おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

2021年01月

バアゼルザウバーの19 募集写真バアゼルザウバーの19
牝馬 芦 2019/2/18
父ザファクター 母父シンボリクリスエス
美浦・小野次郎厩舎 市川牧場
募集時測尺 161/185/20.6/527kg (2021/1/29)

育成牧場コメント
本馬の調整過程については順調のひと言です。早いグループで調教が進み、1月には15-15ができそうなくらいまで状態は上がってきています。仕上がりも早いのではないでしょうか。タイプとしては芝向きで、1200~1600mの短いところが面白いかなと感じています。とても前向きでいい気性をしていますからね。普段の調教から前向きで真面目。併せ馬をしているとしっかり負けん気を出します。今のところは文句なしの優等生というイメージですね。早いうちから競馬場で活躍してくれることを期待しています。 (門別牧場・門別氏)

【馬体診断(治郎丸敬之氏)】
1年限り(2018年のみ)の供用ということで日本にやってきた種牡馬ザファクターの産駒ですから、一か八かの魅力でいっぱいです。ザファクター自身、2歳からダートの短距離を中心にトラックレコードを出して活躍していた戦績からも分かるように、馬体は筋骨隆々のマッチョタイプで、特に前躯が力強く、いかにもダートコースをかき込むようにして走っていた姿が目に浮かびます。おそらく産駒もそのような前躯が勝ったダートの短距離馬の馬体に出そうですが、バアゼルザウバーの19の馬体を見る限りにおいては、前後のバランスは非常に良いですね。胴部が詰まって、コロンと映る馬体であることは確かなので、距離はマイル以下がベストでしょう。トモにも実がしっかりと入っているので、もしかするとダートだけではなく芝の短距離戦でもスピードを生かして走るかもしれません。素直に馬体だけを見るとそれほど大物感はありませんが、これといった欠点もなく健康な馬体であり、気性も素直そうな顔つきをしていますので、早い時期からコンスタントに短い距離を走り続けてくれるのではないでしょうか。
(YGGオーナーズクラブより転載)

2019年産YGG馬の出資は、先に出資した2頭で打ち止めにしようと考えていましたが、ニーズヘッグが2勝クラスに昇級したことと、Teamマミーぽこのエースであったルクシオンが亡くなってしまったことをきっかけに、私の信頼度No.1の小野次郎厩舎所属予定であるバアゼルザウバーの19に出資することにいたしました^^汗 

父ザファクターは1年限りの供用で、それまで日本に輸入された3頭の産駒は全て勝ち上がり、私も大変気になっていました。この仔は牝馬ですがとても雄大な馬体で、皮膚も薄く見え、柔軟性もあるかな?と思いました^^汗 コメントも上々な感じで、今のところ申し分ありません^^汗 半兄のカーヴィーレーザーに出資していましたが、こちらは気性の激しい、扱いの難しい馬でしたが、ザファクター仔はそこまで悪くなさそうです^^汗 活躍してくれることを祈っています。

バアゼルザウバーの19に出資の方々、今後ともよろしくお願いいたします^^

オルダージュ
☆1/30(土)小倉・周防灘特別(芝1200m・混)斎藤新騎手
24日(日)に小倉競馬場のダートコースで4ハロン58.1-42.5-14.3を単走で馬ナリに追われ、27日(水)にもダートコースで5ハロン73.3-56.2-42.0-12.8を単走で馬ナリに追い切りました。「昨日は朝一番の時間帯で頭数が多い状態での時計消化でした。ジョッキーには事前にビシッといくよう指示してあり、テンから14秒で入ってラストもしっかりと追っていると報告を受けています。あがっている時計と実際の乗り手との感触とでは差がありますので、時計をそのままには受け取ってほしくはないのが正直なところです。いずれにしろ動き自体はまずまずで、馬自身が集中力を欠くようなこともなく走り終えられています。今まさに良化しているところなので、一度使うことによりさらに上がってくるでしょう。行けるならハナへという気持ちではありますが、馬場状態等を考慮しながらジョッキーと相談していくつもりです」(青木孝文調教師)

