おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

タグ:スターズファンド

ニーニャ優勝ニーニャ1着本日6/17(木)名古屋7R C5組 ダ1400m 戸部尚実騎手騎乗で出走したニーニャ(スターズファンド)
は、見事1着でゴールし、中央競馬復帰の運びとなりました!おめでとうございます!^^汗

★6/17(木)名古屋・C5組(ダ1400m)戸部尚実騎手 結果:優勝
3勝目を挙げ、JRAへの再登録の要件を満たしました。 このレースを最後にNARの馬登録を抹消し、JRAへの再登録をおこないます。 なお、新たな預託先、それに伴う移動等のスケジュールにつきましては、改めてお知らせいたします。 「昨日の馬場であれば危なかったと思いますが、今日は重馬場発表とはいえ、適度に締まっていて走りやすく、時計が出やすい状態。外的要因が全てニーニャに味方してくれたと思います。名古屋ダ1400戦の持ち時計も更新(1.30.7)しましたしね。フケが完全に治まったことも、力を出し切れた要因の一つでしょう。向正面で先団の外めのポジションに位置した際に勝ち負けを確信しましたが、あとは後方からマクる相手が来ないことを祈るだけ。メンコとシャドーロールを装着してはいるものの、外側からのプレッシャーに対して滅法弱い面がありますからね。1頭だけ上り3ハロン38秒台でまとめ、最後の直線はしっかりとした素晴らしい伸び脚だったと思います。東海地区で11戦を要しましたが、なんとか3勝目を挙げることが出来て、ほっとしています」(川西毅調教師)481kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

デクラーク5着デクラーク 5着本日5/15(土)東京4R 3歳未勝利 芝1400m 2か月ぶりに岩田康誠騎手騎乗で出走したデクラークは5着。不安のあった東京 芝1400mを上り34.4で駆け抜け、次走の出走権利を確保しました^^汗 次走から札幌での滞在競馬ですね^^汗 ここは負けられない!本日はお疲れさまでした。。。

★5/15(土)東京・3歳未勝利(芝1400m・混)岩田康誠騎手 結果5着
「デクラは滞在競馬がいいんでしょうね。レース前から終始イライラしていて、体重も大きく減らしてしまいました。行けるようなら主張するように指示を出していましたが、思いのほかダッシュが付かず控える形に。今日は他も速かったというのはありますが、そのあたりはやはりこれまで減量騎手起用による恩恵も少なからずあったように思えます。レース序盤で10番(ブルーダイヤ)が内へ切れこんできた際に、頭を上げて一旦引っ張る場面がありましたし、直線も窮屈なスペースをよく脚を伸ばしてきている。一番タイトな競馬をしていたんじゃないでしょうか。ジョッキーは上がってきて開口一番、『1200なら勝てる』と言っていましたが、それはこちらも分かっていること。なんとか権利は確保できたので、札幌開幕週の番組に向かうつもりです」(矢野英一調教師)442kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

同日、新潟4R 3歳未勝利 ダ1200m 富田騎手騎乗で出走したアイリーライフは8着。アウト回避のギリギリ合格ですが、結果1Rの牝馬限定戦で良かったかな…と思います^^汗 まぁ、そちらで出走出来たかどうかは分かりませんが…。本日はお疲れさまでした。。。

5月15日(土)新潟4R 3歳未勝利 ダ1200m戦に出走し。8着でした。 武井調教師「ちょっと上手く行かなかったですね。もう少し前目で砂がかからないように行く予定だったんですが、周りも速くて行けなくて、砂がかかった中では今までの中では一番まともに走れて追走出来ましたが、それでもやっぱり少し嫌々はしていたみたいです。ジョッキーは「何もなければもう少し前に行けたと思いますが、嫌がった分一つ後ろの位置取りになってしまいました。道中は少し左にもたれはありましたが許容範囲で、直線外に出して砂を被らない位置に行ったらグッグッと反応してこれは良いなと思ったんですが、そこでまた左にもたれてしまって、それを修正するロスが合ったので、真っすぐ走れていれば上位争いが出来たと思います。」と話していました。砂は段々と大丈夫になってきているので、あとは左のもたれが課題ですね。久しぶりにまともな競馬ができた点は良かったですが、新潟が終わってしまうので、次走どうするか迷う所ですね。距離的には1200がぴったりなので、東京だと止まりそうだし、間を空けて次の新潟まで待つのか、福島1150を試すか、右回りだとまたコーナーを曲がれないという事もあるかもしれないので、ちょっと考えさせてください。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

シンシアハート1着更に同日、新潟6R 3歳未勝利 芝1000m直 秋山稔樹騎手騎乗で出走したシンシアハート(スターズファンド)は、見事優勝いたしました!おめでとうございます!

