おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

2020年08月

カーヴィーレーザー
現在は坂路1~2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「去勢手術明けですし、かなり暑い日が続いているため、無理に負荷を強めてはいません。なかなか体が増えてこないタイプのようですが、ここまで調教自体は順調なので、9月4日(金)に門別競馬場へ入厩する予定です」と話していました。 オカダスタッド 456kg

ラヴィネルージュ
現在は舎飼されています。担当者は「左前患部の経過を確認するため、この中間に定期検査を実施しました。レントゲンの画像上ではまだうっすらと骨膜が写っていましたが、自発運動であれば支障のないレベル。来月からパドック放牧を開始する予定です」と話していました。オカダスタッド
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

スイーツビュッフェ
29日に美浦トレセン近郊の阿見トレーニングセンター内・セグチレーシングステーブルに放牧に出ました。 中川調教師「北海道で出走できればと思っていたんですが、半腱半膜が痛くなってきてしまいました。治療してあげた方が良さそうなので、一旦放牧に出したいと思います」

ソルレオーネ
美浦・大竹厩舎にて調整中です。 大竹調教師「申し込んでいた金沢競馬の交流戦に抽選で入りました。今週の想定を見て、新潟か金沢、どちらに行くか判断したいと思います」

アイリーライフ
美浦トレセン近郊のブルーステーブルにて放牧中です。 武井調教師「火曜日に入厩する予定です。中山開催の後半あたりを目標にしています」

ビスバルト
30日に岐阜県の山岡トレセンに移動しました。
(YGGオーナーズクラブより転載)

スイーツビュッフェは転厩させてください。マジでお願いします!^^汗

ホーリーライン2着ホーリーライン 2着本日、8/30(日)札幌9R 小樽特別(芝1200m 牝)C.ルメール騎手騎乗で出走したホーリーラインは、札幌競馬では珍しい雨が降りしきる道悪(重)の芝コースにも関わらず、何とか2着と健闘、今回4回目のルメール騎手とのコンビは、4回とも全て馬券に絡む素晴らしい成績!このままずっとコンビでいて欲しい…と思ううれしい結果となりました^^汗

本当は良芝でやらせたかったと思いますが、天気には敵わず、位置取りも中団よりかなり後ろにいたので、行けないのかな?キックバックは大丈夫なのかな?と心配しましたが、3コーナーから追い上げてきたので、これは!?と勝利も感じましたが、外からまたまた3歳牝馬(52kg)のヤマニンプレシオサがやって来ましたね。あっという間に差されてしまいました…。2着争いも厳しかったですが、そこは何とか死守しました^^汗 そろそろ勝ちも見たくなったかな…と思います^^汗 本日はお疲れさまでした。。。

★8/30(日)札幌・小樽特別(芝1200m・牝)C.ルメール騎手 結果2着
「位置取りは悪くなかったですし、勝ち馬とは斤量と馬場巧拙の差だと思います。今日のような重い馬場でもしっかりと走ってくれており、ホーリー自身は本当によく頑張っている。美浦に戻すかこのまま札幌に残すかは、週明けの状態を見てまた相談させてください」(矢野英一調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

本日、8/30(日)小倉1R 2歳未勝利 芝2000m戦に松山騎手騎乗で出走したショレアドルチェは、不利をかなり受けてしまい9頭立て9着でゴール…。本日は全くレースにならずこのまま一旦放牧となるようです。お疲れさまでした。。。

8月30日(日)小倉1R 2歳未勝利 芝2000mに出走して9着でした。 寺島調教師「スタートから寄られて、ちょっとレースにならなかったですね。あそこで不利がなければポジションも良い所で行けましたし、ペースが上がった所でちょっと手応えが苦しくなりましたが、最後もまた寄られて下がってしまって、レースにならなくてすみません。体が小さいので、寄られると下げざるをえないというか、敏感な所もあるので、仕方ない部分はありますが。今日も折り合いには問題なかったので、距離はやっぱり長い所が合いそうです。気性的には間を空けてあげた方が良いので、一度放牧に出して立て直そうと思います。距離が長い所は使いやすいので、次走は京都あたりを目標にしていきたいと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

