おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

タグ:シルクホースクラブ

ミニョンルミエール
美浦・和田雄二厩舎にて調整中です。この中間は23日にウッドチップにて追い切られました。 和田調教師「今日追い切りました。ウッドで併せて703-548-399-259-130でした。なんとか耐えられているので、このままデビューまで進めてみようと思います。ちょっと苦しくなるようならまた考えますが。お母さんが東京でデビューして新馬を勝っているので、この子も東京でデビューさせられたらなと思っています。先々しっかりしてきたら芝も試してみたいと思いますが、デビューはダートで考えています。」

ドライスタウト
栗東・牧浦厩舎にて調整中です。 牧浦調教師「結局中山が除外になりましたので、中京で再投票して出走が確定しました。日曜日の中京4Rで福永でデビューさせて頂きます。」 9月26日(日)中京4R 2歳新馬 ダ1200m戦に福永騎手騎乗で出走いたします。
(YGGオーナーズクラブより転載)

ヴァランシエンヌ
西村真幸調教師「23日に坂路で追い切りました。先行し、途中から古馬2勝クラスと併せて行きましたが、最後は0.2秒先着しています。先週より前半から意識的に負荷を強めていきましたが、最後まで脚色が鈍ることもなく、ラスト1ハロン12.3秒のタイムで駆け上がってくれました。雨の影響で決して走り易い馬場ではなかったですが、ブレずに真っすぐ駆け上がってきてくれましたし、動きは良くなってきていますよ。体つきはまだ幼いものの、徐々に中身がしっかりとしてきたように思いますし、もう少し長い目で育てていけば、更に良くなってくれそうです。このまま順調に仕上がるようなら、第4回阪神開催の1週目にD1,800m戦の番組が2つあるので、想定を確かめたうえでどちらかに向かいたいと考えています」次走予定:10月9日の阪神・D1,800m、もしくは10月10日の阪神・D1,800m

アイレ
青木孝文調教師「1週延びることも視野に入れて調整をしていましたので、その後も心身の状態は大きな変化はありませんでした。先週末に坂路コースにて15-15くらいのところを行い、今週は22日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。同じ2歳新馬を相手に、道中はアイレが5馬身ほど追走する形から、力強い脚捌きで伸びてくると、終始楽な手応えで終えています。相手がテンに速くなり過ぎたので、ラスト1ハロンで追っつけ通しとなる一方で、こちらは自分のペースで運ぶことが出来ましたし、55-40くらいと時計的に派手では無かったものの、良い動きでしたよ。初めての競馬になりますが、基本的には前向きな気性で適度にハミを取ってくれますから、極端に揉まれることさえしなければ上手く流れに乗れるでしょう。また、喉に関しては今週も音は聞こえてくるものの、ラストで失速することなく加速していますので、調教の感じではここまで問題ありません。あとは実戦のスピードでどうなるか確認したいと思います。入厩当初のメンタル面を考えれば、かなりお姉さんになった印象ですし、今回帰厩してからガレて体重が減ることは無く、追い切りで負荷を掛けた分だけ絞れてきているので、体重の落とし方も非常に理想的です。良い仕上がりでデビュー戦へ臨めますので、この心身のコンディションの良さが結果に繋がってくれればと期待しています。なお、レース当日は念のため耳の分厚いメンコを着けて、自身の力をしっかり出せるように備えておきます」次走予定:9月25日の中山・芝1,600m〔三浦皇成〕

ジャスミンフローラ
辻哲英調教師「先週の追い切りを終えてからどこか痛みが出ることはありませんでしたので、20日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。先週と同じく新馬と併せる形を採り、テンから最後まで馬体を並べて終えています。先週に長めから時計を出したので、息遣いは良化しているような感じですね。23日にも南Wコースで併せて追い切りを行ったのですが、道中はジャスミンフローラが外目を回って、直線では内の新馬と同入で終えています。道中は促していくと良い反応を見せて脚を使うのですが、それを止めるとダラッとした走りになるので、これから進めていく中で走りにメリハリが付いてくると良いですね。今のところ第4回東京開催前半での出走を目論んでいますが、来週の調教で態勢が整うのであれば、中山開催最終週で使うことも視野に入れています」次走予定:第4回東京開催
(シルクホースクラブより転載)

