おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

カテゴリ: ワラウカド

オルダージュ
8日(日)に坂路コースで4ハロン54.1-39.1-25.3-12.6を単走で馬ナリに追われ、11日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.8秒追走して併せ、52.4-38.2-24.6-12.3を一杯に追い切りました。「今週は意識して時計を出しましたが、オルダージュもそれに応えた動きをしてくれました。これがいい刺激となってさらに状態が上がってくればと思います。来週は三日間開催の変則的なスケジュールのため、水曜日のうちにしっかりと時計を出しておいたので週末は淡々と乗り込むつもりです。脚元についても問題ありませんし、体調面も引き続き良好。今朝なんかはオルダージュの行く気に任せてダートコースを走らせましたが、気持ちも乗ってきているのを感じられたので、全体的に上向いてきているのは間違いないでしょう」(青木孝文調教師)

カーヴィーレーザー
8 日(日)に坂路コースで4ハロン57.8-42.0-27.4-13.5を単走で馬ナリに追われ、11日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.2秒先行して併せ、54.9-39.7-26.0-13.3を一杯に追い切りました。「調教を進めた分、動けるようになっています。これで体を上手く使えるようになればというところですが、首を使えていない走りというのはなかなか変わってこないのがもどかしい限りです。この中間はゲート練習もおこなっていて、やはり素直に入ろうとはしないので工夫を凝らす必要があります。ただ、中に入ってしまえば大人しいものです。3/21(土)阪神・3歳未勝利(ダ1400m・混)に減量のきく亀田を予定をしており、テンションが上がらないように乗り慣れてる担当により最終追いをおこなうプランです」(鈴木孝志調教師)

セレンディピア
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。今週から登坂本数を2本に増やしました。その後も目立った硬さはなく、坂路を元気いっぱいに駆け上がっています。今後のペースアップを考えると、もう少しハミが安定した状態で最後まで走れるようになって欲しいところですが、トモの強化が進めばその辺りも改善してくると思います。引き続き坂路主体で乗り込み、筋力強化を図っていきます。ノルマンディーファーム小野町 474kg

ルクシオン
現在は馬場1周と坂路2本を16~18秒ペースのメニューで調整しています。今週も坂路主体に進めており、乗り込んでいく中で毛ヅヤも良くなってきました。まだ華奢に映る馬体でも、併走馬をしっかり意識して前々へ走ろうとする前向きさがあり、これで馬体の成長が進めば気持ちと体が上手く噛み合った走りが出来るようになってきそうです。今週末に一度ハロン15秒ペースの追い切りをおこなう予定なので、歩度を伸ばしてどういった走りになるか見てみようと思います。ノルマンディーファーム小野町 418kg

ラヴィネルージュ
現在は馬場1周と坂路2本を16~18秒ペースのメニューで調整しています。前進気勢の強さから、騎乗者が抑える、なだめるといった調教をおこなっていますが、それを継続してきたことで、いい意味で力を抜いた走りを馬自身が覚えてきたように感じられます。併走させても気合いが入りすぎることもなくなり、これなら少し距離が延びても対応できるのではないでしょうか。今週末にはハロン15秒くらいまでペースを上げてみる予定ですが、気持ちや体のバランスが整ってきた中でどのような動きを見せてくれるか楽しみです。ノルマンディーファーム小野町 432kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ナンナ
ジョイナスF:今週は馬体を膨らませたかったので軽めのメニューで調整しました。 3500mの騎乗調教のうち中間を20/Fで乗っております。 軽めのメニューで調整しているので、馬体は少しづつですがふっくらしてきています。 まだ大人しい感じがしますので様子を見ながら引き続き心身の回復を図っていきたいと思います。 3月12日、国枝調教師が来場しナンナの様子を見て行かれました。 このまま乗り進めて、来週から早めの調教を取り入れて行くようにと指示がありました。 行ける所で再入厩の判断をしていくとの事ですので、来週より15-15で乗り込みを進めていきます。 現在の馬体重496kg