同日、新潟7R 3歳上1勝クラス 芝2000m 岩田望来騎手騎乗で出走したスターズファンドのエルモアットーレは、10頭立ての7着でしたが、3歳馬の中では5頭中で離された最下位なので、未勝利馬のエルモアットーレが格上戦で続投していくのは厳しいと思いますね。本日はお疲れさまでした。。。

★8/30(日)新潟・3歳上1勝クラス(芝2000m)岩田望来騎手 結果7着
「出がそれほど速くはなかったものの、ゲート内でも落ち着いていましたし、スタートは徐々に上達しています。鞍上は『内回りであればまた違っていたかもしれませんが、直線では苦しがって内にモタれながら走っており、瞬発力の差が出てしまいました。現状はダートの方が合っているかもしれません』とコメントしていました。上りの様子は問題なさそうですが、トレセンに戻ってからも馬の状態をよく見て、クラブとは今後の方針を話し合っていくつもりです」(大竹正博調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ニーニャ 4着本日、8/29(土)小倉4R 3歳未勝利 芝1800m 国分優作騎手騎乗で出走したスターズファンドのニーニャは、新馬戦の走りを思い出したのか土壇場で4着と健闘、よく頑張りました^^汗 次の出走があるかも?

★8/29(土)小倉・3歳未勝利(芝1800m)国分優作騎手 結果4着
「鞍上の国分優作ジョッキーが、狭くなる場面もありながら、最後まであきらめずに追ってくれました。『休み明けの影響からか、スタートしてからの行きっぷりがいまひとつだったので、終始促しながら、気合いをつけながらとなりました。ところどころで手応えが怪しくなるところがありましたが、最後はしっかりと伸びてくれましたね。平坦コースがいいでしょうし、他馬が押せ押せのタイトなスケジュールとなっている分、こちらがフレッシュな状態だったのも良かったのではないでしょうか。いずれにしても、掲示板確保、次につなげることが出来て良かったです』と話していました」(松下武士調教師)494kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

同日、札幌3R 3歳未勝利 牝馬限定 ダ1000m戦に黛騎手騎乗で出走したエメラルディは10着と、おそらくこのまま引退となりそうなかたちとなりました。本日はお疲れさまでした。。。

8月29日(土)札幌3R 3歳未勝利 ダート1000mに出走して10着でした。
勢司調教師「馬の状態は良かったですし、ブリンカーをかけて一変があったらと思ったのですが、厳しい結果になってしまいました。皆様の期待に応えることができず誠に申し訳ございません。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

ノルマンディーオルダージュ
この後は北海道・オカダスタッドで調整を進めることになり、23日(日)に移動しました。
「当初は札幌のうちにもう一戦と考えていましたが、やはり万全でいきたいというのもあり一旦立ち止まることに。函館と札幌の間に小休止をはさんだことからも感じていただけるように慎重に進めてきました。というのも去年は夏を使った後に思っていた以上に立ち上げに時間がかかってしまった経緯があるからです。いつもであればもう一戦いってたかもしれません。ただ、ここまで既に9戦していることや、ここのところの気持ちの面というのもあるので、これまでであれば無理ではないことが今回は違うかもというのを考えるとここは大事にいかせてください」(青木孝文調教師)

シュアリーシーズ
22日(土)にCコースで4ハロン54.1-39.0-13.0を単走で強めに追われ、26日(水)にもCコースで5ハロン70.1-54.9-40.8-13.5を単走でゴール前仕掛けて追い切りました。「25日(火)に予定していた川崎・ペリドットフラワー賞(ダ1400m)は、川崎開催中止により取り止めになってしまいました。この時期なだけに、非常に残念ですし、今後の選択肢が限られてしまうのが辛いところ。ポジティブに捉えるともう2本追い切ってレースに臨めるので、よりいい状態で出走させられると思います。次戦についてはクラブ側と話し合い、デビュー戦以来の芝のレースを使うことに。9/05(土)新潟・3歳未勝利(芝1400m・混)を本線に考えていますが、最終週なので出走が叶わないこともあり得ますので、9/06(日)新潟・3歳未勝利(芝1600m)も視野に入れています」(加藤和宏調教師)

セレンディピア
「滞在で水が合っているのかトレセンに在厩している時よりも飼い葉食いは旺盛。中間もいたって変わらず、高いレベルで状態をキープできています。最終週の札幌はダ1000m、芝も1200mと1500m戦が1勝クラスで組まれている。優先権がなくても節はおそらく必要としないでしょうから、どの番組に向かうべきか、また再度ブリンカーを着用すべきかなど来週の追い切り日ギリギリまで考えさせてください。次はなんとか結果を出したいですからね」(尾形和幸調教師)