今週の中央競馬に出資馬が2頭出走確定!ドライスタウトは中山で選ばれず、中京で福永騎手騎乗で出走。出資馬に福永祐一騎手が乗ってくれるのは、先週の武豊騎手に続きお初です^^汗 アイレは中山の芝1600m戦に三浦皇成騎手騎乗で出走。どちらもそこそこ人気になりそうですね^^汗 アイレ出走の日は仕事でリアルタイムでは応援出来ませんが、ドライスタウトは紙馬券買って応援したいですね^^汗 どちらも頑張れ~!^^汗

クワイエット
栗東・服部厩舎にて調整中です。 服部調教師「来週の日曜中京の1400mダートに向かう予定です。乗り役ですが、前走後にお話しした通り、減量で前に行く競馬をさせてみたいので、うちの厩舎でも良く乗せていて、テン乗りでも上手く先行させてくれる服部寿希にお願いしようと思います

ブルーローズシップ
茨城県のケイワンステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「入厩してからすぐ乗り込み始めたんですけど、やはりちょっとトモが緩いかなというところがあります。ただ多少の疲れという所で、今は普通の状態で乗っています。ハッキング1800m、キャンター2400mを普通にいっています。入厩するまでそういう状態で、あとちょっと体が気持ち細かったので膨らましながら入厩までしっかり乗っていきたいと思います」

アイリーライフ
船橋・新井清重厩舎にて調整中です。 新井調教師「モーデンが浦和の番組に入る事になってそちらにまわるので、アイリーライフは船橋の1200mの選抜戦に出走します

ハルモニア
佐賀・真島元徳厩舎にて調整中です。 真島調教師「今週の土曜日の競馬を予定しています。馬体重の方は維持出来ていると思うので、この馬なりに順調です」

フィーネ
佐賀・真島厩舎にて調整中です。9月18日(土)佐賀5Rに出走し2着でした。 真島調教師「レース後も歩様など、馬体に異常はありません。前走はちょっと距離もあったのか最後ダラっとはなってしまいましたが、すぐにチャンスはあると思います」

ドライスタウト
栗東・牧浦厩舎にて調整中です。 牧浦調教師「今週は変則日程なので、追い切りは明日行う予定です。予定通り日曜中山の1200mダートに岩田望来で向かいますが、頭数が多くて除外になる可能性が高いので、その場合は日曜中京の4レースに再投票する予定です。それでも恐らく入ると思うんですよね。中京がフルゲート割れしているんですが、まさか中山と中京でここまで頭数に差があるとは思わなかったので、最初から中京に向かえば良かったですね。さすがにジョッキーも抑えているので、まずは中山で投票させて頂いて、除外の場合は中京で福永を抑えています」 9月26日(日)中山4R 2歳新馬 ダ1200m戦に岩田望来騎手騎乗もしくは、9月26日(日)中京4R 2歳新馬 ダ1200m戦に福永騎手騎乗でデビューを予定しています。

ディオアステリア
美浦・小野厩舎にて調整中です。 小野調教師「こちらに戻ってきて15-15を行ってます。明日また坂路で55秒くらいの所を行く予定です。調教だとデビュー戦で見せたような気の悪い所は見せないんですけどね。もう一度芝を試したいと思っているので、10/10東京の芝1400mあたりを目標で考えています」
(YGGオーナーズクラブより転載)

アイレ
8/25(土)中山5R 芝1600m 54kg 三浦皇成騎手
(シルクホースクラブより転載)

今週の出走予定は、登録出来ればドライスタウトとアイレが新馬戦でデビュー^^汗 それとハルモニアが佐賀競馬3勝目に挑戦^^汗 新馬戦はどちらも楽しみ&喉に不安を抱えているので、まずは無事完走を願っています。

