おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

2021年06月

プリュムドール優勝!プリュムドール 優勝!本日6/27(日)阪神7R 3歳上1勝クラス 芝2200m 坂井瑠星騎手騎乗で出走したプリュムドールは、昇級戦も何のその、1番人気のプレッシャーも難無く勝利いたしました!^^汗

斤量51kgの恩恵も幸いしましたが、坂井瑠星騎手の騎乗が光りましたね^^汗 斤量を活かして逃げ、先行するのかと思いましたが、前半は離れた4番手、3角辺りでは置かれ始め、中盤まで下がってしまいました。しかしここで我慢して行かなかったのが良かったようで、直線に入る直前に徐々に進出。あえて馬場の悪い内側の隙間を突いて先頭に立ち、上がりも1番速い時計で劇的な勝利をいたしました!^^汗

これで秋のトライアル出走は夢叶うはず^^汗 夏の間はゆっくりリフレッシュに当てて、秋本番に合わせて順調に仕上げてもらえたらと思います^^汗 本日はありがとうございました。そしてお疲れさまでした。。。

★6/27(日)阪神・3歳上1勝クラス(芝2200m)坂井瑠星騎手 結果:優勝
「確勝を期して中1週で臨んだレースをしっかり勝つことができて良かったですし、まずはホッとした気持ちです。阪神2200mはこういう難しい競馬になることがあり、道中のポジションが下がった時には一瞬不安にもなりましたが、直線ではプリュムドールらしい脚を使ってしっかり差し切ってくれましたね。坂井騎手は、『他の馬の動きが早くて流れ的に難しいレースでしたが、乗りやすくてコントロールが利く馬なので、どこかでスッと脚を使えると思っていましたし、この馬のことを信じてジッとしていました。51kgの恩恵はあると思いますがラストはいい脚でしたし、良い内容で走ってくれました』と話していました。馬はどんどん良くなっていてこの先が楽しみ。詰めて使いましたし、上がりの様子をしっかり確認したいと思います」(奥村豊調教師)458kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)
プリュムドール1着

本日6/27(日)東京1R 3歳未勝利 ダ1600m 木幡巧也騎手騎乗で出走したブルーローズシップは11着。
同日、東京3R 3歳未勝利 牝馬限定 芝1800m 的場勇人騎手騎乗で出走したショレアドルチェは15着。

2頭ともスタートはまずまずだし、道中も位置取りは前目で、極端に悪い点は無いと思うのですが、直線はワンペースの脚しか無い為、あっという間に後方に置かれてしまいますね…^^汗 ただ今回のレースの反省点として、ブルーローズシップはスタート直後の芝コースではしっかり走れているように見えたので、次走は芝コースを試して欲しいのと、ショレアドルチェは前走のように芝の長距離を試して欲しいな…と思いました。次こそ頑張りましょう!本日はお疲れさまでした。。。

ブルーローズシップ
6月27日(日)東京1R 3歳未勝利 ダ1600戦に出走し、11着でした。 畠山調教師「馬体重は+10㎏でしたが、休み明けとしてはそんなに太すぎるという事はなかったと思います。スタートはまずまず上手に出て、いい位置では運べたんですが、ちょっとギアが一段階上がらないような感じでした。ジョッキーも、止まっている訳ではなけど、4コーナーくらいからみんながスピードアップする所でギアが上がらなくて、道中もあまり抱える所がなかったと話していたので、その辺が課題だと思います。キックバックについては、最初外側から先行馬の後ろに入る時点でちょっと気にした感じはありましたが、そこから走って行った先はそんなには気にしないで走っていたので、馬の後ろに入れても大丈夫そうという事は言っていました。節の兼ね合いもありますが、次走は距離を伸ばすとか、芝を試すとか条件を変える事も考えたいと思います。」

ショレアドルチェ
6月27日(日)東京3R 3歳未勝利 牝馬限定 芝1800m戦に出走し、15着でした。 的場調教師「すみませんでした。(的場)勇人は「追い出した時にスピードにもう一つ乗り切れない所があるから、もうちょっと距離が長い方が良いかもしれないです」と話していたので、次走は長い所に行ってみます。火曜日に乗った時に歩様が悪かったので、削蹄をしたら大分良くなりましたが、ちょっと蹄の外側が低いので上げてもらってるんですけど、また装蹄師と相談しながら進めて行きます。やっぱり鞍を置く時とかは結構入れ込んでいてイレッポですね。ただ競馬では全然乗りやすかったみたいです。スタートもポンと出れて前に行ける脚もありますが、追い出して切れる脚がないので、長い所で前々で競馬をするのが良いと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