先週邁進特別を勝ったオルダージュのように、外枠を引けたのが大きかったですね^^汗 後続との差は大きいし、オルダージュよりも0.3も早いのは強さの証拠。これは芝で大成しますよ!^^汗 本日はお疲れさまでした。。。

★5/15(土)新潟・3歳未勝利(芝1000m直・混)秋山稔樹騎手 結果:優勝
「減量ジョッキーの秋山を押さえることが出来ましたし、外枠を引けたように、すべてが上手くいきましたね。レース後、秋山は『初芝でしたが、荒れた馬場状態でしたので、その辺りはあまり気にせずに臨みました。前が速かったために無理せず自分のリズムで進めましたが、最後はいい脚で伸びてくれました。強い勝ち方だったと思いますし、今日はスタートも上手くいって良かったです』と話していました」(清水英克調教師)412kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

アイリーライフ 4着アイリーライフ4着本日1/11(祝)中山1R 3歳未勝利 ダ1200m 横山武史騎手騎乗で出走したアイリーライフは、スタート良く番手に付け競馬をしましたが、直線失速し4着でした…。

デビュー戦では466kgあった馬体重も、今回は450kg(前走より-8kg)とだいぶ減少し、少なからず影響があったように思います。芝コースからのスタートを勢いよく飛び出しましたが、1番人気、典さん騎乗のトップヴィヴィットには及ばず、番手での競馬となりました。ただアイリーライフは終始落ち着きのない走りで、前を走るトップヴィヴィットを追うどころじゃない様子…。今回はメンコも着けていなかったので、矯正馬具は何かしら必要じゃない?と私も思いました。

次走はまた同じ中山ダ1200mを使うようなので、短期間ではありますが、アイリーが真っ直ぐ走れるように上手く工夫をしてレースに臨んで欲しいです。怪我やアクシデントがないように…。本日はお疲れさまでした。。。

1月11日(月)中山1R 3歳未勝利 ダ1200m戦に出走して4着でした。 武井調教師「レース映像だと道中すごい手応え良くという風に見えたんですが、左のもたれが凄くて、それを矯正するのでいっぱいいっぱいだったとの事です。僕もパトロールビデオを見て納得したんですけど、ジョッキーは「始めから左に行きそうで、外枠から勝ち馬が内に寄ってきてくれたので、それで内に行けたんですが、隊列が決まって横に馬がいなくなったらずっと左に張っていて、初戦の時は物見かと思ったけど、そういうレベルではなく、コーナーでもかなり左に張っていました。直線では本当は(前の2頭の)間を突きたかったんですが無理だったので外に出したら、やっぱり左に寄れて、直線はそれを修正するので追えずという感じでした。逃げたら全馬に迷惑をかけていたかもしれないので、逃げる形にならなくて良かったです。それで(ゴールを過ぎた後)すぐ止めたんですが、故障とかではなく走らせると左に行っちゃうから止めました。今回は左へのもたれに尽きるという感じで、それでも4着に来てるので真っすぐ走れたら勝ち負けになっていたと思います。」と話していました。東京と新潟で使った時はそれ(外に張る事)がなくて、現状は左トモが弱いからか、右回りだとそういう所が出てしまうみたいですね。ですので、権利を取れたから次は東京に向かおうかと(横山)武史君に話したんですが、馬的には1200の方が断然良いからもう一度中山で乗せて欲しいと言っているんですね。なので、デビュー戦の時は物見だと思って何の矯正具も付けていないので、リングハミにして、左側だけチークピーシーズを付ける形でもう一度中山の1200に向かわせて頂ければ。中山の最終週(1/23.24)に牝馬と一般両方あるのでどちらかで行きたいと思います。今回馬体重が減っていたのでこれ以減らさないようにしたいですね。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

同日、中山4R 3歳新馬・混 ダ1200m 秋山稔樹騎手騎乗で出走したNOCのシンシアハート(スターズファンド)は、スタートで出遅れその後中団まで上がり、最後の直線もジワジワ伸びてきて頑張りましたが、掲示板5着に入るのがやっとでした…。厳しめのコメントは次走への期待の表れなので次頑張って欲しいです!本日はお疲れさまでした。。。