プリュムドール
27日(木)にCWコースで4ハロンから併せ、55.2-39.6-12.2を馬ナリに追い切りました。「今週の追い切りは格上馬と併せて、若干遅れてしまったものの、動きはまずまず良かったと思います。先週よりも状態は上向いていますよ。昨日も反動なく普通に運動ができていますし、この感じであれば来週9/06(日)小倉・2歳新馬(芝1800m・混)でデビューを迎えられそう。ただ、かなりの頭数が予定しているようで、除外される可能性もありそうなところ。そういう事も含めて柔軟に対応できるようにしておきます。ジョッキーもなかなか見つからなかったのですが、うちの厩舎でも調教に乗ってくれている藤懸貴志騎手を押さえてあります。新馬戦からそこそこ動ける感触はありますが、先々良くなってきそうなタイプなので、初戦で中途半端に乗られるのは嫌なところ。藤懸騎手なら、しっかりと教育しながら、一生懸命レースをさせてくれると思っています。来週サッと追い切ってレースに臨むつもりです」(奥村豊調教師)

ルクシオン
27日(木)にCWコースで6ハロンから併せ、82.8-67.6-53.0-39.4-12.2を一杯に追い切りました。「賛否両論あると思いますが、今週の8/29(土)小倉・ひまわり賞(芝1200m・九州産馬)での出走をやめて、来週の9/06(日)小倉・小倉2歳ステークス(G3・芝1200m)での出走を予定させていただくことにしました。前走で見事勝利に導いてくれた松山弘平ジョッキーが確保できたこと、同じ九州産馬であるヨカヨカの動向、フルゲート割れの情報、中2週のローテーション、余裕のある勝ち方をしたことでの重賞へのチャレンジ、九州産馬限定戦にこだわらずとも賞金を稼げる可能性など、さまざまな要因を総合的に検討して、この結論に至りました。事実、週明けには夏バテの印象がありましたが、8/27(木)のウッドチップコースでの3頭併せでの追い切りでは、3歳・4歳馬相手に先着を果たしてくれたように、その心配を払拭する動きでした。前走以上のデキに上昇していると感じています。いずれにしても、英断となるよう結果で応えたいと思います」(河内洋調教師)

エストラテーガ
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18秒ペース)のメニューで調整中です。先週見られた夏負けの兆候は治まり、この中間も順調に乗り込みをおこなえています。脚元にはまだ若さが残りますが、大きな問題もなく落ち着いています。様子を見ながら進めていますが、じわじわと体重を増やしてきているのはいい傾向。一時期ゲートが難しいところがありましたが、ここにきて出来上がってきた感じで、合格レベルに持ってこられたと思います。まだ幼さは残りますが、それだけ伸びしろもあるという証拠なので、大事に進めていきます」(担当者)松風馬事センター 512kg

デクラーク
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18秒ペース)のメニューで調整中です。暑さに堪えている様子はなく、安定した乗り込みをおこなえています。ゲートは、以前は動かしに掛かると尻尾を振ったりして気負いが見られましたが、ここにきてかなり良くなってきましたよ。二の脚もピリッとしていて反応が良いですし、ゲートは上手いレベルだと思います。体重はガツンとは増えてきませんが、じわじわと増やしているのもいい傾向です」(担当者)松風馬事センター 484kg

エロージュの18
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も順調に乗り込めていますが、脚元には若さが残っているので、ケアもしながら進めています。体重は週を追って増えているのはいい傾向。ゲートも引き続き安定していますよ。乗りながら硬くなることはありませんが、夏負けとまではいかないものの、皮膚感が少しパサついている印象なので注意していきたいと思っています」(担当者)松風馬事センター 498kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ルクシオンのひまわり賞の回避は、滞在競馬をしなかったことから私は賛成でした。それと強敵ヨカヨカの出走もあるし、一週遅れで同条件(九州産馬限定ではないが)の小倉2歳Sの方が結果的にルクシオンにとってプラスになったので良かったです。あとは本番のその時まで順調に進められたらと思います^^汗

このページのトップヘ