おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

タグ:デクラーク

デクラーク シエルブルーデクラークシエルブルー本日11/18(木)園田9R C2一 3歳以上 ダ1400m  吉村智洋騎手騎乗のデクラークが3着。大山真吾騎手騎乗のシエルブルーは5着。どちらも残念ながら勝利出来ず…。したがって引き分け^^汗

デクラークは果敢に逃げましたが直線で失速…。中央では1200mをメインに走っていたので1400mは長い感じ。次走距離短縮でどうなるか?期待したいです^^汗

シエルブルーは約11か月ぶりのレース。今回は試走みたいなもので、これで再度脚元に不安が現れたら、ちょっとこの先も難しいのでは?と思っています。5着といえど離されている訳ではないので、上々の出来だと思います^^汗 本当、レース後のトモの状態に尽きますね。本日はお疲れさまでした。。。

デクラーク
★11/18(木)園田・C2 一 3歳以上(ダ1400m)吉村智洋騎手 結果3着
「中央の時は後ろからの競馬が多かったのですが、こちらではゲートも決まるようになって、今日のようにスムーズに先手を奪えます。ただ、かなりスローなペースで行けていた割に、最後はバテてしまいました。『あのペースだったらもう少し粘ってほしかった』とジョッキーも話していましたし、これくらい行けるようなら距離を詰めてみても良いかもしれません。相手関係などを見ながら、また次走を考えていきます」(盛本信春調教師)456kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

シエルブルー
11月18日(木)園田9R C2一3歳以上に出走し5着でした。 保利調教師「すみませんでした。スローペースになったので前半かかっちゃいましたね。あんなに行くとは思わなかったです。返し馬で良く解しておいてと伝えたんですけど、思ったよりスタートは出れたので、良くなってきているんでしょうね。今は馬場が内が有利になってるので、外を回った分厳しかったですね。今日の感じならすぐ勝てると思うんですけど、明日ガタッとこないといいですね。今の所上がりの歩様は大丈夫です。馬に合わせて進めて行こうと思いますが、中2週で考えています」 大山騎手「すみませんでした。ちょっとかかってしまいました。どこかで内に入れたかったんですけど、入れられなかったです。トモの方は競馬では気にならなかったですね。返し馬で長めに解したら段々トモが入ってくるようになるので。まだ馬が大人し過ぎるのかボケている所があるので、使って次は良くなってくると思います」
(YGGオーナーズクラブより転載)

デクラーク3着デクラーク 3着10/28(木)園田5R C2三 3歳以上 ダ1400m 吉村智洋騎手騎乗で出走したデクラークは3着。

園田転厩初戦で、ダート競馬は初めてではないにせよ、3着はまずまずの成績かと思います。しかし、行き脚はあまり良くありませんでしたね…。向こう正面でムチを打って促さないと厳しかったようです。まぁ、一回使って、次走は良くなってくれるのではないかと思います。本日はお疲れさまでした。。。

★10/28(木)園田・C2 三 3歳以上(ダ1400m)吉村智洋騎手 結果3着
「コースの砂の入れ替えがあり、パワーの要る時計の掛かる馬場が味方しなかった印象。理想はもう一列前でした。行き脚が鈍っていましたね。ただ、そこから渋太い競馬をしてくれました。馬群の内々で我慢がきいていましたし、キックバックにヒルむようなところはなかったとのこと。吉村智洋ジョッキーが最後までしっかりと追ってくれているので、次は間違いなく良い方向に変わってくるでしょう。距離に関して、引き続き1400m戦がいいか、それとも1230m戦に短縮した方がいいか、改めて吉村ジョッキーからの意見も参考に決めたいと考えています」(盛本信春調教師)460kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ブルーローズシップ3着ブルーローズシップ 3着本日9/5(日)新潟4R 3歳未勝利 芝2200m 藤田菜七子騎手騎乗で出走したブルーローズシップは、前走、前々走と2着でしたが、大体同じ様な展開で今回は3着…残念でした。

先生の判断ミスのせいだとか、いろいろ言われていますが、私は単にローズシップが精神面で成長したのではないか?と思っています。デビュー当初はパドックで転倒したり、馬っ気を出したりして、これは騙馬もあり得る?と思っていたくらいで、しかし現在はそんなに煩くもなくなり、ワンペースの脚しか無かった馬が末脚切れるようになったりと、成長の一途を辿っています。もちろん芝コースに替わったことが大きな要因ですけどね…^^汗 今後のことはまだ分かりませんが、本日はとりあえずお疲れさまでした。。。

