おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

タグ:ディオアステリア

本日6/6(日)東京6R 2歳新馬 芝1400m 柴田善臣騎手騎乗でデビューしたディオアステリアは、新聞などでは本命にも推されて、一時は2番人気にもなっていましたが、結果は9着。陣営も訳の分からない不可解な9着でした…。

スタートから前には押して行かず、今後のためを思ってか6番手辺りを追走。直線ジワジワ伸びるも、残り200m辺りでかわされ始め、100m辺りではもう追うのも止め力尽きていました…。おそらく距離が長いのではないかと思いますが、直線が長いのも厳しそうです。同じファクター産駒のナックドロップスが最下位なのも適性が合っていない感じがしますね。しかしまだ初戦なので、経験を積んで適性が見つかれば良いです。本日はお疲れさまでした。。。

6月6日(日)東京6R 2歳新馬 芝1400m戦に出走し、9着でした。 小野調教師「ちょっと不可解な負け方でしたね。(柴田)善臣さんには2回調教に乗ってもらって、その時は気が悪い所は見せていなかったんですが、今日の返し馬で急に止まろうとしたりという所を見せたようで、競馬でも道中は良い感じでしたが、最後良い手応えで伸びるかなという所から止まってしまいました。これまでの調整過程では気の悪い所を見せる事はありませんでしたが、新馬戦なので、幼稚園の運動会なんて言ったりしますけど、実戦に行ってそういう所(気の悪さ)を出してきたのかもしれません。牝馬なのでもしかしたらフケが出ていた可能性もありますが。ここで距離だったり芝の適正を判断出来れば良かったのですが、この一戦では判断は難しいですね。レース後、今の所馬体に異常はありません。また戻ってから良く確認するように致します。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

同日、佐賀1R 3歳9組 ダ1400m 小松丈二騎手騎乗で出走したハルモニアは8着。今までの負けの要因が気性の悪さや距離だけではないのは分かっていますし、本当にハルモニアの今後の上昇はあるのか?その辺を踏まえてファンドの継続をお願いしたいです。本日はお疲れさまでした。。。

6月6日(日)佐賀1R 3歳9組 ダ1400m戦に出走し、8着でした。 真島調教師「テンションが上がってきてしまって、今日はかなりカリカリしていました。装鞍所の段階でかなり体力を消耗してしまいました。体もなかなか増えてこないので、次は一開催空けさせて頂ければと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

バアゼルザウバーの19 募集写真バアゼルザウバーの19
牝馬 芦 2019/2/18
父ザファクター 母父シンボリクリスエス
美浦・小野次郎厩舎 市川牧場
募集時測尺 161/185/20.6/527kg (2021/1/29)

育成牧場コメント
本馬の調整過程については順調のひと言です。早いグループで調教が進み、1月には15-15ができそうなくらいまで状態は上がってきています。仕上がりも早いのではないでしょうか。タイプとしては芝向きで、1200~1600mの短いところが面白いかなと感じています。とても前向きでいい気性をしていますからね。普段の調教から前向きで真面目。併せ馬をしているとしっかり負けん気を出します。今のところは文句なしの優等生というイメージですね。早いうちから競馬場で活躍してくれることを期待しています。 (門別牧場・門別氏)

【馬体診断(治郎丸敬之氏)】
1年限り(2018年のみ)の供用ということで日本にやってきた種牡馬ザファクターの産駒ですから、一か八かの魅力でいっぱいです。ザファクター自身、2歳からダートの短距離を中心にトラックレコードを出して活躍していた戦績からも分かるように、馬体は筋骨隆々のマッチョタイプで、特に前躯が力強く、いかにもダートコースをかき込むようにして走っていた姿が目に浮かびます。おそらく産駒もそのような前躯が勝ったダートの短距離馬の馬体に出そうですが、バアゼルザウバーの19の馬体を見る限りにおいては、前後のバランスは非常に良いですね。胴部が詰まって、コロンと映る馬体であることは確かなので、距離はマイル以下がベストでしょう。トモにも実がしっかりと入っているので、もしかするとダートだけではなく芝の短距離戦でもスピードを生かして走るかもしれません。素直に馬体だけを見るとそれほど大物感はありませんが、これといった欠点もなく健康な馬体であり、気性も素直そうな顔つきをしていますので、早い時期からコンスタントに短い距離を走り続けてくれるのではないでしょうか。
(YGGオーナーズクラブより転載)

2019年産YGG馬の出資は、先に出資した2頭で打ち止めにしようと考えていましたが、ニーズヘッグが2勝クラスに昇級したことと、Teamマミーぽこのエースであったルクシオンが亡くなってしまったことをきっかけに、私の信頼度No.1の小野次郎厩舎所属予定であるバアゼルザウバーの19に出資することにいたしました^^汗 

父ザファクターは1年限りの供用で、それまで日本に輸入された3頭の産駒は全て勝ち上がり、私も大変気になっていました。この仔は牝馬ですがとても雄大な馬体で、皮膚も薄く見え、柔軟性もあるかな?と思いました^^汗 コメントも上々な感じで、今のところ申し分ありません^^汗 半兄のカーヴィーレーザーに出資していましたが、こちらは気性の激しい、扱いの難しい馬でしたが、ザファクター仔はそこまで悪くなさそうです^^汗 活躍してくれることを祈っています。

バアゼルザウバーの19に出資の方々、今後ともよろしくお願いいたします^^

バアゼルザウバーの19バアゼルザウバーの19
父ザファクター 母父バアゼルザウバー 牝 芦毛 2/18
体高158 胸囲178 管囲20.4

NOC所属の半兄カーヴィーレーザー(父エイシンフラッシュ)に出資していますが、現在4戦0勝…。騙馬となり、ホッカイドウ競馬所属で再起を図ることになりました。カーヴィーレーザーの最大の欠点は気性の悪さ…。妹のこの仔もセール動画を観ると兄に似た感じがします^^汗 募集価格が兄より高い(兄960万円)1100万円は痛いのですが、予定厩舎がニーズヘッグと同じ小野次郎厩舎なので、私的には大きな魅力があります。馬格もあるし、ホント、私的不安要素は気性だけなので、迷いに迷います…^^汗 ただ年明け1月が募集開始予定なので、キャンペーンのクラブポイントは使えず…。有効期限がある1万円分のクラブポイントはどうしよう…と、これも迷いに迷います^^汗https://youtu.be/zTeQhmlsiB8?t=22760
https://db.netkeiba.com/horse/2019104356/

このページのトップヘ