セレンディピア
松風馬事センターで調整され、先週23日(土)に帰厩しました。
「帰厩後まだ時計は消化しておらず、ポックラポックラと乗り進めている段階です。若干緩んだ感じはありますが、前回の帰厩時に比べれば芯も入っていて動きはしっかりしている。捌きの硬さも許容範囲ですし、このまま問題なくペースを上げていけると思います。セレンは今週で6節ですから、なんとなく2/13(土)東京・4歳上1勝クラス(ダ1400m)には入りそうな出馬状況。小倉の芝やダートでも距離を延ばして使ってみたい考えもあるので、次走予定はもう少々お待ちください。週末から徐々にピッチを上げていくつもりです」(尾形和幸調教師)

プリュムドール
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、600mの坂路を2本(17秒ペース、週2本は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。今週から更にピッチを上げて乗り込んでいます。体調面に問題はなく、調教にもしっかりと対応できているのですが、相変わらず体重が増えてこないところ。体付きが少し寂しく映ります。体を増やせないところを見ると、本質的に良くなるのはもう少し先のような感じがします。声が掛かるまで、少しでも体重を増やせるように進めていきます」(担当者)吉澤ステーブルWEST 468㎏

ラヴィネルージュ
ノルマンディーファーム小野町で調整され、28日(木)に帰厩しました。
「小野町からの引継書にもあったように、見た目に細く映り、もう少しお腹周りに余裕があってもいいですよね。場所が変わったのもありテンションの高さも見せますし、落ち着いてくれば飼い葉も食べてくれるでしょう。乗り出してみて脚元も気になりませんし、まずはゲート試験合格に向けて進めていきます」(的場均調教師)

ヴィオマージュ
★1/24(日)中山・3歳未勝利(ダ1200m)木幡巧也騎手 結果2着
「好スタートから先手を主張したかったのですが、斤量が軽い分ダッシュ力に差が付いてしまった。前半絡まれたロスが最後に響いた格好となり、なんとも悔しい結果です。レース後も脚元含め特に変わりはないので、このまま続戦していきましょう。小倉ダ1000mという選択肢もなくはありませんが、輸送で丸一日かけて行き返りするリスクや馬にかかってくる負担を考えれば、このタイミングで無理させる必要はないと考えます。もう1ハロンまでなら距離延長も可と見ていますので、東京ダ1300~1400で勝負。次は決めれるようにしっかりと調整していきます」(牧光二調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ドリーミングバードの19 1月ドリーミングバードの19
グリーンマイルトレーニングセンターで調整中です。 牧場担当者「現在はマシン45分の後に並歩800m、ダグ800m、キャンター1600mのメニューをこなしています。相変わらずトモが緩いですね。今は屋内馬場で調教をしていますが、真っすぐ走る分には良いんですが、コーナーを曲がる時にもたれて行くような所があります。あまりペースを上げると走りがバラバラになりそうですし、休ませたからといって良くなるものでもないので、馬の状態を見ながら調教を進めている感じです。馬体の成長待ちですね。」

マストバイアイテムの19 1月マストバイアイテムの19
下河辺牧場で調整中です。 牧場担当者「屋内馬場で1800mを基本に、週3回はその後に坂路に入れています。坂路は16秒ペースです。年末年始を除くと先月からずっと休みなく坂路に週3回入れてきて、体も少し絞れてきたので、この後は3日~5日くらいリフレッシュ期間を設ける予定です。そこでまた馬体を回復させてから調教を進めて行きます。坂路のペースはすぐに上げられる状態ですが、今は16秒を切るくらいを上限に、これくらいのペースを基礎にして2月もしっかり乗っていきたいと思います。この世代から例年よりもペースを上げて攻めているんですが順調に進められています。前向きさは出てきていますし、今の所扱いやすくて良い子ですが、これからだんだん煩くなってきそうな雰囲気もありますので、前向きさを大事にしながら進めて行きたいと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

怪我で長期休養をしていたラヴィネルージュが再入厩。これで残るはフィーネだけとなりました。追いつけ追い越せ^^汗 ドリーミングバードの19のコメントが気掛かり…。あまりにもトモが弱いような気がする。まぁ、調教あるのみなので、気長に待ってみましょう^^汗