オルダージュ
☆3/20(祝)中山 4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)石橋脩騎手
17日(火)に坂路コースで4ハロン54.0-39.7-26.1-12.9を強目に追い切りました。「先週は併せ馬で気持ちを乗せておいたので、今週はやり過ぎないように意識して少し促す程度で終えています。動き自体悪くありませんし、脚元だったりに気になる点はなし。毛ヅヤの良さというのも変わらずですので、力を出せる状態にあると言えます。今夜の雨予報が気になるところではありますが、できることならクッションのきいた馬場で走らせたいですね。最内枠ですしこれは行くしかありません」(青木孝文調教師)

レース結果は先に書いたよう2着と好成績でした^^汗 1日遅れましたが、近況コメントを掲載しておきます。

ホーリーライン
★3/15(日)中京・4歳上1勝クラス(芝1400m・混)田辺裕信騎手 結果8着
この後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整することになり、本日19日(木)に移動しました。 「中京までの輸送を無事こなし、馬体重はほぼ前走と変わらずで出走。好位で脚を溜められ直線を向いた時には勝ちを意識したものの、最後ゴール前で甘くなってしまいました。田辺からは『距離を詰めたほうが良さそう』との進言はありましたが、本質的にはこの1400mくらいの距離がホリラにとって最適と思っている。一旦休養を挟み、東京もしくは新潟開催の番組に向かいたいと考えています」(矢野英一調教師)

カーヴィーレーザー
3/21(土)阪神 3歳未勝利(ダ1400m・混)亀田温心騎手
15日(日)に坂路コースで4ハロン55.7-41.0-27.1-14.0を単走で馬ナリに追われ、18日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.3秒先行して併せ、54.2-39.3-25.5-12.9を一杯に追い切りました。「本数を重ねる毎に時計をつめています。追ってからスムーズにギアを上げられるといいのですが、そこが上手くいかないのは体の使い方がまだしっくりしきれてないからというのが大きいように感じます。入厩当初からの課題ですので少しでも形になってほしいと思って継続して取り組んでいるところ。テンションについては高いなりに安定していると言いましょうか、ゲートと同じようにコツをつかんでコントロールできています。今回は減量騎手を起用していますので、積極的に前に行ってもらうつもりです」(鈴木孝志調教師)

カーヴィーは明日が出走日。亀田騎手は今年すでに10勝以上を挙げているので、減量騎手という点でも心強いのですが、ルミリンナの笠松での最下位が心に残っていて、それが少し心配…^^汗

セレンディピア
現在は舎飼されています。14日(土)朝の騎乗後の手入れの際に、左トモ蹄球に裂傷を確認したため、すぐに治療を施しました。その後は舎飼にとどめて様子見しています。調教中に引っ掛けたと思われますが、幸い出血が少なく、翌15日(日)も患部が大きく腫れることはありませんでした。ただ、調教再開は傷口が乾いてからの方が良さそうなので、それまでは無理をさせない予定です。ノルマンディーファーム小野町 481kg 

こういうアクシデントは、細心の注意を払って無くすようして下さいね。。。

シュアリーシーズ
★3/14(土)阪神・3歳未勝利(ダ1400m)幸英明騎手 結果8着
この後はトレセン近郊のグリーンウッドトレーニングで調整することになり、18日(水)に移動しました。 「スタートが良かったこともあり、想定していた通りのレースができたと思います。ただ、溜めたからといってビュッとした脚が使える馬ではないですし、ある程度出していくと終いがなくなってしまうので戦法が難しいところ。今回のレースも踏まえて、改めて芝とダートどちらが良いという話になるかと思いますが、現状ではそういう問題よりも、道中でギアが上がらないことが課題だと考えています。新馬戦の時も一見伸びそうな感じはありましたが、脚があれば前には入られないはず。今回にしても上位に来た馬は前にいた馬ですし、シュアリーシーズ自身に力があればもっと上の着順に来ているはずなので、現状では力を出せていると思います。厳しい言い方になってしまいましたが、今後暖かくなってくれば良くなる馬だと思っていますし、現状でも筋肉量は増えて着実に成長していますよ。レースぶりも着実に良くなっているので、このままダートで経験を重ねていけば夏頃にはチャンスが来るのではないかと見ています。ただ、再度芝のレースを試すことも考えているところ。状態次第になりますが、2回阪神開催(3/28~)での出走を予定しています」(吉村圭司調教師)

遠回しですが、現状のシュアリーシーズの力量を示唆していますね。未勝利戦が無くなる夏までに…長い道のりとなりそうです。

ルクシオン
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。先週末に3頭併せで追い切りをおこなったところ、他馬に怯むようなこともなく最後までしっかり登坂できていました。息の入りなどはまだここから良化してくると思いますし、今後は週に2回の追い切りを織り交ぜながら進めていく予定です。ここまで順調にペースを上げてきましたが、脚元、体調面ともに不安な点はなく、コンスタントに速めを消化しながら身が詰まってくれば、気温の上昇に伴い馬体面がかなり変わってきそうな印象です。ノルマンディーファーム小野町 418kg

ラヴィネルージュ
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。先週末に15秒ペースでの追い切りをおこなったところ、タイム的には問題なくこなせていました。ただ、ゴッホ産駒らしい頭の高い走法なので、更に速いところを求めた時にサッと反応できるかと言えば、現状難しそうなところもあるため、引き続きその辺りの改善を図っていきたいと思います。周回コース、坂路コースともに力みは取れてきているので、首や背中の筋肉をもう少し上手く使えるようなイメージでしっかり乗り込んでいきます。ノルマンディーファーム小野町 423kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ナンナ20200320ナンナ
ジョイナスF:本日金曜日よりキャンター3500mの内、半マイルを15-15の調教を取り入れています。火曜は少し早めのペースで調整し、他の日は3500mを20-18で乗り込んでいます。来週からは半マイルを55秒で行う予定です。 前回いた時から柔らかい走りをするいい馬だと思いましたが、15-15から更に早いペースにもって行った時に物足りなさを感じるところがありますので、しっかりと乗り込んで強化したいと思います。
※本日、ハリーとクラブスタッフがナンナの状態を確認してきました。 状態は良さそうなので、更に調子を上げていけるようお願いしてきました。

う~ん、、、期待していただけに今後どうなるのでしょうかね???

ブロンテビーチ20200320ブロンテビーチ
LHN:右トモの状態は良くなってきていますがまだ少し違和感があり、完全な状態と判断しきれないため、トレッドミルでの調整を続けております。
※本日、ハリーとクラブスタッフがブロンテビーチの状態を確認してきました。 歩様に問題は見られないのですが、速歩になるとまだぎこちないところがあり、右膝蓋が影響していると思われます。この状態は完治させるのに時間がかかる可能性があるので、週明けにハリーが本馬について加藤調教師と本馬の今後の育成方針について話をする予定でおります。 本馬の治療と調教を北海道に引き上げてハリーの近くで行い、しっかり立て直しを進めていったところで北海道開催での復帰を目指すことも一つの選択肢として話し合いを進めて参ります。
(ワラウカドより転載)

ブロンテも怪我の状態がなかなか良くなりませんね…。北海道に戻すことが最善の方法なのか?私はどうなのか分かりませんが、先々はファンド続行で地方競馬に移籍というプランだけは、私としては反対なんですがね…。