ホーリーライン
☆1/30(土)小倉・周防灘特別(芝1200m・混)西村淳也騎手
27日(水)に小倉競馬場のダートコースで4ハロン56.4-38.4-12.2を単走で強めに追い切りました。「この中間も体調面は変わらず安定しています。疲れをまったく感じさせず、昨日の追い切りでも終始グイグイと持ったままの手応え。好調ぶりをアピールしていました。当初は2回小倉開催(2/13~)からを次走予定で考えていたのですが、滞在で元気があり余っている様子から、ここを使わない手はないと思います。馬場も適度に荒れてきましたし、昇級緒戦でも十分やれていいでしょう」(矢野英一調教師)

エストラテーガ
1/30(土)東京・3歳新馬(ダ1400m・混)木幡巧也騎手 除外(非当選)
27日(水)に坂路コースで4ハロンから0.6秒先行して併せ、54.7-39.8-25.8-12.9を馬ナリに追い切りました。「この中間はゲート練習をおこない、いよいよデビュー戦を意識しての最終調整として進めてきました。残念ながら除外とはなりましが、気持ちを切り替えて引き続き状態を整えていきましょう。昨日は三頭併せでおこない、終いまでしっかりとした脚取りで坂路を駆け上がっていました。本当であればジョッキーが跨っての時計消化を予定していたのですが、今回はタイミングが合わなかったため、あらためて予定を調整するつもりです」(稲垣幸雄調教師)

デクラーク
☆1/30(土)小倉・3歳未勝利(芝1200m・混)小林凌大騎手
27日(水)に小倉競馬場のダートコースで4ハロン55.1-39.8-12.0を単走で強めに追い切りました。「引き続き小倉競馬場に滞在していますが、飼い葉食いは安定しており、状態面も特に変わりありません。追い切りでの脚運びがスムーズでしたし、使ったダメージは残っていない。中一週でも十分力を出せるデキにあると思います。適度に馬場が荒れ始め、開幕週の内枠先行有利な傾向とは変わってきていますので、テンからあまりガツガツとはハナを主張させないつもり。スムーズに前目に付けられれば、今回もやれていいはずです」(矢野英一調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

スイーツビュッフェ
美浦トレセン近郊の阿見トレーニングセンター内・セグチレーシングステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「乗り出してから、ペースはゆっくりですが少し距離を伸ばして、今は2400mくらいを乗っています。馬の状態は徐々に良くなってきていると思います。今週が馬場が悪かったのでペースは上げていませんが、来週から徐々に上げて行きます」

クワイエット
千葉県のヒモリファームにて調整中です。 牧場担当者「意外にレースの疲れはそこまでなくて、フレッシュな状態です。移動してきてから2、3日は休ませましたが、すぐに乗り出しました。直接厩舎に入厩させると聞いていますので、ある程度しっかり乗って送り出せるようにしたいと思います。牧場の環境に慣れているというのもあると思いますが、飼い葉食いも良いですし、テンションが上がり過ぎる事もなく扱いやすいですね」

ニーズヘッグ
美浦・小野厩舎にて調整中です。この中間は24日に坂路にて時計を出し、27日は坂路にて併せ馬で追い切られました。 小野調教師「昨日坂路で追い切りましたが、54の12.9という所で順調です。土曜日に出発して、日曜日に小倉着で移動します。向こうはダートしかないので、脚元は問題ないんですけど、来週はサラッと追い切る形で予定しています。良い状態で競馬に向かえると思います」 2月7日(日)小倉12R 平尾台特別 4歳以上2勝クラス 牝馬限定 ダ1700m戦に出走を予定しています。

ポポラリタ
栗東トレセン近郊のチャンピオンヒルズにて放牧中です。 牧場担当者「引き続き、週に一回13-13と15-15を行っております。先週末も獣医さんに診てもらいましたが、だいぶ硬さも抜けてきたという事で、治療は行っておりません。あとはこのまま本数を重ねていくだけだと思います。厩舎の入れ替えタイミング次第になりますので、入厩に備えて進めて行きます」

ブルーローズシップ
千葉県のシンボリ牧場内・ブラスト・ホースステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「472キロ。引き続き順調に調教を積めていて、15も2本目をこなしています。そろそろ入厩を意識出来ると思いますので、畠山先生と連絡を取りながら進めて行きます」

アイリーライフ
美浦・武井厩舎にて調整中です。 武井調教師「日曜日の1200の方に入りました。団野で、今回はチークではなく片ブリンカーを着用します。連闘になりますが、状態は問題ありませんので頑張ってくれると思います」 1月31日(日)中京2R 3歳未勝利 ダ1200m戦に団野騎手騎乗で出走いたします。