★1/11(祝)中山 3歳新馬(ダ1200m・牝)秋山稔樹騎手 結果5着
「パドック~返し馬と落ち着いていて、いい雰囲気でレース本番に臨めましたが、懸念していたスタートで頭を上げてしまいました。道中はキックバックを嫌がっていなかったようですし、直線も脚を伸ばしていたように、発馬さえまともだったら際どい勝負に持ち込めていたと思います。騎乗した秋山は『最内枠だったので、出来れば好スタートを決めて前に行きたかったのですが…。そこが改善されればもっと走れる馬だと思います』と話していました」(清水英克調教師)422kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ブルーローズシップ5着ブルーローズシップ 5着本日11/15(日)東京6R 2歳新馬 ダ1600m 藤田菜七子騎手騎乗で出走したブルーローズシップは、道中中団より後ろの位置取りでしたが、直線じわじわとしぶとさを見せ、結果5着でゴールしました。

前走輝かしいデビュー戦も、パドックで馬っ気を見せ、落ち着きなく転倒し出走取消…。今回が本当のデビュー戦となります^^汗 芝コースからダートコースに変わる際に驚いたような動作もあり、子供な一面をたくさん見せていて、まだまだ成長途上といった感じ。レース前、陣営から不安面をコメントされての出走でしたが、結果は上出来!これが未勝利戦だったらまた違ったかも知れませんがね^^汗 

そして同日、福島6R 3歳以上1勝クラス ダ2400m 松岡騎手騎乗で出走したポポラリタは、スタートから気持ち良く番手に付けましたが、途中ズルズル失速してしまいました…。故障?かとも思いましたが、スタミナ切れということで安心しました。しかしレースの選定は良くなかったですね…コメントには触れられていませんが、タイムオーバーで1か月間の出走停止となっています。

ブルーローズシップ
11月15日(日)東京6R 2歳新馬 ダ1600m戦に出走して5着でした。 畠山調教師「なんとか掲示板は確保してくれましたね。これから力が付いて、体も男馬らしくなってくれば、走りは更に変わってきてくれると思います。ジョッキーは「まだ緩さが目立つ感じで、ゲートが開いての加速力は現状これくらいなので距離的には短いと忙しそうで、今回の距離とか他場のコーナーが4つになる1700、1800くらいが合いそうです。新馬なので仕方のない事ですが、スタートして芝からダートに入る切れ目の所で下を気にして走りのバランスがちょっと一瞬崩れるような所がありました。砂のキックバックは最初当たった時に少し怯むような感じでしたが、外目にいたのであまりバサバサ被らない所で徐々に先団を追いかける形で、直線はスパッと切れる感じではないですが、追うとそれに最後まで応えて伸びてくれました。力が付いてくれば道中もっと流れに乗れると思います。」と話していました。今日はチークピーシーズを付けて競馬に臨みましたが、前回の競馬に向かう時よりも気性面は少しづつ良くなっているので、馬装はこの形でやっていこうと思います。権利が取れましたので、週明け馬の状態を確認して次走について検討したいと思います。」

ポポラリタ
11月15日(日)福島6R 3歳以上1勝クラス ダ2400m戦に出走して16着でした。 牧田調教師「申し訳ありません。前に行った分止まってしまいました。ジョッキーは「良い馬だから勝負をかけて行ったんですが。」と話していました。今の所馬に異常はないようなので、下がって行ったのはスタミナ切れですね。3戦目、休み明けで長距離と条件が良くなかったです。この後は馬の疲労がどれくらいあるかを見て考えたいと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

同日、福島12R 会津特別 芝1200m 菅原明良騎手騎乗で出走したオルダージュは、まさかの連闘。昇級戦でしたが、今回は逃げられなかったものの得意の先行策で6着に入りました^^汗  本日はお疲れさまでした。。。

オルダージュ
★11/15(日)福島・会津特別(芝1200m・混)菅原明良騎手 結果6着
「今回もスタートが上手く決まりましたね。ジョッキーは『今回は外の馬がさらに主張してきたので、前半は無理をさせないことにしました。コーナーでもそうでしたが、向正面から内の馬が外に張っていて、その辺りをロスなく自分が回せていれば…』と。昇級緒戦からこの走りができたのなら悪くないと思いますよ」(青木孝文調教師)474kg

