おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

タグ:シエルブルー

シエルブルー3着シエルブルー3着本日12/26(土)阪神1R 2歳未勝利 ダ1200m 団野騎手騎乗で出走したシエルブルーは、またしても出負けしての3着…。う~ん、、、とても歯がゆい結果となりました…。

スタートの良し悪しは馬の性分によるところが大きいそうなので、多少はゲート練習などで改善されても、やはりレース経験などを積んで、先々まで時間が掛かるようです。

ただシエルブルーの直線の末脚は非凡なところがあるので、無理に前に行くよりは直線一気の戦法が良いのかも知れません。次走は少し距離の長いレースを検討するようなので、いろいろトライして勝ちを早くゲット出来たら…と思います^^汗 本日はお疲れさまでした。。。

12月26日(土)阪神1R 2歳未勝利 ダ1200m戦に出走して3着でした。 渡辺調教師「すみません。一番強い競馬をしているんですけどね。ちょっと大人しくなってるというか、まあそれ自体は良い事なんですけど、ゲートでも大人しすぎて反応良く出る感じがないみたいです。やはり1400くらいあった方が多少出遅れても道中ゆったり運べるので、その方が良さそうですね。ゲートに関しては馬のセンスもありますし、経験で改善してくかどうかは馬にもよりますが、ゲート練習もやって行きます。この後は年明けに放牧に出させて頂いて、中京はお休みして阪神の1400を目標に考えて行きたいと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

同日、中山1R 2歳未勝利 ダ1200m 石橋脩騎手騎乗で出走したデクラークは14着…。スタートからの芝コースでは問題なく走れていましたが、ダートコースに変わると徐々に後退…。もしかしたらダートは合っていないんじゃないか?と思うくらいの直線の逆噴射でした。本日はお疲れさまでした。。。

★12/26(土)中山・2歳未勝利(ダ1200m・混)石橋脩騎手 結果14着
「ゲートは上手に出てくれたのですが、スタート直後にまたすぐジャンプ。なんとか三番手で折り合えたものの、前半はずっと内の勝ち馬を気にしながら追走していました。3角で外から馬が来ると今度はそっちばっかり気にしてしまって、馬の後ろに入るとキックバックで直線は戦意喪失。『背中の感じや乗り味はとてもいい』と鞍上は話していましたが、精神面の幼さや気の悪さが全面に出てしまったレース内容です。次走は芝も検討したいと思いますし、ブリンカーなどの馬具を着けて対処するつもりです」(矢野英一調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

シエルブルー3着シエルブルー 3着12/12(土)中京1R 2歳未勝利 ダ1200m 団野騎手騎乗で出走したシエルブルーは、2番人気、GCパドック推奨馬1番手も、スタートの出遅れや、細かな部分でのもったいない騎乗もあり、少し後味の悪い3着…。

パトロールビデオで確認すると、短い距離なので騎手は内に進路を取りたかったようで、その位置取りに道中上手くいかなかったのが見て取れますね。シエルブルーも途中で首が上がりペースダウンしています。ただ馬はそれでも最速の上りをしていますし、怯む感じも無く強い根性を持っていると思います。年内もう一戦を予定しているようで、次回に期待したいですね^^汗 本日はお疲れさまでした。。。

12月12日(土)中京1R 2歳未勝利 ダ1200m戦に出走して3着でした。 渡辺調教師「時計は詰めているんですけどね。スタートはゲートの中で馬がちょっとボケっとしていたみたいで遅れてしまいました。その後の取りつく脚は速かったんですが、ちょっと勢いが良すぎちゃって、前の馬が下がってきた所でどっち行こうかみたいになってしまったのが痛かったですね。3コーナーでちょっとブレーキがかかってしまってるんですよね。直線は内に行きましたが、外に出しても良かったかなとは言ってました。まあでも、馬自身はレースは上手ですね。前走の不利の影響もないようで、全然応えてなさそうです。次走についてですが団野は右回りの方が競馬をしやすそうという風に話していましたので、中一週になってしまいますが阪神最終週の1200に向かおうかと考えています。あくまで馬の体調を見ながらではありますが。距離は1400くらいあってもいいのかもしれないですけど、最後の脚はじりじりになってしまいますが(1400なら)もうちょっと良いポジションを取れるような気はするんですが、もう1回1200を使わせてもらってから考えさせて頂けたらと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