シエルブルー
兵庫県のフォレストヒルにて放牧中です。 牧場担当者「先週土曜日に時計を予定していましたが、左のトモがちょっと歩様が少し流すような所があったので、渡辺厩舎を診ている獣医さんに診てもらいました。左の腰と股関節周りの筋肉に筋疲労が見られるという事で、治療をしてもらいました。乗りながら様子を見ましょうという事なので、乗り運動については休まず、時計は入れずに軽めに留めて少し楽をさせています。また土曜日に獣医さんに診て頂きます。日常的なケアとしては牧場にインディバという治療器がありますので、そちらも使いながら経過を見ています。いつもは右半身に疲れが出ていたのですが、右の硬さが取れてきたなと思ったら、今度は左に出てきましたね。ここにきてレースの疲れが出てきたのかもしれません。大事に至るような事ではないので、治療をしながら進めて行きます」

ショレアドルチェ
栗東・寺島厩舎にて調整中です。28日にポリトラックにて併せ馬で追い切られました。 1月30日(土)中京5R 3歳未勝利 芝2000m戦に松若騎手騎乗で出走いたします。

フィーネ
京都府の宇治田原優駿ステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「痛めた箇所はもう大丈夫です。今日は普通キャンターを乗っています。明日も普通キャンターを乗って、土曜日には15-15を入れる予定です。当初は右前の跛行かと思ったのですが、右後肢の跛行だったのかもしれません。先週木曜日に歩様が気になった後は、パッと見、クビを大きく使って歩いていて右前を痛めたような素振りでしたし、牧場常駐の獣医さんの診断も右前じゃないかとの事だったんですが、右トモの飛節の外側に外傷の痕がありまして、先週土曜日あたりにその部分にフワッと腫れが出たんですよね。ですので、時系列で考えると先週の歩様が悪くなった日のウォーキングマシン運動の前後に馬房でぶつけたか何かで、一時的に痛かったんじゃないかと、それで痛い右トモをかばって右前の歩様にも見せたんじゃないかと思います。外傷の腫れに関しては抗生剤と消炎剤注射の処置をさせて頂いて、結局その腫れが引くに伴って歩様もすごく良くなりました。結論としては筋肉等の疾患というよりは、打撲と外傷、それに伴う炎症によるものだったと思いますので、もう心配はいらないと思います。松下調教師にも良化した段階でもう大丈夫そうだという事で伝えていますが、今日、状態も確認しに来ていただいています。また入厩に向けて進めて行きます」
(YGGオーナーズクラブより転載)

今週はNOCのシンシアハート(スターズファンド)も含めて、6頭が出走と大賑わい^^汗 当初は登録だけの予定だったホーリーラインが、オルダージュが出走する土曜日の小倉メイン競走に急遽出走と、私にとってはハラハラな反面、ワクワクな愛馬対決となりました^^汗 この一戦だけで決まるものではありませんが、現状どちらがどのくらい強いのか?計れるのが興味深いです。あわよくば勝って欲しいですね。どちらも…^^汗汗汗

フィーネに関してはお粗末な展開だな…と思いましたね。四肢あるうちの右前しか診ていなかった訳ですね。原因不明の場合は広い目で見なくてはね…と思いました^^汗 本当大事に至らなくて良かったです。

オルダージュ
1/30(土)小倉11R 周防灘特別・混 芝1200m 斎藤新騎手 57kg
想定段階では出走決定順上位の為、出走可能

ホーリーライン
1/30(土)小倉11R 周防灘特別・混 芝1200m 騎手未定 55kg
想定段階では優先出走権所持の為、出走可能

エストラテーガ
1/30(土)東京2R 3歳新馬・混 ダ1400m 木幡巧也騎手 56kg
想定段階ではフルゲートを超える頭数の為、抽選対象

シンシアハート(スターズファンド)
1/30(土)東京1R 3歳未勝利・牝 ダ1400m 騎手未定 54kg
想定段階では優先出走権所持の為、出走可能

デクラーク
1/31(日)小倉2R 3歳未勝利 芝1200m 小林凌大騎手 53kg
想定段階では優先出走権所持の為、出走可能
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

