おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

タグ:ヴァランシエンヌ

ヴァランシエンヌ 2着ヴァランシエンヌ2着本日7/23(土)小倉8R 3歳上1勝クラス ダ1700m 松本大輝騎手騎乗で出走したヴァランシエンヌは、2着とまずまずの好走^^汗

今回はゲートの出は悪くなかったのですが、他馬に道を塞がれてしまい、ポジションが下がってしまいました。4角で外にぶん回して追い出し、終い最速の脚で2着に来ましたが、更に先を行くコンスタンティンも同じく最速の脚で逃げて、7馬身差で負けてしまいました。

今回はどうしようもなかったですね^^汗 勝った馬が強すぎる。次走に期待です^^汗 本日はお疲れさまでした。。。

ヴァランシエンヌ3着ヴァランシエンヌ 3着本日6/4(土)中京6R 3歳上1勝クラス ダ1800m 藤岡康太騎手で出走したヴァランシエンヌは3着。

勝ったアーテルアストレアは強かった…。しかしいくら減量騎手相手でも、2着のスパークルアイズは捕らえて欲しかった…。まぁ、3着なので今日は良しとしましょう^^汗 本日はお疲れさまでした。。。

6/4(土)中京6R 3歳上1勝クラス〔D1,800m・14頭〕3着[2人気]
ブリンカー着用。モッサリとしたスタートから促しつつ、好位の外目で流れに乗ります。3~4コーナー付近から押し上げていくと、最後の直線コースでは外からしぶとく伸びて3着に上がったところでゴールしています。 西村真幸調教師「帰厩後は、気難しいところはそこまで見せなかったですし、前走以上に上手く調整することが出来ましたが、中京競馬場に到着後も良い雰囲気のままレースに向かうことが出来ました。意識的にポジションを取りに行こうとすると、前走のように躓いてしまう恐れがありますから、ジョッキーには慌てずにゲートを出すよう伝えていましたが、今回はスムーズにスタートを切ってくれましたね。道中は良いポジションで流れに乗ることが出来ましたし、最後は前を捉え切れなかったものの、しぶとく伸びてくれたと思います。藤岡康太騎手は『前回は大きく躓いて出遅れてしまったので、その点には注意してゲートを出して行こうと思っていましたが、上手にスタートを決めてくれました。道中は自らハミを取って進んで行くほどの前向きさはなかったですが、勝負どころの手応えは良かったですし、これなら前の馬を交わせるのではないかと思うほどでした。追い出してからはジリジリとしか伸びてくれなかったですが、レース内容は良くなってきましたし、最後まで気難しいところを見せることはなかったです』とのことでした。精神面を考慮すると、極端な競馬しかできないと思っていたものの、今回のようにレース運びが上手になってきましたから、同じような競馬をしていけばすぐチャンスがあるでしょう。レース後も特に気になるところは見られませんでしたが、5日に放牧へ出させていただきました。次走の予定につきましては、牧場で状態を確認しながら検討していきたいと思います」
(シルクホースクラブより転載)

ミニョンルミエール4着ミニョンルミエール 4着同日、東京6R 3歳未勝利 ダ1300m 柴田大知騎手騎乗で出走したミルルことミニョンルミエールは4着と惨敗…。

砂被り過ぎ…。ドラスタのように、わざとレースで訓練しているの?って感じ…。今日の走りは勿体なさ過ぎましたね。次も何も考えず同じパターンで出走させるのでは、全く期待が持てませんけど…。3着に入った馬の厩舎との差はそんなところにあるのかも知れませんね。本日はお疲れさまでした。。。

6月4日(土)東京6R 3歳未勝利に出走し4着でした。 和田調教師「すみませんでした。4コーナーまで良いリズムで行けていたんですが、砂を被ってそこでブレーキをかけてしまって、その分置いて行かれてしまって。そこから盛り返してくれてはいたんですが。ちょっとズルさも出てきているのかなと思います。左回りや距離については問題なかったと思いますので、どちらかと言えば気持ちの面で、4コーナーで嫌々となったのが痛かったですね。状態に問題がなければ東京でもう一戦行きたいと思います。ジョッキーはもう一回柴田大知で行かせて下さい。それでダメなら考えますので宜しくお願いします」
(YGGオーナーズクラブ)

ディナースタ優勝!ディナースタ優勝本日4/17(日)阪神4R 3歳未勝利(芝2200m・混)横山和生騎手騎乗で出走したディナースタは、見事優勝いたしました!おめでとうございます!

