おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

2021年05月

ディナースタ20210531ディナースタ
現在は坂路2本(上限17秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「ようやく毛ヅヤが冴えてきましたし、馬体に張りも出てきたように、ここにきて体調がグンと上向いてきた印象を受けます。一旦ペースを控えて数字は460kg台に戻ったところですが、以前のお腹回りに余裕があった体型とは違い、全体的に良質な筋肉が付いて逞しい体つきに変わってきました。このまま上手く軌道に乗せていけるよう、調整を進めていきます」と話していました。ノルマンディーファーム 462kg

パンテレリア20210531パンテレリア
この後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整することになり、昨日30日(日)に移動しました。 「ここまでこれといった怪我や病気もなく、順調に乗り込みを進めて送り出せました。もっと全体的に筋肉を付けていく必要はありますが、追い切りを重ねるごとに反応が良くなって、フットワークに素軽さも出てきていたように、いい流れのままバトンタッチすることが出来たのではないかと思います」(ノルマンディーファーム担当者)491kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

首の長さや胴の長さなど体型的に全く異なる2頭。先に脱北したのは6月生まれのパンテレリアの方でしたね^^汗 まだ焦る必要はありませんから、じっくりと体をつくって入厩出来たらと思います^^汗

Teamマミーぽこの2歳馬たちの馬名が全て決まり、もうさすがに2歳馬への追加出資もないので、一旦整理を兼ねてまとめてみました^^汗

ノルマンディーオーナーズクラブ
ディナースタ(父ドゥラメンテ 母ラヴァリーノ 牡)
まだ体の線が細く、もっと肉付きが良くなってからの脱北になると思います。来年の3歳クラシック戦を目標に、頑張って欲しいですね^^汗

ルネッタ(父エイシンフラッシュ 母ルーシーショー 牝)
小さい馬体ながら既に小野町で育成中。ホーリーライン、ルクシオンに続き、エイシンフラッシュ牝馬らしい馬体で勝ち上がりが期待出来そうです^^汗

ハートホイップ(父ジョーカプチーノ 母ドキドキマドンナ 牝)
既に入厩し、ゲート試験にも合格。引続き在厩で調教されています^^汗 評判もそこそこ良いので、近いであろうデビュー戦が大変楽しみです^^汗

パンテレリア(父イスラボニータ 母ラインレジーナ 牡)
募集時は早い仕上がりのイメージがありましたが、やはり6月生まれのせいもあってか、最近のコメントはスロー調…。しかし本日小野町に移動となりそうです^^汗

シルクホースクラブ
ヴァランシエンヌ(父ドレフォン 母メリーウィドウ 牝)
既に入厩し、ゲート試験にも合格。現在はしがらきで調整中ですが、そろそろ再入厩になると思います。この馬も早いデビュー戦が期待され、大変楽しみですね^^汗

アイレ(父ドレフォン 母ナスカ 牝)
既に入厩して、現在ゲート練習中です^^汗 このまま順調に問題が無ければ、この馬も早い段階からデビュー戦に臨めると思います。馬格も良い感じでスピードがありそうです^^汗

ジャスミンフローラ(父サトノアラジン 母プリンセスフローラ 牝)
疲れを残さないよう放牧を交えながらの調教を行い、まずは体づくりの段階ですね。まだ馬体が小さいので、脱北には多少時間が掛かりそうです。

YGGオーナーズクラブ
シュヴァーン(父アルデバランⅡ 母ドリーミングバード 牡)
トモの緩さや深管骨瘤などのアクシデントがありましたが、最近やっと調教を再開。まだまだ時間は掛かると思いますが、個人的には楽しみにしている一頭です^^汗

ドライスタウト(父シニスターミニスター 母マストバイアイテム 牡)
近々脱北し、チャンピオンヒルズに移動。530kgを超える巨体で、いかにもパワー型です^^汗 本日YGG馬で初の満口馬となりましたね。周りの評判が非常に高いことが分かります^^汗

ディオアステリア(父ザファクター 母バアゼルザウバー 牝)
早くて来週か再来週の東京でデビューです^^汗 柴田善臣騎手の評判も良く、出資者としては期待が高まります^^汗 小野先生の💗は、今はニーズヘッグよりもディオのようです^^汗

地 ラッキーミーティア(父スズカコーズウェイ 母ラッキーガール 牝)
既に門別でデビューし、不利もあって7着と大敗…。まだ幼いですからこの結果は致し方ないのですが、期待していただけに残念な結果…。次走は静かに軽く見守っていこうと思います^^汗

