おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

カテゴリ: シルクホースクラブ

今年も楽しみな🐞CLUBの新規募集の時期が来ました!^^汗
2020年産募集馬はサラッと下記👇でつぶやきましたが、

新たに募集価格と予定厩舎が発表され、だいぶ考えが変わりました…。
しかし私の出資方針は変わらず、抽優馬は確実に出資出来る馬狙い。一般も人気薄の穴狙いで3頭GETを目標に挑戦したいと思います^^汗

抽優馬はネット競馬のアクセス数などを参考に、まだ発表されていない募集馬写真、動画、即尺も確認しないと全く分かりません…^^汗 現在発表されている情報だけで選ぶなら…ドレフォン牝馬、キタサン牝馬、モーリス牝馬など、選べる幅があるのですごく迷いますね^^汗 しかしあくまでも募集馬写真などが発表されてからの選択になります。

一般馬は、悲しくも不人気馬の中から発掘するといった感じになると思います。下位10頭くらいから2頭選ぶ予定です^^汗 今年は実績が0に近い2年目…。昨年よりも会員数や新規挑戦者が増え、ますます厳しいいばらの道となりそうです^^汗

本日7/4(日)福島5R 2歳新馬 芝1800m 戸崎圭太騎手騎乗で出走したヴァランシエンヌは9着と惨敗…。

危惧していたスタートはむしろ良かったし、番手につけた人気馬ウインピクシスの真後ろでマークも出来ていましたが、3コーナーのごちゃつきに行き場がなくなり、更に1番ナザレと接触して、後は何も出来なくなって流れのままゴールした感じでした…。

これといった敗因は新馬戦でもあり、私は全くもってチンプンカンプンで、運営のコメントが出てからになりますが、次走はもっと向上した走りを見せて欲しいですね^^汗 まずは無事にゴールしてくれたことに感謝です。本日はお疲れさまでした。。。

7/4(日)福島5R メイクデビュー福島〔芝1,800m・16頭〕9着[2人気]
まずまずのスタートから、好位集団の一角で流れに乗ります。残り600mからジワジワ押し上げていきますが、直線コースでは目立つほどの伸び脚は見られず、デビュー戦は9着でゴールしています。 西村真幸調教師「福島競馬場に到着した後も飼い葉はいつも通り食べていましたし、パドックから返し馬を終えるところまで概ね落ち着いていました。スタートがもう一つ速くないことから、ジョッキーにはそのことを伝えていましたが、出の反応はまずまずでしたし、その後も折り合って上手に走ってくれました。ただ、ペースが上がったあたりで同じように上がっていくことが出来ず、最後もジリジリとしか伸びてくれなかったですね。レース後、戸崎圭太騎手に確認したところ、『素直で操縦性が高く、乗り易い馬でした。ゲートも聞いていたより普通に出てくれましたし、その後も流れに乗ることが出来ました。ただ、勝負どころで他の馬が動き出すと、周りを気にして戸惑ってしまいました。適性云々と言うよりも、競馬が分かっていない感じでしたので、経験を積んで行けば素直な馬ですから走ってくると思います』とコメントしていました。調教では、併せていても気にすることなく集中して走ってくれていましたので、レースに行っても力を発揮してくれると期待していましたが、調教の雰囲気との違いから戸惑いが出てしまったのかもしれません。ジョッキーは悲観することはないと言っていましたし、経験を積んでしっかり走ってくれるように育てていきたいと思います。この後はトレセンに戻って状態を確認してからになりますが、一旦放牧に出して鍛えてもらう方向で考えています」
(7/5 シルクホースクラブより転載)

シュヴァーン
グリーンマイルトレーニングセンターにて調整中です。 牧場担当者「6月25日に3回目のショックウェーブを行いました。次回9日に歩様チェックをして、問題なければマシン運動からはじめていきます。現在はパドック放牧で調整しています。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

ジャスミンフローラ
26日(土)に函館競馬場(美浦・辻哲英厩舎)へ入厩しています。
(シルクホースクラブより転載)

シュヴァーンはまだまだ時間が掛かりそう…。ジャスミンフローラはまずはゲート試験合格がんばれ!