プリュムドール
☆9/19(日)中京・ローズステークス(G2・芝2000m・牝)武豊騎手
11日(土)にCWコースで5ハロンから0.7秒先行して併せ、70.3-53.6-38.8-11.8を馬ナリで追われ、15日(水)にもCWコースで4ハロンから0.2秒追走して併せ、53.9-39.4-12.0を馬ナリに追い切りました。「同日の自己条件の場合は川田騎手を仮押さえしていましたが、牡馬で強そうな馬がいましたし、先週の紫苑ステークスの結果や秋華賞の想定を見ると、3勝クラスになったとしても確実には出走できなさそうなことから、当初の予定通りローズステークスへの出走を決めています。武豊騎手が騎乗予定だった馬が除外対象となり、プリュムドールに乗れることになったのも決め手の一つ。先週土曜日の追い切りである程度の負荷を掛けてもうほぼ仕上がっていたので、感触を確かめてもらうために昨日の追い切りに乗ってもらいました。15-15くらいで十分と思っていたところ、想定以上に時計が速くなってしまいましたが、状態が良い証拠でしょう。期待を持って送り出せます。ジョッキーも、『乗りやすい馬ですね。具合も良さそうですよ』と好感触を持ってくれたよう。相手は一気に強くなりますが、プリュムドールも夏を越して成長していますし、ここでどれだけ通用するか楽しみにしています。名手のエスコートで何とか権利を取ってきてほしいですね」(奥村豊調教師)

ラヴィネルージュ
★9/16(木)門別・3歳以上C4-2(ダ1000m)阿部龍騎手 結果7着
「最終追い切りでブリンカーとパシュファイヤーを試してみたところ、気持ちが入っていい稽古が出来ましたので、レースでも装着することにしました。騎乗した阿部龍ジョッキーは『馬具の効果もあったようで、ゲート内では集中していましたし、ポンと好スタートを切ってくれました。そこから楽に行ければ良かったのですが、外から勝ち馬にすぐに来られて、前回みたく早々に手応えが怪しくなってしまいました』と話していました」(佐々木国明調教師)458kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

スイーツビュッフェ
美浦トレセン近郊のセグチレーシングステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「獣医さんに触ってもらいましたが、やっぱり右トモから股関節にかけてダメージはあったので、軽く針をしてもらって、体をほぐすための細針をやってという形で治療してもらいました。現在はトレッドミルで調整で、明日から騎乗調教を開始します」

ニーズヘッグ
美浦トレセン近郊の広瀬ステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「現在は2500mを20~23秒くらいのキャンターで乗り始めています。特に乱れる事もなく、涼しくもなってきたので、このまま進めて問題なさそうです。休んでちょっと体も緩みましたが、今回しっかりリフレッシュして体に余裕が出てきて、体が緩んだ分メンタルもすごい落ち着いてピリピリもしていないので、連勝した時は同じくらい体が膨らんだ所から仕上げていって走ってくれたので、同じような流れでここから上げていきたいと思います」

ラインオブフェイト
美浦トレセン近郊のセグチレーシングステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「昨日移動してきました。今日田島調教師が来場されて『やっぱり牧場で見ると細く感じますね。まずは馬体を回復させながら、節も稼がないといけないので間隔も空ける形ですね』と話していました。明日獣医チェックをしてもらいますが、右トモが結構悪そうなので、一回完全にほぐしてあげて、しっかり治療して行く形になるかもしれません

シエルブルー
兵庫県のフォレストヒルにて放牧中です。 牧場担当者「変わらず順調に乗れていまして、18-16くらいの所まで上げて来れています。獣医さんに診てもらうと、やはり疲れは溜まってきているので治療はしてもらっていますが、大きく崩れる事なく進められています。体調面も問題ないので、あとは時計を入れていって耐えてくれるかという点だけですね。園田に入厩後はゲート試験もあると思いますし、そんなにこちらでぎっちりやらなくても良いかもしれませんので、保利調教師が見に来られるとの事ですので、その時に入厩に向けての相談を出来ればと思っています。馬体重は502キロです」

