おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

2020年06月

クワイエット(再ファンド)
6/29(月)浦和9R C1(八) ダ1500m戦に本田正重騎手騎乗で出走したクワイエットは、1番人気も直線ズルズル後退し6着…。勝ったオートヴィルは元NOCの所属馬。ここでクワイエットが勝利していたら再ファンドが決定だったんでしょうが、それは一旦お預けに…。私も再ファンドに乗っかる予定でしたが、6着と負けてしまったので、次走の様子を見ての判断になります^^汗 あぁ、勝って欲しいなぁ…。

ペトリコール
27日に美浦・畠山厩舎に帰厩。出走予定は、7/11(土)福島6R 2歳新馬 牝馬限定 芝1200m戦。
(YGGオーナーズクラブより引用)

yggアイリーライフ
美浦・武井厩舎にて調整中。坂路で追い切り、新馬と併走併入54.6-40.4-26.7-13.6馬なり。 一本目だがしっかり走れた。普通キャンターだと集中しないことが多く、まだ子供だと思っていて、この感じだと今日は走り切れないと思っていたが、速い調教だと一生懸命走れていた。ただムキになって走っている訳では無く、適度な手応えで良い感じだった。走りは前を叩きつける感じで、今日のところはダート寄りだと感じた。さすがに最後は疲れ気味だったが時計的には優秀で、息の入りも悪くなく、これならこのままレースまで持っていけるかも知れない。 馬体重は471kgで脚元は問題なし。歩様は左後肢の送りが弱いが、OCDもあったので、この馬の特徴なのだと思う。今週はチップで追い切ってみる。

クワイエット(再ファンド)
浦和・新井厩舎にて調整中。 6/29(月)浦和9R C1(八) ダ1500m戦に本田正重騎手騎乗で出走。
(YGGオーナーズクラブより引用)

アイリーライフもデビューに向けて順調。ラインオブフェイト同様、活躍を期待してしまいます^^汗 クワイエットが日付変わって本日、地方転厩3連勝目を懸けて出走!おそらく勝っちゃいますよ^^汗

ニーズヘッグ3着ニーズヘッグ3着6/28(日)東京7R 3歳以上1勝クラス 牝馬限定 ダ1600m戦に横山典弘騎手騎乗で出走したニーズヘッグは、断然1番人気もスタートの出が少し悪く、不良馬場を中団から押し上げて行きましたが、直線、顔が外を向きながら走るので、思ったほど伸びませんでした…結果3着…。同レースに津村騎手騎乗で出走したスイーツビュッフェは、4番人気も良いところなく8着でゴール…。私としては両馬ともレース前の期待感が大きく、結果、ガッカリ感が大きくなってしまいました…。次こそうれしい結果、期待しています!^^汗

【レース結果】ニーズヘッグ
6月28日(日)東京7R 3歳上1勝クラス ダ1600m戦に出走し3着でした。 小野調教師「阪神に臨場していて、まだジョッキーの話が聞けていないのですが、今日はスタートが決まらなかったですね。直線で外に出した時は差し切ってくれると思ったのですが。」

【レース結果】スイーツビュッフェ
6月28日(日)東京7R 3歳上1勝クラス ダ1600m戦に出走し8着でした。 中川調教師「砂を被って上手く折り合えましたが、一本調子な所があってちょっと伸びきれなかったですね。今後ですが、ジョッキーは「福島になると1700はギリギリかもしれないけど、1150もちょっと忙しいかな」と話していましたので福島はちょっと微妙ですね。新潟だと1200が良いかもしれませんが、新潟の一開催目はローカル場扱いで関西馬も出てきますので、馬の状態と節を見ながら一旦放牧に出すか考えたいと思います。」
(YGGオーナーズクラブより転載)

6/28(日)阪神1R 3歳未勝利 牝馬限定 ダ1400m戦に川又賢治騎手騎乗で出走したシュアリーシーズは、14番人気の15着…。いったいどうしちゃったんだろうか…?本日はお疲れさまでした。。。

