おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

タグ:サゼラック

オルダージュ 500万 2着オルダージュ
3/30(土)中山・3歳500万下(ダ1200m・混)石橋脩騎手 2着
ゲートは大人しく駐立出来ていて、スタートダッシュも速い。ただ、追わず楽にハナへ立ちたかったが、馬がフワッとするところを見せ、落ち着いてしまった。他馬も内へ入ろうと出てきたので、また促し、追っていくと、反応して前へ前へ行こうとし推進出来ている。その辺は、競馬に慣れてきた感もあるが、付くべき所に筋肉が付いているし、抜群にセンスがある馬。道中速い流れだったが、ゴール前、最後まで粘り頑張ったのだが…。陣営もいい状態に仕上げてくれたのに勝てずに申し訳ない。感触として、1400mまでは我慢でき、ハナでなくても番手で競馬も出来るタイプだと思う。(騎手談)468kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより引用)

う~ん、、、非常に惜しかったです。どうしてもオルダージュのような逃げ馬は、最後の最後で標的にされてしまうので 、あと一寸で差されて負けるとガクンとなります。次走こそ勝っておくれよ^^汗

ガルラバン
3/30(土)中山・3歳未勝利(ダ1800m)田中勝春騎手 14着
体が絞れて変わってくると思ったし、真面目で良い馬なんだが…。トモに力がないので、スピードが乗らずテンから促しても追走に手一杯。稽古でキャンターなどは乗っていて良く感じるが、いざ追い出すと体を伸ばして走れていない。頑張ろうとする気持ちのある馬なので、使いながら良化を待ちたい。(騎手談)516kg 
(ノルマンディーオーナーズクラブより引用)

これで残念ながら1アウト。どうもサゼラックの道を辿っていく感じがする。スピードも無いので、どうしても後方からの競馬になってしまうようで、現状では中央ではキツイかな…。

オルダージュ
NSRで順調に調整され、1/31に帰厩。 乗り込みながらも馬体重を増やして戻ってきている。成長分と捉えているので、無理して絞る考えはない。調教師は頻繁に足を運び、状態を確認していたので実感していたが、帰厩したオルダージュを見て、スタッフ等は、以前よりトモが逞しくなったことに驚きを見せていた。次に向けたスタートラインとして、上々の仕上がりといえる。 美浦トレセン

ホーリライン
1/27 東京・3歳未勝利(ダ1400m・牝)O.マーフィー騎手 結果5着
前走の走りで、ホリラに能力があることが確認できた。しかし、理想の馬格に近いくらいフックラしてからレースに使うのが本当は望ましい。脚元は全く問題ないが、レース後も飼い葉食いが細い…。しかし、次走の権利が取れたし、東京コースが向いているのも確認できた。このまま次走へ向かうかは、もう少し様子を見てから判断したい。行けるようであれば、牝馬限定のダ1300もしくは1400m戦を検討する。美浦トレセン

ガルラバン
1/30、坂路コースで4ハロンから1.0秒追走して併せ、53.7-38.9-25.8-13.3を一杯。今週も田辺騎手に稽古をつけてもらった。まだ余裕がある感じにはないが、追うごとに時計が良くなっている点は評価できる。大型馬だが、負荷を強めても脚元に反動が見られず丈夫。現在520kgと馬体重は絞れてこないが、見た目は筋肉がしっかり付き、入厩当初からは見違えるほど逞しくなった。予定通り、来週2/10 東京・3歳新馬(ダ1600m・混)から投票していく。 
(ノルマンディーオーナーズクラブより引用)

バアゼルザウバーの17バアゼルザウバーの17 20190131
現在は馬場1周と坂路2本(ハッキング)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間から坂路の本数を2本に増やし、基礎体力の強化に努めています。時折、調教に集中できていないこともありましたが、ここ最近は真面目に登坂。今のところ口向きや折り合い面でも課題はありません。軽い脚捌きで走るので、やはり芝向きの印象。これで力も付いてくれば楽しみです」と話していました。 ノルマンディーファーム 456kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

サゼラック
1/31開催のサラブレッドオークションで49万円(税抜)で落札されました・・・。

スカイファルコンスカイファルコン 20190201
トレッドミルと2400m20〜18Fの乗り運動を組み合わせたメニューで調整中。 毛艶、馬体のハリは良化途中も、覇気は少しずつ出てきて、元気に調教に取り組めている。飼い食いは良いが、もう少し馬体重が増えてきて欲しい。リバティホースナヴィゲイト 馬体重461kg
写真はリバティホースナヴィゲイトより提供
(ワラウカドより引用)


オージーカンパニーの2017
ファンタストクラブ: 角馬場でのウォーミングアップ後に、屋内ダートコースをキャンターで3周程度(2400m)、火曜と金曜に坂路を18/F程度の調教を行っており、本日は18-16で乗り、今日のところはまだ少し余裕があるようでしたとの報告です。 調教ペースを順調に上げて来ていて、動きも良くなって来ています。まだ上り調子というところまでは来ていませんが、このペースにもう少し慣れてくると筋肉がしっかりついてくると思いますので、足元・体調に気をつけてしっかり乗り込んでいきます。