シエルブルー2着 3位入線シエルブルー2着3位入線シエルブルー不利11/21(土)阪神6R 2歳新馬 ダ1200m 団野騎手騎乗でデビューしたシエルブルーは、最後ゴール手前で16番ベイビーアッシュの不利を受け、3位入線2着となりました。

スタートはあまり良くなかったのですが、少しづつ追い上げ、道中4番手ぐらいの位置をキープしていました。直線に入ると、内に馬1頭分のスペースが空いたので、そこを団野騎手は突いてきましたね。逃げるベイビーアッシュとの直線の攻防の外から1番ルシャリーブルが差してきたので、ベイビーアッシュが内に寄れた感じもありましたが、これが結果走行妨害と見なされました。しかしルシャリーブルはベイビーアッシュより先にゴールして1着…。シエルブルーは惜しくも2着。

タラればになるので嫌な話になるのですが、勝ち負けが掛かった場面だっただけに、競馬だから仕様がないで簡単には終わりたくないですね^^汗 だからといって何が出来るか?といっても愚痴しか出ませんが…^^汗 だからほとぼり冷めるまでは愚痴は言うかも知れませんよ^^汗汗汗 (1番お怒りなのはクラブ運営さんだと思いますが…)

しかしホント、白熱した見所あるレースでした。走行妨害はありましたが…。シエルブルーはたくさんのVTRでいろんな角度から見れて、勝負根性もありそうだなと垣間見えたし、内ラチにぶつかってなく、怪我も心配なさそうなので良かったです^^汗 この根性ならトラウマも心配なく、次走は勝ち負けも期待出来るでしょう!本日はお疲れさまでした。。。

11 月21日(土)阪神6R 2歳新馬 ダ1200m戦に出走して2着でした。 渡辺調教師「もうちょっとでしたね。ちょっと色々ありましたけど、大成は悪くないと思います。スペースはあったので誰が乗っても狙っていたと思います。もう少しゲート出るかなと思ったんですけど、ちょっとモタッとしましたね。そこからは手応えはあったんですけど、ちょっと4コーナーであれっ?って所があったらしいんですけど、追えばまたしっかり伸びてくれたとの事です。まあ当初から切れる感じというよりは渋い脚を使う子かなと思ってたので、そんな感じでしたね。まだ体に余裕もありますし、使って良くなるタイプだと思いますので、馬の状態を確認して、問題がなければ引き続き番組を見て使わせて頂こうと思っています。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

yggスイーツビュッフェ
美浦トレセン近郊の阿見トレーニングセンター内・セグチレーシングステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「だいぶ疲れがあったので、来週くらいまではゆっくり進めて行こうと思います」

ニーズヘッグ
美浦トレセン近郊の阿見トレーニングセンター内・チェスナットファームにて放牧中です。 牧場担当者「調教での動きは良くなってきていたのですが、汗をかく量が減ったので獣医に診てもらった所、夏バテの兆候が出ているようです。涼しくなってきましたが、逆に寒暖差が大きくなった影響かもしれません。ここで無理をすると悪化しかねないので、しばらく楽をさせて様子を見てみます」

ポポラリタ
栗東トレセン近郊のグリーンウッドトレーニングにて調整中です。 牧場担当者「引き続き15-15を行っています。大分トモの緩みや疲れ、硬さという所は改善されてきておりますので、これからどんどん進めて行けると思います。近々13ペースもやって行く予定です」

