ノルマンディーオルダージュ
現在は馬場1周と坂路2本(上限22~23秒ペース)
のメニューで調整しています。
騎乗担当者は「左前の骨瘤が落ち着いてきたことから、
この中間よりウォーキングマシンと
トレッドミルでの運動を開始し、
その後も特に変わりないことから
26日(土)より騎乗を再開しています。
乗り出してからも患部の状態に変化は見られませんが、
念のためもうしばらくの間は様子見しながらジックリ進める方針です」
と話していました。 470kg
(ノルマンディーオーナズクラブより転載)
オルダージュ 20180531













初夏になり、馬体もグーンと見栄えが良くなりました。
骨瘤が落ち着き、軽めの調教から騎乗を再開しました。
小さなアクシデントが多いオルダージュなので、なかなか進捗が伸びませんが、
今はじっくりと焦らず進めていくしかないようです。我慢我慢、といったところでしょうか。

サゼラック
コメントなし

ホーリーライン
現在は馬場1周と坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。
担当者は「普段の調教でトモをしっかりと使わせることを意識しているため、
少しずつトモを深く踏み込めるようになってきました。
ただ、前に馬がいるとムキになって力みやすい。
我慢することを覚えさせながら折合いの面でも向上させたいと考えています」
と話していました。446kg
(ノルマンディーオーナズクラブより転載)
ホリーライン 20180531













ホーリーはだいぶ馬体重が増えましたね。とてもうれしいことです。
最新の写真も冬毛がすっかりなくなり、見栄えが良くなりました。
トモを使わせる調教は、瞬発力を引き出すことが狙いでしょうか。
ただ、まだ気性が幼く、我慢できず前に前にとムキになるようで、そこが課題のようですね。

エーシンヘラの16
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。
騎乗担当者は「溜まっていた疲れは抜けたようなので、この中間より騎乗を再開しました。
大柄な分まだトモも緩く、調教がキツくなると後躯を使わず、
ハミに頼ってしまうところがあるため、今はそれを改善しながら進めています。
トモをしっかり使って走れるように、もう少しの間は現状のペースで脚力強化を意識しながら、
ジックリと乗り込んでいきます。
力がついてくれば、今後が楽しみな馬です」と話していました。527kg 
(ノルマンディーオーナズクラブより転載)
エーシンヘラの2016 20180531













馬体重が更に増えてきましたね。
成長分だと思うので、良しなのでしょうが、あまり増え続き過ぎるのも厄介ですね。
最新の写真は、前駆が立派過ぎるほど良いのに対して、トモはコメント通り緩く見えます。
調教にて、前後バランスよく力を付けていけたらと思います。
裏を返せば、力がつかないと、今後の楽しみはありません。