おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

タグ:レース

ラッキーミーティア4着ラッキーミーティア 4着本日9/21 門別8R JRA認定ウィナーズチャレンジ ダ1200m 亀井洋司騎手騎乗で出走したラッキーミーティアは8番人気4着。

1着とはさほど差のない着差なので、スタートで後手を踏んだのが痛かったかも知れません。本日はお疲れさまでした。。。

9月21日(火)門別 8R JRA認定ウィナーズチャレンジ8競走2歳選抜馬に出走し、4着でした。 佐々木調教師「直線は良く伸びてきましたが、出遅れてしまいました。正直あまりスタートは決まらなかったですね。それで後ろからになりましたが、砂も被る形で無理もしなかったので、結果的には息が溜まって、終い外に出したら伸びてきたという感じですね。まあ、これはこれでラッキーミーティアの持ち味が出るのかもしれませんが。ジョッキーは追ってないと止める4言ってました。それで追い出してからもフラフラフラフラして子供っぼいですねと話していました。なんか内に寄れてみたり、4コーナーでは内から叩いたら外に寄れてみたり、ステッキに反応するんですよね、横に。叩かれたらそっちに逃げて行く感じがあります。パシュブリンカーを付けていて横が見えないので、今後寄れたら他の馬にぶつかってしまう可能性もありますね。どこかでパシュブリンカーを外してみたいなとは思っていますが。この後ですが、次回はウィナーズの選抜がないので、1200mの40万下という番組になると思います。エーデルワイス賞は賞金的に入らないと思いますが、念のため申し込みをしておきます。」
(YGGオーナーズクラブより転載)
photo_201913_2819

プリュムドール9着プリュムドール 9着本日9/19(日)中京11R ローズステークス(GⅡ牝 )芝2000m 武豊騎手騎乗で出走したプリュムドールは惜しくも9着…。この先行われる秋華賞(GⅠ牝)出走は叶いませんでした…。

武豊騎手は道中中団の内ラチ沿いをキープし、直線、内側の開いたスペースから進出して、差す競馬をイメージしていたと勝手に推測していますが^^汗、スローペースによる密集状態で思うような競馬が出来ず、それでもプリュムは最後の最後に伸び脚を見せ、根性のあるところを披露してくれました。

今回は展開に泣いたところが大きなネックでしたね。次走からまた条件戦に挑戦していくことになりますが、それも私は楽しみに思っています^^汗 本日はお疲れさまでした。また武豊騎手にはプリュムドールに騎乗してもらいたいですね^^汗 ありがとうございました。。。

★9/19(日)中京・ローズステークス(G2・芝2000m・牝)武豊騎手 結果9着
「いい結果とならずに申し訳ありませんでした。ただ、初めての重賞挑戦で、スムーズでないながらも上位とそこまで差はありませんでしたし、この馬も力があることが分かったのは収穫でした。武豊騎手は、『少しペースが遅くて、最後グッと一気にペースが上がった時にモタついてしまいました。それまでは最内の非常に良いポジションを取れたんですが、あまりにも急すぎるペースアップについていけなかったですね。その後もこの馬自身動けていますし、しっかり反応もしているのですが、直線の最後で斜行をされて前を塞がれたのが痛かったです。あれがなければ掲示板には来れていたと思います。調教の動きも悪くありませんでしたが、実戦に行って良いタイプですね。距離はもう少しあっても良さそうで、2勝クラスだったら全然勝負になる馬ですよ』と話していました」(奥村豊調教師)460kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)
E_o3TjtVQAIetdf

フィーネ2着フィーネ 2着本日9/18日(土)佐賀5R うまかつ.net賞3歳-12組 ダ1400m 山下裕貴騎手騎乗で出走したフィーネは、上手なスタートで今回も逃げますが、直線かわされてまた2着…。