ブロンテビーチ
LHN:先週から引き続きトレッドミルでの運動を行っていますが、負荷をキャンターまで上げて行くとまだ右股関節への負担があるようで、翌朝の初動の歩様に違和感が残っています。 動き始めるとその辺りは解消されて行くのですが、状態が安定してこない為、現在のところ乗り運動を回避しています。 進捗が少なく申し訳ありませんが、もう少し状態を見て運動量を調整しながら進めたいと思います。
(ワラウカドより転載)

オルダージュ
1日(日)にWコースで4ハロン54.6-40.6-13.6を単走で馬ナリに追われ、4日(水)にもWコースで5ハロン68.0-53.0-39.5-13.4を単走で馬ナリに追い切りました。「昨日はある程度セーブしての追い切り。今朝は坂路を駆け上がらせたのですが、終いにいくにつれオルダージュの気持ちも乗ってきているのがわかる走りでした。稽古をつけている担当者も進める毎に良くなっているのを感じているよう。状態の良さが毛ヅヤにも表れていて、今日なんかは銭型模様も出ていたほどです。このままいけば三日間開催での出走が濃厚なのですが、金曜と日曜にダート1200m戦が組まれているので、どちらにも対応できるような調教スケジュールを組んでいきましょう」(青木孝文調教師)

ホーリーライン
4日(水)にWコースで4ハロンから併せ、53.7-39.0-12.6を馬ナリに追い切りました。「この中間も飼い葉食いがやたら旺盛。担当しているスタッフでさえ、本当にホリラ?と驚くほど。今回の滞在競馬がいい経験になったのか、メンタル面は間違いなく成長を遂げています。動きも変わらず良好ですし、予定通り来週3/15(日)中京・4歳上1勝クラス(芝1400m・混)に田辺騎手で向かいましょう。キッチリ決めて、一旦お休みさせてやりたいと思ってます」(矢野英一調教師)

カーヴィーレーザー
宇治田原優駿ステーブルで順調に調整され、2月29日(土)に帰厩しました。
4日(水)にCWコースで6ハロンから併せ、83.7-68.4-54.7-40.5-13.4を一杯に追い切りました。「もう少し宇治田原で落ち着かせたかったのがある中での帰厩でしたので、正直なところ動きとしてはまだまだです。顎を突っ張って首を上手く使えていない走りも劇的にガラリとはいかないので、進めていきながら少しずつでも形になっていけばと思います。調教の中でもテンからガンガン行くので今回は距離を縮めて阪神のダート1400m戦に向かうつもりです」(鈴木孝志調教師)

セレンディピア 3月セレンディピア
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。先週と同様のメニューで調教を継続していますが、硬さが目立ってくるようなこともなく、ここまで順調に進められています。トレセンでも長く乗り込みレースも経験したことで、デビュー前に在厩していた時と比べると馬体面、精神面ともに成長している部分が多く見受けられます。調教だけではなく普段もドッシリと構えられるようになってきましたし、まだまだ今後の伸びしろもありそうです。ノルマンディーファーム小野町 473kg

シュアリーシーズ
★2/29(土)中京・3歳未勝利(ダ1400m・牝)斎藤新騎手 結果8着
レース後はトレセン近郊の島上牧場に当日中に移動し、3日(火)に帰厩しました。 「直線は伸びてきそうな感じはあったんですが、最後までジリジリとした脚になってしまいましたね。思いのほか後ろのポジションから運んだのでもう少し伸びてきてほしかったところですが、前残りの結果でしたし、当日は他のレースでも後方から伸びてきた馬がほとんどいなかったので仕方がないところでもあります。ただ、8着争いを制したことは最低限の収穫だったのではないかと思います。着順は2走前と同じですが、内容は良くなってきていますし、レースぶりも徐々に形になってきていますね。戦前に想定していた通り、体重は10kg増えていていい感じ。輸送をしても減らさないですし、暖かくなればもっと良くなってきそうな雰囲気がありますよ。距離的には1200mだと少し短い感じがしますし、やはり現状では1400mくらいが一番良いのではないでしょうか。権利は取れませんでしたが、そこまで間隔を空けることなく出走させていけそう。早ければ来週の番組からの出走も検討したいと思います」(吉村圭司調教師)