スタート後の位置取りは中団より後ろで、今回もダメなのかな…という感じでしたが、向正面で進出してきて3角では番手に付けていました^^汗 ただここでだいぶ脚を使ってしまったので、直線の脚が持つか心配でしたが、あれよあれよとどんどん加速。上りも1番速い力強い勝ち方でした^^汗 今後は馬の状態もありますが、大きなレースを目指してくれるのか?先が大変楽しみになりました^^汗 お疲れさま。ありがとうございました。

★4/17(日)阪神・3歳未勝利(芝2200m・混)横山和生騎手 結果:優勝
「ディナースタの長所を生かす、長くいい脚を使わせるというイメージで上手く乗ってくれましたね。横山和生ジョッキーは『聞いていたように緩さはありましたが、向正面に入ったくらいで馬の体も起きてきて、いいフォームで走れていました。それに道中はペースも落ち着いたので、スローのヨーイドンの競馬になるよりはと思い、早めに仕掛けていきました。直線で抜け出すとフワフワするところはありましたが、結果を出すことが出来て良かったです』と話していました。本格化はまだ先のなかで、この時期に勝てたのは大きいですね」(辻野泰之調教師)462kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)
ディナースタ
20220417_160741

同日、福島2R 3歳未勝利(芝1200m・混)泉谷楓真騎手騎乗で出走したハートホイップは6着。人気はしていましたが、やはり骨折休養での放牧明けですから直線で脱落してしまいましたね…。天間先生のレース後コメントは厳しめでしたが、まぁ、次走の変わり身に期待です!本日はお疲れさまでした。。。

★4/17(日)福島・3歳未勝利(芝1200m・混)泉谷楓真騎手 結果6着
「懸念して対策をとっていた分スタートは上手に出れています。ただ、洋芝の時とはスピードの乗りが違いました。久々というのはいくらかはあるにしても進み具合が違い過ぎる印象。最低でも権利をと臨んでいましたので、ここで権利を外すのは痛手でした。この後のプランについては検討させてください」(天間昭一調教師)464kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

さらに同日、阪神5R 3歳1勝クラス ダ1800m 牝馬限定 藤岡康太騎手騎乗で出走したシルク馬ヴァランシエンヌも6着。こちらは14番人気と舐められたものの、またスタートで躓いて大きく出遅れもしましたが、直線の怒涛の追い込みは見応えありましたね^^汗 もう一つ上を行く力はあるはずです^^汗 本日はお疲れさまでした。。。

4/17(日)阪神5R 3歳1勝クラス〔D1,800m・16頭〕6着[14人気]
今回もブリンカーを着用しています。スタート直後に大きく躓き、道中は最後方からのレースとなります。向正面から気合いを付けて押し上げていこうとしますが、なかなか前との差を詰めることが出来なかったものの、最後の直線コースで外に出して追われると、メンバー中、上がり3ハロン最速同タイムの38.2秒の脚で鋭く伸びて、致命的な位置から6着に上がったところでゴールしています。 西村真幸調教師「競馬を使っていくにつれて頑固なところが目立つようになってきましたので、阪神競馬場に到着後は気持ちが悪い方に向かないよう注意していました。ただ、装鞍所では落ち着いていましたし、これまでと大きな変化はありませんでした。馬場入場の際は問題なく、返し馬もスムーズに入って行くことが出来ましたが、待機所からゲート裏に行く際にゴネて止まってしまいました。ただ、叱咤すると素直に受け入れてくれましたし、ゲート入りも問題ありませんでした。レースでは、スタート直後に大きく躓いて落馬寸前のところを何とか辛抱してくれましたが、道中は致命的な位置でレースを運ぶ形になってしまいましたね。それでも、ジョッキーが最後まで諦めずに競馬をしてくれました。レース後、藤岡康太騎手は『ゲート裏に行く時に立ち止まって動かなくなってしまいましたが、暴れる訳ではなく、叱咤すれば問題なかったですし、ゲート内も落ち着いていました。スタートを決めて先行すれば、最後まで一生懸命走ってくれるのは前走の競馬で分かっているので、同じようなイメージでレースを運ぶつもりでしたが、ゲートを出た瞬間にガクンと躓いてしまいました。何とか体勢を整えて置かれ過ぎないように促していきましたが、前と差が開いてしまった為に、手を緩めると走るのを止めそうになるぐらいでした。諦めずに押っ付けていくとジワジワスピードが上がって来たものの、そのまま内へ突っ込んで行って怯んでしまうといけないですから、ロス覚悟で外を回しましたが、エンジンが掛かってからの伸び脚はとても良かったですね。スムーズな競馬が出来ればこのクラスでも勝負できる力を持っている馬だと思いますよ』とのことでした。今回に限って言えば、スタートで躓いてしまったことがすべてだと思います。スムーズな競馬が出来ればあっさり勝ち上がっても不思議ではないですから、後は気持ちが悪い方に向かないよう、次走も心身ともに良い状態で臨めるよう努めていきたいと思います。トレセンに戻って状態を確認した後は無理せず放牧に出す方向で考えています」
(シルクホースクラブより転載)

