ホーリーライン
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。前回こちらに滞在時に体を増やしたのがいい方に働いているようで、今回入場してからもすぐにフックラとしてきて、先週から15kg増やしています。体を戻す力が以前よりも高まってきていますね。馬場が悪くて攻められないこともあるので、体重を増やすことを念頭に置いて進めてきましたが、数字の裏付けもできたので、今後はピッチを上げていくことを検討しています」(担当者)松風馬事センター 469kg

プリュムドール
★6/27(日)阪神・3歳上1勝クラス(芝2200m)坂井瑠星騎手 結果:優勝
この後はトレセン近郊の吉澤ステーブルWESTで調整することになり、6月30日(水)に移動しました。 「先週はありがとうございました。内容が良かっただけではなく、いい結果も残してくれて、本当に良かったです。レース後は大きなダメージこそないものの、体温が少し高い状態。2歳時に連戦させた後も、熱が上がってなかなか下がらなかったように、あれから大分しっかりしてきたとはいえ、疲れでこういう症状が出るのだと思います。ただ、勝ってひと休みさせられるのは安心できますね。1~2週間は完全にリフレッシュさせて、問題なければそこから立ち上げていってもらうつもりです。暑い夏は無理をせずに育成場で過ごしてもらい、8月中旬から下旬にトレセンに戻して、9/19(日)中京・ローズステークス(G2・芝2000m・牝)を目指そうと考えています」(奥村豊調教師)

エストラテーガ
松風馬事センターで調整され、6月29日(火)に帰厩しました。 「時計消化再開に向けての下地作りとして、帰厩後は坂路、ダートにWコースと日によってコースを変えながら乗り込んでいます。少しばかり見た目に緩んでいるのが感じられますが、ゴツゴツした硬さもありませんし、これから本数を重ねて中身と共に作り上げていきましょう。明日、時計消化をおこなう予定です」(稲垣幸雄調教師)

ヴィオマージュ
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18秒ペース)のメニューで調整中です。総じて問題はないのですが、速いペースを織り交ぜてきたところ、右首には少し硬さが出てきました。そこまで気にするレベルではないので、このままこの調教を継続しながら対処療法を取って、乗り越えさせていこうと考えています。概ね安定して進められているので、このまま良化を促していきます」(担当者)松風馬事センター 495kg

ディナースタ
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m、坂路1~2本(18~20秒ペース、週に2回は15~17秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から調教進度を上げていて、速いペースも織り交ぜています。相変わらず緩さは残っていますが、乗り込むごとに良化が窺えるところ。このまま継続的に乗り込んでいきます」(担当者)ブルーステーブル 460kg

ルネッタ
現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。この中間も同様の調教メニューで進めていましたが、ここにきて動きに硬さが出てきました。肩の出が少しぎこちなく、馬体重も減少傾向にあるため、リフレッシュも兼ねて一旦楽をさせてみようと思います。歩様の良化と馬体の回復を待って、調教を再開する予定です。ノルマンディーファーム小野町 407kg

ハートホイップ
6月30日(水)に函館競馬場のWコースで5ハロンから1.4秒先行して併せ、69.0-53.6-39.5-12.8を一杯に追い切りました。「本番でも跨る泉谷騎手を背にして今週は時計消化をおこないました。最後はいっぱいになっていたようですが、道中の動きそのものは悪くありません。反動が出て飼い食いが上がるようなこともなく、変わりない様子を見せてくれています。今回がいい刺激となったはずなので、これでどれだけ吸収して上昇できるかでしょう。まずは予定通り来週を目標として意識しながら進めていきます」(天間昭一調教師)

パンテレリア
現在は馬場2周と坂路1本を18~20秒ペースのメニューで調整しています。まだ背腰がパンとしていない分、ハミに寄りかかるようにして走る傾向が強いです。トモを活発に動かして欲しいところですが、現状ではしっかり踏み込めていないですし、シャキッとしてくるにはもう少し時間が必要のようです。馬体はどんどんフックラしてきているように、体調は良さそうなので、このまま負荷を掛けて乗り込んでいきます。ノルマンディーファーム小野町 491kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ハルモニア
佐賀・真島元徳厩舎にて調整中です。 7月4日(日)佐賀1R 3歳-8組 ダ1300m戦に竹吉徹騎手騎乗で出走いたします。

ビスバルト
2日に茨城県のケイワンステーブルに放牧に出ました。
(YGGオーナーズクラブより転載)

アイレ
天栄担当者「今週の登坂回数は週2回と先週よりも減っていますが、ペースは終いハロン14秒まで上げています。精神面を考慮して慎重に負荷を強めるようにしていますが、今のところ変なところを見せていませんし、このまま体力強化を図りつつ乗り進めていきたいと思います。馬体重は470㎏です」
(シルクホースクラブより転載)

今週のJRA出走はオルダージュとヴァランシエンヌの2頭。ヴァランシエンヌはシルクHC出資馬のデビュー馬第一号^^汗 まぁ、正確には第一号では無いんですがね…^^汗 状態などの面から人気になりそうですが、まずは人馬ともに怪我しないように回ってきてくれたらと思います。同じドレフォン産駒のアイレも天栄で順調に進められていますね^^汗 こちらはメンタル面でナーバスなところがあるので、もう少し時間が掛かるのかな?と思います。