おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

カテゴリ: ノルマンディーオーナーズクラブ

その後更新された情報はありませんが、冷静に考えてみて、近年の競走馬の価格高騰を踏まえて、牡馬~2200万円くらいまで、牝馬~1700万円くらいまでという線を引いたところ、

ニシノマドカの20(父ダノンバラード 牡 1440万円)
フォーミーの20(父ディスクリートキャット 牡 1600万円)
ウィズアットレースの20(父マツリダゴッホ 牝 920万円)
ザッツザウェイの20(父ゴールドシップ 牝 1280万円)
シルヴァーコードの20(父ロージズインメイ 牝 960万円)
ピッツネイルの20(父ゴールドシップ 牝 1200万円)
フラワーロックの20(父ダンカーク 牝 1360万円)

このあたりが自分の狙い目になってくるのかな…と思います。ノルマン馬では、3歳クラシックを目指せる馬への出資は意欲的に考えず、欲しい馬に素直に出資する方向で考えています^^汗 ただ、シュヴァリエの20(父ダイワメジャー 牝 2360万円)とプラージュの20(父ルーラーシップ 牝 2280万円)は、3歳クラシックを目指せる馬だと思うので、とても気になる存在です…。ワンチャンがあるかも知れません^^汗

それと、今年は出資を見送る方向で考えていたYGG馬ですが、

クラリティーアイズの20(父オルフェーブル 牝 990万円)
トレサンセールの20(父オルフェーブル 牝 1100万円)
シンラバンショウの20(父リアルスティール 牡 990万円)
ラッキーガールの20(父コパノリッキー 牡 880万円)
ブエラの20(父ノボジャック 牡 550万円)

この中から2頭くらいは出資しようかな…と思っています^^汗 理由は破格の安さだからです!^^汗 まぁ、私の考えでは中央未勝利後の地方移籍は、全てが賛成って訳ではないのですがね…。

ノルマンディーOC ラインナップ

待ってました!ノルマンディーOC 2020年産 おそらく第1次募集のラインナップが発表されました!まだ字面のみになりますが、1番気になっているのはシュヴァリエの20(父ダイワメジャー 牝)。人気確実とあって1口59000円はかなりのお値段。それならセレクトセール出身で奥村豊厩舎に入厩予定のプラージュの20(父ルーラーシップ 牝)の1口57000円も…やはり高いなぁ…。フラワーロックの20(父ダンカーク 牝)も気になりますが、他にも気になる牝馬が数頭…。牡馬も1頭くらい出資したいんだよなぁ…。まぁ、字面だけでは到底決められませんわ^^汗

プリュムドール9着プリュムドール 9着本日9/19(日)中京11R ローズステークス(GⅡ牝 )芝2000m 武豊騎手騎乗で出走したプリュムドールは惜しくも9着…。この先行われる秋華賞(GⅠ牝)出走は叶いませんでした…。

武豊騎手は道中中団の内ラチ沿いをキープし、直線、内側の開いたスペースから進出して、差す競馬をイメージしていたと勝手に推測していますが^^汗、スローペースによる密集状態で思うような競馬が出来ず、それでもプリュムは最後の最後に伸び脚を見せ、根性のあるところを披露してくれました。

今回は展開に泣いたところが大きなネックでしたね。次走からまた条件戦に挑戦していくことになりますが、それも私は楽しみに思っています^^汗 本日はお疲れさまでした。また武豊騎手にはプリュムドールに騎乗してもらいたいですね^^汗 ありがとうございました。。。

★9/19(日)中京・ローズステークス(G2・芝2000m・牝)武豊騎手 結果9着
「いい結果とならずに申し訳ありませんでした。ただ、初めての重賞挑戦で、スムーズでないながらも上位とそこまで差はありませんでしたし、この馬も力があることが分かったのは収穫でした。武豊騎手は、『少しペースが遅くて、最後グッと一気にペースが上がった時にモタついてしまいました。それまでは最内の非常に良いポジションを取れたんですが、あまりにも急すぎるペースアップについていけなかったですね。その後もこの馬自身動けていますし、しっかり反応もしているのですが、直線の最後で斜行をされて前を塞がれたのが痛かったです。あれがなければ掲示板には来れていたと思います。調教の動きも悪くありませんでしたが、実戦に行って良いタイプですね。距離はもう少しあっても良さそうで、2勝クラスだったら全然勝負になる馬ですよ』と話していました」(奥村豊調教師)460kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)
E_o3TjtVQAIetdf

オルダージュ
15日(水)に坂路コースで4ハロン59.7-43.8-29.0-14.6を単走で馬ナリに追い切りました。「これまでは障害練習に専念してきましたが、いよいよ試験が迫ってきていますので、あらためて平地の力をつけるために時計消化も再開しています。今朝は伴を乗せての障害練習。試験で使用する障害物をひと通り確認したところ、大きい障害物は用心しながら飛んでいますね。ただ、拒否しているような感はないので、経験を積みながら自ずと解消されてくるはずです。予定通りに来週試験を受けます」(青木孝文調教師)

ホーリーライン
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。入場当初は、体が細くなっていて、メンタルもキリキリした状態でした。今週に入って大分落ち着いたので騎乗運動をおこなっていますが、乗り始めてからは体重が増加傾向。前々回の滞在時にしっかりキャパシティを広げた効果が出ているんだと思います。体も傷んでなさそうなので、徐々にペースアップを図っていくつもりです」(担当者)松風馬事センター 456kg

