ブーケドロゼブルーの18 2月ブーケドロゼブルーの18
北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。屋内ダートコース1600m~2000mのキャンター、週2回、屋内坂路コース800mで1ハロン15秒程度のキャンター1本を中心に調整しています。 牧場担当者「理想を言えばもう10キロくらい馬体重が欲しいですが、単走や併せ馬でコンスタントに15-15を乗りながら馬体重が増加傾向なのはいいですね。さらに増えてくれるともっと馬が良くなると思います。若干テンションが高いところは見受けられますが、心配するほどではありません。脚元もスッキリしていて、いい状態で調教を積めています」165/183/20/457kg

ハンドオブフェイトの18 2月ハンドオブフェイトの18
北海道・日高のグリーンマイルトレーニングセンターにて育成中です。ダク800m、キャンター2400mを中心に調整しています。 牧場担当者「現在は屋内馬場でのキャンターが中心です。現状はトモの甘さを多少感じますが特に問題視する程ではありません。調教にも素直に取り組んでいますし、これまで順調に進められてきました。3月中には屋外馬場も使えるようになるので、それまでは屋内でじっくりと乗り込みを継続していきます」159/181/19.5/450kg
アガサの18 2月
アガサの18
美浦トレセン近郊の阿見トレーニングセンター内・チェスナットファームにて育成中です。ダク1800m、1ハロン17秒程度のキャンター2400mを中心に調整しています。 牧場担当者「北海道から移動してきて環境に慣らしていましたが、今週から他の2歳馬と一緒に馬場で乗り始めました。やっぱり少し神経質なところはあるようですね。輸送と環境の変化で馬体重は減っていますが、飼葉は食べられるようになってきていますし、これから増えてくると思います」160/181/20/432kg

ボムシェルの18 2月ボムシェルの18
群馬県の矢沼ステーブルにて育成中です。ダク1200m、1ハロン18~22秒のキャンター3000mを中心に調整しています。 牧場担当者「この中間はペースは変えていませんが、少し距離を伸ばして乗り込んでいます。3月に入ったらタイミングを見てハロン15秒の調教も始めていきたいと思っています。調教は問題なくこなしていますが、馬体重がほとんど増えていないのは気になりますね。ただこれがこの馬の体型なのかもしれませんし、馬体が大きくても動けない馬はいますからね。小粒ですが、短い距離で負けず嫌いなところを生かせれば面白いところはあると思います」155/172/18.5/380kg

ブルーフェアプレーの18 2月ブルーフェアプレーの18
北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。屋内ダートコース1600m~2000mのキャンター、週2回、屋内坂路コース800mで1ハロン15秒程度のキャンター1本を中心に調整しています。 牧場担当者「420キロ足らずでこちらに移動してきて、現在は458キロ。タフな調教をこなしながら牝馬でこれだけ馬体重が増える馬はあまりいないですね。ネオユニヴァースの牝馬にしては馬格がありますし、少しテンションが高いところはありますが問題ないレベルです。脚元もすっきりしていて、かなり順調に乗り込みが進められています」163/183/20/458kg

ブルーインザスカイの18 2月ブルーインザスカイの18
北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。屋内ダートコース1600m~2000mのキャンター、週2回、屋内坂路コース800mで1ハロン15秒程度のキャンター1本を中心に調整しています。 牧場担当者「15-15でしっかり負荷を掛ける中でも、馬体重を減らすことなく乗り込みを続けられるのは頼もしいところですね。坂路で乗っているときには感じさせないのですが、最近の歩様を見ているとトモに疲れが溜まってきたのを感じます。このあたりで一度、針治療などで疲れを取ってあげてもいいかもしれません」154/182/20/462kg

シーユーサンデーの18 2月シーユーサンデーの18
北海道・浦河の森本スティーブルにて育成中です。BTCで1ハロン23~24秒のキャンター3000m、週2回坂路コースで1ハロン15秒のキャンター2本を中心に調整しています。 牧場担当者「坂路で馬の動きによっては終い13秒くらいまでやっています。メニューは変わりありませんが、ハードな内容を継続して続けられています。その中で動きの安定性などが向上し、質は上がってきていると思います。飼葉喰いも問題ないですね。馬体重はそれほど変わりませんが、トレーニングでしっかり動けているので筋肉がついて、脂肪が落ちて引き締まった馬体になってきていますね」156/175/19.5/446kg

サトノアスカの18 2月サトノアスカの18
北海道・浦河の森本スティーブルにて育成中です。BTCで1ハロン23~24秒のキャンター3000m、週2回坂路コースで1ハロン15秒のキャンター2本を中心に調整しています。 牧場担当者「しっかりと強めのトレーニングを消化しています。走る気持ちの面でもそうですが、体力的な面でもずいぶん力強くなってきた印象がありますね。強い負荷を継続してかけられていますし、言うことがないくらい順調ですよ」155/176/20/440kg
(YGGオーナーズクラブより転載)