★6/28(日)阪神・3歳未勝利(ダ1400m・牝)川又賢治騎手 結果15着
「今日はグッとくるところがありませんでした。直線を向いてもう少し脚を使ってくれるかと思っていましたが、そういうところもなかったですからね。作戦としては5、6番手につけたかったのですが、気合いをつけていかないとならず、道中も終始追っ付けどうしでした。ジョッキーは、『向上面でいくらかキックバックを気にするような素振りを見せましたが、そこまで酷くはありませんでした。先生とはもう少し前目で運ぶような話をしていましたが、周りがハミを取り出した時に下がっていってしまい、追っ付けていかないと駄目でした』と、話していました」(吉村圭司調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ノルマンディーオルダージュ
21日(日)に函館競馬場のWコースで5ハロン72.9-56.2-41.8-14.2を単走で馬ナリに追われ、25日(木)にもWコースで5ハロンから併せ、68.0-52.7-39.3-12.9を一杯に追い切りました。「帰厩一本目はまだトモの緩さが感じられるものだったため、後ろを特に意識しながら日々の調教を積んでいるところです。その甲斐もあって乗ってみての感覚も、獣医による触診でも徐々に緩さが解消してきているのを感じられます。昨日はジョッキーに跨ってもらいましたが、もう少し気持ちが乗ってきてほしいというのが正直なところだったようです。ここのところの課題であることは確かなので、乗り手の意見も参考にしながら色々なパターンを試しくいきましょう。来週を本線にしつつ、あくまで状態優先にして判断したいため場合によっては再来週というのも考えます」(青木孝文調教師)

ホーリーライン
★6/20(土)函館 3歳上1勝クラス(芝1200m・牝)団野大成騎手 結果5着
「直線伸び切れなかった要因として、枠も外で展開が向かなかったこともあったのではないでしょうか。今回は休み明けの分、体にやや重め感も残っていたため、芝適性についてこの一戦だけでは判断できない。次も同じで終い伸びあぐねるようなら、新潟開催への転戦も視野に入れていくつもりです。滞在とはいえあまり間隔を詰め過ぎない方がいいタイプ。次走は7/11(土)函館・3歳上1勝クラス(芝1200m・牝)を本線とします」(矢野英一調教師)

セレンディピア
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。入場後は牡馬にしては少し華奢な体付きの印象でしたが、体重を増やしてきて、体の方は引き続き問題ありません。5月に近い生まれなので、そういう部分が影響しているんでしょうし、そこは今後成長してくると思います。左前の球節あたりに傷を作ったりしていますが、これも問題ないですよ。ただ動き自体が伸びていますし、これから徐々に求めていって、しっかり作っていく流れにシフトしていきたいと考えています」(担当者)松風馬事センター 479kg

プリュムドール20200626プリュムドール
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。今週は連日坂路2本のメニューをおこなっており、背腰に関しては特別疲労が溜まってきたような印象は受けません。ただ、頭の高い走行フォームということもあるでしょうが、苦しくなって顎が上がってしまっているようにも見て取れます。騎乗担当者は「左の肩が内へ入っていくクセがあって、矯正しようとすると苦しくなってしまうようです」と話しており、もう少し時間を掛けて背腰やトモの強化を図り、フォームの安定を求めていきたいところです。 ノルマンディーファーム小野町 453kg

ルクシオン
「現在は周回700mのウッドコースをダクとハッキングキャンターで2100m、700mの坂路2本(20秒ペース)のメニューで調整中です。この中間からペースを上げて乗り込んでいます。小倉開催に向けてこのまましっかりと負荷をかけながら進めていくつもりです。暑い日が続いていますが飼い葉をよく食べているように、体調面も良好です」(担当者)山岡トレーニングセンター 422kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ショレアドルチェphoto_201854_589ショレアドルチェ
宇治田原優駿ステーブルにて放牧中。 移動後2~3日はゲート試験の疲れを取り、それから乗り運動を開始。木曜日に軽く坂路を上がったところスクミが出た。トレセンでスクんだという話はなく、初めてのケースだと思う。放っておいても治る程度だと思うが、念のため痛み止めと補液治療で対処している。週末には15‐15を乗れると思うし、すぐに立ち上げていけると思う。スクミは若い牝馬にはありがちで、飼葉の中身と調教内容をコントロールしていけば問題ないだろう。今後はデビューに向けて週2本15‐15を重ねていく。調教師は気に入ってくれている様子。
(YGGオーナーズクラブより引用)

トーキー
美浦トレセン近郊の阿見トレーニングセンター内・チェスナットファームにて育成中です。1ハロン22秒程度のキャンター2500mのメニューを中心に調整しています。 牧場担当者「まだペースを上げたりはしていませんが、変わりなく順調に距離を乗り込んでいるような感じで進めています。脚元の様子を見つつ、しばらくはこのまま進めていきたいと思います」

シエルブルー
兵庫県のヒイラギステーブルにて育成中です。坂路コースで1ハロン14~18秒のキャンターを中心に調整しています。 牧場担当者「馬体重は470キロ。今週からハロン15秒を少し切って14秒くらいのところに入れ始めています。15秒ならしっかり動けて、馬自体も元気よく飼葉喰いが落ちることなく順調に進められています。来週あたりからは終い13秒くらいまで伸ばしていこうかなと思っています。時計の本数を重ねていって、ある程度まで動けるようになれば入厩が見えてくると思います」
(YGGオーナーズクラブより転載)

このページのトップヘ