おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

2021年06月

シエルブルーphoto_201852_2059シエルブルー
栗東・渡辺厩舎にて調整中です。 渡辺調教師「今週の追い切り後、木曜日は運動だけで昨日跨ろうとした所、後ろ脚の歩様に異常がありました。結構跛行していたので昨日は開業の獣医に診てもらい、原因がはっきりしなかったので本日念のため診療所で検査をしてもらいました。レントゲンとエコー検査をしてエコーは骨盤まで撮ってもらったんですが、箇所としてはトモの上の方のようですが、はっきりと目立ってどこが悪いという所がでず、診断名を出すのは難しいという事で、かなりひどい筋肉痛というような診断でした。どこが悪いというのが分かれば良いんですが、全身が痛いという感じのようで、ちょっとこのまま進めて行くのは厳しそうです。小倉の最後に間に合うかですが、一旦放牧に出して様子を見させて頂こうと思います。阪神の1400にかけて戻させて頂いたんですが、もう少し休ませるべきだったかもしれません。中途半端な形になってしまい申し訳ございません。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

これからさぁ、始動!といった矢先の出来事なのでとても残念ですが、心配なのは原因が不明な点…。この先辛うじて良くなったとしても、またいつ発症するか分からないのであれば、もう少し精密な検査をして欲しい感があります。勝ち上がる力のある馬なので、出来れば何とかしてやれたら…と思います。

6/12(土)札幌1R 3歳未勝利 芝1200m 横山武史騎手騎乗で出走したデクラークは、3番人気7着。
同日、札幌3R 3歳未勝利 ダ1000m 大野拓弥騎手騎乗で出走したヴィオマージュは、1番人気12着の最下位…。

デクラークは出負けした感じで、後ろから2頭目の位置取り…。上り最速も、芝1200mではもちろん届かず…優先出走権を逃す痛い結果でした…。

ヴィオマージュは、スタート後の追い出しで馬がなかなか前に行かず、結局前に行かれた馬たちのキックバックで大きく砂を被り失速…。馬は完全に走る気を無くし、単勝1.3倍が水の泡と消え、大炎上でした…。本日はお疲れさまでした。。。

デクラーク
★6/12(土)札幌・3歳未勝利(芝1200m)横山武史騎手 結果7着
「輸送を無事にこなして、滞在で数字も若干増えていた。ただ、一頭だけ発汗が目立っていたようにテンションはやや高め。ゲートが開いて左右の馬に挟まれ、厳しいスペースだったようにも映ります。ただ、それでも5着を外してはいけない馬です。あれだけ行き脚が付かないところを見ると、やはり騎手の技量云々より斤量面で恩恵を得た方がいいタイプかもしれません。この後は少し間隔が必要かもしれませんが、ひとまず滞在のまま様子を見るつもりです」(矢野英一調教師)444kg

ヴィオマージュ
★6/12(土)札幌・3歳未勝利(ダ1000m)大野拓弥騎手 結果12着
「札幌へ輸送してからも、調子自体は変わらずにきていました。右回りで距離短縮、馬場適性など敗因は色々考えられますが、一番はゲートを出て押して行くタイミングに躊躇がありすぎたこと。外の馬たちがテンからガンガン飛ばしているのに対し、こちらは構えてしまってその時点で差が付き、砂を被って馬がやる気を失ってしまっている。申し訳ありません。この後は一旦美浦に戻して立て直し、また新潟開催を目標にしていこうと考えています」(牧光ニ調教師)484kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

プリュムドール優勝プリュムドール 優勝本日6/12(土)中京4R 3歳未勝利 芝2000m 牝馬限定 川田将雅騎手騎乗で出走したプリュムドールは、直線一気の強い競馬で見事優勝!念願の初勝利を挙げました^^汗

スタートで隣の馬に接触され、おそらく予定よりも後ろの位置取り(6番手)になったと思いますが、経済コースの内ラチ沿いを常にキープし、直線一気に加速。残り200mを切って先頭に抜け出し、そのまま他馬を千切ってゴール!横綱相撲の競馬でした^^汗