ルクシオン 3月ルクシオン
現在は馬場1周と坂路2本を16~18秒ペースのメニューで調整しています。ここまで乗り込んできても疲れている様子は窺えませんが、筋力的にはまだ足りていない部分がある印象。ハミをしっかり掛けたハロン18秒くらいの纏まったキャンターを求めると、バランスを保ちきれないところがあります。ある程度伸ばしてあげるとタイムも出せますが、筋力強化のためにもう少し我慢の利いたキャンターで調教をおこなっていこうと思います。小柄な牝馬で現状だと逞しさより可愛さが勝っていますが、走ることへの気持ちが強いので乗り越えてくれると思います。 ノルマンディーファーム小野町 416kg

ラヴィネルージュ 3月ラヴィネルージュ
現在は馬場1周と坂路2本を16~18秒ペースのメニューで調整しています。折り合い面に関して進展が窺え、溜めの利いたキャンターがおこなえるようになってきました。先週、写真を撮影した際にも立ちポーズをあっさり決めることが出来たように、2歳馬にしては現時点で体幹がしっかりしている方だと思います。ここまで疲れた様子もなく、飼い葉も問題なく食べてくれるので、体を膨らませながら早期デビューへ向けて進めていければと考えています。ノルマンディーファーム小野町 436kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ナンナ
ジョイナスF:今週は2800mを25F程度で乗り出しています。レース後なので軽めの調整としました。 来週からはもう少しペースを上げていき、再来週ぐらいから15-15の調教を取り入れていく予定です。 前回いた時の馬体と比較すると少し物足りなく感じますが、飼い葉食いは問題ないので前回の様にふっくらさせていければと思います。 少し元気がなく、乗っていても大人しく感じるので気持ちの面での回復も促しながら調整していきます。 現在の馬体重487kg

ブロンテビーチ
LHN:先週末に獣医師の診断を受けた際の触診痛もなく、歩様も改善されてきたので懸念点は解消されて来ていると思います。今週まではトレッドミルで速歩から軽めのキャンター運動を行っており、今のところは歩様の違和感は見られません。 このまま経過を見ながら問題無いようであれば、負荷強度を上げて進めていく予定です。 体調自体は良好で皮膚感や毛艶は安定しています。
(ワラウカドより転載)

オルダージュ
26日(水)に坂路コースで4ハロン55.9-41.0-26.7-13.1を単走で馬ナリに追い切りました。「これまでと乗り手が違うため比較はできないものの、水曜の追い切りの感触としてはまだ息が本物でないとのこと。中山の3、4週目を考えているので、それまでにキッチリ仕上げられればと思います。今回は持久力の強化につながるようダートやWコースで意識的に長めにジックリと乗り込んでいくプランで調整中です。カリカリする様子も見られませんし、どこかが痛いということもないのでこのまま順調にペースアップしていければと思います」(青木孝文調教師)

ホーリーライン
★2/22(土)小倉・4歳上1勝クラス(芝1200m・牝)団野大成騎手 結果4着
「いつもより前目の位置で上手に走れていたんですけどね…ゴール前は僅差だっただけに、仕掛けをもうワンテンポ我慢していればという惜しい内容の競馬だったと思います。オーラスで小倉開催を走り切ったホリラですが、滞在効果からかこの短期間で精神面には大きく成長が窺える。美浦に戻ってからも飼い葉をそれなりにちゃんと食べれており、非常に落ち着いた様子が見受けられます。疲れもそれほど感じられませんし、中2週空けて3/15(日)中京・4歳上1勝クラス(芝1400m・混)に向かいましょう。鞍上は田辺に依頼しました」(矢野英一調教師)

