おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

タグ:ブルーローズシップ

ブルーローズシップ3着ブルーローズシップ 3着本日9/5(日)新潟4R 3歳未勝利 芝2200m 藤田菜七子騎手騎乗で出走したブルーローズシップは、前走、前々走と2着でしたが、大体同じ様な展開で今回は3着…残念でした。

先生の判断ミスのせいだとか、いろいろ言われていますが、私は単にローズシップが精神面で成長したのではないか?と思っています。デビュー当初はパドックで転倒したり、馬っ気を出したりして、これは騙馬もあり得る?と思っていたくらいで、しかし現在はそんなに煩くもなくなり、ワンペースの脚しか無かった馬が末脚切れるようになったりと、成長の一途を辿っています。もちろん芝コースに替わったことが大きな要因ですけどね…^^汗 今後のことはまだ分かりませんが、本日はとりあえずお疲れさまでした。。。

9月5日(日)新潟4R 3歳未勝利 芝2200m戦に出走し、3着でした。 畠山調教師「勝ち上がる事が出来ず申し訳ございません。3,4コーナーでもう少し早めに上がっていければという所もありましたが、ちょっと内目の枠という事もあり道中外に出して行くスペースがなく、直線で外に出してからはいつも通りの伸びは見せてくれたんですが、3着争いまででした。馬体重は週初めで盛り返してきてくれて、中1週でも状態面はキープできたと思いますが。この後ですが、格上挑戦をする場合は、ここまで詰めて使っているので一旦放牧に出して、例えばですが福島あたりでフルゲートにならない所に入れてチャレンジしていくとか、様子を見ながらになると思います。一旦地方転籍する場合でもダートも走れますので、2つは勝てると思いますので、その形で成長を促すというのも方法としてはありますね。いずれにしても1勝クラスで戦う上ではもう一段階パワーアップして、もちろんまだそういう余地はあると思いますし、3歳の過程でもどんどん馬が良くなって成長してくれていますので。」 結果は3着と、残念ながら未勝利戦期間中に勝ち上がる事は出来ませんでしたが、長期休養明け一叩き後の芝での3戦では2,2,3着と安定した走りを見せており、先々は1勝クラスでも十分に通用すると思います。ただ、格上挑戦をする場合には出走枠の問題もあり狙ったレースに出走出来るとも限りませんし、デビュー戦ではダートで5着にきているようにダートでも走れますので、このまま中央在籍のまま格上挑戦をするか、一旦地方競馬に転籍し規定の成績を満たした上でのJRAの再登録を目指すかは、これまでのレース内容をよく精査し、トレセン帰厩後の馬の状態をしっかりと確認した上で協議し、判断する予定です。
(YGGオーナーズクラブより転載)

同日、札幌5R 3歳未勝利 ダ1700m 小林凌大騎手騎乗で出走したデクラークは13着の最下位…。このレースはいろいろな事情があるのだろうけど、出走すべきでは無かったですね…。何とも後味の悪いものでした。本日はお疲れさまでした。。。

★9/05(日)札幌・3歳未勝利(ダ1700m)小林凌大騎手 結果13着
「集中力が持続しにくいタイプのため、前半なるべくキックバックを受けない位置で運び、向正面から捲り気味にポジションを上げていくようにと指示を出していました。ダートの走り自体は悪くなかったものの、上が促し促して動かそうとしても反応鈍く抵抗できませんでした。もちろん今回適距離でなかったことは確かですが、前走くらいから気持ちの面でやや切れている印象を受けます。デキ落ちはないにしても、心身のバランスがいまひとつ噛み合っていない。結果を出すことができず申し訳ありませんでした」(矢野英一調教師)452kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ラインオブフェイト 優勝ラインオブフェイト優勝本日8/21(土)新潟8R 3歳以上1勝クラス ダ1200m 丸山元気騎手騎乗で出走したラインオブフェイトは、外枠や52kgの斤量なども有利に働きましたが、11番人気もなんのその、危なげない先行策で勝利いたしました!強い!^^汗