秋には同じ芝2000mのGⅠ秋華賞があり、今後そこを目指したローテーションになると思います。条件戦はこれから古馬との対戦となり、厳しさが増すと思いますが、何とか秋華賞出走を目標に勝ち上がってくれたら…と思います^^汗 今回騎乗していただいた川田騎手、ありがとうございました!自分の出資馬の思わぬ大敗続きで嫌なムードが漂っていましたが、プリュムドールの強靭な羽が暗雲をかき消してくれました^^汗 今後も騎乗してくれたら幸いです!本日はお疲れさまでした。。。

★6/12(土)中京・3歳未勝利(芝2000m・牝)川田将雅騎手 結果:優勝
「今日はありがとうございました。ここで結果が出せて良かったです。川田騎手は、『返し馬の雰囲気は悪くありませんでしたが、ゲートを出ても何でか進んでいきませんでした。もしかしたら前走で長い距離を使った影響もあるかもしれません。そこからは無理をさせることなく終いの勝負に賭けることに。終いに関してはしっかり反応して、いい脚で抜け出してくれました。外から見たら結構ヒヤヒヤしたかもしれませんが、乗っている分にはまだ余裕がありましたよ。今日もメンバーが揃っていましたが、その中でもこの内容で勝てましたし、この先も楽しみではないでしょうか』と話していました。ようやく体が丸みをおびてきて、ここから体重が乗ってきそうですし、そうすればいよいよこの馬の成長期に入りそうな雰囲気にありますよ。その中で勝てて本当に良かったです」(奥村豊調教師)458kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)
E3pjZX4VkAMAQpw





オルダージュ
「今週も引き続き淡々とダートコースを中心に乗り込んで調整中です。週末か来週から時計消化を再開するので、そこに向けての脚ならし。変にピリついたりということもなく、しっかりオンオフの切り替えができるので、こちらとしても調整しやすいんですよね。馬体重も490kgで大きな波なく状態を維持できていることが、数字からも感じ取っていただけるかと思います」(青木孝文調教師)

ホーリーライン
6日(日)に坂路コースで4ハロン60.0-41.8-26.3-12.5を単走で馬ナリに追われ、9日(水)にはWコースで5ハロン66.4-51.4-38.1-12.2を単走で強めに追い切りました。「いつも体と相談でメニューを決めてきたホーリーですが、今回は5ハロンから追い切っても460kg台から数字が減りません。久々でもトモのグダグダ感なく動けているし、これは良い傾向です。あとはまだ冬毛が残っている状態なので、もう少し体調面が上がってくればと期待しているところ。2勝クラスでも十分やれる力のある馬ですからね。来週6/19(土)東京・相模湖特別(芝1400m・混)を津村騎手で予定しています」(矢野英一調教師)

セレンディピア
★6/05(土)東京・3歳上1勝クラス(ダ1400m・混)木幡育也騎手 結果8着
この後は北海道・オカダスタッドで調整することになり、9日(水)に移動しました。 「芝部分からのスタートがやや苦手なためか、前半はダッシュが付かずに苦しい展開。それでも今回チーク着用で直線はモタれず真っ直ぐに走り、左回りもいくらか克服できたと思っています。レース後の状態も特に変わりありません。ただ、今年に入って6戦休まず頑張ってきたので、今夏は北海道でフル充電させてやりましょう。この機会に体を膨らませて、もうひと成長してくればとの狙いもある。秋の中山、新潟開催からまた使う予定でスケジュールを組んでいきます」(尾形和幸調教師)

エストラテーガ
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18~20秒ペース、週2回は16~17秒ペース)のメニューで調整中です。今週から時計消化を織り交ぜながら乗り込んでいます。順調にきていて感じは良いですよ。右の背中から、ひ腹にかけて少し皮膚病が出てきたのでケアをおこなっています。再来週あたりには帰厩となりそうな感じなので、このまま更なる良化を促していきます」(担当者)松風馬事センター 512kg

ラヴィネルージュ
9日(水)に北Cコースで6ハロンから0.7秒先行して併せ、82.9-68.1-53.5-39.2-13.2を馬ナリに追い切りました。「追ってからの反応がもう一つな印象はあったものの、それでも以前と比べて良くなってきているのは確かです。経験した分を吸収しています。飼い食いが細くなるようなことはなく、状態的にも安定していると言っていいでしょう。この後は札幌での出走を目指して現在動いているところで、上手くことが運べば来週現地に向けて出発できる見込みです。長距離輸送も考慮したメニューで進めていきましょう」(的場均調教師)

