オルダージュ
10日(日)にWコースで5ハロン74.1-57.8-42.7-14.3を単走で馬ナリに追われ、13日(水)にもWコースで5ハロンから1.2秒追走して併せ、68.1-52.7-38.6-12.2を強めに追い切りました。「ビシッとやっておきたいというジョッキーの意向にそった内容での時計消化。思い描いた通りにこなせていましたので、レース当該週はそこまで強くやる必要はないかもしれませんね。障害練習については火曜日におこない、角馬場の障害物でほぐしてからコースにある大きい障害物を2つ飛ばしています。さらなる飛越の確認が必要かどうかはジョッキーの感覚をもとに判断するつもりです。馬体重はここのところ488kgをずっとキープ。数字面だけでなく状態もいい意味で変わらずにこれていますよ」(青木孝文調教師)

ホーリーライン
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18秒ペース)のメニューで調整中です。先週見られた軽い疝痛症状はもう問題なく、順調に乗り込みをおこなえています。今週もネジを巻いていますが体を大きく減らしませんし、今本当に充実していますね。そろそろ帰厩の声が掛かると思うので、このまましっかり進めていきます」(担当者)松風馬事センター 470kg

セレンディピア
13日(水)に坂路コースで4ハロン56.8-42.0-27.9-14.1を単走で馬ナリに追い切りました。「水曜日に帰厩後1本目となる時計消化を行いました。若干前の捌きに硬さが感じられるものの、それも許容範囲で脚元は問題ありません。このまま進めていって大丈夫そうですね。乗り役からはまだ息遣いが相当重いと報告を受けているため、少し時間をかけてジックリ乗り込んでいきたいと思います。態勢が整い間に合うようならば5回新潟最終週のダ1200m戦に。そこがもし急仕上げとなる場合には、2回福島開催(11/06)にスライドする方向で検討させてください」(尾形和幸調教師)

デクラーク
「本日10/15(金)追い切りをおこないました。時計は4ハロンから56.0-41.2-27.8です。自厩舎では初めてですので、まずは馬ナリでしたが、スッと反応して加速していく様は本当に好感が持てますね。このまま順調に時計を詰めていって、16回園田開催(10/27~)での当地デビューを予定したいと思います。あとは、1200mか1400m戦のいずれにするかを検討していきましょう」(盛本信春調教師)西脇馬事公苑

ヴィオマージュ
「今朝10/15(金)強めで追って、4ハロン54.6-39.9-26.4の時計を出しています。及第点の内容ではありましたが、終い2ハロンがもう少しスパッとキレて欲しい印象を受けました。15回園田開催後半(10/20~)まで時間が残されていますので、万全を期してあと一本やりましょう。スムーズに力を出せば、巻き返すことが出来るはずですからね」(飯田良弘調教師)

ディナースタ
10日(日)に坂路コースで4ハロンから0.2秒追走して併せ、55.3-39.9-25.6-12.6を馬ナリに追われ、13日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.3秒追走して併せ、53.0-38.0-25.0-12.6を一杯に追い切りました。「相手関係などを考慮して、デビュー戦は阪神ではなく、10/23(土)東京・2歳新馬(芝2000m)に池添ジョッキーで予定しています。水曜日の1週前追い切りにも跨ってもらったところ『追い出してからの反応が少し遅れるところがあるのは、多分緩いせいでしょうね。ただ、背中とかフットワークはいいので、良くなってきそうな馬ですよ』と話していました。素材はいいモノを持っていると思うので、あとは成長しながら芯が入ってきてくれればといったところでしょう。今週ビッシリとやりましたし、来週は輸送もあるので、最終追い切りでどのくらいのところを乗るかは、馬体の仕上り具合と飼い葉食いを見て決めるつもりです」(辻野泰之調教師)

ルネッタ
現在は坂路3本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。まだ課題は残るものの、馬体重が440kg台に乗ってきましたし、移動当初と比べると動きにも良化が窺えることから、この中間は終い重点にハロン15秒ペースでの追い切りも試みています。もう少し全身を上手に使って動けるようになれば、ストライドをしっかり伸ばした走りに変わってくるはず。もっとトモも使えるよう、坂路主体に更に鍛えていく予定です。ノルマンディーファーム

ハートホイップ
現在は舎飼されています。こちらでの生活も1ヶ月が経ちましたが、馬房内では変わらずリラックスした様子で過ごしています。朝晩は気温がかなり下がるようになってきたため、体調管理にも気を配っていく予定です。オカダスタッド

パンテレリア
現在は馬場3周(ハッキング)のメニューで調整しています。脚元の疲れは解消されたようですし、体調も良さそうだったので、13日(水)から周回コースでの騎乗を開始しました。まだトモに緩さが残っていて、本格化するのは先のように感じられますが、全体的にだいぶ力がついた印象で、着実な成長が窺えます。あまり前脚が上がらない馬なので、坂路中心に鍛えていきます。ノルマンディーファーム小野町 501kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

フィーネ
佐賀・真島厩舎にて調整中です。 10月16日(土)佐賀3R 秋涼賞C2-22組 ダ1400m戦に山下騎手騎乗で出走いたします。
(YGGオーナーズクラブより転載)

アイレ
天栄担当者「予定通り今週から坂路コースでの乗り込みを開始しており、ハロン15秒を経て、現在はハロン14秒まで脚を伸ばしています。徐々にペースを上げていますが、脚取り的にはしっかりと対応できていますし、この調子でさらに負荷を強めていければと思います。馬体重は463㎏です」
(シルクホースクラブより転載)