おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

タグ:カーヴィーレーザー

ノルマンディーホーリーライン
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。体重は少しずつ増加はしているのですが、460kgは超えないんですよね。毛艶の良さが示すように、体調面も良好。元気もすごいありますよ。18秒を切るくらいのところをおこなった次の日はロンジングやウォーキングマシンの運動にしたりと、いろいろアプローチを変えてみたりしています。仕上がりやすい馬なので、このままメリハリを付けたメニューでもうひと膨らましさせたいと考えています」(担当者)松風馬事センター 457kg

カーヴィーレーザー20200118カーヴィーレーザー
★10/14(水)門別・3歳以上C4-4(ダ1700m)亀井洋司騎手 結果7着
これまでの戦歴およびレース内容と経緯を踏まえて佐々木国明調教師と協議をおこなった結果、誠に残念ではございますが、ここで匿名組合契約を終了することといたしました。 なお、本馬は来週10月22日(木)に開催されるサラブレッドオークションに出品する予定で、出資会員の皆様には追って書面にてご連絡させていただきます。 カーヴィーレーザー号にお送りいただいたこれまでの温かいご声援、誠にありがとうございました。 「馬具を工夫したり亀井も調教から跨ってハミ受けを修正したりと、厩舎で出来る限りのことをおこなって進退をかけて臨んだ一戦でしたが、レースではどうしても集中力を欠いてしまう現状です。今年度のホッカイドウ競馬終了までもう1開催ありますが、おそらくすぐに大きく変わってくることは難しいのではないかと思われ、ここが潮時と判断させていただきました。出資会員の皆様のご期待に応えることが出来ず、大変申し訳ない気持ちです」(佐々木国明調教師)

シュアリーシーズ
「10回笠松開催初日10/20(火)のC31組(ダ1400m)での出走を予定しています。昨日10/14(水)に4ハロンから時計を出しましたが、52秒台で動いてくれました。軽快なフットワークで、スピード乗りも良かったですね。鞍上は向山牧もしくは藤原幹生ジョッキーのいずれかで調整中です。あとは実戦できっちりと力を出せるよう、本番まで微調整を続けていきましょう」(井上孝彦調教師)

セレンディピア
「現在は500mの馬場をダクとキャンター3000m(上限20秒ペース)を右回りと左回りで各1セットのメニューで、週に1回は障害練習も並行しておこなっています。先週から走路障害で練習をしていましたが、今週もおこなおうとしたところ、気の悪さを出し始めて障害に向かっていかなくなってしまいました。今は一から復習しているところですが、角馬場の竹柵にも進んでいかなかったりすることがあります。じっくりと無理をさせないように修正していくつもりです」(担当者)北総ファーム 474kg

プリュムドール
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(18秒ペース)のメニューで調整中です。順調に乗り込みをおこなえていて状態は悪くありませんが、体重の戻りが遅いですね。まだレース体重にも戻っていません。それ以外の部分は全く問題ないので、そろそろ15-15も織り交ぜていきたいと考えています。近々奥村調教師が見に来る予定で、その感じを見て今後のことを判断してもらうつもりです」(担当者)宇治田原優駿ステーブル 461kg

ルクシオン
「現在は周回700mのウッドコースをダクとハッキングキャンターで2100m、700mの坂路2本(20秒ペース)のメニューで調整中です。日によっては周回コースだけにするなどして、体重増加に比重を置いて進めています。入場後は少しイライラした様子でしたが、大分落ち着いてきましたよ。明日17日(土)に帰厩が決まりましたが、最低限のことはできましたし、馬もリフレッシュできた様子です」(担当者)山岡トレーニングセンター 433kg

エストラテーガ
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。右の肩先に筋痛症状が出ていましたが、少し治まってきましたし、先週よりはいい状態です。張り感が少し残る程度ですね。脚元にはまだ少し若さが残っているので、じっくりと乗り込んでいるところです。先週から少し調教量を増やしていますが、様子を見ながら徐々にピッチを上げていきます」(担当者)松風馬事センター 528kg

デクラーク
★10/11(日)新潟・2歳新馬(ダ1200m・混)秋山稔樹騎手 結果3着
「まだ気性に幼さの目に付く現状ですが、いいスピードを持っている馬。あの発馬センスの良さは大きな武器だと思います。レースを使った後は少しイライラした様子でイレ込んでいる。両前の出もゴツゴツと硬く映りますし、優先期間ギリギリまで間隔を空けてやって、次走は11/08(日)福島・2歳未勝利(ダ1150m)に向かう予定です」(矢野英一調教師)

ヴィオマージュ
この後はトレセン近郊の松風馬事センターで調整することになり、10日(土)に移動しました。 「現在は角馬場で長めのダクのメニューで調整中です。入場時は両前に硬さがあって、少しコズんでいるような状態でした。また右トモにはクモズレを起こして気にしていましたが、週が明けて大分良くなってきました。14日(水)までウォーキングマシンの運動にとどめて、昨日から騎乗運動に移行しています。このまま様子を見ながら進めていくつもりです」(担当者)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