ナンの2017
ファンタストクラブ: 角馬場でのウォーミングアップ後に、屋内ダートコースをキャンターで3周程度(2400m)、火曜と金曜に坂路を18/F程度の調教を行っており、本日は18-16で乗り、最後までしっかり走れていたとの報告です。 熱発後から戻った直後はあまり余裕がなさそうでしたが、今週は元気に調教に取り組んでおり、順調に負荷を上げて来ております。 疲れもあってまだ冬毛が目立ちますが、もう少しすると調教のペースに慣れて調子も上がってくると思いますので、しっかり体調を管理しながら進めて行きます。 
(ワラウカドより転載)

グリームロータス
2/1、ゲート試験を受け合格。

クワイエット
2/3 京都5R 3歳未勝利 牝馬限定 芝1600m戦。 12頭立て 小牧太騎手 54キロでの騎乗。発走時間は12:20。中間、頓挫はあったが、その後順調。変わり身を見せた前走のよう、揉まれず運べれば、再度の好走も期待できる。追い切りも動けていたし、いい感じでレースに向かえそう。少し間隔が空いたが、元々食欲旺盛な方ではないので、逆にプラスに働くところもあるかと思う。鞍上も特徴を掴んでくれているので、前走のようにスムーズに運べれば楽しみ。
(YGGオーナーズクラブより引用)

月末&週末はアップが忙しい^^汗汗汗
オルダージュ、ホーリーラインは調教師の良いコメント。ガルラバンは調教時計も様になってきて、
2/10のデビュー予定のレースが楽しみ。

スカイファルコンは、頓挫なければ今回は早めに再入厩できそうな感じ。グリームロータスは、不合格の次の日にはゲート試験に合格と、驚きの速さ…。クワイエットは日曜日に出走と、勝ち負けが注目される一戦ですね。YGGOCの初勝利はどの馬か?もしかしたらクワイエットかも???

サゼラック 笠松 未勝利2戦目サゼラック 笠松 未勝利2戦目結果1/25、笠松 2R サラ系3歳6組(ダ1400m)岡部誠騎手騎乗で出走したサゼラックは、9頭立て3番人気の8着でした・・・。

前走から中1週、マイナス14kgで臨むも、まだ太かった。前走ハナにいき、最後がバタバタだったので、今回は騎手と相談し、中団につける作戦だった。スタートして、2コーナー過ぎまでは作戦通りの展開だった。
しかし、向こう正面で、徐々に遅れてしまった。騎手は、返し馬は悪くなく、スタートが上手なので、800m戦なら勝負になるかもと。ただ、全てが中途な印象で、しっかりしてくるには時間が掛かるとのこと。背水の陣の気持ちも、チャンスを生かすことができず、申し訳ない。

戦歴及び、レース内容と経緯を踏まえ、調教師と協議を行い、匿名組合契約を終了することに決定。本馬は1/31に開催されるサラブレッドオークションに出品する予定。
(ノルマンディーオーナーズクラブより引用)

まだ試して欲しいことはいろいろありましたが、サゼラックに一番関係が近いクラブ関係者や、調教師さんが、出した決定なので、これは致し方ありません。真面目な馬なので、道中、走りに集中していない訳ではないと思いますので、現状、馬体がまだ緩い点はありますが、馬自体の競走能力が足りないに尽きると思います。

サゼラックは、馬名総選挙の際、私の考えた馬名も5つの候補の一つに選ばれました。リンシホウスウ(麟子鳳雛)という名で、将来に期待が持てる、すぐれた資質のある子どものたとえという意味です。母のキリーンガールからの連想でしたが、おふざけ感が入っていたのか、もちろん上位には入りませんでした。

また、ノルマンディーOCに入会するきっかけとなったのも、サゼラックでした。一口馬主を改めて始めたいと思い、丁度、ノルマンディーOCの二次募集が始まるということで、サゼラックに目が止まり、出資に至った経緯があります。結果、全くいいとこなしで、自分の馬を選ぶ基準を考え直してくれたのもサゼラックなのでしょう。まあ、こればかりは2017年産がどんな活躍をするか?まだ分かりませんが…^^汗

今後のサゼラックがどうなるのかは、今は分かりませんが、新天地でも頑張って欲しいです。競走馬としてはぶっちゃけダメかも知れませんが、大人しい性格と、健康で立派な馬体なら乗馬としては良いのでは…?と思います。今まで楽しませてくれてありがとう!サゼラック!

