ノルマンディーオルダージュ
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2500~3000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。もっと疲れがあるのかと思っていましたが、そこまで疲れもないので、通常メニューで乗り出しています。体調も良さそうで体重は入場後から10kg増えていますし、緩ませないようにこのままペースアップを図っていくつもりです」(担当者)NSR 480kg

ホーリーライン
27日(金)にWコースで4ハロン54.6-39.3-13.1を単走で馬ナリに追い切りました。「飼い葉を食べたり食べなかったりと日によって波はあるのですが、状態面は特に変わらずきています。今朝の追い切りの動きも軽快で良かったですよ。来週12/05(土)中京・3歳上1勝クラス(芝1400m)を菅原明良で予定。前走を叩いて息持ちも違ってくるでしょうから、なるべく体を維持させてレースに臨みたいと思います」(矢野英一調教師)

シュアリーシーズ
「右前球節部にあった熱感が引いて、小康状態を保っています。この中間は長めのキャンターを順調に乗り込めていることから、次走は12/02(水)笠松・初霜賞 C14特選(ロ)(ダ1400m)に向かうことにしました。追い切りは明日11/28(土)におこなう予定ですが、あまりビッシリとは追わず、長めから入って、終い3ハロン15-15-14程度でサッと流すつもりです。力を出せる状態に持っていけると思いますし、移籍後2連勝を期待しています」(井上孝彦調教師)

セレンディピア
26日(木)に坂路コースで4ハロン54.2-39.6-25.9-12.7を単走で強めに追い切りました。「乗り進めていくうちに四肢の浮腫みはだいぶスッキリしてきました。内面の疲れからくるものだったと思いますが、今はもう心配要りません。ただ、速めの追い切りをあと2~3本は消化したいと考えているため、来週の投票は見送らせてください。稽古の動きを見ていても、このクラスで頭打ちするような馬ではないはずです。態勢をキッチリ整えて、12/20(日)中山・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)に向かいます」(尾形和幸調教師)

プリュムドール
★11/23(祝)阪神・2歳未勝利(芝1800m・牝)藤岡康太騎手 結果3着
「前々走でいい走りを見せてくれましたが、今回もメンバーが揃っていたのでどこまでやれるか半信半疑でしたが、いいレースを見せてくれましたね。前との差も詰めてきましたし、着実に力を付けていると思います。とは言っても、もっとしっかりしてきてほしい部分はありますし、今回のレースは少し堪えたのか、レース後は結構疲れている様子。翌日からの体温が38.8度くらいと高い状態で、咳や鼻水も出ていたため、昨日の午後に内視鏡で覗いてもらいました。気管は荒れておらず、肺炎の症状もありませんでしたが、喉の炎症が強いとのこと。ここまで軽めの曳き運動などをおこないながら様子を見ていましたが、なかなか良くならなかったので、今日から舎飼で回復を促しています。まずは良化を待つ予定で、おそらくここで一旦一息入れることになると思いますが、もう少し厩舎に置いて見させてください。今後もっと良くなる馬なので、大事にしていきたいと思っています」(奥村豊調教師)

ルクシオン
「この中間は福島戦の疲労回復に重点を置いたメニューで調整。角馬場で時間を掛けてじっくりと乗り込んいます。前走から2週間弱が経過したことで、リラックスした雰囲気になっていますね。飼い葉も通常の量を食べていますので、馬体重も戻ってきていますよ。11/29(日)に坂路入りし、15-15を少し切る程度の時計でサッと追い切る予定にしています。それをキッカケに、12/13(日)阪神・阪神ジュベナイルフィリーズ(G1・芝1600m・牝)への出走モードに切り替えですね」(河内洋調教師)

エストラテーガ
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も脚元は落ち着いていて、いい乗り込みができています。まだ大味なところはありますが、緩さを払拭するための調教はしっかりおこなっています。引き続き障害用角馬場でフラットワークもおこなっていますし、このまま体力強化を図っていきます」(担当者)松風馬事センター 524kg

デクラーク
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。ソエの状態はチクチクしたりすることなく反動もないので、今週から通常メニューで進めています。体もフックラとしてきていい状態をキープしています。このままペースを上げていくつもりです。矢野調教師に今週の状態を報告したところ、もう少ししたら帰厩候補として考えるとの返事をもらっています」(担当者)松風馬事センター 473kg

ヴィオマージュ
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。左前の骨瘤は、まだ経過観察をしているもののおそらくもう大丈夫なことから、この中間よりペースを戻して進めています。この分であれば、やはりそう時間は掛からず帰厩に向けて態勢を整えていけそう。急に声が掛かっても良いよう、しっかり準備を進めていきます」(担当者)松風馬事センター 502kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ノルマン組はまずまず順調。シュアリーシーズが年内2勝に向け、意気込みが伝わりますね。ホリラもそろそろオルダージュに続いてくれたら…と思います。もし2勝クラスに上がると同じレースで対戦…?なんてこともあるかも知れませんね^^汗 プリュムドールは疲れから風邪でも引いたのかな?早く良くなるといいですね。