おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

2019年12月

ニーズヘッグ 2着ニーズヘッグ 2着本日、12/28(土)中山2R 2歳未勝利 ダ1800mに2頭の愛馬が出走しました。このレースが今年最後の愛馬出走レースで、ここまで2歳戦は1勝もしておらず、今年中にどうしても勝っておきたいレースでした…。

YGGのニーズヘッグは、出走間隔がきつめのローテーションですが、疲れを見せず順調に来ていて、2着1回、3着1回と、勝ちまでもう少しの今日が4走目。ワラウカドのブロンテビーチは、ここまで良い所が無く、今日が3走目でした。

ニーズヘッグ、ブロンテともに前々での競馬となりましたが、3コーナーあたりで上がってきた一頭強い馬に離され、直線はその馬、ワセダウォリアーの独壇場でした。それでもニーズヘッグが単独2番手の強い競馬。今日は勝った馬が強すぎました^^汗 ブロンテビーチも善戦の6着。次走が楽しみです。今日はお疲れさまでした。

横山騎手「1コーナーで少しゴチャっとしたので向正面は大事に乗ったのですが、その間に外から来られましたね。慌てずに付いていくことはできたのですが、直線では離されてしまいました。今回はスタートはすごく上手でしたし、落ち着きが出てレースぶりも良くなっているので、力を出せるようになっていますね」 小野調教師「今回は状態も良かったですし、勝ちたかったですね。前半の感じが良かったのでこれならと思いましたが、道中は捲られて、そこはリズムを大事にして乗った格好に。結果的には勝った馬が強かったですね。少し様子を見てダメージや疲労がなければ、年明けの中山競馬を考えていこうと思います」
(YGGオーナーズクラブより転載)

シュヴァリエの18 20191227シュヴァリエの18
(父ゴールドシップ 母父フレンチデピュティ)牝

プリュムドールに決定しました!黄金に輝く羽(仏)という意味だそうです。父のように活躍して欲しいですね^^汗
ヘヴンリーヴォイスの18 20191227




ヘヴンリーヴォイスの18
(父エイシンフラッシュ 母父アグネスタキオン)牝

ルクシオンに決定しました!私の応募したスターリーヴォイスは残念ながら2位でした…。


yggスイーツビュッフェ
阿見トレーニングセンター内・セグチレーシングステーブルにて放牧中。 右トモの疲れは取れているので、徐々にペースを上げていきたい。調教を進めて調子が上がってくれば、毛ヅヤは良くなってくると思う。

ソルレオーネ
松風馬事センターにて放牧中。トモに負荷を掛けるように調整してきたことで、少し幅が出てきたように感じられる。お尻から飛節にかけて筋肉がついてきた。ここからは帰厩に向けてどんどんペースアップしていきたい。

スカイティアラ
美浦・田中清隆厩舎にて調整中。馬体は相変わらずだが、乗り込みや調整は順調に進んでいる。小倉競馬への遠征を考えているが、輸送があるので検討中。もう少し進めた時点で、馬の状態次第で決める。

エンフォーサー
守谷乗馬クラブにて放牧中。舎飼で経過観察。状態は変わらず。

ニーズヘッグ
美浦・小野厩舎にて調整中。予定通り先週末に軽めに時計を出し、今週はウッドで併せ馬で追い切る。最後は後ろを突き放して好調さが感じられた。今回は前走以上に上手にゲートを出られるだろう。
12/28(土)中山2R 2歳未勝利 ダ1800m戦に横山和生騎手騎乗で出走。

エメラルディ 20191227エメラルディ
美浦・勢司厩舎にて調整中。水曜日に初めて時計を出したが、動きに問題はなく、脚元にも変化がないので、このまま競馬に向けて進めていきたい。追い切りは坂路も考えたが、コーナーワークの稽古も必要になるのでしばらくはダートコースでやってみる。
サンブリテニア 20191227




サンブリテニア
栗東・飯田祐史厩舎にて調整中。すごく順調で、坂路での併せ馬もいい動きだった。まだ馬なり調教で、追ってからどれほど伸びるか分からないが、このまま順調にデビューへ向けて仕上げていきたい。ダ1800mのイメージがあるが、素軽い動きをしていて芝でも走れそう。しっかり本数をやってから競馬にいくスタイルの厩舎なので、追い切りを重ねながら番組を検討していく。

