おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

2020年10月

ラヴィネルージュ
現在は坂路1本(ハッキング)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間に左前患部の定期検査をおこない、経過が良好なことから騎乗を開始しました。まずは丸馬場にてロンジングからスタート。試し乗りへ移行しましたが、歩様も問題ないため、26日(月)より坂路入りしています。様子を見ながら徐々にメニューアップを図ろうと思います」と話していました。オカダスタッド 493kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ドリーミングバードの19 10月ドリーミングバードの19
サンバマウンテンファームで調整中です。 育成牧場の馬房の関係で引き続き昼夜放牧で基礎体力を養っています。馬房の都合がつき次第育成牧場に移動して、馴致を開始する予定です。




マストバイアイテムの19 10月

マストバイアイテムの19
下河辺牧場で調整中です。 牧場担当者「馴致を終えて乗り出しています。現在はダク1000m、ハッキング1800mのメニューで、坂路にも入れ始めています。乗り出した当初は反抗する所もありましたが、一度教えたら理解してくれますし、今の所扱いやすいですね。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

プリュムドール 3着プリュムドール3着10/31(土)京都3R 2歳未勝利(芝1800m・混)藤岡康太騎手騎乗で出走したプリュムドールは、最後の直線の追い上げだけで他馬をゴボウ抜きし、うれしい3着!^^汗 

ただし課題は多く、まだ安定した走りが出来ていない模様…。私的にはもっと距離が延びてもいいのでは?と感じました。次走に期待です。本日はお疲れ様でした。。。

★10/31(土)京都・2歳未勝利(芝1800m・混)藤岡康太騎手 結果3着
「前走より周りを気にせず出て行ってくれたのですが、やはりまだ体がしっかりしてないのか、終始返し馬から左に張っていて、流れ気味のキャンターをしていましたね。ジョッキーは、『前走は左回りの中京だった分、ラチ沿いに乗っていれば問題なかったのですが、右回だった今回はそういう面が結構出ていました。 体がしっかりしてくれば真っ直ぐ走れて緩急がついた流れでも対応できるんでしょうけど、現状は淡々としたペースで長い脚を使うという競馬が向いていそうです。また、コーナー4つよりもワンターンのコースの方が流れに乗って競馬はしやすいですね。それでも、使う毎にレース内容が良化していますし、次が楽しみです』と話していました。中4週でしたが、一旦宇治田原優駿ステーブルで楽をさせた分少し足りなかったなという面があるので、これでダメージがなければここからグンと良くなりそうです」(奥村豊調教師) 460kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

スイーツビュッフェ 10月スイーツビュッフェ
美浦トレセン近郊の阿見トレーニングセンター内・セグチレーシングステーブルにて放牧中です。 中川調教師「今日牧場に見に行ってきましたが、痛みも取れてだいぶ良くなりましたので明日入厩させます。東京の最後のあたりか中山の頭くらいで、ダートの短い所を目標に進めて行きます」

ブルーローズシップ
美浦・畠山厩舎にて調整中です。 畠山調教師「本日ウッドチップでサッと流しております。70-40くらいの予定で行きまして、2歳の男馬同士の隊列で、ブルーローズシップは前に馬を置いて後ろから追走する形で、694-543-404-133という所、大体馬場の中央くらいを走ってきております。体の動きや脚元は問題ありませんが、ちょっと前進気勢があまり出てこないなという感触もあるので、今後チークピーシーズ等の馬具を試してもいいのかなと思っています。来週は併せ馬で乗り手が少し促すような形でやる予定です」
(YGGオーナーズクラブより転載)

ビュッフェは前から言っているように、一戦必勝態勢でレースに臨むタイプなので、どこを使うかが鍵になります。末脚が武器なので短距離は?なのですが、馬体も大きくなり、調教も足りないのでスタミナ不足なのかな…。

ノルマンディーオルダージュ
「久々の芝のレースだった分、いつもと疲れが出る部分が異なるのは感じられますが、日々のケアの中で対処できる程度のものです。激しい調教は必要ありませんので、今週はダートコースで長めに淡々と乗り込むメニューで調整中。いい意味で状態変わらずこれていますよ。次回に向かうにあたり改めてブリンカーの深さについて検討しようと思っています。深くしたことが良かったのはありますが、変化があった方がオルダージュにはいい効果を与えるのではないかという考えの元です」(青木孝文調教師)