アイリーライフ
美浦・武井厩舎にて調整中です。1月23日(土)中山3Rに出走し12着でした。レース後は軽めの運動で調整されています。 武井調教師「馬の方は問題がないので、連闘してみようと思います。想定をみると中京の日曜日の1200が入りそうです。東京予定の馬など他のレースから流れてくると入らない可能性もありますが、この感じならもし今週使えなくても来週には使えそうなのでこのまま在厩で行きたいと思います。乗り役は団野騎手を抑えています」 1月31日(日)中京2R 3歳未勝利 ダ1200m戦に団野騎手騎乗で出走を予定しています。

ラインオブフェイト
美浦・田島厩舎にて調整中です。1月23日(土)中山1Rに出走し2着でした。レース後は軽めの運動で調整されています。 田島調教師「レース後も元気があって問題なさそうですが、競馬の直後は若干右前にソエっぽい感じがありました。今は元気が良くなってきて気にならなくなってきているので、次走に向けて影響が出る事はなさそうです。中2週で2/14の1Rダートの1300に戸崎で向かう予定です。もう体は仕上がっていますので、使う週に追い切ろうと思いますので、それまでは追い切らずに調整して行きます」

ハルモニア
笠松・後藤佑耶厩舎にて調整中です。 後藤調教師「だいぶ馬場にも慣れてきて、問題なく乗れるようになってきました。ジョッキーの手応えというか評価も良いです。トビも素軽くて良いトビをしています。今の所調教ではダートを苦にする感じはないので、競馬となると分からない面もありますが、ジョッキーはこなせそうだと話しています。飼い葉食いもだんだんと良化しているので、後は早く開催がされてくれたらという所です」

ビスバルト
栗東・石橋厩舎にて調整中です。この中間は24日に坂路で時計を出し、27日は和田翼騎手を背に坂路にて追い切られました。 石橋調教師「今日の追い切りは、道中は良かったんですが、どうしても最後に頭が上がるんですよね。脚取りが鈍るというか、一応馬なりという指示ではあったんですが、ラスト1ハロンがふわっと頭が上がっちゃうような感じで。牧場でしっかり乗り込んでもらったので、息遣いは良いんですが、まだトモに力が付いていないかなという印象は受けますね。使いながらになると思いますので、来週の日曜小倉の1200で一度芝を使ってみようと思います。ジョッキーは和田翼にお願いしています」 2月7日(日)小倉6R 3歳未勝利 芝1200m戦に和田翼騎手騎乗で出走を予定しています。

ショレアドルチェ
栗東・寺島厩舎にて調整中です。1月23日(土)中京5Rに出走し11着でした。レース後は軽めの運動で調整されています。 寺島調教師「レース後はちょっとテンションが高くなっていますが、馬体には異常はありません。昨日から軽く乗り出しています。次走は来週のつもりでいましたが、想定を見ると今週でも入りそうですし、馬の状態も問題ないので連闘になりますが、今週の競馬に向かいたいと思います。(松若)風馬は綺麗な馬場で走らせてあげたいと言っていたので、もう一度芝に行くか、ダートに行くかですが、芝の場合は中京土曜の芝2000で、頭数は少なそうですがやや相手が強そうですね。ダートの場合は小倉の1700は入らなそうなので中京日曜のダート1900を考えています。芝2000の方は(松若)風馬が乗れるそうで、ダート1900の方は小崎騎手を抑えています。明日どちらに投票するかは相手関係をみながら検討したいと思います」 1月30日(土)中京5R 3歳未勝利 芝2000m戦に松若騎手騎乗で、もしくは1月31日(日)中京3R 3歳未勝利 ダ1900m戦に小崎騎手騎乗で出走を予定しています。
(YGGオーナーズクラブより転載)

昨日のルクシオンの不幸は、ものすごく悲しい出来事だったけれど、いつまでもクヨクヨしてはいられません。今週もたくさんの出走予定馬が想定で揃いました^^汗 YGG馬2頭は、またヤリ目的の連闘か?アイリーライフは左回りに変わるので変わり身も考えられますが、ショレアドルチェは2000mは長い気がするんですよね…。ダ1900mもどうかな? まぁ、試行錯誤で挑戦することに異議はありません。ホーリーラインは予定では出走しないはずなのですが、どうでしょうか? デクラーク、まだルクシオン以外勝利のない3歳馬勢で、ここは絶対勝ちたい!ルクシオンの分も…。

