オルダージュ
「今週も引き続き淡々とダートコースを中心に乗り込んで調整中です。週末か来週から時計消化を再開するので、そこに向けての脚ならし。変にピリついたりということもなく、しっかりオンオフの切り替えができるので、こちらとしても調整しやすいんですよね。馬体重も490kgで大きな波なく状態を維持できていることが、数字からも感じ取っていただけるかと思います」(青木孝文調教師)

ホーリーライン
6日(日)に坂路コースで4ハロン60.0-41.8-26.3-12.5を単走で馬ナリに追われ、9日(水)にはWコースで5ハロン66.4-51.4-38.1-12.2を単走で強めに追い切りました。「いつも体と相談でメニューを決めてきたホーリーですが、今回は5ハロンから追い切っても460kg台から数字が減りません。久々でもトモのグダグダ感なく動けているし、これは良い傾向です。あとはまだ冬毛が残っている状態なので、もう少し体調面が上がってくればと期待しているところ。2勝クラスでも十分やれる力のある馬ですからね。来週6/19(土)東京・相模湖特別(芝1400m・混)を津村騎手で予定しています」(矢野英一調教師)

セレンディピア
★6/05(土)東京・3歳上1勝クラス(ダ1400m・混)木幡育也騎手 結果8着
この後は北海道・オカダスタッドで調整することになり、9日(水)に移動しました。 「芝部分からのスタートがやや苦手なためか、前半はダッシュが付かずに苦しい展開。それでも今回チーク着用で直線はモタれず真っ直ぐに走り、左回りもいくらか克服できたと思っています。レース後の状態も特に変わりありません。ただ、今年に入って6戦休まず頑張ってきたので、今夏は北海道でフル充電させてやりましょう。この機会に体を膨らませて、もうひと成長してくればとの狙いもある。秋の中山、新潟開催からまた使う予定でスケジュールを組んでいきます」(尾形和幸調教師)

エストラテーガ
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18~20秒ペース、週2回は16~17秒ペース)のメニューで調整中です。今週から時計消化を織り交ぜながら乗り込んでいます。順調にきていて感じは良いですよ。右の背中から、ひ腹にかけて少し皮膚病が出てきたのでケアをおこなっています。再来週あたりには帰厩となりそうな感じなので、このまま更なる良化を促していきます」(担当者)松風馬事センター 512kg

ラヴィネルージュ
9日(水)に北Cコースで6ハロンから0.7秒先行して併せ、82.9-68.1-53.5-39.2-13.2を馬ナリに追い切りました。「追ってからの反応がもう一つな印象はあったものの、それでも以前と比べて良くなってきているのは確かです。経験した分を吸収しています。飼い食いが細くなるようなことはなく、状態的にも安定していると言っていいでしょう。この後は札幌での出走を目指して現在動いているところで、上手くことが運べば来週現地に向けて出発できる見込みです。長距離輸送も考慮したメニューで進めていきましょう」(的場均調教師)

ディナースタ
この後は茨城県・ブルーステーブルで調整することになり、本日11日(金)に移動しました。 「輸送熱などもなく、無事に到着しています。まだ緩さが残っている感じがしますが、それだけ伸びしろも秘めていそうですし、ドゥラメンテ産駒ということで楽しみな馬ですね。そこまで輸送減りもなさそうですし、問題ないようなら来週には騎乗運動を開始するつもりです」(担当者)452kg

ルネッタ
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。調教には落ち着いて取り組んでいますが、キャンターの出だしの際にバランスを上手く保てていないように見受けられます。動きの移行時にも体勢を崩さないよう、ハミとトモを連動させて走らせることを覚えさせるのが現状の課題と言えそうです。飼い葉は食べていて体調は変わりなく良好なので、この後もしっかり鍛えていきたいと思います。ノルマンディーファーム小野町 424kg

ハートホイップ
「現在は馬場でダクとハッキングを4000m(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。ゲート試験を合格して、トレセンでも何本か時計を出したと聞いていますが、まだ少し力がないですし、体力不足といった感じが否めませんね。逆に言うと、これでよく時計が出ていたなとも思えますし、伸びしろはあるのではないでしょうか。脚元を含めて体はどこも問題ないので、このままどんどん乗り進めていきます」(担当者)須藤ステーブル 456kg

パンテレリア
現在は馬場3周(ハッキング)のメニューで調整しています。9日(水)より周回コースでの調教を開始しました。基本的におっとりしたタイプのようで、初日から落ち着いて走れていました。素直なので真っすぐ走れていますが、まだトモがしっかりしていないために背中を上手くは使えていません。これからどれだけ力をつけてきてくれるか、楽しみです。ノルマンディーファーム小野町 482kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ディナースタが脱北。ノルマン2歳出資馬は、これで全頭がトレセン近郊に滞在する運びとなりました。ただ、まだデビューまで程遠い馬が大半で、先は見えていません。まだ時期早しといった感じですね^^汗