地 ジャングルタキオン(父ジャングルポケット 母スマートシャワー 牡)
馬名決定後にソエになってしまって、いろいろと不安な面もありましたが、現在はだいぶ固まってきて少し安心しました^^汗 まだ調教で走っている姿を動画で見ていないので、その点は何とも言えず…

本日5/30(日)東京6R 4歳以上1勝クラス ダ1400m 丸山元気騎手騎乗で出走したスイーツビュッフェは、最後の直線末脚不発で、10着と残念な結果に…。

私の読みではコース、距離、馬場状態など、ビュッフェにとって最高の条件ではないか?…と思っていたレースでしたが、前走より12kg増の510kgの馬体重はまさかの展開…。これが敗因?とは一概には言えず、師のコメントではプラス内容にされているので、正直何だか分かりません^^汗 次走はおそらく福島のダ1150m…。距離短いし、直線も短いし、ビュッフェには合っていないと思うんですがね…。まぁ、私には何も権限がありませんから^^汗汗汗 本日はお疲れさまでした。。。

5月30日(日)東京6R 4歳以上1勝クラス ダ1400m戦に出走し、10着でした。 中川調教師「馬の方は体も増えて体調も良くなってきていますし、ジョッキーも言っていましたが、落ち着いていて前回よりも雰囲気は良かったんですが、若干距離が長かったですね。坂も堪えたのか登り切った所で苦しくなってしまいました。福島の1150とか新潟の1200が良いんじゃないかとジョッキーも話していたので、この後も東京開催なので、馬の状態次第ですが、次は一開催飛ばして福島を考えています。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

本日5/29(土)中京7R 4歳以上1勝クラス 芝2000m 小牧騎手騎乗で出走したクワイエットは最下位の9着…。これで2走連続の最下位…。中央競馬でのクワイエットの実力はこれが最大限なのか?

芝レースはダメという訳ではないけれど、2000mは長過ぎでしょうね…。1600mなら前走勝ち馬から1.3秒差なので、まだ見込みはあります。が、地方競馬で見せたダ1400m辺りのレースを中央競馬でも試して欲しいですね。今は勝つことよりも好走することが見れれば満足なのですがね…^^汗 本日はお疲れさまでした。。。

5月29日(土)中京7R 4歳以上1勝クラス 芝2000m戦に出走し、9着でした。 服部調教師「返し馬では前回に比べると全然落ち着いて運べていて、道中もレース前からジョッキーがポジションを取りに行くと話していたので、良い感じで進められていると思ったのですが。 3,4コーナーから手応えがあやしくなって、最後の坂になった時には体が伸びきれていない感じだったので、競馬だけ見ていると距離が長かったのかなと思いましたが、ジョッキーはそこまで距離が長いという感触でもなかったようなんで、今日は馬場が緩かったので、こういう馬場が合わなかったのか。ダートも考えましたが、やっぱり芝の乗り味は良いという話なんですよね。 能力的には1勝クラスで勝負になると思っているので、あまりにも途中から手応えが悪くなったのは気がかりですが。今日は2000mなので、前回ほど他馬がテンに行かない分、良いポジションで行けたという事もありますが、前回はテンから全然ハミを取りませんでしたが、今回はゲートを切ってから自分からハミを取るような所も見せていたので、次走はまたマイルとか1400とかも含めて検討したいと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

オルダージュ
★5/23(日)新潟・韋駄天ステークス(芝1000m直・ハンデ)丹内祐次騎手 結果14着
「今回は力を出すことすらできなかったのもあって、大きなダメージ、疲労はありません。疲れが感じられるようであれば、福島の前にこのタイミングでひと息入れても良かったのですが、このまま進めても問題ないと判断しています。中途半端に緩めたくないというのもありますし、オルダージュの場合は在厩期間が延びてイライラしてくるタイプではありませんからね」(青木孝文調教師)

ホーリーライン
27日(木)にWコースで4ハロン52.3-38.5-12.6を単走で馬ナリに追い切りました。「今週からコースでの追い切りを実施。ホリラ本来の軽さのある走りができていますし、いまのところ脚元も特に問題ありません。うるさいくらいに元気一杯の様子で体調面も良好に映ります。今夏はこちらで一回競馬を使ってから、反動がなければ北海道に遠征という予定でいきたい。このクラスもどこかで勝ち切れるチャンスはある馬。6/19(土)東京・相模湖特別(芝1400m・混)に向かうつもりで進めていきます」(矢野英一調教師)