ブルーローズシップ
17日に千葉県のシンボリ牧場内・ブラスト・ホースステーブルに放牧に出ました。

ラインオブフェイト
美浦・田島厩舎にて調整中です。 田島調教師「昨日の午後になって歩様が乱れました。右トモなんですが、跛行しています。獣医さんに診てもらって、わき腹から股関節、右の後ろを痛めている状況です。楽をさせてみて、どこまで回復するかという所で、注射も打ってもらっています。この動きだと来週の競馬は厳しいですね。経過次第ですが、問題なければまたちょっと延ばして競馬に向かいたいと思いますが、長引くようだと一旦放牧も考えないといけないかなという感じです。大きな筋肉を傷めている感じですが、なんとも言えないですね。脚元の蹄だったり管骨だったりという感じではなく、触ってみて上の方という所です。上の方だと骨盤の可能性もゼロではないかなと言っていましたが、骨盤はレントゲンも撮りづらいし、エコーも映りづらいので、判断が難しいという感じです。しばらくして改善が見られなければトレセンの診療所で精密検査をしてもらう必要が出てきますが、今の所は獣医に診てもらって回復してくれば、予定を延ばして競馬に向かえたらという状態です。坂路で本来だったらもっと動けるはずなんですけど、あんまり動けなかったので、なんか嫌な感じはしたんです。終いが本来もっと動けるはずなので、追い切りの道中、走っている最中に痛めた可能性が高いかなという感じです。2、3日は楽をさせて様子をみたいと思います」

ハルモニア
美浦トレセン近郊の松風馬事センターにて放牧中です。 牧場担当者「ちょっと増えてきてくれて、445キロです。レースからプラス20キロになって、まぁ及第点かなと思います。でもまだまだ、この馬のキャパシティからしたら少ないですよ。体の方は問題なく、引き続き中日を設けながらですが、乗り進めています。動きの方は少しのびやかになっている感じです。体幹は強くなっているんじゃないかなと思います。体力はついてきているので、それに準じて馬体を戻す力もついてくれるといいんですけどね」

シエルブルー
兵庫県のフォレストヒルにて放牧中です。 牧場担当者「475キロ。今は坂路を18~16くらいで上がっています。脚元の骨瘤も落ち着いていて、歩様も問題ないので、今週末から15-15を入れて行く予定になっています。骨瘤は毎週獣医さんに診てもらっていますが、そんなに痛いって訳ではないので、状態を見ながら調教は進めて行って問題はないという事です。一応予防で化骨を促す注射は打っていますが、そこまで問題はないので、このまま調教を進めて行きます」

ビスバルト
岐阜県の山岡トレセンにて育成中です。 牧場担当者「順調ですよ。結構乗っています。今週は土曜日に強めをやろうと思っていまして、今日のメニューだと2000mくらいキャンター乗って、坂路2本上げました。ペースは20~18くらいです。ある程度最初から動けそうな雰囲気はありますよ。ちょっと口向きが悪いかなと思って、ハミかけた時にキャンターの下ろししなとかにカーッと頭を上げる事はあるけど、走り出すと問題ないので、そこら辺も矯正しながら進めて行きます」

ショレアドルチェ
京都府の宇治田原優駿ステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「脚元はスカッとしてきたので、普通キャンターまで上げてきました。今日はコース3周と坂路1本ハロン18の普通キャンターで乗っています。明日は同じメニューで、土曜日はトラックを2400に伸ばしてみようと思っていまして、それで脚元がぶり返すことがなければ来週から15-15を入れる予定でおります。少し楽をさせた事もあって馬は元気いっぱいで、うるさいくらいです。馬体は、見た感じはかなりふっくらとして良い感じになっています」

フィーネ
三重県の三重ホーストレーニングセンターにて育成中です。 牧場担当者「先週到着して、特に輸送の影響はなかったので、翌日から乗り出して、現在は2400~3000くらい乗っています。ペースはまだ軽めです。ダクで300くらい乗ってからじわっとハッキングにおろして、2、3周目以降、20くらいのキャンターで乗っています。動きを見ながら、距離とペースを上げて行きます」
(YGGオーナーズクラブより転載)

悪いことが続きます…。本当怪我が多いです、しかも大きな怪我が…。2歳馬に多いのも大問題。今日言いたいのはこれだけ!