カーヴィーレーザー
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(18秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き先週と同様のメニューでテンションを上げすぎないように進めているところです。ペースこそ上げていませんが量をしっかり乗っていますし、状態に関しては良いですよ。鈴木調教師から、明日29日(土)の検疫でトレセンに戻すと連絡が来ましたが、仕上がりやすい馬なので問題ありません。あとはトレセンでしっかり経験を積んでもらいましょう」(担当者)宇治田原優駿ステーブル 456kg

セレンディピア
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。トレッドミルでの運動開始後も大きな問題はなく、24日(月)からは騎乗しての調教へ移行しています。出だしの硬さはありますが、長めのダクを踏んでからキャンターへいくような形で対応しています。今後レースを使い込んでいけば、硬さが目立つようになってくるかもしれませんが、現状では支障はないため、このまま帰厩へ向けて調整を進めていきます。ノルマンディーファーム小野町 466kg

ルクシオン
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。今週も坂路主体のメニューをこなしながら、順調に進めることが出来ています。北海道では追い切りもおこなっていたこともあり、仕掛ければタイムを詰めていくことも可能でしょう。ただ、ハミのバランスや全体的な筋力面の成長も見込める現状で、ここで攻めすぎるのは今後のためにならないと思います。もうしばらくは16~18秒ぐらいのペースで乗り込み、体をつくっていく予定です。ノルマンディーファーム小野町 417kg

ゴールドルージュの18
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。今週も順調に乗り込めていますし、馬体重も増加傾向にあって、こちらが思っていた以上に頑張ってくれています。騎乗開始時は血統的にも気性的にも走ることに前向きすぎるところがありましたが、日に日に折り合いも付くようになっており、それほど心配する必要はなさそうです。引き続き同様のメニューで調整していく予定です。ノルマンディーファーム小野町 436kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ナンナ
もう1戦行くことを検討しておりましたが、乗り始めたところレース後の疲れの回復が少し遅いところもあって、一旦ジョイナスファームで調整しながら検討することとなりました。 馬体が細くなった感じも無いので明日よりジョイナスファームで乗り始める予定です。

ブロンテビーチ 2月ブロンテビーチ
LHN:継続している右膝蓋のケアは続けています。 軽く乗り出した後、歩様に違和感があり右股関節に軽い痛みがあるようでしたので電気針を施しています。 施術後は回復傾向ではありますが、まだ完調ではないので治療ケアを施し引き続き回復を促しています。 今週はマシン運動のみとなっており、週末の獣医師の再診まで経過を見ています。
(ワラウカドより転載)

2/23(日)東京3R 3歳未勝利 ダ1600m 内田博幸騎手で出走したナンナは、某新聞に◎〇の印が付く前評判も虚しく、11番人気の14着、優勝馬からは3.1差でした…。これで1アウト。

スタートはワンテンポ遅れた感じで、後方2番手辺りからの競馬となりました。この時点で今日は駄目かな…と思いました。結果このまま同じ位置取りでゴールした感じでしたね。厩舎の余裕があれば在厩で進めてもらいたいですが、この結果では無理のような気がします。本日はお疲れさまでした。

レース後コメントは転載不可なので載せられません。ただまだ全体的に馬が未熟なんだと思います。

オルダージュ
松風馬事センターで順調に調整され、19日(水)に帰厩しました。
「松風では首の硬さ、コリをとるように揉み針を施してもらい、状態が上向いてきているタイミングで帰厩させました。前向きな馬で頑張って走るところがあるので、その力みが首の硬さにも影響しているため、こちらに戻してからはリラックスしながら走らせるよう意識していいます。今回はこれまでの調整過程と少しパターンを変えてみながらというのも考えてみるつもりです」(青木孝文調教師)

カーヴィーレーザー
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(18秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も先週と同様の内容で乗り込んでいますが、基本的には落ち着きを保って進めることができています。ただ、他馬のアクションにはやはり敏感になってしまうところがあるので、その点は注意していきたいと思います。ペースアップはもう少し様子を見るつもりです」(担当者)宇治田原優駿ステーブル 459kg

