おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

タグ:ブルーローズシップ

本日6/27(日)東京1R 3歳未勝利 ダ1600m 木幡巧也騎手騎乗で出走したブルーローズシップは11着。
同日、東京3R 3歳未勝利 牝馬限定 芝1800m 的場勇人騎手騎乗で出走したショレアドルチェは15着。

2頭ともスタートはまずまずだし、道中も位置取りは前目で、極端に悪い点は無いと思うのですが、直線はワンペースの脚しか無い為、あっという間に後方に置かれてしまいますね…^^汗 ただ今回のレースの反省点として、ブルーローズシップはスタート直後の芝コースではしっかり走れているように見えたので、次走は芝コースを試して欲しいのと、ショレアドルチェは前走のように芝の長距離を試して欲しいな…と思いました。次こそ頑張りましょう!本日はお疲れさまでした。。。

ブルーローズシップ
6月27日(日)東京1R 3歳未勝利 ダ1600戦に出走し、11着でした。 畠山調教師「馬体重は+10㎏でしたが、休み明けとしてはそんなに太すぎるという事はなかったと思います。スタートはまずまず上手に出て、いい位置では運べたんですが、ちょっとギアが一段階上がらないような感じでした。ジョッキーも、止まっている訳ではなけど、4コーナーくらいからみんながスピードアップする所でギアが上がらなくて、道中もあまり抱える所がなかったと話していたので、その辺が課題だと思います。キックバックについては、最初外側から先行馬の後ろに入る時点でちょっと気にした感じはありましたが、そこから走って行った先はそんなには気にしないで走っていたので、馬の後ろに入れても大丈夫そうという事は言っていました。節の兼ね合いもありますが、次走は距離を伸ばすとか、芝を試すとか条件を変える事も考えたいと思います。」

ショレアドルチェ
6月27日(日)東京3R 3歳未勝利 牝馬限定 芝1800m戦に出走し、15着でした。 的場調教師「すみませんでした。(的場)勇人は「追い出した時にスピードにもう一つ乗り切れない所があるから、もうちょっと距離が長い方が良いかもしれないです」と話していたので、次走は長い所に行ってみます。火曜日に乗った時に歩様が悪かったので、削蹄をしたら大分良くなりましたが、ちょっと蹄の外側が低いので上げてもらってるんですけど、また装蹄師と相談しながら進めて行きます。やっぱり鞍を置く時とかは結構入れ込んでいてイレッポですね。ただ競馬では全然乗りやすかったみたいです。スタートもポンと出れて前に行ける脚もありますが、追い出して切れる脚がないので、長い所で前々で競馬をするのが良いと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

本日12/6(日)中山2R 2歳未勝利 ダ1800m 藤田菜七子騎手騎乗で出走したブルーローズシップは、前走の掲示板入りを今回も期待しましたが、残念ながら9着と物足りない結果に終わりました。

よそ見をした直後にゲートが開き、若干の出遅れ…。最後方からのスタートとなりました。道中、常に頭が左に向こうとする乗りにくそうな体勢で、どんどん集団から離されてもおかしくない感じでしたが、その辺は菜七子騎手が上手にブルーローズシップを操縦していたようで、置いていかれる馬がいる中、3コーナー辺りから前へ出てきましたね^^汗 しかしジリ脚なので一気には詰められず、もう一つ上の着順が良かった悲しい9着…。

ただ、明らかに距離が延びて良さそうに思いました。もっと前を向いて力のロスなく走れれば一番良いのですが、それがあっても伸びてくる余裕があるのだから、もっと距離があった方が良いのかな?と勝手に解釈しました^^汗 次走は芝の長いところで試してもらえたら…と思います。本日はお疲れさまでした。。。

12月6日(日)中山2R 2歳未勝利 ダ1800m戦に出走して9着でした。 畠山調教師「前半がなかなか進んで行かなかったですね。未勝利としては1000m通過が1.02.8でしたので、遅くはなく普通に流れたペースでしたが、ちょっとその流れに後ろが付いてこない感じで(トモが)はまってこなかったようです。前走の東京は向こう正面が遅い流れだったので位置取りが今日みたいな形にはなりませんでしたが、やっぱり競馬を経験している馬同士の普通の流れになってしまうと、現状は後ろの力のなさが出てしまいますね。それでいて直線では(トモが)はまってくるとじわじわと最後まで伸びてはいました。距離はやっぱりある程度あった方が良さそうですが、自身がもう少し体力強化をしていかないとという所ですね。今日はマイナス4キロで450キロでしたが、体型や背丈からしたらあと20キロくらいは筋肉がついてボリュームが出てきてほしい所で、そうなってくれば体力、パワーも付いてきて、もう少し出脚のダッシュもきいてくると思います。砂の方は外目の枠だったので、スタートから1コーナー、追い上げる段階でもそこまで被らずに行きましたが、直線では前の馬達も外側まで広がっていたので、内のほうから馬郡の中に入れざるを得ない形で、そこで前を走る馬達のキックバックを被った瞬間に嫌がる素振りを見せましたが、それでハミが抜けて前に行く気がそがれるという事はなく、一瞬だけで、そこからは普通に伸びて、鞍上の指示に従って前に前にと頑張ってくれたので、キックバック自体は大丈夫そうだと藤田騎手も話していました。この後については馬の状態を確認して、3場開催は再来週までで、年末年始は2場開催が続くので、どれくらいの節が必要になるかを確認してから考えたいと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