勝負事なので相手も必死ですから、負けは仕方がないのですが、本音、勝ちたかったですね~^^汗 次走は期待しましょう!本日はお疲れさまでした。。。

9月18日(土)佐賀5R うまかつ.net賞3歳-12組 ダ1400m戦に出走し、2着でした。 真島調教師「すみません。今回も2着に負けてしまいました。スピードはあるんですが、今日は少し腰に疲れがあるような感じでした。そこはまた考えながら調整して行きます。距離は1400でも全然問題ないです。ただ、手前変えがちょっと下手なんですよね。それで息が入りきらなかったんじゃないかと思うんですけどね。こないだよりは折り合って行けたので、競馬を経験しながら良くなって行くと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)
フィーネ2着

プリュムドール
☆9/19(日)中京・ローズステークス(G2・芝2000m・牝)武豊騎手
11日(土)にCWコースで5ハロンから0.7秒先行して併せ、70.3-53.6-38.8-11.8を馬ナリで追われ、15日(水)にもCWコースで4ハロンから0.2秒追走して併せ、53.9-39.4-12.0を馬ナリに追い切りました。「同日の自己条件の場合は川田騎手を仮押さえしていましたが、牡馬で強そうな馬がいましたし、先週の紫苑ステークスの結果や秋華賞の想定を見ると、3勝クラスになったとしても確実には出走できなさそうなことから、当初の予定通りローズステークスへの出走を決めています。武豊騎手が騎乗予定だった馬が除外対象となり、プリュムドールに乗れることになったのも決め手の一つ。先週土曜日の追い切りである程度の負荷を掛けてもうほぼ仕上がっていたので、感触を確かめてもらうために昨日の追い切りに乗ってもらいました。15-15くらいで十分と思っていたところ、想定以上に時計が速くなってしまいましたが、状態が良い証拠でしょう。期待を持って送り出せます。ジョッキーも、『乗りやすい馬ですね。具合も良さそうですよ』と好感触を持ってくれたよう。相手は一気に強くなりますが、プリュムドールも夏を越して成長していますし、ここでどれだけ通用するか楽しみにしています。名手のエスコートで何とか権利を取ってきてほしいですね」(奥村豊調教師)

ラヴィネルージュ
★9/16(木)門別・3歳以上C4-2(ダ1000m)阿部龍騎手 結果7着
「最終追い切りでブリンカーとパシュファイヤーを試してみたところ、気持ちが入っていい稽古が出来ましたので、レースでも装着することにしました。騎乗した阿部龍ジョッキーは『馬具の効果もあったようで、ゲート内では集中していましたし、ポンと好スタートを切ってくれました。そこから楽に行ければ良かったのですが、外から勝ち馬にすぐに来られて、前回みたく早々に手応えが怪しくなってしまいました』と話していました」(佐々木国明調教師)458kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

スイーツビュッフェ
美浦トレセン近郊のセグチレーシングステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「獣医さんに触ってもらいましたが、やっぱり右トモから股関節にかけてダメージはあったので、軽く針をしてもらって、体をほぐすための細針をやってという形で治療してもらいました。現在はトレッドミルで調整で、明日から騎乗調教を開始します」

ニーズヘッグ
美浦トレセン近郊の広瀬ステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「現在は2500mを20~23秒くらいのキャンターで乗り始めています。特に乱れる事もなく、涼しくもなってきたので、このまま進めて問題なさそうです。休んでちょっと体も緩みましたが、今回しっかりリフレッシュして体に余裕が出てきて、体が緩んだ分メンタルもすごい落ち着いてピリピリもしていないので、連勝した時は同じくらい体が膨らんだ所から仕上げていって走ってくれたので、同じような流れでここから上げていきたいと思います」

ラインオブフェイト
美浦トレセン近郊のセグチレーシングステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「昨日移動してきました。今日田島調教師が来場されて『やっぱり牧場で見ると細く感じますね。まずは馬体を回復させながら、節も稼がないといけないので間隔も空ける形ですね』と話していました。明日獣医チェックをしてもらいますが、右トモが結構悪そうなので、一回完全にほぐしてあげて、しっかり治療して行く形になるかもしれません

