おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

タグ:地方

ラッキーミーティア2着ラッキーミーティア 2着本日6/22(火)門別2R 2歳未勝利 ダ1000m 阿部龍騎手騎乗で出走したラッキーミーティアは、スタート後、行き脚がつかなかったようで、後方2番手からの競馬…。この時点でまた駄目か…と諦めかけていましたが、直線の末脚は目を見張るものがあり、重馬場ながら上り35.3の快速ぶり^^汗 2着と健闘しました。

しかしレースコメントを見る限り、先行きは暗雲が立ちはだかり、不安がいっぱい…。まぁ、レース慣れするしか改善策は無いでしょうから、怪我だけはせず、前向きに進めてもらえたらと思います。本日はお疲れさまでした。。。

6月22日(火)門別2R 2歳未勝利戦に出走し2着でした。 佐々木調教師「直線は良く伸びてくれましたが、スタートを出てからが、本当にモソモソで全然進まないんですよね。ジョッキーもかなりしごいているんだけど、能検の時みたいなピュッというのがなくなってしまってますね。直線の反応は悪くなかったようですが、追い出しでよれたりしているので、やっぱり気が悪いというか、競馬に気持ちが向いてないような感じで。以前よりは反応して伸びてきていますけどね。ゲートを出てから遅いのを、終いの脚でカバーしてくれたのは良かったですが。デビュー戦の不利を引きずってるのか、まあそれを言い訳にすれば楽ですけど、もう1ヶ月も前の話ですし。今回はパシュファイヤーにブリンカーがついている道具を着けて馬のメンタルは前向きになっているので、多少は前進していると思いますので、このままこの装備で使って行きたいと思います。距離については悩みますね。これで距離を伸ばして、道中ゆったりさせちゃうと反応しなくなっちゃうかもしれないし、1000mでグイグイグイグイだから反応しているのかもしれないので。距離延長で道中息を入れた時に、そのまま止めちゃったら嫌だなというのがあるので、もう一戦くらいは1000mか1100mくらいで使ってみて、ゲートの出はいきなり良くはならないと思いますが、終いにちゃんと脚を使う事を覚えてくれたら、1200mとか、距離を伸ばしても良いかもしれません。スタート後に進んで行かない理由の一つとして、僕が乗っての感触ですが、なんとなくトモが少し疲れやすかったり、しっかりしてない部分があるので、それでなのかなとも思っています。獣医さんには定期的に診てもらって、筋注を入れてもらったりしているんですけど、治療してもらうと良くなるんですよね。なのでこのまま治療も定期的にやっていこうと思います。(ゲートでの)尾上げはジョッキーとも話したんですが、(ゲートを)出た後が遅いのであって出の反応が悪いわけではないのでまだやっていないですが、試しにやってみるのも手なので今後尾っぽを取る事も考えます。今回、結構攻め馬もやって、馬場にも行って気合いをつけて乗ったので、体重は減らしちゃいましたね。春先から飼い葉はあまりガツガツ食べていないので、もう少し食べれるようにしてあげたいなと思うんですが、今日の見た目は細かったですね。あばらも浮いてきているので、出来ればこれ以上減らしたくないと思います。この体重を最低限維持したいです。この後は3、4日休ませてから跨ってみて、馬に異常がなければ1、2週くらい空けて未勝利戦に向かいたいと思います。大体みんな同じローテーションになるので、次回の開催前半で使えれば、同じようなメンバーになると思うので。まあ、馬体も減らしてしまったので、馬の疲れとかも見ながら判断したいと思います」
(YGGオーナーズクラブより転載)
ラッキーミーティアkinkyo_201913_5736


ニーニャ優勝ニーニャ1着本日6/17(木)名古屋7R C5組 ダ1400m 戸部尚実騎手騎乗で出走したニーニャ(スターズファンド)
は、見事1着でゴールし、中央競馬復帰の運びとなりました!おめでとうございます!^^汗

★6/17(木)名古屋・C5組(ダ1400m)戸部尚実騎手 結果:優勝
3勝目を挙げ、JRAへの再登録の要件を満たしました。 このレースを最後にNARの馬登録を抹消し、JRAへの再登録をおこないます。 なお、新たな預託先、それに伴う移動等のスケジュールにつきましては、改めてお知らせいたします。 「昨日の馬場であれば危なかったと思いますが、今日は重馬場発表とはいえ、適度に締まっていて走りやすく、時計が出やすい状態。外的要因が全てニーニャに味方してくれたと思います。名古屋ダ1400戦の持ち時計も更新(1.30.7)しましたしね。フケが完全に治まったことも、力を出し切れた要因の一つでしょう。向正面で先団の外めのポジションに位置した際に勝ち負けを確信しましたが、あとは後方からマクる相手が来ないことを祈るだけ。メンコとシャドーロールを装着してはいるものの、外側からのプレッシャーに対して滅法弱い面がありますからね。1頭だけ上り3ハロン38秒台でまとめ、最後の直線はしっかりとした素晴らしい伸び脚だったと思います。東海地区で11戦を要しましたが、なんとか3勝目を挙げることが出来て、ほっとしています」(川西毅調教師)481kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