ブルーローズシップ5着ブルーローズシップ 5着本日11/15(日)東京6R 2歳新馬 ダ1600m 藤田菜七子騎手騎乗で出走したブルーローズシップは、道中中団より後ろの位置取りでしたが、直線じわじわとしぶとさを見せ、結果5着でゴールしました。

前走輝かしいデビュー戦も、パドックで馬っ気を見せ、落ち着きなく転倒し出走取消…。今回が本当のデビュー戦となります^^汗 芝コースからダートコースに変わる際に驚いたような動作もあり、子供な一面をたくさん見せていて、まだまだ成長途上といった感じ。レース前、陣営から不安面をコメントされての出走でしたが、結果は上出来!これが未勝利戦だったらまた違ったかも知れませんがね^^汗 

そして同日、福島6R 3歳以上1勝クラス ダ2400m 松岡騎手騎乗で出走したポポラリタは、スタートから気持ち良く番手に付けましたが、途中ズルズル失速してしまいました…。故障?かとも思いましたが、スタミナ切れということで安心しました。しかしレースの選定は良くなかったですね…コメントには触れられていませんが、タイムオーバーで1か月間の出走停止となっています。

ブルーローズシップ
11月15日(日)東京6R 2歳新馬 ダ1600m戦に出走して5着でした。 畠山調教師「なんとか掲示板は確保してくれましたね。これから力が付いて、体も男馬らしくなってくれば、走りは更に変わってきてくれると思います。ジョッキーは「まだ緩さが目立つ感じで、ゲートが開いての加速力は現状これくらいなので距離的には短いと忙しそうで、今回の距離とか他場のコーナーが4つになる1700、1800くらいが合いそうです。新馬なので仕方のない事ですが、スタートして芝からダートに入る切れ目の所で下を気にして走りのバランスがちょっと一瞬崩れるような所がありました。砂のキックバックは最初当たった時に少し怯むような感じでしたが、外目にいたのであまりバサバサ被らない所で徐々に先団を追いかける形で、直線はスパッと切れる感じではないですが、追うとそれに最後まで応えて伸びてくれました。力が付いてくれば道中もっと流れに乗れると思います。」と話していました。今日はチークピーシーズを付けて競馬に臨みましたが、前回の競馬に向かう時よりも気性面は少しづつ良くなっているので、馬装はこの形でやっていこうと思います。権利が取れましたので、週明け馬の状態を確認して次走について検討したいと思います。」

ポポラリタ
11月15日(日)福島6R 3歳以上1勝クラス ダ2400m戦に出走して16着でした。 牧田調教師「申し訳ありません。前に行った分止まってしまいました。ジョッキーは「良い馬だから勝負をかけて行ったんですが。」と話していました。今の所馬に異常はないようなので、下がって行ったのはスタミナ切れですね。3戦目、休み明けで長距離と条件が良くなかったです。この後は馬の疲労がどれくらいあるかを見て考えたいと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

同日、福島12R 会津特別 芝1200m 菅原明良騎手騎乗で出走したオルダージュは、まさかの連闘。昇級戦でしたが、今回は逃げられなかったものの得意の先行策で6着に入りました^^汗  本日はお疲れさまでした。。。

オルダージュ
★11/15(日)福島・会津特別(芝1200m・混)菅原明良騎手 結果6着
「今回もスタートが上手く決まりましたね。ジョッキーは『今回は外の馬がさらに主張してきたので、前半は無理をさせないことにしました。コーナーでもそうでしたが、向正面から内の馬が外に張っていて、その辺りをロスなく自分が回せていれば…』と。昇級緒戦からこの走りができたのなら悪くないと思いますよ」(青木孝文調教師)474kg