シュヴァーン
グリーンマイルトレーニングセンターにて調整中です。 牧場担当者「6月25日に3回目のショックウェーブを行いました。次回9日に歩様チェックをして、問題なければマシン運動からはじめていきます。現在はパドック放牧で調整しています。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

ジャスミンフローラ
26日(土)に函館競馬場(美浦・辻哲英厩舎)へ入厩しています。
(シルクホースクラブより転載)

シュヴァーンはまだまだ時間が掛かりそう…。ジャスミンフローラはまずはゲート試験合格がんばれ!

6/26(土)ラヴィネルージュ 札幌2R 3歳未勝利 牝馬限定 ダ1000m 小林凌大騎手 結果11着
同日 クワイエット 阪神8R 3歳以上1勝クラス 芝1400m 小牧太騎手 結果10着

2頭ともだいたい同じ展開でした。ラヴィネルージュは速い先行争いに付いて行けず、砂を被り怯んで後退、最後は少し意地を見せて1頭抜かすもブービー負け…。クワイエットはスタート良しも少しずつポジションが下がり、最後も位置取りはあまり変わらず人気通りの着順…。次回に期待です。本日はお疲れさまでした。。。

ラヴィネルージュ
★6/26(土)札幌・3歳未勝利(ダ1000m・牝)小林凌大騎手 結果11着
「ジョッキーは『スタートを決められましたし、そのまま前目の位置で運びたかったのですが、そこからのギアが上がらずに思うようにはいっていません。最後はもうひと頑張りしてくれているだけに…』と話しています。前進を期待して送り出したにもかかわらず、結果につながらず申し訳ありません」(的場均調教師)438kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

クワイエット
6月26日(土)阪神8R 3歳以上1勝クラス 芝1400m戦に出走し、10着でした。 服部調教師「今日はスタートは良かったですが、馬場も良かったので最後は同じ脚色になってしまいましたね。まだレースの後に小牧騎手から話は聞けていませんが、スタートが良かったので、あのままポジションを取って行ってくれても良かったかもしれません。前走は長い距離を使わせてもらいましたが、やっぱり短い方が良さそうですね。馬は使いながらしっかりしてきて良い状態なので、次は減量騎手の起用やダート戦も含めて検討したいと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

オルダージュ
20日(日)に坂路コースで4ハロン58.7-43.5-28.7-14.2を単走で馬ナリに追われ、23日(水)にはBコースで5ハロンから0.6秒追走し、3ハロンから併せて70.3-54.1-39.5-12.4を一杯に追い切りました。「今週はダートコースを使っての時計消化。相手は休み明けで久々ですし、もともと稽古からというタイプではありません。どちらも一杯の表記にはなっていますが、オルダージュは叩いてのものではなく手でプッシュして促しています。前半はゆっくり目で、終いはしっかり追ってというイメージ通りの調教ができました。来週に向けて順調にここまでこれていますよ」(青木孝文調教師)

ホーリーライン
★6/19(土)東京・相模湖特別(芝1400m・混)津村明秀騎手 結果9着
この後はトレセン近郊の松風馬事センターで調整することになり、24日(木)に移動しました。 「今回は450kgとデビューからの最高馬体重で出走できました。久々でも中身自体はできていましたし、数字はほぼ成長分と見ていいもの。状態の良さからも期待を持ってレースに臨んだのですが、道中の反応が鈍く、コーナーリングでのロスもあって最後は脚色が同じに。上手く立ち回れば権利は十分取れていた内容ですから、正直勿体なかったですね。レース後も脚元などに大きなダメージは見られないものの、背腰が若干張っているため、節稼ぎのイメージで1~2週だけ近郊に出させてください。ケアしてもらって回復を促し、なるべく早いタイミングで函館競馬場に運ぶスケジュールを組んでいきます」(矢野英一調教師)松風馬事センター

エストラテーガ
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18~20秒ペース、週2回は16~17秒ペース)のメニューで調整中です。ハミ受けは修正できましたし、こちらの指示を受け入れて走れるようになってきました。体は硬くなることなく安定した状態を保っていますし、この感じであればいつ声が掛かっても対応できそうです」(担当者)松風馬事センター 519kg

