アイリーライフ
美浦・武井厩舎にて調整中です。 武井調教師「坂路で時計を出しました。3頭併せ併走2番手入線539-395-257-131終い強めです。今日はジャックオレンジとの追い切りだったので始めから併走で走らせました。そのため前半はかなり前向きで抑えるのに苦労しました。この時、いつもと逆にモタれる素振りを見せていて、この事を考えるとこの馬のモタれはハミ受けや体のバランスよりも精神面が大きいのかもしれません。途中からは併走状態を納得してきちんと折り合えていましたが、そのときはまっすぐ走れていました。終いは前半力んだ分少し疲れましたが、全体としては放牧での緩みは少なく直ぐに良い状態になると思います。道中の息遣い息の入りも悪くありません。馬体重は460kg、足元歩様は問題ありません。 中京1週目1400ダ牝を秋山騎手で予定しています。」

ドリーミングバードの192月ドリーミングバードの19
グリーンマイルトレーニングセンターで調整中です。 牧場担当者「引き続きマシン45分、並歩800m、ダグ800m、キャンター2400mというメニューをこなしています。やはりトモの力はまだ非力ではありますが、無理をしなければ進められますので、トモに疲れが出ないように馬の状態をよく確認しながら進めています。動いてる感じ、見た感じは随分としっかりしてきたようには感じます。」

マストバイアイテムの192月
マストバイアイテムの19
下河辺牧場で調整中です。 牧場担当者「屋内トラックコースでキャンターの後に坂路一本16-16を基本メニューに、2週に一度程度は坂路を2本にするなど、状態を見ながら負荷を強めています。これといって問題点もなく、順調ですね。気性面も現状は問題ないですし、調教負荷を上げるにつれて飼い葉の量も増やしていますが、しっかり食べてくれています。オーバーペースにならないように気を付けながら、坂路2本の日を増やすなど負荷を上げていきます。」

バアゼルザウバーの19 2月バアゼルザウバーの19
門別牧場で調整中です。 牧場担当者「調教は屋根付きトラックコースでダグ2000m、キャンター3000mで最後の一周をサッと伸ばすメニューを基本に、週に一回坂路を16、15くらいのペースで登っています。うちの牧場には坂路がないので、坂路の日は馬運車で運んでエクワインレーシングさんの坂路を借りて調教をしています。調教を進めるにつれてテンションのスイッチが入りやすくなってきているように感じますのでメンコを付けて調教するようにしています。体があるのでダートもこなせると思いますが、芝でやれそうなスピードを感じます。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

アイリーライフの中京競馬出走(予定)は、登録出来れば3/14(日)になると思います。いろいろ難題がありましたが、徐々に解明してきている?ようで、レースに万全の状態で出走出来るようになればと思います。ドリーミングバードの19の現状のトモの緩さは、焦らずじっくりと進めるのが良策。まだ2歳馬ですから、3歳の夏までに勝ってもらえれば…^^汗汗汗