エルモアットーレ(スターズファンド)
★11/15(日)金沢・とりあえず 坂本康太郎記念 C2 十一(ダ1500m)中島龍也騎手 結果:優勝
「前走の反省から、出遅れを防止するために尾持ちで対応。スタートはまずまずだったものの、左隣が内に切れ込んできて、進路変更を余儀なくされました。鞍上の中島龍也ジョッキーの咄嗟の判断で、上手く切り替えることが出来ましたね。ただ、その後は前走同様、向正面から追っつけ通し。入れ替わり立ち替わり後続馬が押し寄せてきましたが、よくぞアタマ差しのいでくれました。今日の時計の掛かるタフな馬場をクリアしてくれたことは、今後に活きてくると思うとうれしいですし、何より連勝を挙げることが出来て本当に良かったです」(高橋優子調教師)496kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

yggスイーツビュッフェ
美浦トレセン近郊の阿見トレーニングセンター内・セグチレーシングステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「だいぶ疲れがあったので、来週くらいまではゆっくり進めて行こうと思います」

ニーズヘッグ
美浦トレセン近郊の阿見トレーニングセンター内・チェスナットファームにて放牧中です。 牧場担当者「調教での動きは良くなってきていたのですが、汗をかく量が減ったので獣医に診てもらった所、夏バテの兆候が出ているようです。涼しくなってきましたが、逆に寒暖差が大きくなった影響かもしれません。ここで無理をすると悪化しかねないので、しばらく楽をさせて様子を見てみます」

ポポラリタ
栗東トレセン近郊のグリーンウッドトレーニングにて調整中です。 牧場担当者「引き続き15-15を行っています。大分トモの緩みや疲れ、硬さという所は改善されてきておりますので、これからどんどん進めて行けると思います。近々13ペースもやって行く予定です」

ブルーローズシップ
17日に千葉県のシンボリ牧場内・ブラスト・ホースステーブルに放牧に出ました。

ラインオブフェイト
美浦・田島厩舎にて調整中です。 田島調教師「昨日の午後になって歩様が乱れました。右トモなんですが、跛行しています。獣医さんに診てもらって、わき腹から股関節、右の後ろを痛めている状況です。楽をさせてみて、どこまで回復するかという所で、注射も打ってもらっています。この動きだと来週の競馬は厳しいですね。経過次第ですが、問題なければまたちょっと延ばして競馬に向かいたいと思いますが、長引くようだと一旦放牧も考えないといけないかなという感じです。大きな筋肉を傷めている感じですが、なんとも言えないですね。脚元の蹄だったり管骨だったりという感じではなく、触ってみて上の方という所です。上の方だと骨盤の可能性もゼロではないかなと言っていましたが、骨盤はレントゲンも撮りづらいし、エコーも映りづらいので、判断が難しいという感じです。しばらくして改善が見られなければトレセンの診療所で精密検査をしてもらう必要が出てきますが、今の所は獣医に診てもらって回復してくれば、予定を延ばして競馬に向かえたらという状態です。坂路で本来だったらもっと動けるはずなんですけど、あんまり動けなかったので、なんか嫌な感じはしたんです。終いが本来もっと動けるはずなので、追い切りの道中、走っている最中に痛めた可能性が高いかなという感じです。2、3日は楽をさせて様子をみたいと思います」

ハルモニア
美浦トレセン近郊の松風馬事センターにて放牧中です。 牧場担当者「ちょっと増えてきてくれて、445キロです。レースからプラス20キロになって、まぁ及第点かなと思います。でもまだまだ、この馬のキャパシティからしたら少ないですよ。体の方は問題なく、引き続き中日を設けながらですが、乗り進めています。動きの方は少しのびやかになっている感じです。体幹は強くなっているんじゃないかなと思います。体力はついてきているので、それに準じて馬体を戻す力もついてくれるといいんですけどね」

シエルブルー
兵庫県のフォレストヒルにて放牧中です。 牧場担当者「475キロ。今は坂路を18~16くらいで上がっています。脚元の骨瘤も落ち着いていて、歩様も問題ないので、今週末から15-15を入れて行く予定になっています。骨瘤は毎週獣医さんに診てもらっていますが、そんなに痛いって訳ではないので、状態を見ながら調教は進めて行って問題はないという事です。一応予防で化骨を促す注射は打っていますが、そこまで問題はないので、このまま調教を進めて行きます」