ビスバルト
16日に園田・保利良平厩舎に帰厩しました。 保利調教師「17時頃に入厩しました。脚元は大丈夫で、熱発もないんですが、朝の7時頃出発して9時間以上馬運車に乗ってたので、明日は休み前なんですがかわいそうなので厩舎回りの運動だけにしようと思います。馬場に入れようと思ったんですけど、到着が遅くなったので。体はすごい良くなりましたね」

フィーネ
佐賀・真島厩舎にて調整中です。 9月18日(土)佐賀5R うまかつ.net賞3歳-12組 ダ1400m戦に山下騎手騎乗で出走いたします。

ジャングルタキオン
千葉県の愛知ステーブル千葉分場にて放牧中です。 牧場担当者「昨日から坂路に入れ始めました。22~20秒くらいで1本登っています。脚元はソエの痛みは今の所ぶり返してないんですが、そのかわり球節の方が少しモヤモヤしますね。今日ソエの治療でショックウェーブを行ったので、一緒に球節周りも早く固まるようにショックウェーブで叩いてもらいました。球節の方は2週間後にまたショックウェーブを行う予定です。馬体重は501キロです」
(YGGオーナーズクラブより転載)

ヴァランシエンヌ
西村真幸調教師「放牧に出した後も順調に進められていたことから、14日の検疫でトレセンに戻させていただきました。15日から乗り運動を開始し、特に気になるところはなかったことから、16日に坂路でサッと時計を出しています。前半は15-15ぐらいで入り、ラスト2ハロンあたりからスピードを上げていきましたが、25.5-12.2の時計で駆け上がってくれましたよ。帰厩後最初の時計としては、まずまず動けていましたから、週末から徐々に負荷を強めて仕上げに入っていきたいと思います。デビューから2戦芝を使ってきましたが、追い出してからがワンペースなことを考えると、次走は目先を替えてダート戦を試してみたいと思っています。具体的な番組はもう少し時計を出して、動きを確かめながら検討していく方針です」

アイレ
青木孝文調教師「15日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。2歳未勝利馬と併せる形だったのですが、道中はアイレが4馬身ほど追走する形から、最後は馬体を並べて終えています。今週はレースでも騎乗予定の皇成(三浦皇成騎手)に跨ってもらいましたが、『角馬場へ向かう際に落ち着いていたので、これなら精神面はひとまず大丈夫だと思いました。その後もハロー掛けが終わるのを地下馬道で待っている時も特に問題なかったですし、道中の折り合いも付いていましたね。直線では左右でステッキを入れてみたものの、過剰に反応することなく良い伸びを見せていました。良いイメージで競馬へ臨めそうです』と好感触を持ってくれましたね。今日も喉の音は聞こえてきましたが、皇成の話では『DDSPよりも喉なりに近い音に感じます。でも走っていてパフォーマンスが落ちている訳では無さそうです』とのことでしたし、本当に喉の悪い馬であれば今日のように少し重たい馬場で終いが11.9秒も出ないですからね。今のところは特に気にしないで良いでしょう。ただ、今週のレースは非当選で除外となってしまったので、来週のマイル戦に臨みたいと思います。先週の想定を見て除外も想定内でしたし、今のメンタルであれば1週延びることで大きな影響はないと見ています」次走予定:9月25日の中山・芝1,600m〔三浦皇成〕

