おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

タグ:ヴァランシエンヌ

本日8/22(日)小倉2R 2歳未勝利 芝1800m 藤岡康太騎手騎乗で出走したヴァランシエンヌは7着。新馬戦のときのようなごちゃつきなどは無く、馬に戸惑うようなところも無かったので、前走以上のレース振りでした^^汗

スタートが良く、逃げもあるか? と思いましたが、道中5番手辺りに落ち着きました。直線は粘りましたが、少し距離が長かったですね。1400~1600mくらいが良さそうで、芝コースは問題ないように見えました。次走は変えてくると思いますが、コメントは後日発表ですね^^汗 次は掲示板入れるかな?^^汗 本日はお疲れさまでした。。。

8/22(日)小倉2R 2歳未勝利〔芝1,800m・16頭〕7着[11人気]
好スタートから好位の一角で流れに乗ります。残り600mから押し上げていき、4コーナーに差し掛かったところで先頭に並びかけますが、最後の直線コースではジリジリとしか伸びず7着入線しています。 西村真幸調教師「小倉競馬場までの輸送は問題なく対応してくれましたし、装鞍所から返し馬を終えるところまで何の心配もなく行えました。特に癖のない馬ですから、ジョッキーにはスタートが決まれば好位で流れに乗って欲しいと伝えていましたが、良いポジションで運べましたし、いい形で最後の直線コースに向くことが出来ました。ただ、最後はもうひと踏ん張りが利かなかったですね。レース後、藤岡康太騎手に確認したところ、『聞いていた通り、素直な性格の持ち主で、操縦性が良くて乗り易い馬でした。勝負どころでは反応して上がって行けましたし、そのまま粘り込んでくれないかと期待しましたが、追い出してからが案外でした。緩い馬場も堪えたように思いますし、パンパンの馬場の方が持ち味を活かせそうですね』とコメントしていました。初戦と比較すると、最後までよく辛抱して走ってくれたものの、緩い馬場で体力を消耗してしまったのは確かだと思います。また、体つきを見るとダート馬と言うよりは芝向きのように感じますが、瞬発力勝負になると分が悪くなりますし、長く脚を使ってくれるタイプだけに、ダート戦も視野に入れていく方が良いかもしれません。この後はトレセンに戻って状態を確認してからになりますが、長距離輸送の後でもありますし、牧場に戻してコンディションを整えてもらう方向で考えています」
(8/23 シルクホースクラブより転載)

本日7/4(日)福島5R 2歳新馬 芝1800m 戸崎圭太騎手騎乗で出走したヴァランシエンヌは9着と惨敗…。

危惧していたスタートはむしろ良かったし、番手につけた人気馬ウインピクシスの真後ろでマークも出来ていましたが、3コーナーのごちゃつきに行き場がなくなり、更に1番ナザレと接触して、後は何も出来なくなって流れのままゴールした感じでした…。

これといった敗因は新馬戦でもあり、私は全くもってチンプンカンプンで、運営のコメントが出てからになりますが、次走はもっと向上した走りを見せて欲しいですね^^汗 まずは無事にゴールしてくれたことに感謝です。本日はお疲れさまでした。。。

7/4(日)福島5R メイクデビュー福島〔芝1,800m・16頭〕9着[2人気]
まずまずのスタートから、好位集団の一角で流れに乗ります。残り600mからジワジワ押し上げていきますが、直線コースでは目立つほどの伸び脚は見られず、デビュー戦は9着でゴールしています。 西村真幸調教師「福島競馬場に到着した後も飼い葉はいつも通り食べていましたし、パドックから返し馬を終えるところまで概ね落ち着いていました。スタートがもう一つ速くないことから、ジョッキーにはそのことを伝えていましたが、出の反応はまずまずでしたし、その後も折り合って上手に走ってくれました。ただ、ペースが上がったあたりで同じように上がっていくことが出来ず、最後もジリジリとしか伸びてくれなかったですね。レース後、戸崎圭太騎手に確認したところ、『素直で操縦性が高く、乗り易い馬でした。ゲートも聞いていたより普通に出てくれましたし、その後も流れに乗ることが出来ました。ただ、勝負どころで他の馬が動き出すと、周りを気にして戸惑ってしまいました。適性云々と言うよりも、競馬が分かっていない感じでしたので、経験を積んで行けば素直な馬ですから走ってくると思います』とコメントしていました。調教では、併せていても気にすることなく集中して走ってくれていましたので、レースに行っても力を発揮してくれると期待していましたが、調教の雰囲気との違いから戸惑いが出てしまったのかもしれません。ジョッキーは悲観することはないと言っていましたし、経験を積んでしっかり走ってくれるように育てていきたいと思います。この後はトレセンに戻って状態を確認してからになりますが、一旦放牧に出して鍛えてもらう方向で考えています」
(7/5 シルクホースクラブより転載)

メリーウィドウの19 1月メリーウィドウの19(父ドレフォン 牝)の馬名がやっと決定しました!^^汗 ヴァランシエンヌ 意味由来は、オペレッタ「メリーウィドウ」の登場人物名。母名より連想だそうです。フランス北部の都市名でもあるようです。ちなみに私が応募した馬名はポピンズ。メリーポピンズからです^^汗 無理でした…^^汗 末永く元気に活躍してくれることを願っています^^汗

メリーウィドウの19 12月メリーウィドウの19
坂路コースでハロン15秒ペースのところを織り交ぜつつ進めているが、疲れを見せず順調に調整することが出来ている。速めのタイムでもまだ余裕がある感じで駆け上がれていて、今後は基礎がしっかりしてくればさらに活気ある走りが見られそう。先月よりも馬体重は絞れているが、まだ馬体に余裕があり、もっとフィットさせていく必要がある。寒さで冬毛がやや深くなってきているが、飼い葉食いは良く、体調面も良好なので、このまま周回・坂路での調教を継続していきたい。ノーザンファーム早来 馬体重471kg
(シルクホースクラブより引用)

アイリーライフ
1日に美浦・武井厩舎に帰厩。 馬体重は480kg。左前膝に擦り傷があり痛みもあるが大丈夫そう。その他は歩様も含め問題なし。デビューは追い切ってみた感じで決めていく。
(YGGオーナーズクラブより引用)

メリーウィドウの19
こちらに移動して来てすぐに環境の変化に慣れてくれ、騎乗前の初期馴致は特に問題なく進めることが出来た。現在、騎乗馴致に取り組んでいるが、普段見せている性格とは変わり、騎乗すると乗り手に逆らうなど頑固な面を見せるようになった。現在は良くなったが、まだ完全に納得している感じではなく、丁寧に教えている。跨った感じは、脚さばきや動きのリズムなど悪いところはなく、現時点の段階では問題なく動けているし、基礎体力をしっかりと備えている。今後は、ロンギ場での運動を継続しながら、心身共に鍛えていく。ノーザンファーム早来 447kg
(シルクホースクラブより引用)

このページのトップヘ