9月5日(日)新潟4R 3歳未勝利 芝2200m戦に出走し、3着でした。 畠山調教師「勝ち上がる事が出来ず申し訳ございません。3,4コーナーでもう少し早めに上がっていければという所もありましたが、ちょっと内目の枠という事もあり道中外に出して行くスペースがなく、直線で外に出してからはいつも通りの伸びは見せてくれたんですが、3着争いまででした。馬体重は週初めで盛り返してきてくれて、中1週でも状態面はキープできたと思いますが。この後ですが、格上挑戦をする場合は、ここまで詰めて使っているので一旦放牧に出して、例えばですが福島あたりでフルゲートにならない所に入れてチャレンジしていくとか、様子を見ながらになると思います。一旦地方転籍する場合でもダートも走れますので、2つは勝てると思いますので、その形で成長を促すというのも方法としてはありますね。いずれにしても1勝クラスで戦う上ではもう一段階パワーアップして、もちろんまだそういう余地はあると思いますし、3歳の過程でもどんどん馬が良くなって成長してくれていますので。」 結果は3着と、残念ながら未勝利戦期間中に勝ち上がる事は出来ませんでしたが、長期休養明け一叩き後の芝での3戦では2,2,3着と安定した走りを見せており、先々は1勝クラスでも十分に通用すると思います。ただ、格上挑戦をする場合には出走枠の問題もあり狙ったレースに出走出来るとも限りませんし、デビュー戦ではダートで5着にきているようにダートでも走れますので、このまま中央在籍のまま格上挑戦をするか、一旦地方競馬に転籍し規定の成績を満たした上でのJRAの再登録を目指すかは、これまでのレース内容をよく精査し、トレセン帰厩後の馬の状態をしっかりと確認した上で協議し、判断する予定です。
(YGGオーナーズクラブより転載)

同日、札幌5R 3歳未勝利 ダ1700m 小林凌大騎手騎乗で出走したデクラークは13着の最下位…。このレースはいろいろな事情があるのだろうけど、出走すべきでは無かったですね…。何とも後味の悪いものでした。本日はお疲れさまでした。。。

★9/05(日)札幌・3歳未勝利(ダ1700m)小林凌大騎手 結果13着
「集中力が持続しにくいタイプのため、前半なるべくキックバックを受けない位置で運び、向正面から捲り気味にポジションを上げていくようにと指示を出していました。ダートの走り自体は悪くなかったものの、上が促し促して動かそうとしても反応鈍く抵抗できませんでした。もちろん今回適距離でなかったことは確かですが、前走くらいから気持ちの面でやや切れている印象を受けます。デキ落ちはないにしても、心身のバランスがいまひとつ噛み合っていない。結果を出すことができず申し訳ありませんでした」(矢野英一調教師)452kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

本日7/24(土)函館4R 3歳未勝利 芝1200m 小林凌大騎手騎乗で出走したデクラークは8着…。1枠1番、前々での競馬が絶対条件でしたが、前に行けず直線勝負だけの競馬。もちろんそれでは勝てず…残念な結果に…

今年8戦目。そんなに大きな馬ではないので、かなり疲労もあると思います。あと1戦チャンスはあると思いますが、何とか頑張って欲しいですね。本日はお疲れさまでした。。。

★7/24(土)函館・3歳未勝利(芝1200m・混)小林凌大騎手 結果8着
「ゲートの中でずっとソワソワしており、道中も頭を上げて抵抗しながら走っていました。内枠を懸念してはいたものの、それにしても内容が悪い競馬。直線もモタれてしまってビュッと伸びてこれなかった。調子は悪くなかったのですが、やや疲れが溜まっているのかもしれません。状態をよく見てまた札幌開催を目指すつもりです」(矢野英一調教師)444kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

デクラーク4着デクラーク 4着本日7/11(日)函館2R 3歳未勝利芝1200m 横山武史騎手騎乗で出走したデクラークは4着。

今回はスタートは良かったし、人気馬バンベルクも潰れちゃったし、勝てるチャンスはあったと思うけど、牡馬で442kgのデクラークに斤量56kgは重いのかなぁ…? 本日はお疲れさまでした。。。

★7/11(日)函館・3歳未勝利(芝1200m・混)横山武史騎手 結果4着
「前走時に比べれば発汗量が少なく、いくらか落ち着いた雰囲気でレースに臨めていたと思います。スタートも決まって脚を溜めながら運べていたものの、勝負どころで外々を回した分だけ最後は切れ負けしてしまいました。前が速く展開は向いたはずですし、枠を考えればジョッキーの乗り方もけっして悪くありませんでしたが、色々と噛み合わなければ勝ち切ることはできないので少しのロスも痛い。状態を見ながらまた使う番組を決めていきます」(矢野英一調教師)442kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

このページのトップヘ