おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

タグ:ハルモニア

本日6/6(日)東京6R 2歳新馬 芝1400m 柴田善臣騎手騎乗でデビューしたディオアステリアは、新聞などでは本命にも推されて、一時は2番人気にもなっていましたが、結果は9着。陣営も訳の分からない不可解な9着でした…。

スタートから前には押して行かず、今後のためを思ってか6番手辺りを追走。直線ジワジワ伸びるも、残り200m辺りでかわされ始め、100m辺りではもう追うのも止め力尽きていました…。おそらく距離が長いのではないかと思いますが、直線が長いのも厳しそうです。同じファクター産駒のナックドロップスが最下位なのも適性が合っていない感じがしますね。しかしまだ初戦なので、経験を積んで適性が見つかれば良いです。本日はお疲れさまでした。。。

6月6日(日)東京6R 2歳新馬 芝1400m戦に出走し、9着でした。 小野調教師「ちょっと不可解な負け方でしたね。(柴田)善臣さんには2回調教に乗ってもらって、その時は気が悪い所は見せていなかったんですが、今日の返し馬で急に止まろうとしたりという所を見せたようで、競馬でも道中は良い感じでしたが、最後良い手応えで伸びるかなという所から止まってしまいました。これまでの調整過程では気の悪い所を見せる事はありませんでしたが、新馬戦なので、幼稚園の運動会なんて言ったりしますけど、実戦に行ってそういう所(気の悪さ)を出してきたのかもしれません。牝馬なのでもしかしたらフケが出ていた可能性もありますが。ここで距離だったり芝の適正を判断出来れば良かったのですが、この一戦では判断は難しいですね。レース後、今の所馬体に異常はありません。また戻ってから良く確認するように致します。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

同日、佐賀1R 3歳9組 ダ1400m 小松丈二騎手騎乗で出走したハルモニアは8着。今までの負けの要因が気性の悪さや距離だけではないのは分かっていますし、本当にハルモニアの今後の上昇はあるのか?その辺を踏まえてファンドの継続をお願いしたいです。本日はお疲れさまでした。。。

6月6日(日)佐賀1R 3歳9組 ダ1400m戦に出走し、8着でした。 真島調教師「テンションが上がってきてしまって、今日はかなりカリカリしていました。装鞍所の段階でかなり体力を消耗してしまいました。体もなかなか増えてこないので、次は一開催空けさせて頂ければと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

5/22(土)佐賀12R ウーマんチャンス 3歳-8組 ダ900m 小松丈二騎手騎乗で出走したハルモニアは8着。佐賀競馬で3走目になりますが、なかなか勝ち負けになるレース内容には至りません…。

距離が短いと師はコメントされていますが、パドック解説を聞くとどの馬もダ900mは短いようで、ダ1400mでもさほど変わらないのでは?と、私は思っています。これから中央や他場で力及ばず、転厩してくる馬も多いと思いますが、そのような中でもハルモニアが成長して力を付け、1勝2勝と勝ち上がれるのか?もう少し見守りたいと思います。本日はお疲れさまでした。。。

5月22日(土)佐賀12R ウーマんチャンス3歳-8組 ダ900m戦に出走し、8着でした。 真島調教師「すみませんでした。選べないので仕方ないですが、やっぱり距離が短かったですね。レース前まではパシュファイヤーを付けてなるべくテンションが上がらないようにして、だいぶ競馬慣れもしてきたので、距離が伸びれば勝負になると思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

本日5/9(日)佐賀12R ドリームシリーズ3歳-7組 ダ900m 小松丈二騎手騎乗で出走したハルモニアは、距離が短いのが良くなかったようで2番人気も結果9着…。次走に期待です!本日はお疲れさまでした。。。

ハルモニア
5月9日(日)佐賀12R ドリームシリーズ3歳-7組 ダ900m戦に出走し、9着でした。 真島調教師「900mは距離が短かったですね。今日はゲートは大人しくしていましたが。次ももしかしたら900m戦に編成されてしまうかもしれませんが、1300m戦に使えるようならそちらに向かいます。相変わらずテンションは高いですね。それでも今日くらいゲートで我慢が出来れば1300mだったらもっとやれると思います。あとは飼い葉をもうちょっと食べてくれると良いんですが。すみませんでした。」

アイリーライフ
美浦・武井亮厩舎にて調整中です。 武井調教師「坂路で縦列馬なりで追い切りました。549-413-275-137です。今日は終始馬の後ろでチップをかけました。調教だとチップを被っても嫌がらずに走れます。道中は適度な前進気勢で走れていて折り合いは問題ありません。走りもモタレ等なく真っ直ぐ走れていて動きも悪くありません。終いは持ったままで余裕もあり良い走りでした。道中の息使い息の入りも悪くありません。馬体重は456kg、足元歩様は問題ありません。」