セレンディピア
「ここ数戦ジョッキーが追い出してから、頭を上げて右へ逃げよう逃げようとする姿勢が気にかかっていました。そういった理由からこの中間は稽古でも右だけチークを着用。効果テキメンといった感じで、実戦でも解消されてくるのではと期待が持てる雰囲気です。使ってきているのでさすがに上積みこそないものの、状態はいい意味で変わりありません。普段からシャンシャン歩けていますし、体調面も良好に映る。もう少し様子を見て問題なさそうであれば、次は東京開催のダ1400m戦に向かわせてください」(尾形和幸調教師)

プリュムドール
26日(水)にCWコースで5ハロンから0.4秒追走して併せ、71.2-55.4-40.6-12.9を馬ナリに追い切りました。「帰厩後も問題なくきています。体もフックラと見せていますし、いい状態ですよ。それを踏まえて、水曜日に1本目の時計を出しています。相手にほんの少しだけ遅れてしまいましたが、こちらが思っていた以上に動いてくれました。ただ、予定している2週間後の牝馬限定戦は、結構メンバーが揃うのではないかという情報があるんですよね。プリュムドールの戦ってきた相手のその後の成績を見れば、未勝利戦では実力上位であるのは確かなんですが、それだけに次はしっかり勝ち切りたいところ。他の動向も調べてみますが、別の選択肢もあった方が良いと思ったことから、来週6/05(土)中京・3歳未勝利(芝2000m・混)も視野に入れることに。川田騎手が空いているか確認したところ、そこでも乗ってくれるとのこと。あくまで本線は牝馬限定戦ですが、仕上げにそう時間の掛からない馬なので、メンバー次第では予定を前倒しすることも検討しています」(奥村豊調教師)

エストラテーガ
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。稲垣調教師からは、『前の出が硬くて、トモも疲れています』と報告を受けていて、入場当初は確かに背腰に疲れがあったのですが、思いのほか回復が早かったですね。今週に入って見違えるように良化してきて、昨日から走路に出して調教をおこなっています。このまま少しずつピッチを上げていき、反動が出ないようなら通常メニューで進めていくつもりです」(担当者)松風馬事センター 513kg

ラヴィネルージュ
ケイツーステーブルで調整され、26日(水)に帰厩しました。 「馬体もフックラとしていて、体調も良さそうに映りますね。歩様がしっくりこないと言いますかトモの踏み込みの甘さがまだあるので、補助する意味で削蹄して微調整をおこなっています。いくらか効果は感じられますので、このまま週末からでも時計消化を開始できる見込みです。進めながら目標を具体的にしていきましょう」(的場均調教師)

デクラーク
26日(水)にWコースで4ハロン51.3-37.2-12.6を単走で馬ナリに追い切りました。「キビキビした動きでラストまで脚取りがしっかりしていました。減った体はもう回復しており、使った上積みも十分見込めるデキ。開幕週で時計の速い馬場も歓迎ですから、なんとか次で決めたい気持ちです。明日29日(土)に札幌競馬場へ移動する予定。輸送を無事こなせたらと思います」(矢野英一調教師)

ヴィオマージュ
松風馬事センターで調整され、本日28日(金)に帰厩しました。 「短期間の放牧でしたが、だいぶガス抜きはできた様子。落ち着きが見られますね。向こうでも緩めず乗り込んでもらっていましたし、週末から時計を消化していくつもりです。札幌開幕週のダ1000mを大野騎手で予定。状態を見ながら、来週末には現地へ運びたいと考えています」(牧光二調教師)

ルネッタ20210528ルネッタ
現在は馬場3周(ハッキング)のメニューで調整しています。24日(月)から周回コースでの調教を開始しました。小柄な馬ですが、北海道からの輸送の疲れをしっかり取ったこともあって、毛ヅヤや馬体の張りは悪くありません。調教に関してもある程度我慢が利くようで、今のところ操縦性に問題もなさそうです。この後は坂路にも入れて、基礎体力の更なる強化を図っていきたいと思います。ノルマンディーファーム小野町 418kg

ハートホイップ
26日(水)にWコースで5ハロンから0.8秒先行して併せ、68.6-53.1-38.9-12.8を強めに追い切りました。「前回と同じパートナーとの時計消化でしたが、先週と比べて確実に良くなっていますね。しっかりと吸収してくれている印象です。そろそろ苦しくなってきてもおかしくなく、普通は飼い葉もあがってくるのですが、引き続き変わりなくよく食べています。多少うるさい面を見せることはあるものの、そこまで乗り手を煩わせるようなことはありません。このまま一直線とは決めつけずに、一本一本の感触、反動を確かめながら進めていきましょう」(天間昭一調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

このページのトップヘ