エルモアットーレ(スターズファンド)
★11/15(日)金沢・とりあえず 坂本康太郎記念 C2 十一(ダ1500m)中島龍也騎手 結果:優勝
「前走の反省から、出遅れを防止するために尾持ちで対応。スタートはまずまずだったものの、左隣が内に切れ込んできて、進路変更を余儀なくされました。鞍上の中島龍也ジョッキーの咄嗟の判断で、上手く切り替えることが出来ましたね。ただ、その後は前走同様、向正面から追っつけ通し。入れ替わり立ち替わり後続馬が押し寄せてきましたが、よくぞアタマ差しのいでくれました。今日の時計の掛かるタフな馬場をクリアしてくれたことは、今後に活きてくると思うとうれしいですし、何より連勝を挙げることが出来て本当に良かったです」(高橋優子調教師)496kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

スノークォーツ1着スノークォーツ 1着11/8(日)東京5R 2歳新馬・混 芝2000m 池添謙一騎手騎乗で出走したスノークォーツ(スターズファンド)は、見事デビュー戦を優勝しました!

中団の位置取りから直線素軽い脚で見事に差し切り勝ち!私自身スターズファンドでJRA勝ちはこれが初めてでした^^汗 本日はお疲れさまでした。。。

★11/08(日)東京・2歳新馬(芝2000m・混)池添謙一騎手 結果:優勝
「スローな流れを予想していたので、ある程度のポジションから被されないように競馬してほしいと伝えました。ジョッキーが馬場のいいところを選んで上手にエスコ―トしてくれて、スノークォーツもそれに応えてしっかり最後まで頑張って走ってくれた。『手先が軽くて反応も凄くいい。新馬戦の内容としてはとても良かったと思います』と褒めていましたよ。稽古の動きはまだ目立つものではなかったですし、初戦からあのような競馬をできたことに私自身も少々驚いています。まだ全体的に非力に映り、体をもっと膨らませてやりたい。将来を見据えてそのあたりが今後課題となってくるでしょう。今日はありがとうございました」(大竹正博調教師)454kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

同日、福島1R 2歳未勝利 ダ1150m 秋山稔樹騎手騎乗で出走したデクラークは、スタートで逃げれず、見せ場のない7着。東京3R 2歳未勝利 ダ1300m 横山武史騎手騎乗で出走したアイリーライフは、番手で進むも直線粘れずこちらも7着。ともに砂被りに泣いたレースとなりました。本日はお疲れさまでした。。。

デクラーク
★11/08(日)福島・2歳未勝利(ダ1150m)秋山稔樹騎手 結果7着
「砂を被って怯んでしまって、終始レースの流れに乗ることができませんでしたね。ジョッキーは『スタート自体は良かったのですが、芝部分でダッシュが付かずに初戦のようには行き切ることができませんでした。とても背中のいい馬ですが、まだ全体的に緩く前後がつながってこないので、こういったゴチャついて忙しいコースは合わないように思えます』と話していました。内目の枠を懸念してはいたのですが、競馬したのは直線で前が開いてからだけ。精神面の若さを露呈してしまう内容でした。雰囲気自体は悪くなかったのですが申し訳ありません。ただ、直線ゴール前までしっかり脚を使って頑張れていたのは収穫です。今日のような厳しい展開がいい経験になって今後につながってくるはずです」(矢野英一調教師)452kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

アイリーライフ
11月8日(日)東京3R 2歳未勝利 ダ1300m戦に出走して7着でした。
武井調教師「すみませんでした。逃げ馬から結構離れていたのでキックバックも大丈夫かなと思ったんですが、あれくらい離れててもかかってたみたいで、それで凄い砂を嫌がってたみたいです。道中も止まろうとするのと押すのとでロスがあって最後は疲れてしまったような感じでした。ずっと嫌がってたみたいで、慣れていくしかないですねとジョッキーは言ってました。この感じだと1400mくらいでギリギリですが、中山の1200mだと芝スタートで多分置いて行かれそうなので、次走どうするか難しいですね。スタートも決まって二の脚もついて普通のペースだったら良い位置取りだったと思いますし、見た目には競馬が上手になったなと思ったんですけどね。ジョッキーの感触的にはキックバックに慣れていないからもうちょっと経験が必要という事で、あそこまで逃げられずに普通の番手なら全然違ったと思うんですけど、離して逃げられたので砂が思いっきりかかる位置になってしまってという感じですね。次走については戻って馬の状態を確認してまた考えたいと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

このページのトップヘ