ホーリーライン
松風馬事センターで調整され、18日(火)に帰厩しました。 20日(木)に坂路コースで4ハロン55.2-39.2-25.4-12.4を単走で馬ナリに追い切りました。「アスファルトなど固い地面での歩様はまだ若干気にしつつも、いまのところ骨瘤の影響なく乗り進められています。ただ、坂路コースから追い切りをスタートさせているように、今回はジックリ慎重に中身を整えていく予定。滞在競馬で北海道開催を使うプランも検討はしていますが、まずは6/19(土)東京・相模湖特別(芝1400m・混)あたりの番組を目指せれば。体はこれまでになく膨らんでいますので、このシルエットをキープさせながら仕上げていきたいですね」(矢野英一調教師)

セレンディピア
★5/16(日)新潟・4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)杉原誠人騎手 結果4着
「右手前に替えてから頭の高いフォームに。まともならゴール前もっと際どい勝負になっていたはずですし、その点が勿体なかったですね。捌きに多少硬さは出てきたものの、レース後も元気いっぱいの様子。一旦放牧を考えていましたが、心身ともにまだ競馬を使っていける状態に映ります。権利行使してこのまま続戦するか、週明けまで様子を見てから判断させてください」(尾形和幸調教師)

プリュムドール
吉澤ステーブルWESTで調整され、本日21日(金)に帰厩しました。 「育成場から、『大分良くなってきました』との報告を受けていましたし、次走予定の6/12(土)中京・3歳未勝利(芝2000m・牝)から逆算して、今日こちらに戻しています。体重こそ大きな変動はないものの、毛艶が良く、体も張りのある状態。向こうでいいリフレッシュが図れた様子ですね。レースまではあと3週間あるので、来週から時計を出していくつもり。次走も川田将雅騎手が乗れるということなので、何とか決めたいと思っています」(奥村豊調教師)

エストラテーガ
★5/16(日)東京・3歳未勝利(ダ1400m)永野猛蔵騎手 結果14着
この後はトレセン近郊の須藤ステーブルで調整することになり、本日13日(木)に移動しました。 「レースを終えて、以前もそうだったように右トモを中心とした疲労が見られます。歩様もゴトゴトしていて硬さもありますので、まずはしっかりとほぐしていきながら疲れをとっていく必要があるでしょう。その後は脚元に気を配りながら、乗り込みを重ねて鍛えていきます」(稲垣幸雄調教師)

ラヴィネルージュ
「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター3000m(18~20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。ピッチを上げながら乗り込んでいます。硬さはまだありますが、それでもこの馬なりに順調と言っていい状態だと思います。昨日的場調教師が来場されて、『フックラしてきて体調も良さそうですね。そう遠くないうちに帰厩させるつもりです』と話していました。声が掛かるまでしっかり乗り込んでいきます」(担当者)ケイツーステーブル 456kg

デクラーク
★5/15(土)東京・3歳未勝利(芝1400m・混)岩田康誠騎手 結果5着
「直線坂のあるコースで距離も1400m。デクラにとって条件好転とはいかない中でよく頑張ってくれたと思います。とにかく最低限、権利を確保できたことは良かった。若干トモに疲れは残っているものの、レース後も大きなダメージは見られません。次走は6/12(土)札幌・3歳未勝利(芝1200m)を横山武史で。週明けどこかで札幌競馬場に移動させる予定です」(矢野英一調教師)

ヴィオマージュ
★5/16(日)新潟・3歳未勝利(ダ1200m)津村明秀騎手 結果2着
この後はトレセン近郊の松風馬事センターで調整することになり、19日(水)に移動しました。 「安定した内容で走れてはいるものの、どうしても最後に詰めが甘くなってしまう。2着続きで歯痒い思いをさせてしまっていることは重々承知。大変申し訳なく思っています。一旦近郊でケアしてもらい、また権利内に戻して競馬を使う予定。札幌開幕週(6/12.13)のダ1000m戦に向かうつもりです」(牧光二調教師)

ルネッタ
現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。輸送の疲れはそこまで感じさせませんでしたが、小柄な馬なので体をしっかり戻してから調教を開始したいと考えています。1週間が経ってだいぶ回復してきたようなので、近日中には周回コースでの騎乗へ移行する予定です。ノルマンディーファーム小野町 424kg

ハートホイップ
19日(水)にWコースで5ハロンから併せ、 71.6-56.2-42.3-14.8を強めに追い切りました。「ゲート試験を無事にパスして、今週からは時計消化を開始しました。パートナーもハートホイップと同じく初めての追い切り。最後は少し苦しそうにしていましたし、相手と比較するなら手応えはもう一つという印象でした。とはいっても一本目ですし、大事なのはこれからコンスタントに本数を重ねていけるかどうかです。今のところ飼い食いがガタっと落ちたりということはありませんが、週末の様子を見ながらあらためて判断していきましょう」(天間昭一調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ビスバルト2着ビスバルト2着本日5/21(金)園田9R 3歳C1一 ダ1400mに吉村智洋騎手騎乗で出走したビスバルトは、また悔しい2着…。

これで地方競馬は5戦して2着3回。先々中央競馬に戻って来れたとしても、厳しい結果となるでしょう。ただ、未だ相手が格下というのもありますが、ビスの善戦している姿を見ていると、もう少し応援してやりたい気持ちが多々あります^^汗 園田、姫路でどこまで頑張れるのか?引続き成長を見守りたいと思います^^汗 本日はお疲れさまでした。。。

5月21日(金)園田9R 3歳C1一 ダ1400m戦に出走し、2着でした。 保利調教師「勝ち運がなかったですね。勝ち馬はちょっと強かったかなと思いますが、吉村君が無理くりでも外に出してくれたから、良い競馬は出来たかなと思います。やっぱり今回も怯んでいたようで、ジョッキーは「あのまま馬込みにいたら進んで行かなかったと思います。」と言っていましたので、そこが課題ですね。今日はパシュファイアーを付けましたが、毎回今日のような競馬が出来るわけではないので。ジョッキーはもう一度乗せて下さいと言っていたので、一度乗って次はもっとこうしたいなとかがあるんだと思うので、また乗ってもらおうと思います。同じC1の前のレースの時計より1秒くらい速いので、ここは運がなかったです。詰めて使って今回体も減っていたので、次は中2週で行くと思います。治療をして、ケアをしながら次のレースに向かおうと思います。」

アイリーライフ
21日に美浦トレセン近郊のブルーステーブルに放牧に出ました。
(YGGオーナーズクラブより転載)

ヴァランシエンヌ
調教主任「この中間も同様のメニューで乗り運動を続けていますが、疲れを見せることもなく、順調に進められています。まだ全体的に緩さがあるものの、入場時より逞しくなってきましたし、この馬なりに成長していますよ。この調子で更に負荷を強めながらデビュー戦に備えていければと思っています。馬体重は461kgです」ノーザンファームしがらき
(シルクホースクラブより転載)