近況ではフェイト自身はトモなどに少し不安があり、本調子ではなかったようですが、それを吹き飛ばすかの大勝利でした^^汗 芝コースを長く走れる外枠からのスタートは、絶好のタイミングでハナを取れる程でしたが、そこは控えて4番手追走に落ち着きました。直線に入り、残り200m過ぎで先頭に立ち、追い込み馬にギリギリ詰め寄られるもそこがゴール板でした。。。^^汗

これでフェイトは2勝クラスに昇格。タイム的には2勝クラスでも通用する程のようで、上に上がっても上位チャンスがありそうです^^汗 本日はありがとうございました!そしてお疲れさまでした。。。

8月21日(土)新潟8R 3歳以上1勝クラス ダ1200m戦に出走し、1着でした。 出資会員の皆様、おめでとうございます。 田島調教師「おめでとうございます。良かったです。ちょっとトモが気になる所がずっとありましたが、最終追い切りはポリトラックで動きが良かったので。元々動ける馬なので、やっぱり能力はある馬なんですよね。上手く行って良かったです。斤量が軽かったのも良かったですし、外枠も良くて、競馬の中では良い条件も揃っていたかなと思います。噛み合いましたね。返し馬の動きを見てると膝を高く上げている感じなのでダート向きだとは思うんですが、芝スタートでも全然問題ないですね。ジョッキーは「ある程度行けると思うので前目に付けようとは思っていましたが、1200が久々なのでどうかなという所もあって、それでも無理なく良い位置が取れて、最終コーナーでは少し外に膨れさせられてしまったんですが、最後までしっかり頑張ってくれました。」と話していました。強い内容の競馬でしたよね。頑張ってくれました。次走についてはレース後の状態を良く見てから考えたいと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)
ラインオブフェイト1着

ブルーローズシップ2着ブルーローズシップ 2着同日、新潟6R 3歳未勝利 芝2400m 藤田菜七子騎手騎乗で出走したブルーローズシップはまたしても2着。

結末は前走と同じような感じでしたね。勝ったスカイシーカーがスローペースを難なく逃げ切り余裕勝ち。後から急いで追いかけた馬群の中にローズシップがいて、クビ差抜け出しての2着。展開で負けてしまった惜しいレースでした。

3歳未勝利戦、残るはあと2週…。馬の状態によるでしょうが、最終週の日曜日の新潟芝2200mが濃厚だと思います。決して無理強いはさせないで、余裕があるのなら出走させよう程度でお願いしたいですね^^汗 本日はお疲れさまでした。。。

8月21日(土)新潟6R 3歳未勝利 芝2400m戦に出走し、2着でした。 畠山調教師「頑張ってくれたんですが、勝った馬に上手く単騎逃げで乗られてしまいました。メンバー的にはチャンスがあると思ったんですが。2400は全く問題ない感じで、最後までジワジワ伸びているのは前走と同じような感じだったとの事です。人気馬が逃げているのも分かっていたので、少し早めに動いて射程距離に入れられたらという所でしたが、勝った馬はやはりスローペースで余力十分という感じで。今回-4㎏でこれ以上はさすがに減らしたくないので、さすがにちょっと連闘は厳しいので、中1週で最終週の新潟に同じくらいの体で出れるように調整したいと思います。1800と2200があり、2200の方で良いかとは思うんですが、あまりにメンバーが偏るようなら考えます。今日は勝ち馬が単騎逃げで、向こう正面で他に行く馬とかが出てくれば良かったんですが、みんな構えて構えてという感じで、そこで(ブルーローズシップも)後ろでじっとしててもという流れだったので。馬の方は明日の競馬が終わってから美浦トレセンに戻る予定なので、まだ戻ってから状態を良く確認するようにいたします。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