ルミリンナ
グリーンファームにて放牧中。 球節はだいぶ落ち着いているので少しずつペースを上げながら坂路で乗り込んでいる。飼葉食いは割と完食しているので、馬体重は450kgに増えている。無理せず気を付けながらピッチを上げていこうと思う。

リーガルクラン 20191227リーガルクラン
栗東・藤沢則雄厩舎にて調整中。ダートや坂路、ウッドで乗りながらゲート試験を目指して進めている。いい馬という印象はあるが、負荷を強めるとスクんでしまいそうな雰囲気がある。あまり急がずに、体力をつける調整を行ないながら徐々にピッチを上げていきたい。

ポポラリタ
小松トレーニングセンターにて育成中。 蹄の状態が落ち着かないことが多く、この中間はゆっくり坂路調教を行うようにしている。まだ強めの調教を意識できる感じではなく、毎日少しずつ負荷を掛けるようにしている。馬体重は500kgくらいあるが、無駄肉や太め感はない。焦らず状態を上向きにしていければと思う。
(YGGオーナーズクラブより引用)



シュヴァリエの18 20191227シュヴァリエの18
現在は夜間放牧と並行しながら、坂路2本(上限20~22秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間から少しずつペースアップを図っていますが、こたえた様子はなく、与えられたメニューをしっかりとこなしています。体も減ったというよりかは、鍛えられて徐々に幼さが抜けてきた印象。競走馬らしいシルエットに変わってきました。ここまで理想通りの調整過程を描けていると思います。近日中に一旦リフレッシュを挟む予定ですが、それによりまた馬体がグッと良くなってきそうです」と話していました。 ノルマンディーファーム 438kg

ヘヴンリーヴォイスの18 20191227ヘヴンリーヴォイスの18
現在は夜間放牧と並行しながら、坂路2本(上限20~22秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間も順調なことから、徐々にペースアップを図って乗り込みを進めています。調教に前向きな姿勢で取り組んでいますし、キビキビとしたフットワークで坂路を駆け上がっているように、素軽い走りでスピードがありそうです」と話していました。また、この中間に来場した本間忍調教師は「九州でも年々馬づくりが良くなっている牧場の生産馬なので、セールの際に注目していました。その時と比べると馬体に幅が出て、この馬なりに着実な成長が窺えます」と話していました。ノルマンディーファーム 434kg

ユメザンマイの18
現在は夜間放牧と並行しながら、坂路2本(ハッキング)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「セプテンバーセールに上場されていた馬で、基本的な躾が出来ていましたから、馴致はトントン拍子に進みました。今は坂路入りしてハッキングを必須メニューとしていますが、どちらかと言えば短距離タイプに見られる完歩の小さい走り。もう少し体全体を使って走れるように、日々のトレーニングで改善していきます」と話していました。オカダスタッド 459kg

ゴールドルージュの18
現在は夜間放牧と並行しながら、パドック放牧をおこなっています。担当者は「すでに馬場入りして坂路2本を元気良く駆け上がっていましたが、この中間に右トモに疲れが見受けられたため、無理せず一旦騎乗を控えています。非常にしっかりとした馬体の持ち主で、現時点での完成度が高い1頭。トレーニングを再開してみっちりと乗り込んでいけば、更なる伸びしろが期待できそうです」と話していました。ノルマンディーファーム 463kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

オルダージュ
26日(木)に坂路コースで4ハロン58.1-42.9-28.6-14.6を単走で馬ナリに追い切りました。「さすがに久々の分、目立つような時計ではありませんが、元々15-15を切る程度というのをイメージしていたので予定通り。あと3本追ってレースに臨むプランです。これまで稽古をつけてきている助手も特に気に掛かる点はないと話していますし、追い切りを終えてどこがどうというのもありませんので、問題なくペースを上げていけるでしょう。一時は首周りが寂しく映りましたが、今はいい具合に肉もついて全体的なシルエットもフックラ。これからの調教の中でプリプリとしたボディラインに戻していければと思います」(青木孝文調教師)