スイーツビュッフェ
美浦トレセン近郊の阿見トレーニングセンター内・セグチレーシングステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「放牧に出てきて針治療を行いましたが、短期と聞いていますので軽めにして、3日ほど休ませて、トレッドミルから立ち上げ始めています。以前休養が長くなった時ほどヒドくはないですが、元々右トモは弱い所があるので疲れはありました。馬体重は518キロです」

ニーズヘッグ
美浦トレセン近郊の阿見トレーニングセンター内・広瀬ステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「トモに疲れが出たので先週治療をさせて頂きました。良くなってきた感触はありますね。今週一杯は軽めにとどめて、来週くらいから普通キャンターに戻していく予定です」

アイリーライフ
美浦トレセン近郊のブルーステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「まだ15-15はやってないですが、キャンター2400mを乗った後、毎日坂路を上げています。トモなんかにも肉が付いてきた感じで、飼い葉も食べているので、状態は良いと思います。来週くらいから15-15も入れていこうと思っています。以前のようにクタっとする所もなくなってきたので、良くなってきていると思います」

ラインオブフェイト
美浦トレセン近郊の阿見トレーニングセンター内・セグチレーシングステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「普通に乗り出してはいますが、やっぱり右トモに疲れが残っているみたいなので、週末にショックウェーブを行う予定です。調教の方は少しずつ距離を伸ばしていきますが、まだダメージが残っているのでゆっくり立ち上げて行く形で進めています。馬体重は474キロです」

ハルモニア
佐賀・真島元徳厩舎にて調整中です。6月6日(日)佐賀1Rに出走し8着でした。 真島調教師「飼い葉はなんとか食べていますが、レース間隔が短いと、どうしてもテンションが上がってしまうので、一開催休ませたいと思います。テンションが高くて体が増えてこないので、もう一回り大きくなって体が出来てくれば違うと思うんですが。2週に1回の競馬はちょっと厳しいかもしれないですね」

ビスバルト 4着
ビスバルト
6月10日(木)園田6R 3歳C1一に出走し4着でした。 保利調教師「すみません。なかなか勝てないですね。早めに出し抜けてもらったら最後差されてしまいましたね。ちょっとムキになって行き過ぎたかなとは話していましたが。1、2コーナーで3頭分外になってしまったので、意識して位置を取りに行って、そこでハミを噛んだと言ってました。フワッと止めようとする所があるみたいで、3頭分外を回らされる形になる事もあり無理して行ったみたいなんですけど、その一つ後ろのポジションでも良かったかなとは上がってきた時に言ってました。前走が外に出すまでに内枠からソラを使うような感じだったので押して行ったみたいなんですけどね。今日は大外だったので、前に付けられれば問題ないかと思って、馬具を着けずにメンコも取って行きましたが、思った以上に最初進んで行かなかったですね。いや~もうちょっとやれるはずなんですけどね。稽古では良い動きをしているんですけど、攻め馬とレースが結びつかないというか。う~ん、精神面がもう少し成長してくれたら良いんですが、怖がるというか、レースでは抜いちゃうんですよね。その辺が上手い事行ってくれたらもっと走れると思うんですが。7月の編成から古馬との編入になるので、その前に勝たせときたいなと思うんですが、ずっと使い詰めで来ているので、馬が嫌気を出しているのかもしれません。最初の頃の走りの方が良かったですもんね。今日の走りを見ていたら、いじけてるのかなっていう感じで、こっちが必死になるから余計なのか。状態次第では一度放牧に出す事も考えています。走ってくると思うので、勝てないのが歯がゆいですね。レース後の上りをみて、問題なければもう1回使わせてもらうかもしれないですけど、今日勝てなかったら一度休ませた方が良いかなと思っていたので、この後の馬の状態を見て判断させて下さい」

ショレアドルチェ
美浦トレセン近郊のリトルブルーファーム内・ケイワンレーシングステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「ハッキング1800m、キャンターを2400~3200m乗っています。火曜と金曜に終い強めで15-15を入れています。かなり調教を進めてきて、トモに疲れもきやすくなっているのでケアをしながら進めています。入厩準備の段階ですね」

シュヴァーン
グリーンマイルトレーニングセンターにて調整中です。 牧場担当者「また歩様があまり良くなかったため、月曜日に獣医に診てもらい水曜日にも診てもらいましたが良化しないため、右前の内側にショックウェーブ治療を行いました。前回は左前の治療でしたが、今回は右前です。次回2週間後にもう一度ショックウェーブをする予定です。しばらくはパドック放牧で様子を見る形になります」