オルダージュ
20日(日)に坂路コースで4ハロン58.7-43.5-28.7-14.2を単走で馬ナリに追われ、23日(水)にはBコースで5ハロンから0.6秒追走し、3ハロンから併せて70.3-54.1-39.5-12.4を一杯に追い切りました。「今週はダートコースを使っての時計消化。相手は休み明けで久々ですし、もともと稽古からというタイプではありません。どちらも一杯の表記にはなっていますが、オルダージュは叩いてのものではなく手でプッシュして促しています。前半はゆっくり目で、終いはしっかり追ってというイメージ通りの調教ができました。来週に向けて順調にここまでこれていますよ」(青木孝文調教師)

ホーリーライン
★6/19(土)東京・相模湖特別(芝1400m・混)津村明秀騎手 結果9着
この後はトレセン近郊の松風馬事センターで調整することになり、24日(木)に移動しました。 「今回は450kgとデビューからの最高馬体重で出走できました。久々でも中身自体はできていましたし、数字はほぼ成長分と見ていいもの。状態の良さからも期待を持ってレースに臨んだのですが、道中の反応が鈍く、コーナーリングでのロスもあって最後は脚色が同じに。上手く立ち回れば権利は十分取れていた内容ですから、正直勿体なかったですね。レース後も脚元などに大きなダメージは見られないものの、背腰が若干張っているため、節稼ぎのイメージで1~2週だけ近郊に出させてください。ケアしてもらって回復を促し、なるべく早いタイミングで函館競馬場に運ぶスケジュールを組んでいきます」(矢野英一調教師)松風馬事センター

エストラテーガ
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18~20秒ペース、週2回は16~17秒ペース)のメニューで調整中です。ハミ受けは修正できましたし、こちらの指示を受け入れて走れるようになってきました。体は硬くなることなく安定した状態を保っていますし、この感じであればいつ声が掛かっても対応できそうです」(担当者)松風馬事センター 519kg

デクラーク
24日(木)に函館競馬場のWコースで4ハロン54.3-40.4-13.7を単走で直線強めに追い切りました。「雨で水分を含んだ重い馬場コンディションでしたので、追い切り時計は参考になりません。デクラ自身は余裕を持って走れていましたし、函館移動後も良い雰囲気のまま状態面は変わらずにきている。あとは節的にどこで適鞍を使えるかでしょうね。もちろん来週7/03(土)函館・3歳未勝利(芝1200m)からレースを使える態勢には整えておきます」(矢野英一調教師)

ヴィオマージュ
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18秒ペース)のメニューで調整中です。あれだけ大敗してしまった後なので、時間が経ってから何か出てきても嫌だなと思い、先週いっぱいはウォーキングマシンの運動にとどめて楽をさせましたが、何も問題なかったので今週から騎乗運動をおこなっています。運動開始後も反動は出てきませんし、このままネジを巻いていくつもりです」(担当者)松風馬事センター 496kg

ディナースタ
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m、坂路1本(20秒ペース)のメニューで調整中です。今週から坂路調教も取り入れて乗り込んでいますが、まだ緩さが残っていて、馬がしっかりしていないですね。その分まだ伸びしろを秘めていそう。パンとさせたいので、このまましっかりと負荷を掛けていきます」(担当者)ブルーステーブル 462kg

ルネッタ
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。調教の強度が高まってきたことで、飼い葉を食べるペースがやや遅くなってきていますし、馬体も少し寂しく映ります。そのため、もう少しの間は調教メニューにメリハリをつけるなどして、工夫しながら進めるつもり。この先の追い切り開始に向けての体づくりをおこなっていきます。ノルマンディーファーム小野町 414kg

ハートホイップ
23日(水)に函館競馬場のWコースで5ハロンから0.4秒追走して併せ、70.8-54.2-39.8-13.4を強めに追い切りました。「土曜日にこちらを出発し、翌日に無事に函館競馬場に到着しています。輸送熱などもなく極端に飼い食いが落ちるようなこともありませんし、向こうでの調教をスムーズに開始できました。一本目の動きとしてはまずまずで、あと数本は時計消化を重ねたい考えです。現時点では函館開催2週目をデビュー目標と定めていますので、そこに向けて徐々に態勢を整えていきましょう」(天間昭一調教師)