ディオアステリア
美浦・小野次郎厩舎にて調整中です。7日にゲート試験を受け、合格しました。 小野調教師「本日坂路で15-15を行きました。時計は603-453-299-153坂路です。今日は新潟競馬に臨場していて自分の目では確認しておりませんが、調教後も馬体に異常なしと報告を受けています。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

さて、今週から3歳未勝利馬の出走が多くなってくると思います。アイリーライフもそのうちの一頭で、未だ馬の特徴がよく掴めず、調教と本番とで試行錯誤を繰り返している状態…。馬体重は戻ってきていると思いますが、何か打開策はないものか?難しいところです^^汗

フィーネ
4/24(土)阪神3R 3歳未勝利 ダ1200m 川須騎手 出走取消

4月24日(土)阪神3R 3歳未勝利 ダ1200m戦に出走を予定しておりましたが右前肢跛行のため出走取消となりました。 松下調教師「馬運車で右前を落鉄してしまいました。その時に一緒に蹄壁の外側の部分まで取れてしまって、真皮まで見えてしまっているような状態です。今日は出走が出来ないので右前肢破行で出走取消しとなりますが、ちょっとこの後時間がかかってしまうかもしれません。戻ってから良く状態を確認するように致します。申し訳ございません。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

先週のニーズヘッグもそうですが、こういうの本当に多い気がしますね…。生き物を扱っているから仕方がないとは言っても、明らかに人災。もし馬運車で何事もなくレースに出走していても、落鉄は確実だったでしょう…。この文章だけでは良く分かりませんが、おそらく傷は目を当てられないほどの様子…。レースに出られなくなるなどの云々もありますが、馬が本当かわいそうです…。再発防止に真剣に取り組んでください。

同日佐賀1R 3歳-7組 ダ1400m 小松丈二騎手騎乗で出走したハルモニアは4着。

4月24日(土)佐賀1R 3歳-7組 ダ1400m戦に出走して4着でした。 真島調教師「すみませんでした。もう少し体が出来ないと、食べるようにはなってきたんですけどね。ゲートをもぐりかけて乗り役が落ちかけたので、横向けてて上手にスタート出来なかったですが、なんせ久々でテンションが高かったですね。体が出来てくればもうちょっと落ち着いてくると思うんですけどね。ちょっと体を作ってあげないといけないので次開催は一回空けるかもしれません。休み明けでも細かったので。ようやく環境にも慣れて、飼い葉を食べて実になりだしたので、状態を見て判断したいと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

本日のレースを観て、まぁ、何戦か出走すれば勝利もあると思いますが、採算性だけを考えたら、私は競走馬存続はちょっと難しいのでは?と思いました。しかし転厩初戦の結果だけで引退させるにはまだ早い気がしますし、中央競馬と同じく、未勝利戦の無くなる夏までは様子を見たいと思います。

同日4/24(土)新潟3R 3歳未勝利 ダ1200m 大野拓弥騎手騎乗で出走したエストラテーガは12着。

★4/24(土)新潟・3歳未勝利(ダ1200m)大野拓弥騎手 結果12着
「練習ではゲートも問題なくこなせていましたが、今日は多少待たされたことも影響してか出遅れる形になりました。ジョッキーは『距離は少し忙しかったような印象です。使いながら良くなって成長いくでしょうから、これからだと思いますよ』と話していました。ある程度の節は必要になるかと予想されますが、出走のチャンスを狙っていければと思います」(稲垣幸雄調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

1アウト目。今日も良い所なしでした…。もしかしたら晩成タイプかも知れませんね。夏までの本格化はどうなのか?

本日12/19 中山7R 2歳未勝利 芝1600m 木幡育也騎手騎乗で出走したハルモニアは、優勝馬から4.3差の最下位16着。「タイムオーバーによる出走制限」のため,令和3年1月19日まで平地競走に出走出来ません…。

う~ん、、、ハルモニアが無料馬だからこの結果なのか?と言われても、否定出来なくなってきましたね。それとも他に原因があるのか…? 本日はお疲れさまでした。。。

12月19日(土)中山7R 2歳未勝利 芝1600m戦に出走して16着でした。 稲垣調教師「ちょっとチグハグな内容になってしまって、終いは完全に脚が上がってしまいました。テンに少し出して行った分か、2コーナー過ぎから掛かり気味というか、咥えるような感じになってしまって、その後3コーナーを過ぎてペースが上がってからは逆に追走するのに苦しくなってしまったという感じで、ジョッキーが言うには今日の自分の乗り方が上手くいきませんでしたとは言っていたんですが、久々の分とそういった乗り方なども含めて噛み合わなかったのかなという感じです。一回ダートも考えても良いかもしれないですね。スピードの面で、テンの動きだしに1枠でスッと行けない点や、3コーナー過ぎからのペースが上がって行った時の対応というか、馬の反応が、今日の競馬を見る限り、スピードの面で物足りない所がありますので。馬体にまだ頼りない部分があるのでダートの適正自体はなんとも言えませんが、時計の事を考えるとダートを使ってみるのもありかなと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

このページのトップヘ