ジャスミンフローラ
辻哲英調教師「元々小柄な馬体とは言え、長距離輸送や環境の変化もあって少し見た目が寂しく映っていましたので、まずは馬体回復をメインにゆっくりと立ち上げています。軽く乗り運動を行っているものの、脚元等は特に気になりませんでしたし、それなりに落ち着きもありましたから、16日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。この馬にとって初めての追い切りとなりますし、まずは時計をあまり意識し過ぎることなく全体時計は5ハロン72秒くらいで終えています。牧場ではある程度しっかりと乗ってきてもらっていましたが、坂路が中心でしたので、少し重たいWコースですとまだ動けない感じですね。同じ新馬を2馬身追いかける形で、最後は馬体を並べることが出来なかったですし、息遣いも物足りない印象です。ただ、先程も言ったようにこちらで速めの追い切りを課すのは初めてでしたので、道中はまだ分かっていない感じにも見受けられましたし、このひと追いで気配がガラッと変わってきそうですよ。今のところ、中山開催の最終週の芝1,600m(牝)か第4回東京開催での出走を考えており、来週の追い切りを見てどうするか決めたいと思います」
(シルクホースクラブより転載)

願い叶って、ローズステークスに武豊騎手鞍上のプリュムドールが登録されました!^^汗 次の願いは3着までに入線して、秋華賞への切符をゲットして欲しいです!^^汗 まぁ、まずは無事にレースを走ってくれたらと思います。ラヴィネルージュは今回も着順は良くなかった…。しかし内枠でも前に出る競馬をしてくれたので、あとは後半の走りを何とか持ちこたえられるよう…頑張って欲しいですね。難しそうですが…^^汗

プリュムドール
9/19(日)中京11R ローズステークス・牝 芝2000m 武豊騎手 54㎏
想定段階ではフルゲートを超える頭数の為、抽選対象

ラヴィネルージュ
9/16(木)門別5R 3歳以上C4-2(ダ1000m)阿部龍騎手

セレンディピア
現在は坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。徐々に時計を詰めながら併せ馬でしっかりと乗り込んでいます。行き出しの歩様はゴトゴトした感じがあるようですが、ダクを長めに乗ってほぐし、キャンターへ移行してしまえば問題ありません。なお、帰厩へ向けてこの後は美浦近郊の松風馬事センターで調整を進めることになりました。明日16日(木)にこちらを出発し、明後日17日(金)に到着する予定です。オカダスタッド

ルネッタ
現在は坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。この中間もトモなどに目立った疲労はなさそうで、順調にペースを上げて乗り込むことが出来ています。ただ、馬体に関しては今のうちにもう少し余裕を持たせた方が良さそう。調教を進めつつあと10kg程度、欲を言えば440kg台には乗せたいところなので、この後は馬体重とも相談しながら負荷を強めていく予定です。ノルマンディーファーム

ハートホイップ
現在は舎飼されています。長距離輸送による疲れや熱発もなく、無事到着しています。早期復帰のためにも、まずは無理せずジックリと休養に充てて、患部の回復に専念していきます。オカダスタッド
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

クワイエット
栗東・服部厩舎にて調整中です。9月12日(日)中京6Rに出走し15着でした。 服部調教師「レース後小牧騎手から話を聞きましたが、ジョッキー曰く芝の方が乗り味が良いと言うんですね。それで、ダートだと上に上に行く感じで走ると言ってました。映像見ている感じではそこまで感じなかったんですけどね。位置取りが下がったのもそのせいのようなんですが。でも力関係は違うにしても地方では走っていますし、先日のレースを見ててもそこまで感じないんですけどね、ジョッキーはそういう話で。スッと行けるかなと思ったらだんだん下がって行ったので、なんでなのかなとは思っていたんですが。砂を被って嫌がってという事であればもっと馬もアクションがあると思いますが、そこまででもないので。元々ずっと芝を使ってて、その時から芝の乗り味が良いとはずっと言ってたんですけどね。なんとかもうちょっと着順を前に行かせたいですよね。2桁着順できているので、なんとかしたいんですが。ちょっとヤネ(騎手)を替えてみましょうか。前回はスタートは出てたから、もうちょっと気合つけながらでも、終い止まってもいいから行ってくれても良かったので。ちょっと若手にして、そういう指示でやってみましょうか。減量でもいいですし。もう一度ダートで前で競馬をするような指示でやってみたいと思います」