ブルーローズシップ2着ブルーローズシップ 2着本日8/7(土)新潟4R 3歳未勝利 芝2000m 藤田菜七子騎手騎乗で出走したブルーローズシップは激走の2着!^^汗 先生これでやっと分かったんじゃないの?^^汗

後方3番手の位置取りで、道中気持ちよく走らせた感がありましたね^^汗 ローズシップの走りのアップが映し出された時、ああ、この馬はストライドが大きな芝馬だな!と思いました^^汗

3角から追い出して、直線必死の追い込みで2着を確保。次走の優先出走権をゲットしました^^汗 もしかしたらレコードの出た今日のような馬場ではなく、洋芝の方が合いそうな気もしますね^^汗 やってみないと分かりませんが…。本日はお疲れさまでした。。。

8月7日(土)新潟4R 3歳未勝利 芝2000m戦に出走し、2着でした。 畠山調教師「頑張ってくれて、掲示板以上の結果ですので、これで次走に繋がって良かったです。ジョッキーは、芝変わりで結果が出たので(芝が)合うんだろうという事と、やっぱり前半はスーッと楽にポジション取りが出来るほど進んでいかない所があったみたいで、大外枠でそこで無理していくとかなり脚を前半で使わなければならなくなるのであのポジションで競馬をしたそうです。勝った馬は逃げ切りなんですが、時計も速くて(レコード)、それを追いかけてる馬の方が垂れて、後ろから終い脚を使った馬が上位に来たので、展開的にも良かったと思いますが、3コーナーを周る所から気合をつけて、それに馬も応えて動いてくれて、最後まで止まらずに来れたのも良かったですね。馬体重は前走+10㎏からの-2㎏だったので現状はこれくらいで丁度よいと思います。次走ですがまずはトレセンに戻っての馬の状態を見てからですが、例えば中1週ですと2000と2400がありますが、今日のスタートから1コーナーまでの位置の取り方を見ると2400を試してみる価値もあるかなと思います。まあ2000もあるので想定を見て両にらみが出来ればですが、これは中1週で行けるか、馬が堪えてないか次第ですね。トレセンに戻ってからの馬の状態と乗り出してからの動きをみて判断させて頂ければと思います。ちょっと疲れが抜けきらない場合は中2週で2000か、中3週で2200となりますが、行けそうなら中1週で行きたいと思っています。2㎏減も良かったと思いますし、今回で芝での感触も掴めていると思うので次走も藤田菜七子にお願いしようと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

本日6/27(日)東京1R 3歳未勝利 ダ1600m 木幡巧也騎手騎乗で出走したブルーローズシップは11着。
同日、東京3R 3歳未勝利 牝馬限定 芝1800m 的場勇人騎手騎乗で出走したショレアドルチェは15着。

2頭ともスタートはまずまずだし、道中も位置取りは前目で、極端に悪い点は無いと思うのですが、直線はワンペースの脚しか無い為、あっという間に後方に置かれてしまいますね…^^汗 ただ今回のレースの反省点として、ブルーローズシップはスタート直後の芝コースではしっかり走れているように見えたので、次走は芝コースを試して欲しいのと、ショレアドルチェは前走のように芝の長距離を試して欲しいな…と思いました。次こそ頑張りましょう!本日はお疲れさまでした。。。

ブルーローズシップ
6月27日(日)東京1R 3歳未勝利 ダ1600戦に出走し、11着でした。 畠山調教師「馬体重は+10㎏でしたが、休み明けとしてはそんなに太すぎるという事はなかったと思います。スタートはまずまず上手に出て、いい位置では運べたんですが、ちょっとギアが一段階上がらないような感じでした。ジョッキーも、止まっている訳ではなけど、4コーナーくらいからみんながスピードアップする所でギアが上がらなくて、道中もあまり抱える所がなかったと話していたので、その辺が課題だと思います。キックバックについては、最初外側から先行馬の後ろに入る時点でちょっと気にした感じはありましたが、そこから走って行った先はそんなには気にしないで走っていたので、馬の後ろに入れても大丈夫そうという事は言っていました。節の兼ね合いもありますが、次走は距離を伸ばすとか、芝を試すとか条件を変える事も考えたいと思います。」