ヴァランシエンヌ1着ヴァランシエンヌ 1着本日1/23(日)小倉1R 3歳未勝利(牝)1700m 藤岡康太騎手騎乗で出走したヴァランシエンヌは、見事優勝いたしました!^^汗 おめでとうございます!

見事な逃げ切り勝ちでしたね^^汗 +16kgはダート馬としての成長分と考えて良いのかな?少しビックリしましたけど…^^汗 まぁ、内容やタイムはどうであれ、やっとシルク出資馬が勝ってくれました!^^汗 本日はお疲れさまでした。。。

1/23(日)小倉1R 3歳未勝利〔D1,700m・14頭〕優勝[4人気] 今回はブリンカーを着用しています。互角のスタートから促しつつ先頭に立ちます。セーフティーリードを保ちながら4コーナーを回り、最後の直線コースで粘り込みを図ると、後続馬に交わされることなく先頭でゴールし、デビューから4戦目で待望の初勝利を挙げています。 西村真幸調教師「おめでとうございました。前走後は成長を促すために時間を掛けて鍛えてもらいましたが、体つきはスッキリと見せているものの、16kg体重が増えていたように、徐々にしっかりとしてきているなと感じました。今回はより集中力を高める為に深めのブリンカーを着けてみましたが、馬場入りは問題なかったものの、待機所からゲートに向かうところや、ゲート入りを少しゴネていましたね。ただ、一度納得すれば素直に受け入れてくれたようですし、ゲート内も大人しくしていました。前走は良いスピードで先行することが出来たので、ジョッキーには先行して気分よく走らせて欲しいと伝えていましたが、理想通りの競馬が出来ました。調教では追い出してからまだしっかり動き切れないところがあったので、最後の直線でどれだけ脚が使えるか気掛かりだったものの、こちらの心配をよそに見事に押し切ってくれましたね。レース後、藤岡康太騎手は『まずまず良いスタートを決めてくれたので、そのまま先行していきましたが、上手く自分のペースに持ち込むことが出来ましたね。良い手応えのまま直線に向くことが出来ましたし、最後は気を抜くようなところを見せつつも脚色が鈍ることはなかったです』とコメントしていました。まだ心身ともに幼いところがありながらも、レースを経験していくにつれて内容が良くなってきましたし、大事に育てて行けば先々はもっと良い走りを見せてくれるようになるでしょう。トレセンに戻って状態を確認した後は、無理せず放牧に出して心身ともにリフレッシュさせる方向で考えています」
(シルクホースクラブより転載)
ヴァランシエンヌ優勝

本日10/10(日)阪神1R 2歳未勝利 ダ1800m 和田竜二騎手騎乗で出走したヴァランシエンヌは、9頭立ての6着…。

1番枠だったので、砂を被るよりは前に行ってしまおう!という作戦だったと思いますが、直線失速し、1着馬から3.1差で入線しました。まだクラブのレースコメントは発表されていませんが、私的には芝の方が良いような感じ?また、距離が少し長いかも知れませんね…。次走に期待です!本日はお疲れさまでした。。。

同日、新潟5R 2歳新馬 牝馬限定 芝1600m 柴山雄一騎手騎乗で出走したジャスミンフローラは8着。松本大輝騎手騎乗で出走したミニョンルミエールは10着でした…。

どちらも道中、中団より後ろのポジションでしたが、直線まずまずの時計で上がってきたので、使っていけば見込みはありそうです^^汗 まずは無事ゴールしたことに感謝。お疲れさまでした^^汗

ミニョンルミエール
10月10日(日)新潟5R 2歳新馬 牝馬限定 芝1600m戦に出走し、10着でした。 和田調教師「まだちょっとテンにエンジンの掛かりが遅くて、でも終いはしっかり来てくれました。使いながら良くなってくると思います。お母さんはダートでしたけど、ジョッキーも今日乗ってて「全然芝は気にしてない」と言っていたので、今後も(芝ダート)両にらみで行きたいと思います。次走については戻っての馬の状態を見て判断したいと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

このページのトップヘ