yggブーケドロゼブルーの18
北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。1600mのキャンターや坂路コースで1ハロン16~18秒のキャンターを中心に調整しています。 牧場担当者「年末にハロン15秒に近いところをやって、その後は小休止を挟みました。今週からは坂路入りも再開しています。やはり1歳のうちに15-15を消化できたのは大きいと思います。ひと休みを挟んで精神的に落ち着いたというか、メンタル面でのリフレッシュはできたような印象があります。コンディションはだいぶ良いと思いますよ」

ハンドオブフェイトの18
北海道・日高のグリーンマイルトレーニングセンターにて育成中です。2400~2800mのキャンターを中心に調整しています。 牧場担当者「ペースはまだ速めていませんが、屋内馬場で順調に乗れています。素直な馬なので悪さは一切しませんし、調教しやすいですね。まさに順調という感じなので、今後もスムーズに進めたいですね」

アガサの18
北海道・日高のグリーンマイルトレーニングセンターにて育成中です。1600~2000mのキャンターを中心に調整しています。 牧場担当者「ゆっくりじっくりキャンターを踏んで体力強化に励んでいます。ビクビクするような面がありましたが、それもずいぶんよくなって、気持ちの面での成長が見られますね。一皮むけてきたような感じもあって、この調子なら順調にトレーニングを進めていけるのかなと思います」

ブルーフェアプレーの18
北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。1600mのキャンターや坂路コースで1ハロン16~18秒のキャンターを中心に調整しています。 牧場担当者「年末にハロン15秒ちかいところをやって、その後は小休止を挟みました。その休み中に馬体を増やしてほしかったというのが本音ですが、その分、調教では軽さがある動きを見せています。まだ食べるのは遅いですが、これから徐々に大きくなってくれるといいですね。年明けからも乗り込みは順調で、力は確実につけていると思いますよ」

ブルーインザスカイの18
北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。1600mのキャンターや坂路コースで1ハロン16~18秒のキャンターを中心に調整しています。 牧場担当者「調教の動きがしっかりしてきて、馬体の良さを生かした走りを見せていますね。パワータイプということもあって、他馬よりもダートの坂路コースでは動きが良く見えます。年明けに小休止を挟んだことで、トモのボリューム感が増してきましたよ。もともとトモのハリは良い馬ですが、さらに良いお尻になっていると思います」

シーユーサンデーの18
北海道・浦河の森本スティーブルにて育成中です。BTCで1ハロン20~24秒のキャンター3000m、週2回坂路コースで1ハロン15~20秒のキャンターを中心に調整しています。 牧場担当者「今は時計を意識するというよりも、動きや息遣いに重点を置いて進めています。そのため時計は日によって変わりますが、馬が動けるなら馬なりでハロン15秒になるときもあります。今はすごく動きがしっかりして芯が通ってきた感じがあって、走り方も変わってきましたね。体つきにもメリハリが出てきたので、どこかのタイミングでグッと幅が出てきそうですね」

サトノアスカの18
北海道・浦河の森本スティーブルにて育成中です。BTCで1ハロン20~24秒のキャンター3000m、週2回坂路コースで1ハロン15~20秒のキャンターを中心に調整しています。 牧場担当者「動きや息遣いに重点を置いて進めているので時計は日によって変わりますが、馬が動けるなら馬なりでハロン15秒になるときもあります。無理をしない程度にペースは上がっていますね。自分のペースで走る分にはいいのですが、鞍上の意図で走りをコントロールしようとすると反抗心を見せることがあります。今のうちに我慢を教えた方がいいという部分もあるので、日によって強弱をつけながら走りを教えています。我の強さはドゥラメンテ産駒に共通かもしれませんね」
(YGGオーナーズクラブより転載)