セレンディピア
現在はウォーキングマシン1時間とトレッドミルで調整しています。19日(水)よりトレッドミルでの運動を開始しました。デビュー前から全体的な体の硬さを感じていましたが、レース後ということもあり、トレッドミル上での体の使い方もガチガチに見えます。これまで扱ったことのあるフレンチデピュティ産駒も同じような傾向があり、筋肉が疲労で硬くなりやすいところはセレンディピアも一緒のようです。まずはトレッドミルでジックリ時間を掛けて全身運動をおこない、筋肉疲労を取り除くことから始めていこうと考えています。ノルマンディーファーム小野町 463kg

シュアリーシーズ
19日(水)にCWコースで6ハロン83.2-68.2-54.7-40.1-13.0を単走で一杯に追い切りました。「交流競走は選出されなかったので、当初の予定通り2/23(祝)京都・3歳未勝利(ダ1400m)に向かうつもりでしたが、この条件が今週は一鞍しかないためか想定の段階で結構メンバーが揃った印象。前走が今までの中で一番いいレースだったので、もう一度この条件を試してみたい気持ちはあったのですが、相手がほとんど牡馬の中でここを使うメリットがあまり感じられず、クラブ側とも協議した結果、一週スライドして2/29(土)中京・3歳未勝利(ダ1400m・牝)に向かうことにしました。もちろん来週も相手関係は不確かなところがあるので、この選択が必ずしも正解というわけではないと思いますが、来週は中京、阪神でダ1400mの条件が4鞍あるので、メンバーもある程度バラけるはず。牝馬同士であれば、今のシュアリーシーズの状態なら相手関係次第では掲示板以上も期待できるのではないかと思っていての今週の回避。もう一つ、来週の牝馬限定戦であれば、前走で上手く乗ってくれた斎藤新を押さえられるというのも決め手のひとつです。中京は京都と違って直線に坂があるので、そういう部分も対応可能かどうかを判断してもらえれば、今後のレース選択がしやすくなるのではないかと考えています。今週出走するつもりでビッシリと追い切ったので、来週はサッとやってレースに臨むつもり。まだ馬場だとシュッと動き切れませんが、シュアリーシーズなりには良くなっています。体重も安定していますし、この状態でレースに臨めるようしっかりとキープしていきたいと思います」(吉村圭司調教師)

ルクシオン
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗開始後も問題なく乗れており、坂路2本を主体に馬の体力面と相談しながら日によって調教メニューを決めています。2歳のこの時期なので、まだ体幹もしっかりしておらず、ダク、キャンターともに頼りなさは残りますが、走ることに対してすごく真面目。乗り込んでいけば良くなってきそうです。今のところ飼い葉食いも良好で、疲れている様子もありませんが、オーバーワークにならないよう気を付けながら進めていきます。ノルマンディーファーム小野町 418kg

ゴールドルージュの18
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗開始後もここまで問題なく進めることが出来ています。いかにもゴッホ産駒の牝馬といった走りをする馬で、とにかく前へ前への気持ちが全面に出ています。同じ時期に来た2歳馬同士で走らせていますが、ひと際前進気勢の強さが見て取れます。ただ、馬体に未完成な部分も多く残しているため、早期デビューが目標ではありますが、気持ちと体のバランスも整えながら調教をおこなっていきたいと思います。ノルマンディーファーム小野町 433kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ナンナ
2/23(日)東京3R 3歳未勝利 ダ1600m 内田博幸騎手で出走。

ブロンテビーチ
LHN:現在はトレッドミルとキャンター2400mの騎乗運動を1日置きに交互に行っています。 膝蓋のケアを続けていますので、週末に診療と治療を予定しています。 若干トモに疲れを感じますが、それ以外で気になるところはありませんので、今週末の診察時に獣医師と相談して今後のメニューを決めていきます。
(YGGオーナーズクラブより転載)

このページのトップヘ