おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

カテゴリ: ワラウカド

スカイファルコン デビュー戦ワラウカド唯一の3歳出資馬、スカイファルコンが、残念ながら中央競馬引退(ファンド解散)となりました。今後はサラブレッドオークションで、他の馬主様に売却の運びとなるようです。

昨年9月に中山でデビューし、4か月に一戦のスパンで、全3戦して未勝利でした…。私的な意見ですが、所属厩舎が、スカイには少しハードルが高かったかなと思います。入厩前は、吉澤ステーブルでハードな調教にも疲れ知らずだったスカイでしたが、トレセンに入厩後は、一戦して負けて外厩行きと、連戦させてもらえず、レースで競馬を学ぶことが出来ませんでした。もう引退なので、次のことを考える必要も無くなりましたが、距離、芝適性、地方交流戦…など、試して欲しかったなと思います。

引退はとても残念ですが、スカイファルコンは頑張ってくれました。新しい進路先はまだ分かりませんが、スカイにとって良い方向に進んでくれたらと思います。ありがとう!スカイファルコン^^汗

カーヴィーレーザー 20190430カーヴィーレーザー
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。担当者は「やや時間がかかりましたが、ケイクン(繋部皮膚炎)は両前ともに治まりつつあるため、近日中には騎乗を再開できる見込みです。マシン運動だけでは体力をもて余しているようで、手入れの際も煩いくらいに元気いっぱい。体も太くなっていませんし、他に気になるところはありません」と話していました。 ノルマンディーファーム 462kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

全ては馬体の良さと、価格で選びました。父エイシンフラッシュという点も、ホーリーラインに続き、期待の念から出資の一因になっています。既に芝向きだとか、胴の長さなどから距離が延びて良いタイプとコメントされていて、牡馬でクラシックタイプの出資馬は、唯一、カーヴィーレーザーだけなので、何とか、どうにかして、3歳クラシック戦線に乗れれば…と、淡い期待を抱いております^^汗

ナンナ 20190419ナンナ
ワラウカド2歳馬&私の出資馬の中で、一番人気のアイドル馬だと思います^^汗 そのルックスもさることながら、既に父ゴールドシップくらいの馬格もあって、今後、徐々にペースを上げて仕上げていくようです。ナンナも目標は牝馬のクラシック路線。厩舎も国枝先生のところと申し分ありませんが、何せ人気厩舎ですので、ナンナの扱いがどんな感じになるのか?その辺が心配なところ。全然関係ありませんが、藤田菜七子騎手のナナコと名前が少し被るところがあるな…と思っているのは私だけ?^^汗

ブロンテビーチ 20190419ブロンテビーチ
まず、たくさんのPOG本に、写真付きで掲載されるとは思いませんでした。しかもファンタストクラブ代表としてですから、驚きです^^汗 しかし、好馬体のマーガレットリバーの半弟ですから、不思議なことではないのかも知れませんね。ただ不安な点があるとしたら、ワラウカド預託3年目&3頭目の加藤先生…。現在勝ち鞍無し。少し気難しさがある先生で、調教コメントはいつも厳しめ。スカイファルコンも先生にお願いしていますが、ダメ出しが怖いです。ブロンテビーチも同じ感じの進め方だと、ちょっと不安になります。まだ入厩は先の話になりますが、天候に左右されるあの外厩は使って欲しくないですね。
(写真はワラウカドより転載)

yggクワイエット
ムロタホーストレーニングにて放牧中で、舎飼いされている。歩かせると時折、爪のあたりを気にすることはあるが、状態はだいぶ良くなっている。日ごとに歩様のスムーズさが増してきている。飼葉食いも良好で、この調子なら来週からマシン運動を開始できそう。
(YGGオーナーズクラブより引用)

状態は良くなりましたが、やっとマシン運動からの再開…。ここから再入厩まで長い道のりです。まだ痛みの再発も可能性が無いとは言えないので、様子を見ながら徐々に…という感じでしょうから、とにかく、大事にしていって欲しいですね。クワイエットも一戦集中で、次のレースは望んでもらいたい。

ワラウカドの2歳馬二頭の馬名が、やっと、決まりました!^^

ナンナ
(ナンの2017)
北欧神話の女神の名前。母名より連想。

ブロンテビーチ
(オージーカンパニーの2017)
シドニーにある波が高くて強さが感じられるビーチ。母名より連想。

例によって、まだしっくり馴染んでいませんが、ナンナの方は、まんまナンなので、すぐ馴染むでしょう^^汗 ブロンテビーチも昨年決まった半兄と同様、母名に因んだオーストラリアの地名なので、響きはいいけど、ブロンテって調べると、イギリスの女流作家の姉妹ばかりがヒットして、マーガレットのように、女性っぽいんだよね…。まあ、こちらもすぐ馴染むでしょう^^汗

昨年は時間を掛け、いろいろ調べたりしてスカイファルコンの馬名を投票しましたが、結果、自分が応募したラプターは、人気が無かったようで選ばれませんでした^^汗

今年はもう既に投票しました^^汗 自分好みのこれだ!といった馬名がなく、何となく、強いて言えばこれだな…といった感じで選びましたが、どれが選ばれても、慣れてくれば違和感なくなじめると思います^^汗

オージーカンパニーの2017は上から2番目を選択。私の応募したのが「プラウドオブユー(貴方を誇りに思う)」という母馬への感謝の言葉を意味した馬名だったので、それに近いものを選びました。

ナンの2017は1番上の馬名を選択。私の応募したのが「ゴーイングナウ(行ってきます!)」で、母と父名から付けたので、同じような馬名を選択しました。

それにしても先が長い…。馬名決定予定の4/17までまだ半月以上もあるし…

案の定、今年も馬名候補発表の前日に運営のフライングメールがあり、選ばれた7つの候補を見ずに、自分の応募した馬名の落選を知りました…非常(非情)に残念です。もう今年から、ワラウカドでの出資は辞めますわ・・・。ちょっと私には合いません。。。

残るはYGGOCの8頭の出資馬たちだけ。だけというか、8頭もいる^^汗 候補に残れる確率は高いものの、私の出資口数は、ほぼオンリー1なので、投票ではかなり不利…。ここを逃すと結構ショックだな^^汗

このページのトップヘ