ニーズヘッグ 2着ニーズヘッグ2着本日5/31(日)東京5R 3歳1勝クラス ダ1600m戦に横山和生騎手騎乗で出走したニーズヘッグは、ゴール寸前最後の最後に8番人気のサンダーブリッツに差され、本当に惜しい2着。でも強かった…。

大外枠だったので、ゲート入り後すぐにスタート。若干頭が上がりましたが、問題なく発走しました^^汗 道中3~4番手に付け、直線先頭を行く9番ファイアランスを捉えて先にゴールしますが、それを更に狙っていた穴馬サンダーブリッツ騎乗の横山典弘騎手が、外から1着をかっさらっていきました。

上位人気馬を牝馬のニーズヘッグがなぎ倒したかたちのレース内容でしたが、今回は和生騎手の父、典弘騎手にしてやったりです^^汗 次走は私も出走を予想していた、東京3歳上1勝クラスの牝馬限定戦を予定。初めての古馬との対戦になりますが、問題ないと見ています。本日はお疲れさまでした。。。

5月31日(日)東京5R 3歳1勝クラス ダ1600m戦に出走。 馬体重は前走からマイナス2キロの478キロ。 レースは、横山和生騎手騎乗で16頭立て8枠16番からの発走。五分のスタートを切ると7番手のポジションに。道中は馬なりのままポジションを上げ4番手を追走。徐々に仕掛けられながら4コーナーを回ります。直線に向いて追い出されると一完歩毎に逃げ馬との差を詰め、ゴール直前交わした所を更に外から勝ち馬に交わされて2着でゴールしています。 小野調教師「勝ち切りたかったですね。勝ち馬に後ろでぴったりマークされてしまいました。でもニーズヘッグは本当にタフで、頑張ってくれています。馬の状態を確認してからですが、次走は6月28日の東京の牝馬限定を目標にしたいと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)