セレンディピア
☆9/13(日)中山・3歳上1勝クラス(ダ1200m)秋山稔樹騎手
「6日(日)に美浦に無事到着しました。こちらに戻ってきてからも体調面含め状態はキープできています。火曜日から馬場入りを再開し、今朝も坂路で16~17秒ペースを2本乗りましたが、まったく問題ないですね。検疫が混み合っている事情からか、今週は1勝クラスのダ1200戦が頭数割れしている出馬状況。急遽決めた出走ですが、カラ元気でなくキビキビとした動きを調教でも披露していますので、今週使わない手はないと思います。輸送直後で速い追い切りこそ消化していないものの、先週の段階で中身も整っていましたので不安はありません。ダートに戻せば行きっぷりが違うはずですから、ブリンカーなどの馬具も必要ないでしょう。勝ち上がりを決めた舞台ですし、斤量3kg減も生かして好勝負に持ち込みたいところです」(尾形和幸調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

スイーツビュッフェ
美浦トレセン近郊の阿見トレーニングセンター内・セグチレーシングステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「今週から動かし始めています。まだペースはゆっくりです。針治療をしっかりやらせてもらったので、疲れは取れたと思いますが、だいぶ状態が悪かったので、慌てずに様子をみながら進めてあげたほうが良いかもしれません。状態が安定してくれば問題ないんですが、以前から弱い所をみせていた馬ですし、夏の暑さに堪えた部分もあったのかもしれませんね」

ニーズヘッグ
美浦トレセン近郊の阿見トレーニングセンター内・チェスナットファームにて放牧中です。 牧場担当者「メニューは先週と変わりありませんが、馬に前向きさがでてきて、ようやく走る気が出てきましたね。暑さが抜けてくれば状態面もグッと一気に良くなってくるんじゃないかと思います」

ポポラリタ
栗東トレセン近郊のグリーンウッドトレーニングにて調整中です。 牧場担当者「馬場を2週走った後に坂路1本、15-15まで行っています。馬体重は539キロです。脚元は最初はむくんだりしていましたが、今現在は気になる所もないので、このままどんどん進めて行けると思います」

ラインオブフェイト
9日に美浦・田島厩舎に帰厩しました。 田島調教師「昨日入厩しました。少し逞しくなったかなと思います。良い傾向ですね。仕上げには時間はかからないと思いますので、3週目の1200ダートを目標に進めて行きます。鞍上は戸崎騎手を抑えています。日曜日からちょっとやっていって、コツコツと競馬に向けて進めて行きます」

ペトリコール
美浦・畠山厩舎にて調整中です。今週の出走を予定していましたが、回避することとなりました。 畠山調教師「昨日追い切っているので、今日はウォーキングだけの運動でメニューを組んだのですが、ちょっと右前の動きを気にする所があり、裏の部分に若干張りがあるんです。それで獣医さんに診てもらったのですが、一度エコー検査をしてみた方が良いという事です。これだと競馬という訳にはいかないので、ひとまず投票を見送らせて頂きたいと思います。投票日にこんな形で申し訳ありません。エコー検査の結果はわかり次第お知らせします」

ハルモニア
美浦トレセン近郊の松風馬事センターにて放牧中です。 牧場担当者「馬体重は437キロです。微増というか、減らさないだけいいのかなという感じですね。何も悪いところがないだけに歯がゆいです。いろんなアプローチを試しながらやっていますが、数字に表れないです。調教のメニューは変えずに乗り込んでいます」

シエルブルー
兵庫県のフォレストヒルにて放牧中です。 牧場担当者「475キロ坂路で17、18くらいで軽めですが、乗り運動を始めています。先週土曜日にトレセンで渡辺厩舎を診ている獣医さんに来てもらって診てもらいましたが、骨瘤は多少痛みはあるけど、乗れないという感じではなく、あまりに痛がるという事がなければ乗って行って問題ないとの事です。乗った感じも歩様は問題なく、馬自体は元気が良いので、このまま脚元の様子を見ながらペースを上げていこうと思います」
(YGGオーナーズクラブより転載)

期待している馬のペトリコールが突然の異常発生…。いわゆるエビ(屈腱炎)でなければよいのですが、症状がそれっぽいのが不安なところ…。大事に至らないで欲しい…。スイーツビュッフェに関しては、こうした症状がずっと続いているので、厩舎としっかり話し合いを行い、今後についての方向性を確認した方がよいと思われます。出資者会員たちはかなり不満が溜まっています。

このページのトップヘ