ディナースタ
この後は茨城県・ブルーステーブルで調整することになり、本日11日(金)に移動しました。 「輸送熱などもなく、無事に到着しています。まだ緩さが残っている感じがしますが、それだけ伸びしろも秘めていそうですし、ドゥラメンテ産駒ということで楽しみな馬ですね。そこまで輸送減りもなさそうですし、問題ないようなら来週には騎乗運動を開始するつもりです」(担当者)452kg

ルネッタ
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。調教には落ち着いて取り組んでいますが、キャンターの出だしの際にバランスを上手く保てていないように見受けられます。動きの移行時にも体勢を崩さないよう、ハミとトモを連動させて走らせることを覚えさせるのが現状の課題と言えそうです。飼い葉は食べていて体調は変わりなく良好なので、この後もしっかり鍛えていきたいと思います。ノルマンディーファーム小野町 424kg

ハートホイップ
「現在は馬場でダクとハッキングを4000m(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。ゲート試験を合格して、トレセンでも何本か時計を出したと聞いていますが、まだ少し力がないですし、体力不足といった感じが否めませんね。逆に言うと、これでよく時計が出ていたなとも思えますし、伸びしろはあるのではないでしょうか。脚元を含めて体はどこも問題ないので、このままどんどん乗り進めていきます」(担当者)須藤ステーブル 456kg

パンテレリア
現在は馬場3周(ハッキング)のメニューで調整しています。9日(水)より周回コースでの調教を開始しました。基本的におっとりしたタイプのようで、初日から落ち着いて走れていました。素直なので真っすぐ走れていますが、まだトモがしっかりしていないために背中を上手くは使えていません。これからどれだけ力をつけてきてくれるか、楽しみです。ノルマンディーファーム小野町 482kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ディナースタが脱北。ノルマン2歳出資馬は、これで全頭がトレセン近郊に滞在する運びとなりました。ただ、まだデビューまで程遠い馬が大半で、先は見えていません。まだ時期早しといった感じですね^^汗

ブルーローズシップ
美浦・畠山厩舎にて調整中です。この中間は11日にウッドチップで併せ馬にて追い切られました。 畠山調教師「本日ウッドチップコースで3歳牡馬同士で併せ馬を行いました。時計の方が67.6-53.8-40.3-13.4という所で走ってきました。調教助手が跨って併せ馬の内側、馬場の真ん中より少し外目を通って、最後は少し乗り手が押すような形で併入してゴールしています。馬体の方は見た目にも太め感はなく、今週計測で452キロなので、競馬に使っている時と変わらないくらいなので、このまま飼い葉を食わし込みながら東京最終週を目標に進めて行きます。デビュー戦で5着に来ていますので、1600mダートで考えています

ビスバルト
園田・保利良平厩舎にて調整中です。6月10日(木)園田6Rに出走し4着でした。 保利調教師「レース後馬体に異常はありません。それで厩舎でミーティングもしたんですが、コンスタントに使っていますが、飼い葉も食べているので、7月に古馬と混合になる前にもう1戦使わせて頂いてから放牧に出させて頂こうと思います。もどかしい競馬が続いているので馬にも負担を掛けてしまっているかもしれませんが、今の3歳C1なら流れ一つで勝ち負けだと思います」
(YGGオーナーズクラブより転載)

ヴァランシエンヌ
調教主任「12日の検疫で帰厩することが決まりました。心身ともに幼さを残していますが、コンスタントに速い時計を出した後も疲れを見せることはなかったですし、動きも本数を積み重ねてピリッとしてきました。良い状態で送り出せそうなので、レースでも頑張ってもらいたいですね。馬体重は477kgです」 西村真幸調教師「態勢が整ったことから、12日の検疫でトレセンに戻すことにしました。帰厩後も問題なければ、来週から時計を出し始め、その後も順調に仕上がるようなら、7月4日の福島・芝1,800mでデビューさせたいと考えています。なお、鞍上は戸崎圭太騎手に依頼しています

アイレ
11日(金)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
(シルクホースクラブより転載)

ヴァランシエンヌのデビュー目標が決まりましたね^^汗 芝1800mとは意外や意外?!芝は分かりますが、もっと短いところかな…と思っていました^^汗 まぁ、やれる馬だと思っていますので、初戦から期待しています^^汗

このページのトップヘ