騙馬となり地方転厩からの再スタートを図ったカーヴィーレーザーでしたが、3戦して勝ち星なしの結果に終わり、残念ながら引退となりました…。これまでに私が出資した馬の中でも比類なき気性悪な馬で、それさえなければ…とレースのたびに思いましたが、そんな馬だからこそ愛着もいっぱいありました^^汗 三つの厩舎の関係者の皆様は本当にいろいろ工夫されて良くやってくれたと感謝しています。カーヴィーレーザーも今後サラオクからどうなるのかまだ分かりませんが、また競走馬としてのチャンスがあれば応援していきたいと思います。ありがとうございました。。。

本日10/14(水)門別5R 3歳以上C4-4 ダ1700m 亀井洋司騎手騎乗で出走したカーヴィーレーザーは、スタートから果敢に3番手に付け先行しますが、3コーナーあたりから一気に遅れ始め、結果、1着馬から6秒以上離されてのゴール…。見せ場はあったものの、おそらく負ければ最後となるレースがこのような形で終わってしまったのはとても残念でした。本日はお疲れさまでした。。。

★10/14(水)門別・3歳以上C4-4(ダ1700m)亀井洋司騎手 結果7着
「騎乗した亀井は『大外枠でしたので、外々へ向かっていかないよう注意して乗りました。前走より口向きが良かったですし、最初のコーナーから向正面へ入ったあたりまでは馬にやる気も感じられたのですが…。半ばを過ぎてからは気持ちが切れてしまい、早々に手応えがなくなってしまいました』と話していました。現状だとどうしても気性面での課題が残るようで、上手く力を出し切れていないようです。申し訳ありません」(佐々木国明調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

本日、9/29(火)門別4R 3歳以上C4-6 ダ1500m 亀井騎手騎乗で出走したカーヴィーレーザーは、8着と今回も惨敗…。残されたチャンスはあと1走のようで、次走は崖っぷちの挑戦となります。

大外枠出走でしたが、ジョッキーは上手く騎乗していたと思います。しかし気性悪の馬の手綱さばきはとても難しく、距離も多少長かった感もあり、直線は特にバタバタな感じでした。次走、何とか頑張って欲しいですが…。本日はお疲れさまでした。。。

★9/29(火)門別・3歳以上C4-6(ダ1500m)亀井洋司騎手 結果8着
「騎乗した亀井は『初戦には跨っていませんが、普段の調教の感じから馬具を工夫したことで、おそらく前走よりはいくらか制御が利くようになっていると思います。それでも道中は外に張り気味だったり、直線で頭を上げたりしていたように、現状では口向きに課題が残りますね』と話していました。次が進退をかけての一戦になりますが、入厩してそれほど時間が経っているわけではありませんし、まだ体つきも寂しいように、良化の余地はあると思います」(佐々木国明調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ノルマンディーオルダージュ
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2500~3000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。先週末にこちらに入場し、輸送疲れなどないことを確認して、14日(月)から乗り出しています。左の背腰に少し張りが感じられたので筋注処置をおこなっていますが、その後は反動が出ることもありません。輸送減りしていた体も戻ってきましたし、このまま徐々にペースを上げていきたいと考えています」(担当者) NSR 487kg

ホーリーライン
「現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。到着後は432kgしかなく細く映ったのですが、1週間で10kgほどは増えてきてくれました。また、右前に拳大くらいの肘腫ができていて、少し触診反応がある状態。体のこともありますし、もう少しの間は現状のメニューで進めて、アドバンテージをつくってから、次のステップに進めていきたいと思います」(担当者)松風馬事センター 445kg

カーヴィーレーザー
★9/16(水)門別・3歳以上C4-5(ダ1000m)五十嵐冬樹騎手 結果6着
「レース後は馬体に目立ったダメージはありませんが、飼い葉食いは若干細くなっていますね。調教はそのあたりが戻るのを待って再開する予定です。競馬ではハミを嫌がる素振りを見せていたため、獣医に歯を診てもらい整歯をおこないました。まだ跨っていませんし、それが原因だったかはハッキリしませんが、不安要素がひとつなくなったことは確かだと思います。次の13回門別開催(9/29~)では、距離を延ばしてみる予定です」(佐々木国明調教師)

シュアリーシーズ
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。レース体重より増え、体重の裏付けもできてきたことから、この中間より騎乗運動をおこなっています。いい流れの中で進められてきていますが、21日(月)に笠松競馬場への入厩が決まったとのこと。もう少しアドバンテージをつくって送り出したいと思っています」(担当者) 松風馬事センター 446kg

セレンディピア
★9/13(日)中山・3歳上1勝クラス(ダ1200m)秋山稔樹騎手 結果9着
この後は千葉県・北総ファームで調整することになり、本日18日(金)に移動しました。 「レース後さすがに疲れている様子ですが、脚元含め異常はありません。芝でもダートでもそれなりに走れはするものの、前後の連動が現状いまひとつで期待外れの結果に終わっている。溜めてもギュンとは弾けず、急かすとまだフットワークがバラバラになってしまうのが原因です。そのためトモの強化とフォーム矯正を目的に、このタイミングで障害練習を取り入れてみたいと今回クラブ側に打診させていただきました。後々を考えて飛越センスを確かめたいのはもちろんのこと、この期間でどれくらいの成果が見られるか。前後の走りがつながってくれば、セレンはもっと上を目指せる馬のはずです」(尾形和幸調教師)