ルクシオン突然の訃報でとても悲しい思いです…。あんなに元気で活躍して、皆を幸せな気持ちにさせてくれたルクシオンが突然亡くなってしまった…。

調教中の不慮の事故とはいえ、今は憤りと驚き、そして虚しさと悔しさしかありません…。とても好きだったルクシオン。もうレースで応援することが出来なくなってしまった…。

天国では安らかにルクシオン…。ご冥福をお祈りいたします。

本日1/26(火)、栗東トレセン角馬場にて他馬の挙動に驚き放馬。地下馬道に逃避して、カーブを曲がりきれず壁に激突しました。その際に左肩部を強打し、左上腕骨骨折を発症。手術不可能な部位で、安楽死の措置がとられました。 出資会員の皆様には追って書面にてご連絡させていただきます。 「本当に申し訳ありません。来月2/13(土)東京・クイーンカップ(G3)の出走を目標にして、明日の本追い切りを控えていたなかでのアクシデントです。新馬、福島2歳Sを勝たせていただき、昨年12月の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)にも駒を進めました。九州熊本県産ということで話題性にも富み、また今後の成長と活躍に私自身も期待し、先々どこまでの馬になるのか非常に楽しみにしていただけに、本当に残念です。重ねてお詫び申し上げます。大変申し訳ありませんでした」(河内洋調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ラインレジーナの19 募集馬写真ラインレジーナの19
牡馬 鹿毛 2019/6/5
父イスラボニータ 母父サクラバクシンオー
美浦・林徹厩舎 岡田スタッド
募集時測尺 158/186/21.0/493kg (2020/12/18)

コメント
祖母シンコウエンジェルは3頭の重賞馬を輩出。ともに2歳戦で勝ち上がっていますが、重賞に優勝したのは3歳秋以降という、成長力もある牝系です。また、父イスラボニータも2歳6月のデビュー戦に勝利し、6歳12月の引退レースで有終の美を飾っています。本馬は6月生まれですが、ここまで右肩上がりの成長曲線を描いており、同期の牡馬たちと比べて馬体のサイズ感に遜色はありません。背中の伸縮力が強く、機敏な身のこなし。幅のある臀部のつくりなどからも相当なスピードを秘めていそうで、いかにも短距離向きに映ります。

2020/12/29(ノルマンディーファーム)
現在は夜間放牧と並行しながら、馬場1周と坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「遅生まれでも初秋を迎えた頃には生まれの早い馬たちに成長が追いついたようで、こちらでは調教が進んでいるグループの1頭です。まだ体を持て余してはいるものの、見た目のイメージよりかは素軽い脚捌きをしていますし、これから更に乗り込んでいけば解消されてきそうです。素直で落ち着いた気性の持ち主ですが、前に馬を置いた時だけ力みがちになるため、そういう状況でもリラックスして走れるようにしていきたいと考えています」と話していました。493kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

二次募集馬は確実に抽選になるであろう1番人気ワイルドシンガーの19(父ミッキーアイル 牝)と2番人気の当馬ラインレジーナの19の2頭に先行申込みいたしました。本命はワイルドシンガーの19の方。しかし縁がなくワイルドシンガーの19は落選…。迷いに迷って追加したラインレジーナの19の方が当選となりました^^汗 当馬は遅生まれながらも既に立派な馬体で、調教も進んでいる方の組に入り、すこぶる順調にきています^^汗 馬体を見ると一目瞭然のスピード&パワー型で、短い距離が専門になりそう。馬体のバランスはお世辞にも良いとは言えないけれど、それを差し引いてもプラスな面が多くありそうに思います^^汗

父イスラボニータはこの世代がファーストクロップで、現時点で成功するかどうかは全くの未知数です。しかし産駒の評判は良いようで、NOCで先に募集された3頭も好馬体。当馬はそれに勝るくらいの頑丈そうな馬体です^^汗 先日甥であるピクシーナイトがシンザン記念(G3)を勝利し、それも追い風となりました^^汗 この調子なら早くから活躍してくれるのでは?と思います。

ラインレジーナの19にご出資の方々、今後ともよろしくお願いいたします^^

このページのトップヘ