パンテレリア
現在は馬場2周と坂路1本を18~20秒ペースのメニューで調整しています。これまでの伸びきった体勢よりは幾分いいバランスで走れるようになってきました。ただ、まだハミとトモの繋がりに課題を残していて、体の割に力強い走りが出来ていないように感じられます。こちらの指示に対する反応がスムーズでないところもありますし、馬体にもっとメリハリが出てきて欲しいところなので、まだ時間を掛けてジックリ乗っていった方が良さそうです。ノルマンディーファーム小野町 485kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ハルモニア
佐賀・真島元徳厩舎にて調整中です。 今週のレースに出走予定とお伝えしておりましたが、レース編成の関係で出走は来週(7回佐賀開催7/3(土)7/4(日))を予定しております。
(YGGオーナーズクラブより転載)

アイレ
天栄担当者「その後は坂路コースでの負荷を強めており、現在はハロン15秒ペースのところをこなしています。やはり周囲の物事に対して敏感なところはあるものの、坂路では今のところ集中して走ることが出来ています。引き続き注意は必要ですが、この調子で乗り込んで鍛えていければと思います。馬体重は468㎏です」ノーザンファーム天栄

ジャスミンフローラ
担当者「この中間も引き続き速めのペースで乗り込んでいます。ペースが上がっても安定したリズムで坂路を登坂することが出来ていますし、力が付いてきましたね。成長を促す為に放牧を取り入れながら進めてきましたが、それがフィジカル面だけでなくて、精神的にも良い方へ作用していると思います。先日、辻調教師が本馬を確認されまして、『コンディションが良ければ、そろそろゲート試験だけでも受けておきたいです』と話されていましたので、明日の検疫で函館競馬場へ入厩することが決まりました」馬体重423kg ノーザンファーム早来
(シルクホースクラブより転載)

ブルーローズシップ
美浦・畠山厩舎にて調整中です。この中間は11日にウッドチップで併せ馬にて追い切られました。 畠山調教師「本日ウッドチップコースで3歳牡馬同士で併せ馬を行いました。時計の方が67.6-53.8-40.3-13.4という所で走ってきました。調教助手が跨って併せ馬の内側、馬場の真ん中より少し外目を通って、最後は少し乗り手が押すような形で併入してゴールしています。馬体の方は見た目にも太め感はなく、今週計測で452キロなので、競馬に使っている時と変わらないくらいなので、このまま飼い葉を食わし込みながら東京最終週を目標に進めて行きます。デビュー戦で5着に来ていますので、1600mダートで考えています

ビスバルト
園田・保利良平厩舎にて調整中です。6月10日(木)園田6Rに出走し4着でした。 保利調教師「レース後馬体に異常はありません。それで厩舎でミーティングもしたんですが、コンスタントに使っていますが、飼い葉も食べているので、7月に古馬と混合になる前にもう1戦使わせて頂いてから放牧に出させて頂こうと思います。もどかしい競馬が続いているので馬にも負担を掛けてしまっているかもしれませんが、今の3歳C1なら流れ一つで勝ち負けだと思います」
(YGGオーナーズクラブより転載)

ヴァランシエンヌ
調教主任「12日の検疫で帰厩することが決まりました。心身ともに幼さを残していますが、コンスタントに速い時計を出した後も疲れを見せることはなかったですし、動きも本数を積み重ねてピリッとしてきました。良い状態で送り出せそうなので、レースでも頑張ってもらいたいですね。馬体重は477kgです」 西村真幸調教師「態勢が整ったことから、12日の検疫でトレセンに戻すことにしました。帰厩後も問題なければ、来週から時計を出し始め、その後も順調に仕上がるようなら、7月4日の福島・芝1,800mでデビューさせたいと考えています。なお、鞍上は戸崎圭太騎手に依頼しています

アイレ
11日(金)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
(シルクホースクラブより転載)

ヴァランシエンヌのデビュー目標が決まりましたね^^汗 芝1800mとは意外や意外?!芝は分かりますが、もっと短いところかな…と思っていました^^汗 まぁ、やれる馬だと思っていますので、初戦から期待しています^^汗

このページのトップヘ