3歳馬
オルダージュ(NOC)
昨年末の未勝利戦勝ちから今年は7戦しましたが、2着2回、3着1回と、惜しくも2勝目を挙げることが出来ませんでした。来年は1月の中山ダ1200m戦から久々の再起を予定しているので、得意のコースで復活を期待しています^^汗

ホーリーライン(NOC)
今年は8戦して6戦目で念願の勝利を挙げました^^汗 軽量な馬なので本当に良く頑張ったと思います。適性が芝コースということを早くに見抜いていたら、もしかしたら今年の2勝目もあったかも知れません。ホリラの次走は小倉芝1200m戦を予定。これが吉と出ればうれしいのですが…。

スイーツビュッフェ(YGG)
今年1月にデビューして、スタートは出遅れも、直線後方からぶっ飛んできて3着。間が開いて5月の再起戦、こちらは余裕のある勝ち方で、クラブに念願のYGG馬初勝利をプレゼントしてくれました。しかしその反動からか、それ以降は休養状態…。どうもヤ〇ガワ牧場産には甘い感じが…。あくまでも私の主観ですが…^^汗

2歳馬
ナンナ(ワラウカド)
クラブのアイドルホースは今月初め、やっとデビューしました!しかし結果は13着と大敗…。レース後、外厩に放牧に出されています。年明けからは3アウト制があるので、陣営の気持ちの入れようも変わってくると思います。

ブロンテビーチ(ワラウカド)
8月にデビューして既に3戦、6着が2回あります。師はダ1700、1800m戦にこだわっていますが、距離はもう少し短めを試して欲しいかな…と思います。スカイファルコンは3戦で見限られてしまいましたが、ブロンテはまだ見捨てられていないようです^^汗

ルミリンナ(YGG)
11月の京都芝1600m戦でデビュー、同レースにはシュアリーシーズも出走し、ルミリンナは12番人気の5着と好走しました。レース後、球節にちょっとした頓挫がありましたが、現在は乗り込みを開始しています。

スカイティアラ(YGG)
7月の福島芝1200m戦でデビューし、14番人気の6着と好走しました。2戦目は熱発だったと思いますが、取消となり、久々の11月東京でダ1400m戦を試しましたが、10kg減の406kgは条件が合わず、12着と大敗しています。今後は芝レースで進めていく模様。

カーヴィーレーザー(NOC)
好馬体の持ち主なのですが、気性は煩め、ゲート入りに手を焼くタイプの様です。年明け初めの京都芝1800m戦をデビュー目標にしていますが、延びる可能性もあると思います。自分からガンガン行く姿勢、フォームも粗削りのようで、どんな競馬になるのか?気になるところです^^汗

リーガルクラン(YGG)
YGG馬の追加出資の中では早くにポチった馬ですが、想定外の頓挫があり、最近やっと入厩しました。まだゲート練習の真っ最中です。体質的に弱い面があり、じっくり時間を掛けて進めていくタイプの様です。

ポポラリタ(YGG)
この馬も早めの追加出資のくちだったのですが、蹄などに不安があり、なかなか順調に進められません。まだ入厩は出来ておらず、強めの調教も出来ていないので、春以降どうなるのか?まだ予想が付けづらいです。

サンブリテニア(YGG)
この馬もヤ〇ガワ牧場産なので、私の主観では大事に使っての遅い調整のタイプ。しかし入厩してからは順調で、ゲート試験合格後は追い切り時計も出しています。態勢整えばすぐにデビューの話もあると思っています。

ソルレオーネ(YGG)
YGG2歳出資馬の中では唯一の牡馬なので、じっくり良い馬を選んだつもりだったのですが、今月初めの中山芝2000mのデビュー戦は13頭中の最下位…。疲れのある下がり調子なら無理して使わなくても…と思いました。まだ気性も幼いので、時間が何とかしてくれると思いますが、距離はもっと短い方が良いと思いますね。

ニーズヘッグ(YGG)
11月初めデビューも、すでに4戦を消化。8,2,3,2の着順はとてもうれしい結果です。勝ちまでは、ほんのもう少しといったところ。こんなに使ってもまだ在厩でいるのだから、心配な面もあるのですが…。次の一戦が鍵になると思います。

エメラルディ(YGG)
命名馬ですから、とても状況が気になるのですが、やっと追い切り時計を出し始めましたね^^汗 まだ1か月くらいはデビューまで掛かると思いますが、怪我などの頓挫が無く、順調にいって欲しいと、どの馬にも言えることですが、そうあって欲しいですね。

エンフォーサー(YGG)
デビューは10月末、東京ダ1400m戦で8着でした。サマーセールで競り合いになった馬なので、強いはず…と思っていましたが、案外平凡な結果でした。しかし11月末の2戦目で5着に入り、素質の片鱗を見せ始めた矢先に左前脚の骨折が発覚…。6か月ほどの休養が必要となり、私の膝も折れました。とにかく安静に大事に治療とリハビリに専念して欲しいです。

シュアリーシーズ(NOG)
トレーニングセール出身で、これは走りそう!と注目して出資した一頭でしたが、11月初めの京都芝1600mのデビュー戦では、ルミリンナにも負けてしまい9着。ダート戦ではどうか?と臨んだ11月末の京都ダ1800m戦では10着と大敗…。向かうべき方向を見失ってしまいました。一息入れて、年明け1月、京都ダ1400m戦(牝)を目標に、適性を探しに再起します。

セレンディピア(NOC)
この馬もトレーニングセール出身で、タイムもかなり良かった馬です。11月末の中山ダ1800mのデビュー戦では2番人気に支持されましたが期待を裏切り7着。距離を短縮して臨んだ12月末の中山ダ1200m戦では、何とか5着と掲示板に入りました。次走は続投で1月半ばの中山ダ1200m戦。このレースで何かヒントを掴んで欲しいと思います。