ディオアステリア
美浦トレセン近郊の阿見トレーニングセンター内・広瀬ステーブルに放牧に出ました。

ラッキーミーティア
6月10日(木)門別2R 2歳未勝利に出走し7着でした。 佐々木調教師「参りましたね。ゲートの出は普通かちょっと遅いくらいで出て、そこから一つもハミを取んなかったらしいです。全然。ジョッキーは一周叩いたりなんだりはしてくれたんですが、気持ちが全然切れちゃったのか、困りました。(阿部)龍は『今日乗った感じなんとなくトモが緩くなった気はしたけどハミを取らないせいかな』と言ってました。調教ではそんな所は見せないんですけどね。グイグイハミを取って行く感じではないんですけど、最終追い切りも38秒くらいで物足りなさはあったんですが。今日は全然競馬しなかったですね。申し訳ないです。メンコ外すとか、チーク着けるとか、ブリンカーとか、ちょっと考えます。馬体は増えていましたが、もう少し肉付き良くなっていいような気もします。最近投げ草を食べなくて、先週減って430キロ台になったりもしたので、今日くらいの体重を維持したいですね。デビュー戦の不利のショックが大きかったのか、ちょっと工夫してやってみます」
(YGGオーナーズクラブより転載)

こんなに多くのYGG出資馬がいますが、全体的にお通夜ムード…。特に本日行われた地方での2レースはどん底状態。私からのコメントは何も言うことありません^^汗

本日6/6(日)東京6R 2歳新馬 芝1400m 柴田善臣騎手騎乗でデビューしたディオアステリアは、新聞などでは本命にも推されて、一時は2番人気にもなっていましたが、結果は9着。陣営も訳の分からない不可解な9着でした…。

スタートから前には押して行かず、今後のためを思ってか6番手辺りを追走。直線ジワジワ伸びるも、残り200m辺りでかわされ始め、100m辺りではもう追うのも止め力尽きていました…。おそらく距離が長いのではないかと思いますが、直線が長いのも厳しそうです。同じファクター産駒のナックドロップスが最下位なのも適性が合っていない感じがしますね。しかしまだ初戦なので、経験を積んで適性が見つかれば良いです。本日はお疲れさまでした。。。

6月6日(日)東京6R 2歳新馬 芝1400m戦に出走し、9着でした。 小野調教師「ちょっと不可解な負け方でしたね。(柴田)善臣さんには2回調教に乗ってもらって、その時は気が悪い所は見せていなかったんですが、今日の返し馬で急に止まろうとしたりという所を見せたようで、競馬でも道中は良い感じでしたが、最後良い手応えで伸びるかなという所から止まってしまいました。これまでの調整過程では気の悪い所を見せる事はありませんでしたが、新馬戦なので、幼稚園の運動会なんて言ったりしますけど、実戦に行ってそういう所(気の悪さ)を出してきたのかもしれません。牝馬なのでもしかしたらフケが出ていた可能性もありますが。ここで距離だったり芝の適正を判断出来れば良かったのですが、この一戦では判断は難しいですね。レース後、今の所馬体に異常はありません。また戻ってから良く確認するように致します。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

同日、佐賀1R 3歳9組 ダ1400m 小松丈二騎手騎乗で出走したハルモニアは8着。今までの負けの要因が気性の悪さや距離だけではないのは分かっていますし、本当にハルモニアの今後の上昇はあるのか?その辺を踏まえてファンドの継続をお願いしたいです。本日はお疲れさまでした。。。

6月6日(日)佐賀1R 3歳9組 ダ1400m戦に出走し、8着でした。 真島調教師「テンションが上がってきてしまって、今日はかなりカリカリしていました。装鞍所の段階でかなり体力を消耗してしまいました。体もなかなか増えてこないので、次は一開催空けさせて頂ければと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

5/22(土)佐賀12R ウーマんチャンス 3歳-8組 ダ900m 小松丈二騎手騎乗で出走したハルモニアは8着。佐賀競馬で3走目になりますが、なかなか勝ち負けになるレース内容には至りません…。

距離が短いと師はコメントされていますが、パドック解説を聞くとどの馬もダ900mは短いようで、ダ1400mでもさほど変わらないのでは?と、私は思っています。これから中央や他場で力及ばず、転厩してくる馬も多いと思いますが、そのような中でもハルモニアが成長して力を付け、1勝2勝と勝ち上がれるのか?もう少し見守りたいと思います。本日はお疲れさまでした。。。

5月22日(土)佐賀12R ウーマんチャンス3歳-8組 ダ900m戦に出走し、8着でした。 真島調教師「すみませんでした。選べないので仕方ないですが、やっぱり距離が短かったですね。レース前まではパシュファイヤーを付けてなるべくテンションが上がらないようにして、だいぶ競馬慣れもしてきたので、距離が伸びれば勝負になると思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

このページのトップヘ