ホーリーライン
松風馬事センターで調整され、29日(木)に帰厩しました。
「放牧先でも毎週状態を確認していましたが、ここにきてまた体高が伸びており成長著しいですね。それでも全体のフレームからすれば体に幅がもっと出てほしい印象なので、今後もう少し数字を増やしていきたい。ひとまずは福島開催最終週(11/14.15)の番組を目標に進めていきます」(矢野英一調教師)

シュアリーシーズ
「来週からの11回笠松開催(11/2~)に出走申込をおこなってはいたものの、次開催の12回笠松開催(11/16~)にスライドさせていただきたいと思います。前走を一生懸命走り過ぎたのか、ガタッと崩れた印象を受けます。歩様、キャンターでの身のこなしが硬く、毛ヅヤも落ちていますね。次走は勝ち馬同士での一戦。きっちりと状態を整えて臨み、出来ることなら2連勝を挙げたいですからね」(井上孝彦調教師)

セレンディピア
「現在は500mの馬場をダクとキャンター3000m(上限20秒ペース)を右回りと左回りで各1セットのメニューで、週に1回は障害練習も並行しておこなっています。今週も走路障害で調教をおこないましたが、問題なく進められています。ただ、隙を見せると悪さをしようとするので、気をつけながら乗っています。飛越は変わらず上手なので、このまましっかり慣らしていきたいと思っています」(担当者)北総ファーム 477kg

ルクシオン
25日(日)に坂路コースで4ハロンから0.1秒追走して併せ、56.0-40.4-26.7-13.1を馬ナリに追われ、28日(水)にはCWコースで6ハロンから併せ、84.5-67.3-52.2-38.0-12.3を一杯に追い切りました。「水曜日は自厩舎のデビューを控えた新馬2頭と一緒に、3頭併せでの追い切りを消化。ルクシオンは大外を回ったのですが、3馬身程先着しましたね。追い切りを重ねるごとに力強さが加わっていく印象で、しっかりとやった今回の一本で一歩も二歩も前進できたのではないでしょうか。来週の追い切りでピークに近い状態に持ってこれるはずです。今週の出走は相手関係もありましたが、追い切りを重ねるために自重しました。来週の11/7(土)東京・京王杯2歳ステークス(G2・芝1400m)もしくは同日の11/7(土)阪神・ファンタジーステークス(G3・芝1400m・牝)のいずれかに向かいたいと思います」(河内洋調教師)

エストラテーガ
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。まだスピード調教に移行していませんが、脚元のことがあるので乗り硬めイメージで進めています。体重が増えやすいので汗取りを着けています。まだ大味感があるのは否めないので、このまましっかりと鍛えていきます」(担当者)松風馬事センター 531kg

デクラーク
28日(水)にBコースで4ハロンから1.5秒先行して併せ、55.3-40.1-12.1を一杯に追い切りました。「相変わらずイライラしている様子で、この中間はだいぶ煩さも目につきます。稽古の感じはけっして悪くないものの、もう少し落ち着きが欲しいですよね。負荷のかかる重いダートコースでもしっかりした脚取りでしたし、今週でも使える状態にはありましたが、やはり来週の競馬に向かうことにしました。11/08(日)福島・2歳未勝利(ダ1150m)を秋山稔樹騎手で予定しています」(矢野英一調教師)

ヴィオマージュ
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。良くなったと思っていたのですがこの中間に右前に若干硬さを感じたので、週明けに筋注処置をおこなったところ、症状は改善しました。体調面も良好なので、このままネジを巻いていきたいと考えているところ。更なる良化を促していきます」(担当者)松風馬事センター 492kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

NOC出資馬は怪我で調整中のラヴィネルージュ以外は順調。ルクシオンも万全を期して来週の重賞レースに目標をスライドしました^^汗 このまま問題なく進めて欲しいですね。