プリュムドール
17日(木)にCWコースで5ハロンから0.9秒追走して併せ、71.2-55.1-40.5-12.4を馬ナリに追い切りました。「今週は古馬オープン馬のロードブレスと併せて若干遅れてしまいましたが、同じくらいの動きはできていました。先週の段階では一叩きした上積みというものがあまり感じられなかったのですが、今週は確かな良化が窺えます。このまま来週の出走に向けて態勢を整えていきましょう。今週の想定を見ると2000mの条件は割とメンバーが揃っている印象で、逆に1600mの方が手薄そうな感じ。来週は牝馬限定戦なのでまた変わるかもしれませんが、今週の調教の動きを加味すると、相手関係次第では1600mでも良さそうだなと思っています。来週の想定、追い切りの動きを見て、どちらに向かうか決めるつもりです」(奥村豊調教師)

ルクシオン
17日(木)に坂路コースで4ハロン58.3-43.2-28.8-14.5を単走で馬ナリに追い切りました。「先週9/12(土)と9/13(日)に坂路で17~20秒の時計消化をおこなったところ、こちらの予想以上の回復状況を見せ、しっかりと動けていました。昨日も坂路コースでサッと15秒を切る時計を出してみましたが、素軽い脚取りで、なんだか元気一杯な印象です。このまま在厩で調整を進め、出走を予定させていただきたいと思います。今週9/19(土)中京・野路菊S(芝1600m)の特別登録数が5頭だったため、登録をさせてはいただきましたが、見送りました。来週の9/26(土)中山・カンナS(オープン・芝1200m)、10/03(土)京都・ききょうS(オープン・芝1400m)、自己条件の10/04(日)中山・サフラン賞(芝1600m・牝)のいずれかでの出走を、もちろん状態第一優先で、相手関係を考慮しつつ決定したいと思います」(河内洋調教師)

エストラテーガ
松風馬事センターで調整され、16日(水)に美浦・稲垣幸雄厩舎に入厩しました。 「初めての場所にも徐々に慣れてきた様子です。昨日より開始したゲート練習についてもいたってスムーズ。入るのにも抵抗はないようですし、中でも大人しくできています。扉が自動で開いてからのダッシュがもう少し格好がつけばという段階まで既にきていますので、このペースであれば来週にも試験を受けられるのではないでしょうか」(稲垣幸雄調教師)

デクラーク
先週12日(土)に美浦・矢野英一厩舎に入厩。17日(水)にゲート試験を受験し、無事に合格しました。 「まだ首を上手く使えず、フォームにシャープさが欠けている現状。ただ、ゲートの出は抜群に速い。センスがあります。短距離向きのタイプだと思うので、これは大きなアドバンテージになるはず。気性も素直でいまのところまったく手がかかりませんね。いくらか歩様がゴツゴツしてきましたが、進められないレベルではなく、このままデビューに向けて追い切りを消化していくつもりです。10/11(日)新潟・2歳新馬(ダ1200m・混)を予定しましょう」(矢野英一調教師)

ヴィオマージュ
13日(日)に坂路コースで4ハロン56.4-41.7-27.7-14.0を単走で馬ナリに追われ、17日(木)にも坂路コースで4ハロンから0.1秒先行して併せ、54.7-39.0-25.0-12.7を馬ナリに追い切りました。「昨日は初めて併せ馬で追い切りを消化しましたが、イメージしていたよりも楽に動けていましたね。全然へこたれている様子も見られませんし、このままデビューに向けて進められそうです。良い馬をありがとうございます。距離はある程度持つタイプに映りますが、走りに若干硬さがあるので、まずはダートから使っていくのがベターでしょう。4回東京開催(10/10~)の前半戦を目標にします。ゲートの出も速くて楽しみですよ」(牧光二調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

本日、9/16(水)門別4R 3歳以上C4-5 ダ1000m に五十嵐冬樹騎手騎乗で出走したカーヴィーレーザーは、転厩初戦を見事には飾れず6着と大敗…厳しい結果となりました。上りは最速のタイムでしたが、ダ1000mならもっと前々で競馬をしないと無理でしょう^^汗 本日はお疲れさまでした。。。

★9/16(水)門別・3歳以上C4-5(ダ1000m)五十嵐冬樹騎手 結果6着
「ゲートから出る際に外へ向かって発進したため、隣の馬に迷惑を掛ける形になりました。今回は注意だけで済んだものの、返し馬からイレ込んでしまい、五十嵐ジョッキーもなだめるのに苦労したようです。去勢したとはいえ、直線でも頭を上げてハミを嫌がる仕草を見せていたように、気性面が課題ですね」(佐々木国明調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

このページのトップヘ