セレンディピア
本日17日(金)に松風馬事センターに移動しました。 「先程無事に到着しています。輸送熱なども今のところはありませんし、元気に飼い葉を食べています。出発時に470kgだった体重が10kg減っていますし、今週いっぱいは楽をさせる予定。歩様があまり良くないと聞いていましたが、今のところ問題なさそうです」(担当者)

デクラーク
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。今週から騎乗運動を始め、まだネジを巻くところまではきていませんが、かなり体重を増やしてくれました。通常量を乗り込む形の中で、こうしてすぐ増やしてきてくれているので、先方の受け入れが可能であれば短期スタンスで大丈夫だと思います。しっかりリフレッシュを図り、仕切り直せる態勢を整えていきます」(担当者)松風馬事センター 461kg

ヴィオマージュ
「本日9/17(金)4ハロンから時計を出して、57.7-40.9-27.1のところを馬ナリで追い切りました。いわゆる14-13ですが、スムーズな加速を見せてくれましたし、心肺機能も整っている印象を受けています。あとはメンタル面だけで、1~2本しっかりと追い切って気持ちを乗せていきたいですね。現時点では、14回園田開催前半(9/29~)の3日目、10/01(金)に1230m戦が組まれていますので、そこを目標にしたいと考えています」(飯田良弘調教師)

ディナースタ
「現在は角馬場でダクと、1100mの馬場をハッキングキャンターで3300m、坂路コースを1~2本(17~18秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。水曜日に4ハロン56秒くらいのところを消化しましたが、段々と感触が良くなってきました。まだトモが緩くて反応は遅いのですが、動き出すと長くいい脚を使うタイプ。先週お兄さんがいい勝ち方をしていましたし、本馬も良いものを持っていそうです。辻野調教師に、ほぼ態勢が整った旨を伝えたところ、『来週か再来週には戻したいと思います』との返答をもらっています」(担当者)チャンピオンヒルズ 476kg

パンテレリア
本日17日(金)にゲート試験を受験し、無事に合格しました。 「寄りつきから駐立、発馬に至るまで一連の流れを危なげなくこなし、今朝のゲート試験を一発合格してくれました。ここまでスムーズに調整を進めることができています。物覚えが良く賢いですし、慣れない環境でもテンションが上がり過ぎることもない。あとはまだ体がだいぶユルいので、速いペースに対応して動き切れるかどうかですね。来週1本追い切ってみてから今後のことを決めていきましょう」(林徹調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

シエルブルー
兵庫県のフォレストヒルにて放牧中です。 保利調教師「明日行く予定だったんですが、台風なので月曜日に見に行こうと思います」

ビスバルト
園田・保利良平厩舎にて調整中です。 保利調教師「すごい良くなってますよ。それで今番組を確認しに行ったら、今C2の130ポイントくらいで止まってるんですよ、中央下りの入ってくる所で。だけど、10/13~15の競馬まで待てばC3に落ちるみたいなんです。なのでそこまで待たせてもらおうと思っています。弱い所で勝った方が自信もつきますし、トントンと行く計算がつくので、ひょっとしたら3連勝出来るかもしれないですね。本当に馬が良くなりましたよ。休ませて良かったです。今日血液検査もしましたが数値も良くて、状態は良くなっていると思います。前回最後の方は疲れのピークでやってましたので。走れると思います。ポイント的にC3で勝つと100ポイントになって、C2の1番下に入るので、そうすると130ポイントになる中央下りとぶつからない可能性が高いので、連勝も可能なんじゃないかと思います。29日にゲート試験があるので、心臓温める程度にサーっと回ってこさせようと思います。状態は良くなっていて、これなら大丈夫だと思いますので任せて下さい」
(YGGオーナーズクラブより転載)

Exc__ARVcAA-xTW道営競馬に所属していたラヴィネルージュが、初勝利後に2戦して不振な成績が続き、この度ファンド解散、引退となりました。

年内にもう1勝挙げれば中央競馬に戻れるチャンスがありましたが、もし戻ったとしても良い結果は得られないだろうと判断し、早々の引退を決断したと思われます。賛否両論あると思いますが、私的にはこれで良かったと思っています。

通算成績は8戦1勝。2歳の早い時期から始動しましたが、残念ながら2歳6月に左前脚を剥離骨折…。デビュー戦は3歳3月末となり、藤田菜七子騎手騎乗で14着でした。中央では3戦して全て二桁着順。その後道営競馬に移籍し、移籍3戦目で4番人気ながら初勝利!このときは申し訳ないですがちょっと驚きました^^汗 ほんと、これまでお疲れさまでした。新しい場所でも元気いっぱいで頑張って欲しいですね。ありがとうございました。。。

★9/16(木)門別・3歳以上C4-2(ダ1000m)阿部龍騎手 結果7着
これまでの戦歴およびレース内容と経緯を踏まえて佐々木国明調教師と協議をおこなった結果、誠に残念ではございますが、ここで匿名組合契約を終了することといたしました。 なお、本馬は来週9月23日(木・祝)に開催されるサラブレッドオークションに出品する予定です。 出資会員の皆様には追って書面にてご連絡させていただきます。 ラヴィネルージュ号にお送りいただいたこれまでの温かいご声援、誠にありがとうございました。 「昨日は馬具を工夫した効果で、スタートして最初のうちは集中して走っていたのですが、途中で気持ちが切れてしまいました。今回も含めて勝ったレース以外は枠に恵まれず、上手く力を発揮することが出来なかった競馬もあったかもしれません。ただ、もうひとつ勝ち星をあげるには、レースぶりに進展が見られないことには厳しいのではないかと思い、このタイミングで判断させていただきました。結果を出せずに申し訳ありませんでした」(佐々木国明調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

このページのトップヘ