ビスバルト
岐阜県の山岡トレセンにて育成中です。 牧場担当者「順調ですよ。結構乗っています。今週は土曜日に強めをやろうと思っていまして、今日のメニューだと2000mくらいキャンター乗って、坂路2本上げました。ペースは20~18くらいです。ある程度最初から動けそうな雰囲気はありますよ。ちょっと口向きが悪いかなと思って、ハミかけた時にキャンターの下ろししなとかにカーッと頭を上げる事はあるけど、走り出すと問題ないので、そこら辺も矯正しながら進めて行きます」

ショレアドルチェ
京都府の宇治田原優駿ステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「脚元はスカッとしてきたので、普通キャンターまで上げてきました。今日はコース3周と坂路1本ハロン18の普通キャンターで乗っています。明日は同じメニューで、土曜日はトラックを2400に伸ばしてみようと思っていまして、それで脚元がぶり返すことがなければ来週から15-15を入れる予定でおります。少し楽をさせた事もあって馬は元気いっぱいで、うるさいくらいです。馬体は、見た感じはかなりふっくらとして良い感じになっています」

フィーネ
三重県の三重ホーストレーニングセンターにて育成中です。 牧場担当者「先週到着して、特に輸送の影響はなかったので、翌日から乗り出して、現在は2400~3000くらい乗っています。ペースはまだ軽めです。ダクで300くらい乗ってからじわっとハッキングにおろして、2、3周目以降、20くらいのキャンターで乗っています。動きを見ながら、距離とペースを上げて行きます」
(YGGオーナーズクラブより転載)

悪いことが続きます…。本当怪我が多いです、しかも大きな怪我が…。2歳馬に多いのも大問題。今日言いたいのはこれだけ!

yggブルーローズシップ
美浦・畠山厩舎にて調整中です。 畠山調教師「先ほどJRAの獣医さんに診て頂きましたが、『競馬場で診た時よりも歩様は改善しているが、やはり打撲からくるトモの跛行だろう』との事で診断はレース後と変わりなく、大きな故障はありませんでした。まずは一度放牧に出して仕切り直したいと思います。牧場の方で乗ってもらってトモが気になるようであればケアをしながら進めてもらいます。大がかりな治療などはせずに済みそうな感じですが、トレセンでは引き運動までしかしていないので、牧場で乗り手が乗ってみてトモの感触をどう感じるかという所です。明日ブラストステーブルに放牧に出します」

アイリーライフ
美浦・武井厩舎にて調整中です。この中間は13日に坂路で56秒4という時計を出し、16日にウッドチップにて横山武史騎手を背に併せ馬で追い切られました。 武井調教師「横山武騎手騎乗でチップコース追走先着終い強めです。今日は騎手に乗ってもらって現状の状態の確認と適距離を測る事が一番の目的で追い切りました。追い切り自体は、先行馬の後ろでチップを被っても怯むことなく前進気勢を保って走れていますし、直線は騎手の指示に反応してパワフルに走れていて先行馬を抜いて一頭になっても集中して走れていて良い調教でした。道中の息使い息の入りはまだ良化の余地を残しますが、追い切る毎に良くはなっています。騎手もかなり気に入ってくれています。騎手の感触では、動きも良く来週にはレースを使える状態にあるとの事でした。距離は1800でも大丈夫という事なので来週の新馬1800ダから投票していこうと思います。馬体重は466キロ、脚元歩様は変わりありません。来週の中山1800新馬を横山武騎手で予定しています」 横山武史騎手「良い馬ですね。それに現状の2歳馬としてはかなり完成度が高いです。初戦からやれそうです。今日はチップが荒れていて走り難い馬場でしたが、しっかり自分でバランスをとれて走れていますし走りも力強いのでダートで良いと思います。チップを被っても大丈夫ですし距離も1800で大丈夫です。課題は走っている時以外でチャカチャカうるさいところ位ですが、それも走ればちょうど良いテンションなのでそれほど大きな問題では無いと思います」 9月26日(土)中山3R 2歳新馬 ダ1800m戦に横山武史騎手騎乗でデビューを予定しています。

ラインオブフェイト
美浦・田島厩舎にて調整中です。この中間は13日に坂路で56秒8という時計を出し、16日は坂路にて併せ馬で追い切られました。 田島調教師「坂路で速い所を行いました。54.2-39.8-26.2-13.3という所で、帰ってきてから週末と今週とやってみて、もう少し動きがしっかりしてきて欲しい所ですね。まあ久しぶりの分もあると思いますから、来週はウッドチップコースで速い所をやる予定です。来週のダート1200戸崎で予定しています」 9月27日(日)中山1R 2歳未勝利 ダ1200m戦に戸崎騎手騎乗で出走を予定しています。
(YGGオーナーズクラブより転載)

このページのトップヘ