サゼラック
1/25 笠松 2R サラ系3歳6組(ダ1400m)岡部誠 9頭立て8枠8番(決定)

ホーリーライン
1/27 東京 1R 3歳未勝利・牝(ダ1400m)O.マーフィー(想定)

サゼラックが今週の金曜日に出走予定。距離は前走と同じ1400m。今回のレースには強敵がいて、リックポニーチャンという370kgぐらいの軽量馬なんですが、この馬としんがり争いが展開しそうな感じ。もちろん両馬とも走りに進展があれば、そんなレースにはならないでしょうが、サゼラックは中1週でどう変わったかどうかに注目。

まだ出走が確定していませんが、なんと、ホーリーラインが鞍上マーフィー騎手で出走予定。今回の追い切りも、YGGOC所属の僚馬で、追い切りに定評があるユメノハジマリに先着するくらいの高気配。前走は騎乗にロスの多い7着も、斤量は上がりますが、鞍上強化で大変見所ありそうなレースとなりそうです。

ガルラバン
2/10 東京 3歳新馬(ダ1600m)
1/23 田辺 美南 坂 55.0 - 39.5 - 25.6 - 13.0 一杯に追う
チェリーマドンナ(新馬)馬なりを0.7秒追走0.6秒先着

出走予定は来週ですが、サゼラックが徐々に追い切りが良くなってきています^^田辺騎手が乗ってくれているので、もしかしたらレースでも乗ってくれるのでは・・・?と思います。こちらも大変楽しみなレースとなりそうです^^汗

スカイファルコン
17日に到着、馬体に問題ない事を確認済み。17、18日はトレッドミルでの運動程度、少し休養を与えた後、状態を確認してから調教を再開予定。リバティホースナヴィゲイト
(ワラウカドより引用)

オージーカンパニーの2017
ナンの2017
今週は屋内のダートコースを軽めのキャンターで2周(1600m程度)、その後は坂路(800m)を22〜20/F程度で乗っております。坂路での調教を開始するなど運動量は増えているのですが、今の所はバテずに頑張っています。今後も各馬の状態を見ながら進めて行きます。ファンタストクラブ
(ワラウカドより転載)

オルダージュ
屋外ダートコースでダクとキャンターを2500~3000m(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中。15秒ペースの時計消化を織り交ぜ、ペースアップを図っている。休養はせず、重苦しさは感じさせてなく、息遣いも良い。毛艶が冴え、体調は良く、調整のピッチを上げても馬体重が落ちていないのは好材料。次走は2/23 中山・3歳500万下(ダ1200m・混)の予定で、1月末~2月上旬頃に帰厩という考えでいるとのこと。送り出しに向け、逆算して進めていくつもり。 NSR 483kg

サゼラック
乗り込みながら前々走の馬体重くらいで送り出したが、最後は一杯になってしまった。この中間もスパルタで緩めず乗り込んでいる。時折、飛び跳ねるような走りもし、発汗も多くなっているので、前走を叩き素軽くなっていることは間違いない。次走は結果を出すことが必然なので、ラストチャンスと捉え、しっかりと仕上げていく。来週1/25 笠松・3歳6組(ダ1400m)を岡部誠騎手で出走予定。笠松競馬場

ホーリーライン
13日、坂路コースで4ハロン58.4-39.2-24.4-12.5を単走で馬ナリ、17日、Wコースで4ハロンから1.1秒先行して併せ、54.3-40.1-13.5を馬ナリに追い切る。この中間も順調に乗り進められ、メンタル面でも非常に落ち着き稽古に臨めている。ただ、在厩期間が長いと、乗り込んでいくうち、どうしても飼い葉食いが細くなる。馬体も先週からだいぶ減ってしまった。併せ馬では抜群にいい反応を見せているので、本当に勿体ない。稽古を重ねるより、サラッと使った方がいいタイプかもしれない。来週の追い切り次第だが、1/27 東京・3歳未勝利(ダ1400m・牝)も視野に入れたい。美浦トレセン

ガルラバン
17日、坂路コースで4ハロンから0.4秒先行して併せ、55.2-40.6-26.8-13.4を一杯。飼い食いが旺盛で体はなかなか絞り切れないが、筋肉の輪郭がだいぶクッキリしてきた。水曜日の追い切りではまだ心身ともに余力がない感じだったが、一追いごとに時計を詰めて良化している。ここまでへこたれる様子はないし、来週の追い切りを見て、具体的なデビュー戦のプランを立てていきたい。美浦トレセン
(ノルマンディーオーナーズクラブより引用)

オルダージュの先のプランがやっと決まりました。予定では前走と同じ、中山ダート1200mに出走予定。来週、再来週あたりに再入厩出来るよう調整されていきます。

ホーリーラインは、早くて来週の東京で出走。今回もいい時計を出しているので、トップジョッキーで、必勝を目指したいところです^^汗

ガルラバンは、時計はまだまだですが、徐々に良くなっている模様。こちらも来週の東京開催を目標に、調整されていますが、本調子はまだ先だと思います。

少しヤバめなのがスカイファルコン…。おそらく加藤調教師から、見切りの一歩手前まできている感じが何となくします。こうなると、自分としては関西の厩舎に転厩も視野に入れて欲しいな…と、思います。

一番ヤバいのがサゼラック…。コメントにサラっと、ラストチャンスと書かれているので、読者の反応を見ているのは確かだと思います。ただ、中1週、同じ1400mで挑戦して進展が期待出来るのか?
全く意図が伝わりません。

このページのトップヘ