デクラーク
24日(木)に函館競馬場のWコースで4ハロン54.3-40.4-13.7を単走で直線強めに追い切りました。「雨で水分を含んだ重い馬場コンディションでしたので、追い切り時計は参考になりません。デクラ自身は余裕を持って走れていましたし、函館移動後も良い雰囲気のまま状態面は変わらずにきている。あとは節的にどこで適鞍を使えるかでしょうね。もちろん来週7/03(土)函館・3歳未勝利(芝1200m)からレースを使える態勢には整えておきます」(矢野英一調教師)

ヴィオマージュ
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18秒ペース)のメニューで調整中です。あれだけ大敗してしまった後なので、時間が経ってから何か出てきても嫌だなと思い、先週いっぱいはウォーキングマシンの運動にとどめて楽をさせましたが、何も問題なかったので今週から騎乗運動をおこなっています。運動開始後も反動は出てきませんし、このままネジを巻いていくつもりです」(担当者)松風馬事センター 496kg

ディナースタ
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m、坂路1本(20秒ペース)のメニューで調整中です。今週から坂路調教も取り入れて乗り込んでいますが、まだ緩さが残っていて、馬がしっかりしていないですね。その分まだ伸びしろを秘めていそう。パンとさせたいので、このまましっかりと負荷を掛けていきます」(担当者)ブルーステーブル 462kg

ルネッタ
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。調教の強度が高まってきたことで、飼い葉を食べるペースがやや遅くなってきていますし、馬体も少し寂しく映ります。そのため、もう少しの間は調教メニューにメリハリをつけるなどして、工夫しながら進めるつもり。この先の追い切り開始に向けての体づくりをおこなっていきます。ノルマンディーファーム小野町 414kg

ハートホイップ
23日(水)に函館競馬場のWコースで5ハロンから0.4秒追走して併せ、70.8-54.2-39.8-13.4を強めに追い切りました。「土曜日にこちらを出発し、翌日に無事に函館競馬場に到着しています。輸送熱などもなく極端に飼い食いが落ちるようなこともありませんし、向こうでの調教をスムーズに開始できました。一本目の動きとしてはまずまずで、あと数本は時計消化を重ねたい考えです。現時点では函館開催2週目をデビュー目標と定めていますので、そこに向けて徐々に態勢を整えていきましょう」(天間昭一調教師)

パンテレリア
現在は馬場2周と坂路1本を18~20秒ペースのメニューで調整しています。これまでの伸びきった体勢よりは幾分いいバランスで走れるようになってきました。ただ、まだハミとトモの繋がりに課題を残していて、体の割に力強い走りが出来ていないように感じられます。こちらの指示に対する反応がスムーズでないところもありますし、馬体にもっとメリハリが出てきて欲しいところなので、まだ時間を掛けてジックリ乗っていった方が良さそうです。ノルマンディーファーム小野町 485kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ハルモニア
佐賀・真島元徳厩舎にて調整中です。 今週のレースに出走予定とお伝えしておりましたが、レース編成の関係で出走は来週(7回佐賀開催7/3(土)7/4(日))を予定しております。
(YGGオーナーズクラブより転載)

アイレ
天栄担当者「その後は坂路コースでの負荷を強めており、現在はハロン15秒ペースのところをこなしています。やはり周囲の物事に対して敏感なところはあるものの、坂路では今のところ集中して走ることが出来ています。引き続き注意は必要ですが、この調子で乗り込んで鍛えていければと思います。馬体重は468㎏です」ノーザンファーム天栄

ジャスミンフローラ
担当者「この中間も引き続き速めのペースで乗り込んでいます。ペースが上がっても安定したリズムで坂路を登坂することが出来ていますし、力が付いてきましたね。成長を促す為に放牧を取り入れながら進めてきましたが、それがフィジカル面だけでなくて、精神的にも良い方へ作用していると思います。先日、辻調教師が本馬を確認されまして、『コンディションが良ければ、そろそろゲート試験だけでも受けておきたいです』と話されていましたので、明日の検疫で函館競馬場へ入厩することが決まりました」馬体重423kg ノーザンファーム早来
(シルクホースクラブより転載)

このページのトップヘ