NOCの新規募集馬の先行受付が開始になりました!私もすでに2頭に申し込みました。フォーハピネスの19(父イスラボニータ 牡)とケージーナデシコの19(父メイショウボーラー 牝)です。2頭とも意外に人気していて、抽選までいかなくとも口数調整はあるとみています。どうかな?^^汗 ルーシーショー牝馬も欲しかったのですが、これは現状様子見かな…。

ん?続きが更新されましたね^^汗

スイーツビュッフェ
美浦トレセン近郊の阿見トレーニングセンター内・セグチレーシングステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「右トモを治療した後、体が楽になった事によって馬体にも緩みが出ていましたが、乗り出して動かしていくうちに大分締まってきました。左右のバランスも整ってきたので、ペースも上げ始めています。今はキャンターで1800~2400mくらいを18秒くらいまで進めていまして、明日一本追い切ろうと思っています。中川先生は毎週見に来られていますが、まだ具体的な目標は聞いていません。厩舎に長く置くと疲れてしまうタイプなので、今度はピンポイントでどこと決めてから競馬に向かって戻す形になるのかなと思います」

アイリーライフ
美浦・武井厩舎にて調整中です。 武井調教師「今日は普通キャンターで乗っていますが、特にダメージもなく順調にきています。予定通り来週の1300mダートを横山騎手で行きます。前走と同じくらいの状態で行けそうなので、次走も楽しみです」 11月8日(日)東京3R 2歳未勝利 ダ1300m戦に横山武史騎手騎乗で出走を予定しています。

ラインオブフェイト
美浦トレセン近郊の阿見トレーニングセンター内・セグチレーシングステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「今は普通キャンターで1400~1600mくらいを乗っています。今日田島先生が来られて、中山の1200mダートを目標にと話していましたので、そこに合わせて進めて行きます。一緒に厩務員さんもきて『馬良くなりましたね』と話していました。幅も出て馬は成長しているので、次走は期待できると思いますよ」

ハルモニア
美浦トレセン近郊の松風馬事センターにて放牧中です。 牧場担当者「やっと理想的なところまできました。471キロです。ここまできたので入厩は近いと思います。時間は掛かりましたけど、調教をしながらなんとかここまで増えてきましたね。体も痛い所はなく、懸念材料は馬体重だったので安定しています。トレセンに入ると20キロくらいは減ると思いますが、次走450キロ台くらいで競馬が出来ると良いですよね」 稲垣調教師「体重はだいぶ増えましたね。牧場にはもっと増やしてくれとリクエストはしていますが、あまりそこだけに時間を取られてもなので、そろそろ戻そうと思っています。夏場に比べるとふっくらして毛ヅヤも良くなりましたし。トレセンで追い切りをすると減ってくるとは思いますが、だいぶ増えてお釣りもある状態なので、来月上旬には戻す予定です」

ショレアドルチェ
京都府の宇治田原優駿ステーブルにて放牧中です。 牧場担当者「まだ右前の球節の状態が良くないですね。腫れ自体は少しずつ引いてきていますが、獣医さんに触ってもらうとまだ屈曲痛があるので、痛みがとれるまでは動かさない方が良いでしょうとの事です。それと以前こちらにいた時から気になっていた右トモですが、やはりそちらも疲れがあるようなので、今週月曜日に水針治療という筋肉のツボにコンドロイチンを注射して刺激して代謝を促す治療を行っています。いずれにしても右前の球節がもう少し良くなるまでは乗るのは控えた方が良さそうなので、今週いっぱいはマシン調整で、来週月曜日にまた獣医さんに診てもらって判断します」

フィーネ
デルマオサキの18(フィーネ)は、三重県の三重ホーストレーニングセンターにて育成中です。 牧場担当者「引き続き3200〜3600mを乗り込んでいます。順調には乗っていますが、もう少し乗り込みを重ねてから宇治田原の方に送り出したいと思います」
(YGGオーナーズクラブより転載)

ショレアドルチェの脚の具合が心配ですね…。ラインオブフェイトはだいぶ良くなり、目標レースも出ましたね。フェイトのように一時的な怪我であれば良いのですが…。

このページのトップヘ