ブルーローズシップ
茨城県のケイワンステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「こちらに移動してきて、一息ついてから乗り出しています。今日は普通キャンターで2400m乗っています。どこが悪いといった事はなく、ちょっと非力な面は感じますが、馬は落ち着いていますし、このまま普通キャンターから強めを入れるかという形で入厩に向けて準備をして行きます」

アイリーライフ
船橋・新井清重厩舎にて調整中です。 新井調教師「やっと飼い葉食いは良くなってきましたが、そんなに凄く良く食べるという感じではないですね。徐々にやりながらという感じだとは思いますが、どこか悪い訳ではないので、順調に調教メニューはこなしています」

ラインオブフェイト
9月12日(日)中山12Rに出走し12着でした。15日に美浦トレセン近郊のセグチレーシングステーブルに放牧に出ました。 田島調教師「レース後は今の所特に、歩様もトモも問題なさそうです。節を稼いでいきながらになりますが、気性面なんですかね。1分11秒なんぼなら走れない時計じゃないと思うんですよね。かなり下がったので、それでまた砂をあびなくなったら下がりっぱなしじゃなくて追い上げてきた感じなので、あそこですよね。東京で(戸崎)圭太が乗った時もなにかの拍子で砂の影響があったのか、大丈夫な時は大丈夫なので気分なのか、ちょっと違いがなんなのか分からないですけど、囲まれちゃうと良くないのか。ラインオブフェイトのやろうとしてた事とあまりにも違い過ぎてビックリしちゃったのか、ていう感じなんでしょうかね。枠の助けとかもあって上手く行けばスムーズに行けるんでしょうけど、2勝クラスは速い馬もいるので、必ず自分の好きな位置取りを取れるかというと難しいですけど。大丈夫な時は大丈夫なので、その違いがなんなのかですが、囲まれるのも良くないのかもしれないですね。確か東京の時も馬に囲まれたタイミングで砂を浴びたのか、プツっと気持ちが切れるのか、という感じなのかなと思うので、今回も外から馬も来ていたので、そういうタイミングもあるのかなと思うんですけど。慣らすと言っても簡単には慣れてくれないんで、難しい所ですけど、気持ち的にリフレッシュしてまた競馬に向かっていきたいなと思います。本日セグチさんの所に放牧に出しています」

ハルモニア
佐賀・真島元徳厩舎にて調整中です。 真島調教師「順調に調整出来ています。餌食いもこの子なりには食べてくれているので、体重は維持出来ていると思います。今週の番組に入っていなかったので、来週の土日のどちらかの競馬になります

ビスバルト
茨城県のケイワンステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「明日保利厩舎に入厩する予定です。非常に良い状態になっています。精神面も馬体も充実した状態で送り出せます。明日の朝6時頃に出発する予定です」

フィーネ
佐賀・真島厩舎にて調整中です。 真島調教師「今週土曜日の5レースに出走を予定しています。状態の方は変わりなくきているので、前走と同じくらい走れれば勝ち負けになると思います」

シュヴァーン
グリーンマイルトレーニングセンターにて調整中です。 牧場担当者「この中間は順調に乗っていたのですが、昨日から若干歩様が悪かったんですね。それで今日装蹄師さんが来たので見てもらったら、ザセキのような、釘当たりみたいな感じで痛かったようです。また少し様子を見ながら乗り出して行きます」

ミニョンルミエール
美浦・和田雄二厩舎にて調整中です。この中間は15日にウッドチップにて追い切られました。 和田調教師「今日はウッドチップで70.6-54.2-39.6-13.0の馬なりでした。今の所はなんとか耐えれそうなので、もう少しやってみますね。これで耐えてくれたらデビューまで向かえると思います」

ドライスタウト
栗東・牧浦厩舎にて調整中です。この中間は12日に坂路で時計を出し、15日にCWコースで併せ馬にて追い切られました。 牧浦調教師「今日はCWでやりまして、70-40くらいで行ってます。しんどかった所は抜けて、今は調教をやりながら上げて行っている所で、今日病み上がりから初めて長めから強めの所を行ったので、これで反動がなければですね。なんともなければ来週一応ジョッキーも抑えているので、この後の反動次第なんですけど、来週日曜日の中山の1200mダートで、岩田望来を抑えています。この後の馬の反動次第ではあるんですけれども、なんともなければそこに向かって行きたいと思います。あとはこの条件は今頭数も多いので、除外もありきかなとは思っています」 9月26日(日)中山4R 2歳新馬 ダ1200m戦に岩田望来騎手騎乗でデビューを予定しています。