ショレアドルチェ
6月27日(日)東京3R 3歳未勝利 牝馬限定 芝1800m戦に出走し、15着でした。 的場調教師「すみませんでした。(的場)勇人は「追い出した時にスピードにもう一つ乗り切れない所があるから、もうちょっと距離が長い方が良いかもしれないです」と話していたので、次走は長い所に行ってみます。火曜日に乗った時に歩様が悪かったので、削蹄をしたら大分良くなりましたが、ちょっと蹄の外側が低いので上げてもらってるんですけど、また装蹄師と相談しながら進めて行きます。やっぱり鞍を置く時とかは結構入れ込んでいてイレッポですね。ただ競馬では全然乗りやすかったみたいです。スタートもポンと出れて前に行ける脚もありますが、追い出して切れる脚がないので、長い所で前々で競馬をするのが良いと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

本日12/6(日)中山2R 2歳未勝利 ダ1800m 藤田菜七子騎手騎乗で出走したブルーローズシップは、前走の掲示板入りを今回も期待しましたが、残念ながら9着と物足りない結果に終わりました。

よそ見をした直後にゲートが開き、若干の出遅れ…。最後方からのスタートとなりました。道中、常に頭が左に向こうとする乗りにくそうな体勢で、どんどん集団から離されてもおかしくない感じでしたが、その辺は菜七子騎手が上手にブルーローズシップを操縦していたようで、置いていかれる馬がいる中、3コーナー辺りから前へ出てきましたね^^汗 しかしジリ脚なので一気には詰められず、もう一つ上の着順が良かった悲しい9着…。

ただ、明らかに距離が延びて良さそうに思いました。もっと前を向いて力のロスなく走れれば一番良いのですが、それがあっても伸びてくる余裕があるのだから、もっと距離があった方が良いのかな?と勝手に解釈しました^^汗 次走は芝の長いところで試してもらえたら…と思います。本日はお疲れさまでした。。。

12月6日(日)中山2R 2歳未勝利 ダ1800m戦に出走して9着でした。 畠山調教師「前半がなかなか進んで行かなかったですね。未勝利としては1000m通過が1.02.8でしたので、遅くはなく普通に流れたペースでしたが、ちょっとその流れに後ろが付いてこない感じで(トモが)はまってこなかったようです。前走の東京は向こう正面が遅い流れだったので位置取りが今日みたいな形にはなりませんでしたが、やっぱり競馬を経験している馬同士の普通の流れになってしまうと、現状は後ろの力のなさが出てしまいますね。それでいて直線では(トモが)はまってくるとじわじわと最後まで伸びてはいました。距離はやっぱりある程度あった方が良さそうですが、自身がもう少し体力強化をしていかないとという所ですね。今日はマイナス4キロで450キロでしたが、体型や背丈からしたらあと20キロくらいは筋肉がついてボリュームが出てきてほしい所で、そうなってくれば体力、パワーも付いてきて、もう少し出脚のダッシュもきいてくると思います。砂の方は外目の枠だったので、スタートから1コーナー、追い上げる段階でもそこまで被らずに行きましたが、直線では前の馬達も外側まで広がっていたので、内のほうから馬郡の中に入れざるを得ない形で、そこで前を走る馬達のキックバックを被った瞬間に嫌がる素振りを見せましたが、それでハミが抜けて前に行く気がそがれるという事はなく、一瞬だけで、そこからは普通に伸びて、鞍上の指示に従って前に前にと頑張ってくれたので、キックバック自体は大丈夫そうだと藤田騎手も話していました。この後については馬の状態を確認して、3場開催は再来週までで、年末年始は2場開催が続くので、どれくらいの節が必要になるかを確認してから考えたいと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

このページのトップヘ