Exc__ARVcAA-xTW道営競馬に所属していたラヴィネルージュが、初勝利後に2戦して不振な成績が続き、この度ファンド解散、引退となりました。

年内にもう1勝挙げれば中央競馬に戻れるチャンスがありましたが、もし戻ったとしても良い結果は得られないだろうと判断し、早々の引退を決断したと思われます。賛否両論あると思いますが、私的にはこれで良かったと思っています。

通算成績は8戦1勝。2歳の早い時期から始動しましたが、残念ながら2歳6月に左前脚を剥離骨折…。デビュー戦は3歳3月末となり、藤田菜七子騎手騎乗で14着でした。中央では3戦して全て二桁着順。その後道営競馬に移籍し、移籍3戦目で4番人気ながら初勝利!このときは申し訳ないですがちょっと驚きました^^汗 ほんと、これまでお疲れさまでした。新しい場所でも元気いっぱいで頑張って欲しいですね。ありがとうございました。。。

★9/16(木)門別・3歳以上C4-2(ダ1000m)阿部龍騎手 結果7着
これまでの戦歴およびレース内容と経緯を踏まえて佐々木国明調教師と協議をおこなった結果、誠に残念ではございますが、ここで匿名組合契約を終了することといたしました。 なお、本馬は来週9月23日(木・祝)に開催されるサラブレッドオークションに出品する予定です。 出資会員の皆様には追って書面にてご連絡させていただきます。 ラヴィネルージュ号にお送りいただいたこれまでの温かいご声援、誠にありがとうございました。 「昨日は馬具を工夫した効果で、スタートして最初のうちは集中して走っていたのですが、途中で気持ちが切れてしまいました。今回も含めて勝ったレース以外は枠に恵まれず、上手く力を発揮することが出来なかった競馬もあったかもしれません。ただ、もうひとつ勝ち星をあげるには、レースぶりに進展が見られないことには厳しいのではないかと思い、このタイミングで判断させていただきました。結果を出せずに申し訳ありませんでした」(佐々木国明調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)