ホーリーライン
22日(日)にWコースで3ハロン38.8-12.6を単走で馬ナリに追われ、26日(木)にもWコースで5ハロン68.1-51.7-37.8-12.6を単走で馬ナリに追い切りました。「この短期間でも体がひと回り成長しているように感じられますね。これくらいアドバンテージがあると調整しやすいです。追い切りはこちらが指示していた時計よりだいぶ速くなってしまいましたが、単走で持ったままの手応えでしたし、それだけ今ホリラが調子の良い証拠かもしれません。中山、東京と冬場の開催は芝の番組数が少なく、必要な節も読みにくい状況。長距離輸送はチャレンジですが、1回小倉開催(1/18~)を目標に進めていきましょう。滞在で競馬に臨める点はベターでも、輸送で一旦ガクッと体が減るでしょうし、ある程度は美浦で仕上げてレースの二週間前に小倉競馬場へ運ぶ予定です」(矢野英一調教師)

カーヴィーレーザー
22日(日)に坂路コースで4ハロン59.1-43.6-28.2-13.8を単走で馬ナリに追われ、25日(水)にはCWコースで6ハロンから併せ、84.5-68.5-53.5-39.8-13.0を一杯に追い切りました。「水曜日は古馬相手にゴール手前50mくらいまでは粘っていたので、あと一歩というところですね。本人にまだ余裕がないというのもありますが、真面目に走っていますし自分からガンガンいこうとする姿勢というのは悪くないと思いますよ。フォームについては引き続き長い目で見ていくほかありません。デビュー戦に備えて今朝ゲート練習をしたところ、入ろうとしませんし中でもうるささを見せています。ゲート試験ぶりでテンパっている様子。ひとまずの目標を来週にはしていますが、この調子だともう少し時間をかけてあげた方がいいのかもしれません。いずれにしろカーヴィーレーザーに合わせた判断をしていくつもりです」(鈴木孝志調教師)

セレンディピア
★12/22(日)中山・2歳未勝利(ダ1200m)田辺裕信騎手 結果5着
「1800mから一気に距離を短縮したので、前半はスピードの違いに戸惑っているように感じられました。それでも順応性の高いセレンディピアですから、最後もうひと脚使ってくれて掲示板は確保。内容自体は悪くないので、同じ条件でも次は行きっぷりから変わってくれるはずです。レース後も状態に変わりなく、中二週の間隔を空けて次走に向かうつもり。三日間開催でダ1200mの番組が3つありますし、よりチャンスの大きいところを狙い撃ちしましょう」(尾形和幸調教師)

シュアリーシーズ
22日(日)に坂路コースで4ハロン54.3-39.9-26.0-13.2を単走で馬ナリに追われ、26日(木)にも坂路コースで4ハロン54.7-39.2-25.3-12.4を単走で一杯に追い切りました。「帰厩後も順調で、先週末から時計を出し始めました。今週も坂路コースで単走で追い切っています。ここまで2走していますが、どちらも最後に苦しくなってしまって終いの伸びが案外だったので、最初の入りは抑えて終いをビシッと追うような形を取ってみました。その分全体時計としては目立ったものではありませんが、1ハロン12.4秒の時計通り、回転が速くシャープな脚捌きで駆け上がってきましたよ。体重は増えも減りもしないので、見た目にも内面的にも大きく変わったところはありませんが、シュアリーシーズなりに徐々に良くなってきているのは感じますね。帰厩からここまでの様子を見ていると、次走では前進できるのではないかなと思っています。予定している1/11(土)京都・3歳未勝利(ダ1400m・牝)には、新人騎手でも乗れている斎藤新騎手を確保しましたので、楽しみを持って出走させられるような状態に仕上げていきます」(吉村圭司調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ナンナ
ジョイナス:今週は馬場で軽めのキャンターで乗り始めております。先週より更にリラックスできている様子で、飼い葉の食いも良くなってきました。馬体重も増えつつありますが、馬格からするともう少しあってもいいと思います。 調子もいいので、来週から15-15を調教に取り込んでいく予定です。 動かしながらですので、これからは馬体重は増減すると思いますが、しっかり身体を作り込んで行きたいと思います。 国枝調教師が昨日来場されて、状態と調教方針を確認されて行きました。
(ワラウカドより転載)

ブロンテビーチ
12/28 中山2R 2歳未勝利 ダート1800mに出走。

このページのトップヘ