おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

カテゴリ: 雑談

まずはSHCのメリーウィドウの19の馬名応募ですが、先に考えて温めておいた無難な馬名は、直前応募するのを止めてしまいました。どうせ採用される訳ないでしょう?と、寸前にくだけた馬名がひらめき、直球で攻めました^^汗 採用されたら嬉しいですね^^汗汗汗

NOCの募集馬は何周もしてやっと固まりました。先に書いた2頭にソラコマチの19(父リオンディーズ 牡)を加えた3頭です。もしかしたら3頭とも抽選か?となるくらい人気が出てきていますね。この3頭のうち、出来れば2頭が当選になれば…と思っています^^汗

今週の週末は4頭の出資馬が出走を予定していますね。ルクシオンは重賞、オルダージュは準メイン、アイリーライフとデクラークはともに前走3着で、今回は勝ち負けが期待できる一戦となりそう。直接対決とならず(予定では)良かった…^^汗

成績
この中には、権利放棄した馬や、スターズファンドの馬も含まれますが、とても悲しいとしか言いようのない成績…。やはり勝ちたい気持ちは相当ありますので、新しいクラブへの入会など、2019年産は勝ちを考えた出資馬選びを肝に命じたいと思います^^汗

7月に入り、待ちに待った愛馬の新馬戦が始まり、下半期は新しい世代が頑張ってくれると思いますが、8月には勝てなかった3歳未勝利馬たちとお別れすることにもなります。おそらく私の中では、3歳未勝利戦を脱出する愛馬はもういないと思っています。もちろん最後まで応援はしますが、まさかこんなに掲示板以内が遠いとは…と、苦い気持ちです。その中でもエンフォーサー、ソルレオーネは、おそらく最後の一戦になるかも知れませんが、望みの綱を握っている愛馬たちです。本当、頑張って勝って欲しいです。

現在、全世界において猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響で、我が家の家計も厳しい状況となってきました。そういったこともあり、前々から現出資馬が引退したら退会しようと決めていたクラブを、前倒しで退会することにいたしました。

出資馬には罪はなく大変申し訳ないし、同じ馬に出資、応援している仲間の方々にも、なんか裏切ってしまう形となり、悔しいし悲しいのですが、今は趣味の縮小は私にとって必要不可欠な事なので、ずばり決断いたしました。

退会が受理となりましたら、そのクラブの出資馬はブログから削除(過去の記事を除く)しますが、応援は引退するまでしていこうと思います^^汗 まだ支払われていない配当金や引退精算金は、クラブの方針でもちろん戻りませんので、それが出資馬の維持費となれば…と思います^^汗 また、クラブには先々のご発展を期待しております。ありがとうございました。。。

2018年産 出資馬の馬名応募は今のところ採用なし…。Nクラブにおいては5頭が全滅…。残るはYクラブの精鋭8頭となりました^^汗

ブーケドロゼブルーの牡馬(父ゴールドシップ)は、父名から取りましたが、今騒がれているコロナウイルスの一件で、5つの候補から敬遠されそうな予感があり得る?と勝手に思っています。縁起の良い名前だと思いますがね。

アガサ牝馬(父リオンディーズ)は、その特徴から一目見て思いつきました^^汗 青毛の馬体なので、その特徴も際立って目立って見えます。女剣士っぽい名前です。

ブルーインザスカイ牡馬(父キンシャサノキセキ)は、父と母名から命名。キンシャサの奇跡とは、こういう出来事…という意味合いで付けました^^汗

サトノアスカ牝馬(父ドゥラメンテ)は、母名から連想。意外とこの単語は馬名に無いようで、検索しても出てきません。有名な歌の題名にもありますね。

ハンドオブフェイト牝馬(父ディスクリートキャット)は、最近になって、過去に某クラブで採用された馬名に意味も響きもそっくりで、クラブに変更をお願いしました。新しい名前は有名なお話から付けました^^汗

ブルーフェアプレー牝馬(父ネオユニヴァース)は、母名から連想。似たような名前で~マンっていう現役馬もいますね。名前の響きは可愛らしい感じです^^汗

シーユーサンデー牡馬(父アジアエクスプレス)は、父名のエクスプレスから。快速のイメージです。

ボムシェル牝馬(父カレンブラックヒル)は、この馬のイメージから連想。小さな牝馬ですが、可愛さよりもカッコよさを推して付けました。アガサ仔に付けた名前と同じくらい気に入っています^^汗

まぁ、馬名の良し悪しは十人十色で評価は割れるのが当たり前ですから、私が付けた名前は他の人にはどう映るか分かりません…^^汗 正直、Nクラブの出資馬に付けた名前は、自信過剰気味な気持ちでいたので、落選は相当ショックでしたが、そのせいもあってか今回は落選してもそんなにショックを受けないだろう…と、免疫が付いた感じです。それと、馬名付けにエキサイトするのは、今回までだろうな…と、かなり冷静になってきました。やはりこの「命名者になりたい!病」は、止めなければいけない…というよりも、簡単に気持ちがプツン…と切れる感じでした^^汗

やっぱりノーザンファーム馬が欲しい…ということで、今年もやります!^^汗

昨年は時期的に🥕CLUBしか挑戦出来ませんでしたが、今年はおそらく8月にあると思われる🐞CLUBの一次募集から挑戦する予定です。ただし、現在3つのクラブに所属していますので、Wクラブは、愛馬がいなくなった時点で退会。Yクラブに関しては、ずっと先のことになると思いますが、最終的にはライト会員で出資するかも?…という形にします^^汗
(もし、Wクラブの愛馬が勝利し、しばらく引退が無いといった場合は、今年のノーザンファーム馬出資計画は中止となります^^汗)

それと、新規クラブへの出資は非常にお金が掛かるので、新規クラブ入会分の費用はこまめに貯金しておく…ということが大前提になります。入会金(約2万円)+月会費(約4万円)+馬代金(約6万円)の計12万円を、別途貯金しなければいけない計算で、8月までにこれを貯めるのは難しいでしょう…^^汗 先に書いたクラブの退会時期も、3歳未勝利戦が残る8月時点ではまだ不明なところがあり、現時点では8月予定の🐞CLUBの入会挑戦は厳しいかも知れません。9月募集開始予定の🥕CLUBもちょっと難しい…?かも知れません。

このページのトップヘ