5/23(日)新潟11R 韋駄天ステークス・ハンデ 芝1000m 丹内祐次騎手騎乗で出走したオルダージュは、1枠1番の不利な枠と、勝ち上がり初戦から格上相手に挑戦したのもあり、馬の力が全く敵いませんでした。

ここ最近はスタートもあまり良くないのですが、今回のレースは上手にスタート!しかし斜めに切り込むも前に行けず…。最内枠…それが影響しましたね。前走新潟千直で勝利したものの、勝因は外枠が有利したことが大きく、3勝クラスに上がりこれからは、上位に入線することが厳しいかも知れません…。まずは身の丈に合ったレースを選ぶことが大事になると思います。お疲れさまでした。。。

★5/23(日)新潟・韋駄天ステークス(芝1000m直・ハンデ)丹内祐次騎手 結果14着
「戦わずして敗れたような印象。前走もそうでしたが、そこまでいいスタートは切れないだろうし、他にも速いメンバーがいる中ですので、普通に出ても後方からになるだろうと見立てていました。そこから外を通ってどこまで伸びるかというような競馬をイメージしていましたが、一歩目出たことにより思っていたものとは違う競馬に。その中でロスのないように運んで手応えもあったものの伸びません。いい状態で送り出せただけに残念ではあります。ただ、悲観する必要はありません」(青木孝文調教師)488kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)