シエルブルー
兵庫県のフォレストヒルにて放牧中です。 牧場担当者「変わらず順調に乗れていまして、18-16くらいの所まで上げて来れています。獣医さんに診てもらうと、やはり疲れは溜まってきているので治療はしてもらっていますが、大きく崩れる事なく進められています。体調面も問題ないので、あとは時計を入れていって耐えてくれるかという点だけですね。園田に入厩後はゲート試験もあると思いますし、そんなにこちらでぎっちりやらなくても良いかもしれませんので、保利調教師が見に来られるとの事ですので、その時に入厩に向けての相談を出来ればと思っています。馬体重は502キロです」

ビスバルト
16日に園田・保利良平厩舎に帰厩しました。 保利調教師「17時頃に入厩しました。脚元は大丈夫で、熱発もないんですが、朝の7時頃出発して9時間以上馬運車に乗ってたので、明日は休み前なんですがかわいそうなので厩舎回りの運動だけにしようと思います。馬場に入れようと思ったんですけど、到着が遅くなったので。体はすごい良くなりましたね」

フィーネ
佐賀・真島厩舎にて調整中です。 9月18日(土)佐賀5R うまかつ.net賞3歳-12組 ダ1400m戦に山下騎手騎乗で出走いたします。

ジャングルタキオン
千葉県の愛知ステーブル千葉分場にて放牧中です。 牧場担当者「昨日から坂路に入れ始めました。22~20秒くらいで1本登っています。脚元はソエの痛みは今の所ぶり返してないんですが、そのかわり球節の方が少しモヤモヤしますね。今日ソエの治療でショックウェーブを行ったので、一緒に球節周りも早く固まるようにショックウェーブで叩いてもらいました。球節の方は2週間後にまたショックウェーブを行う予定です。馬体重は501キロです」
(YGGオーナーズクラブより転載)

ヴァランシエンヌ
西村真幸調教師「放牧に出した後も順調に進められていたことから、14日の検疫でトレセンに戻させていただきました。15日から乗り運動を開始し、特に気になるところはなかったことから、16日に坂路でサッと時計を出しています。前半は15-15ぐらいで入り、ラスト2ハロンあたりからスピードを上げていきましたが、25.5-12.2の時計で駆け上がってくれましたよ。帰厩後最初の時計としては、まずまず動けていましたから、週末から徐々に負荷を強めて仕上げに入っていきたいと思います。デビューから2戦芝を使ってきましたが、追い出してからがワンペースなことを考えると、次走は目先を替えてダート戦を試してみたいと思っています。具体的な番組はもう少し時計を出して、動きを確かめながら検討していく方針です」

アイレ
青木孝文調教師「15日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。2歳未勝利馬と併せる形だったのですが、道中はアイレが4馬身ほど追走する形から、最後は馬体を並べて終えています。今週はレースでも騎乗予定の皇成(三浦皇成騎手)に跨ってもらいましたが、『角馬場へ向かう際に落ち着いていたので、これなら精神面はひとまず大丈夫だと思いました。その後もハロー掛けが終わるのを地下馬道で待っている時も特に問題なかったですし、道中の折り合いも付いていましたね。直線では左右でステッキを入れてみたものの、過剰に反応することなく良い伸びを見せていました。良いイメージで競馬へ臨めそうです』と好感触を持ってくれましたね。今日も喉の音は聞こえてきましたが、皇成の話では『DDSPよりも喉なりに近い音に感じます。でも走っていてパフォーマンスが落ちている訳では無さそうです』とのことでしたし、本当に喉の悪い馬であれば今日のように少し重たい馬場で終いが11.9秒も出ないですからね。今のところは特に気にしないで良いでしょう。ただ、今週のレースは非当選で除外となってしまったので、来週のマイル戦に臨みたいと思います。先週の想定を見て除外も想定内でしたし、今のメンタルであれば1週延びることで大きな影響はないと見ています」次走予定:9月25日の中山・芝1,600m〔三浦皇成〕