ディオアステリア
15日に美浦・小野厩舎に帰厩しました。 牧場担当者「本日入厩致しました。馬体重も500キロ前後で送り出せて、状態面も問題ないと思います」

ラッキーミーティア
道営・佐々木厩舎にて調整中です。 佐々木調教師「ここ1か月くらいで体が成長してきた感じがしますね。上に伸びてきた感じで、それと同時に馬体重も増えてきていますので、馬体の成長が見られますね。明日少しサッと流して競馬に向かいます。21日のウィナーズチャレンジを予定しています。まだ分からないですが、たぶん除外にならないと思います。阿部龍に頼んでますけど、まだ確定はしていません」
(YGGオーナーズクラブより転載)

アイレ
19日(日)中山5R・芝1,600m〔54 三浦皇成〕(除外の可能性があります)
(シルクホースクラブより転載)

今週の超目玉は、プリュムドールのローズステークス出走!(予定)決まれば鞍上武豊騎手なので、期待せずにはいられません! 他にはアイレがデビュー戦に登場!(予定)喉の具合が心配なのですが、この馬もドレフォン産駒。やはり期待せずにはいられません^^汗 地方競馬組ではフィーネとラヴィネルージュが出走。フィーネは勝ち負けなるか?

オルダージュ
「日曜より障害練習を再開しました。ある程度進めてきたからというのと、もともとの性格もあるのだと思いますが、飛越に対してあらためて慎重さが出てきた印象です。ここで焦っても仕方ありませんので、今週の火曜日は一旦角馬場の小さい障害物から復習をしました。高さ60cm程のバーでまずは感覚を掴んで、次に角馬場の周囲を走りながら飛ばしています。何回か飛ばして、その中でも上手くできたタイミングで調教を終了。オルダージュ自身にいいイメージを持ってもらう狙いもあります。ジョッキーとも意見を交わしながら、再来週あたりに試験を受けるのを目標に進めていくつもりです」(青木孝文調教師)

ホーリーライン
★9/04(土)札幌・札幌スポニチ賞(ダ1200m・混)丹内祐次騎手 結果4着
この後はトレセン近郊の松風馬事センターで調整することになり、9日(木)に移動しました。 「テンに掛かることなく折り合えていたし、道中の位置取りや立ち回りもけっして悪くはなかった。少しだけ展開の助けが欲しかった印象はありますが、瞬発力不足で勝ち切るまでにもうワンパンチ必要な現状です。このクラスでも安定した内容で走れているだけに、その点をどう補っていくかが今後の課題だと思っています。10日(水)に美浦に無事戻ってきており、馬体や脚元に異常はありません。ただ、さすがに体つきは細く映り、歩様にも硬さが残っていますので、一息入れて心身ともにリフレッシュさせてやりましょう」(矢野英一調教師)松風馬事センター

プリュムドール
4日(土)にCWコースで5ハロンから0.4秒追走して併せ、70.1-53.7-38.9-11.7を馬ナリに追われ、8日(水)には坂路コースで4ハロン56.6-41.2-27.2-13.4を単走で馬ナリに追い切りました。「この夏から厩舎の調整方法を変えていて、週末にしっかりと負荷を掛けて、週中に整える程度の追い切りを消化しています。先週の土曜日に3勝クラスの古馬を追走する形で運び、手応え優勢に同入に持ち込んでいます。しっかり動けていましたし、いい状態になってきました。夏を越していい成長を遂げていますし、体調も良く、ここまで順調にきています。明日実質的な最終追い切りを消化し、水曜日に軽く負荷を掛けて来週のレースに臨む予定。何とか秋華賞に出走させたいと思っているので、今週の紫苑ステークスの結果や、来週の特別登録の状況を見て最終的な判断するつもりです」(奥村豊調教師)

