」馬体重456kg
(シルクホースクラブより転載)

プリンセスフローラの19プリンセスフローラの19
牝馬 黒鹿 2019/3/9
父サトノアラジン 母父キングカメハメハ
美浦・辻哲英厩舎 ノーザンファーム
募集時測尺 160.0/ 176.0/ 18.5/418kg(4月時点)

ポイント
均整の取れた馬体はコンパクトに纏まっていますが、暖かくなるにつれて肩回りや臀部の筋肉に厚みが増し、力強さを感じさせる逞しい姿へと成長しています。我の強かった精神面にも変化が見られ、強い自制心も備わってきています。父から受け継いだ優秀なスピードを武器に、ライバルを一瞬にして置き去りにする鮮やかなレース振りが目に浮かびます。

2021.04.12 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2,700m、残りの日は軽めの調整

担当者「動きはまだ良化途上の部分はあるものの、常に前向きな気持ちで走れていて、良いものを持っていそうですね。乗り手の評価が日を重ねる毎に上がってきている一頭です。現状やや小柄には映りますが、暖かくなるにつれて筋肉にボリューム感が増してきましたし、それに伴い少しずつ体重も増えてきていますよ。また、自身が納得するまで受け入れない頑固な様子こそありましたが、段々と精神面でも成長がみられ、様々なことに対して我慢が利くようになってきました。まだまだ成長の余地がたっぷりある馬なので、今後も焦らずにハロン15秒ペースを乗り込んでいきます」馬体重418kg
(シルクホースクラブより転載)

シルクHCの追加募集にて新しい仲間が2頭も増えました!^^汗 ナスカの19は先に出資したヴァランシエンヌと同じくドレフォン産駒の牝馬。短距離での活躍が期待されます^^汗 プリンセスフローラの19はサトノアラジン産駒の牝馬で、サンデーサイレンスの3×3のクロスを持つ楽しみな血統^^汗 どちらもシルクHCの募集馬の中ではお安い価格となっていますが、そんな中から活躍馬が出てくれたら大変嬉しいな…と思います^^汗

ナスカの19、プリンセスフローラの19に出資の方々、今後ともよろしくお願いいたします^^

ラッキーガールの19 募集写真ラッキーガールの19
牝馬 栗 2019/3/23
父スズカコーズウェイ 母父サウスヴィグラス
道営・佐々木国明厩舎 門別山際牧場
募集時測尺 156/183/19.5/452kg (2021/1/29)

調教師コメント
1歳の11月初旬に競馬場に移動してきて、初期馴致から開始しました。道具を付けるところから2週間ほど時間を掛けて完了し、12月からは坂路に入れ始めています。年内はそこまでペースを上げられなかったので、2月くらいに15-15を開始するイメージで進めています。筋肉量がしっかりある馬体をしていて、それでいて柔らかさが感じられるのがいいですね。スピード、瞬発力も垣間見られます。早い時期の2歳戦は短い距離から競馬をしていくことになりますが、ゲートからスピードを生かした競馬ができるのではないかと思います。トラブルなく力をつけていけば、JRAのレースに参戦することも視野に入ってくるかもしれません。(道営・佐々木国明調教師)

【馬体診断(治郎丸敬之氏)】
スズカコーズウェイとはずいぶん渋いところを突いてきたなと最初思いましたが、道営所属という話を聞いて納得です。スズカコーズラインやバンドオンザランなど、ダートの短距離における活躍馬が出ているように、現役時代のイメージとは少し違って、種牡馬としてのスズカコーズウェイは今のところダート馬の父なのです。血統的にはともかく、馬体だけを見ると、決してダート種牡馬というわけではありません。さすが中央競馬の芝のレースで活躍していただけあって、手脚が軽く、首を水平に上手に使って柔らかく歩けています。たとえばトゥザワールドなどと同じで、産駒は地方所属の馬が多いため、ダートを走る機会が多いから実績も出るということなのでしょう。走る能力が高いためダートでも走っているように見えますが、芝も走るタイプが出るかもしれませんね。ラッキーガールの19の馬体を見ると、ふっくらと筋肉がついて好感が持てます。まだ粗削りな面はありますが、これから育成が進んでいくにつれ、メリハリも出てくるのではないでしょうか。脚元には不安がなさそうなので、比較的早い時期からコツコツと走ってくれるのではないでしょうか。芝のレースにも挑戦なんていう夢が見られると良いですね。
(YGGオーナーズクラブより転載)

1口だけですが、興味本位で地方所属馬である当馬に出資いたしました^^汗 ダートコースを拠点に活躍するには、若干まだ馬体重が心細いですが、写真では体を大きく見せているので一際目立って見えます^^汗 私的には中央でもいけるのではないか?と思います。父スズカコーズウェイは、私、よく知りませんが^^汗、地方競馬で産駒の勝率が上昇中の種牡馬のようです。母父もサウスヴィグラスなので、先々がオモシロ楽しみな1頭です^^汗

後先考えなかった予定外の出資なので、後で今後の出費を計算したら大変な金額になっていました…^^汗汗汗 なので2019年産の出資はもうないでしょう…。結局2019年産は、YGG馬4頭、ノルマン馬4頭、シルク馬1頭の合計9頭になりました。たくさん勝ってくれたらうれしいなぁ…^^汗

ラッキーガールの19に出資の方々、今後ともよろしくお願いいたします^^

このページのトップヘ