ジャスミンフローラ
辻哲英調教師「元々小柄な馬体とは言え、長距離輸送や環境の変化もあって少し見た目が寂しく映っていましたので、まずは馬体回復をメインにゆっくりと立ち上げています。軽く乗り運動を行っているものの、脚元等は特に気になりませんでしたし、それなりに落ち着きもありましたから、16日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。この馬にとって初めての追い切りとなりますし、まずは時計をあまり意識し過ぎることなく全体時計は5ハロン72秒くらいで終えています。牧場ではある程度しっかりと乗ってきてもらっていましたが、坂路が中心でしたので、少し重たいWコースですとまだ動けない感じですね。同じ新馬を2馬身追いかける形で、最後は馬体を並べることが出来なかったですし、息遣いも物足りない印象です。ただ、先程も言ったようにこちらで速めの追い切りを課すのは初めてでしたので、道中はまだ分かっていない感じにも見受けられましたし、このひと追いで気配がガラッと変わってきそうですよ。今のところ、中山開催の最終週の芝1,600m(牝)か第4回東京開催での出走を考えており、来週の追い切りを見てどうするか決めたいと思います」
(シルクホースクラブより転載)

願い叶って、ローズステークスに武豊騎手鞍上のプリュムドールが登録されました!^^汗 次の願いは3着までに入線して、秋華賞への切符をゲットして欲しいです!^^汗 まぁ、まずは無事にレースを走ってくれたらと思います。ラヴィネルージュは今回も着順は良くなかった…。しかし内枠でも前に出る競馬をしてくれたので、あとは後半の走りを何とか持ちこたえられるよう…頑張って欲しいですね。難しそうですが…^^汗

本日9/12(日)中京6R 3歳以上1勝クラス 牝馬限定 ダ1400m 小牧太騎手騎乗で出走したクワイエットは15着…。
同日、中山12R  3歳以上2勝クラス ダ1200m 武藤雅騎手騎乗で出走したラインオブフェイトは12着…。

クワイエットのレース詳細はまだ分かりませんが、ラインオブフェイトは砂を被って走る気を無くしたのが敗因…。勝利した外枠の前走では、先行して全く砂を被っていなく気持ち良く走っているのですが、毎回外枠が引ける訳ではないし…ホント難しいですね^^汗 本日はお疲れさまでした。。。

クワイエット
9月12日(日)中京6R 3歳以上1勝クラス 牝馬限定 ダ1400m戦に出走し、15着でした。 服部調教師「スタートは良かったのですが、そこから位置取りを下げてしまいましたね。馬に何かあったのか、まだ小牧騎手から話を聞けていないので、この後聞いてみてご報告させて頂きます。」

ラインオブフェイト
9月12日(日)中山12R 3歳以上2勝クラス ダ1200m戦に出走し、12着でした。 田島調教師「砂を被って全然進まなくなって、下がってしまったという感じですね。う~ん、状態は特に悪い訳じゃなかったですけど、元々砂被ってもそんなに悪くなかったはずなんですけど、今日は完全に、砂を被って嫌々してる中で外から馬も来て、両サイドに馬がいてポジションも狭いような状況になって、さらに下がるという感じですよね。調整は上手く行ったので期待していたんですが。2勝クラスで周りも速いので、完全に逃げるまで行かせるというのもどうかなという感じもしますので、外目の枠だったり、上手く展開がはまってくれたらという感じですね。右回りに関しては、コーナー前から下がり気味になっていて、その後追い上げる段階では問題なかったので、回りは関係ないかなと思います。次走はなるべく(砂を)被らない所で進めたいですね。期待していたんですが、すみません。2勝クラスはちょっと節も必要になりますので、一旦リフレッシュ放牧に出させて頂こうと思います。 」
(YGGオーナーズクラブより転載)

このページのトップヘ