ラヴィネルージュ
来週9/16(木)門別・3歳以上C4-2(ダ1000m)に出走を予定しています。鞍上には引き続き阿部龍騎手を予定していますが、ジョッキーからの進言もあり、次走は馬具を着けてみることを検討しています。最終追い切りで試したみた感じでパシファイヤーか、ブリンカーを装着してレース本番に臨む予定です」(佐々木国明調教師)

デクラーク
「現在は1時間のウォーキングマシンの運動をおこなっています。体が細くなっていて、硬さも出ています。腰も張っているので、まずは疲労回復を図る予定。今週いっぱいは楽をさせて、週明けの状態を見て今後のメニューを考えていくつもりです」(担当者)松風馬事センター 443kg

ヴィオマージュ
松風馬事センターで調整され、先週4日(土)に園田競馬場・飯田良弘厩舎に入厩しました。 「今週一杯はこちらの環境に慣れてもらうために、普通キャンターで調整して速いところはやりませんが、いつでも時計が出せそうな動きと息遣いをしていますね。馬っぷりが良く、非常に見栄えがします。すぐにでも勝ち負けになりそうな感触で期待大ですよ。年内2勝という目標を掲げて、厩舎スタッフ一同尽力いたしますので、よろしくお願いいたします」(飯田良弘調教師)

ディナースタ
「現在は角馬場でダクと、1100mの馬場をハッキングキャンターで3300m、坂路コースを1~2本(17~18秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から、追い切り日は坂路を2本登らせるようにして負荷を強めています。馬体はどんどん良くなってきましたし、昨日来場した辻野調教師も、『順調そうですし、予定通り今月中には帰厩させるつもりです』と話していました」(担当者)チャンピオンヒルズ 476kg

パンテレリア
ノルマンディーファーム小野町で調整され、9日(木)に美浦・林徹厩舎に入厩しました。 「今朝から早速ゲート練習を行っています。初日は扉の前後を閉めて、機械開けで常歩発進までのメニュー。開閉する音に反応して多少ピリッとする面は見られたものの、駐立の際もちゃんと我慢が利いて問題なく進めることができました。牧場でもしっかり手が掛けられていたのが分かりますし、なかなか物覚えが良く優秀ですね。明日からは坂路コースにも入れて調整していくつもりです」(林徹調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

スイーツビュッフェ
9日に美浦トレセン近郊のセグチレーシングステーブルに放牧に出ました。 牧場担当者「昨日こちらに移動してきました。いつもの箇所ですが、やっぱり右トモに疲れはありますね。短期放牧という事なので、早めにショックウェーブを行ってケアしておきます」
(YGGオーナーズクラブより転載)

ヴァランシエンヌ
調教主任「乗り出した後も順調に進められていたことから、この中間から坂路でハロン15秒の調教を開始しています。負荷を強めた後もコンディションは安定しており、飼い葉もまずまず食べていますよ。体つきを見ると、まだメリハリに欠けるところがあり、本格化するのはもう少し先だと思いますが、この馬なりにしっかりしてきているのは確かですから、帰厩の声が掛かるまで心身ともに成長を促していきたいと思います。馬体重は466kgです」ノーザンファームしがらき

ジャスミンフローラ
辻哲英調教師「10日の検疫でこちらへ帰厩させていただきました。北海道でゲート試験を受けたため、美浦トレセンは初めてとなりますから、まずは環境に慣らしてから調教を進めていきたいと思います。また、北海道からの長距離輸送でもありましたし、予め番組は決めずに、馬の状態や動きを見ながら具体的な番組を選択いたします」
(シルクホースクラブより転載)

オルダージュは本格的に障害馬へ転向するようですね。おそらくクラブ側の要望のような気がしますが、何卒、大きな怪我だけはないよう気をつけてもらいたいです。

このページのトップヘ