7/26(日)札幌2R 3歳未勝利 ダ1000m戦に柴山騎手騎乗で出走した命名馬エメラルディは、やや出遅れ気味で中団から競馬をし、3~4コーナーから最後の直線に懸けますが、直線は伸びず失速、結果9着に終わりました…。おそらくあっても残るは1走だけ…。最後の直線は、どうしても諦めて失速してしまうようで、これがどうにかならないと難しいような気がします。本日はお疲れさまでした。。。

7月26日(日)札幌2R 3歳未勝利 ダ1000m戦に出走し9着でした。
勢司調教師「良い結果を出せずすみません。道中は上位にきそうなポジションにいたのですが、今回も最後失速してしまうような形でしたね。柴山騎手は「道中もう少し前に付けようと思えば付けられそうなくらい先行力はあるんだけど、最後止まってしまうのはメンタル面なのかもしれない」と話していました。今回はチークピーシーズをつけて出走しましたが、最後自分から走るのをやめてしまう所があるのかもしれません。今回は仕上がりも良くて、銭形も出て毛ヅヤも良かったですし、次に繋がる競馬をしてくれたらと思っていたのですが。条件については距離はこれくらいが丁度良いんじゃないかという事と、芝の短距離のスピードに対応出来るかというと「う~ん」という事だったので、次も同じ条件が良いかもしれません。レース後の様子は今の所問題なさそうなので、馬の状態を見て次のレースに向かいたいと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)