おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

2019年12月

3歳馬
オルダージュ(NOC)
昨年末の未勝利戦勝ちから今年は7戦しましたが、2着2回、3着1回と、惜しくも2勝目を挙げることが出来ませんでした。来年は1月の中山ダ1200m戦から久々の再起を予定しているので、得意のコースで復活を期待しています^^汗

ホーリーライン(NOC)
今年は8戦して6戦目で念願の勝利を挙げました^^汗 軽量な馬なので本当に良く頑張ったと思います。適性が芝コースということを早くに見抜いていたら、もしかしたら今年の2勝目もあったかも知れません。ホリラの次走は小倉芝1200m戦を予定。これが吉と出ればうれしいのですが…。

スイーツビュッフェ(YGG)
今年1月にデビューして、スタートは出遅れも、直線後方からぶっ飛んできて3着。間が開いて5月の再起戦、こちらは余裕のある勝ち方で、クラブに念願のYGG馬初勝利をプレゼントしてくれました。しかしその反動からか、それ以降は休養状態…。どうもヤ〇ガワ牧場産には甘い感じが…。あくまでも私の主観ですが…^^汗

2歳馬
ナンナ(ワラウカド)
クラブのアイドルホースは今月初め、やっとデビューしました!しかし結果は13着と大敗…。レース後、外厩に放牧に出されています。年明けからは3アウト制があるので、陣営の気持ちの入れようも変わってくると思います。

ブロンテビーチ(ワラウカド)
8月にデビューして既に3戦、6着が2回あります。師はダ1700、1800m戦にこだわっていますが、距離はもう少し短めを試して欲しいかな…と思います。スカイファルコンは3戦で見限られてしまいましたが、ブロンテはまだ見捨てられていないようです^^汗

ルミリンナ(YGG)
11月の京都芝1600m戦でデビュー、同レースにはシュアリーシーズも出走し、ルミリンナは12番人気の5着と好走しました。レース後、球節にちょっとした頓挫がありましたが、現在は乗り込みを開始しています。

スカイティアラ(YGG)
7月の福島芝1200m戦でデビューし、14番人気の6着と好走しました。2戦目は熱発だったと思いますが、取消となり、久々の11月東京でダ1400m戦を試しましたが、10kg減の406kgは条件が合わず、12着と大敗しています。今後は芝レースで進めていく模様。

カーヴィーレーザー(NOC)
好馬体の持ち主なのですが、気性は煩め、ゲート入りに手を焼くタイプの様です。年明け初めの京都芝1800m戦をデビュー目標にしていますが、延びる可能性もあると思います。自分からガンガン行く姿勢、フォームも粗削りのようで、どんな競馬になるのか?気になるところです^^汗

リーガルクラン(YGG)
YGG馬の追加出資の中では早くにポチった馬ですが、想定外の頓挫があり、最近やっと入厩しました。まだゲート練習の真っ最中です。体質的に弱い面があり、じっくり時間を掛けて進めていくタイプの様です。

ポポラリタ(YGG)
この馬も早めの追加出資のくちだったのですが、蹄などに不安があり、なかなか順調に進められません。まだ入厩は出来ておらず、強めの調教も出来ていないので、春以降どうなるのか?まだ予想が付けづらいです。

サンブリテニア(YGG)
この馬もヤ〇ガワ牧場産なので、私の主観では大事に使っての遅い調整のタイプ。しかし入厩してからは順調で、ゲート試験合格後は追い切り時計も出しています。態勢整えばすぐにデビューの話もあると思っています。

ソルレオーネ(YGG)
YGG2歳出資馬の中では唯一の牡馬なので、じっくり良い馬を選んだつもりだったのですが、今月初めの中山芝2000mのデビュー戦は13頭中の最下位…。疲れのある下がり調子なら無理して使わなくても…と思いました。まだ気性も幼いので、時間が何とかしてくれると思いますが、距離はもっと短い方が良いと思いますね。

ニーズヘッグ(YGG)
11月初めデビューも、すでに4戦を消化。8,2,3,2の着順はとてもうれしい結果です。勝ちまでは、ほんのもう少しといったところ。こんなに使ってもまだ在厩でいるのだから、心配な面もあるのですが…。次の一戦が鍵になると思います。

エメラルディ(YGG)
命名馬ですから、とても状況が気になるのですが、やっと追い切り時計を出し始めましたね^^汗 まだ1か月くらいはデビューまで掛かると思いますが、怪我などの頓挫が無く、順調にいって欲しいと、どの馬にも言えることですが、そうあって欲しいですね。

エンフォーサー(YGG)
デビューは10月末、東京ダ1400m戦で8着でした。サマーセールで競り合いになった馬なので、強いはず…と思っていましたが、案外平凡な結果でした。しかし11月末の2戦目で5着に入り、素質の片鱗を見せ始めた矢先に左前脚の骨折が発覚…。6か月ほどの休養が必要となり、私の膝も折れました。とにかく安静に大事に治療とリハビリに専念して欲しいです。

シュアリーシーズ(NOG)
トレーニングセール出身で、これは走りそう!と注目して出資した一頭でしたが、11月初めの京都芝1600mのデビュー戦では、ルミリンナにも負けてしまい9着。ダート戦ではどうか?と臨んだ11月末の京都ダ1800m戦では10着と大敗…。向かうべき方向を見失ってしまいました。一息入れて、年明け1月、京都ダ1400m戦(牝)を目標に、適性を探しに再起します。

セレンディピア(NOC)
この馬もトレーニングセール出身で、タイムもかなり良かった馬です。11月末の中山ダ1800mのデビュー戦では2番人気に支持されましたが期待を裏切り7着。距離を短縮して臨んだ12月末の中山ダ1200m戦では、何とか5着と掲示板に入りました。次走は続投で1月半ばの中山ダ1200m戦。このレースで何かヒントを掴んで欲しいと思います。

YGGオーナーズクラブ
ブーケドロゼブルーの18 20191227ブーケドロゼブルーの18
(父ゴールドシップ 母父ロージズインメイ)牡 芦
2018年3月6日 三石・加野牧場 美浦・畠山吉宏
165/182/20/453kg 2000万円
2018年産の中で最初に出資した4頭のうちの1頭。クラシック出走を狙って出資した馬なので、適性は芝だと思っています。昨年募集された、同じゴールドシップ産駒のプラチナヴルールより良いと思いましたので、迷わず出資、叔父にコスモバルクがいる点にも注目しました。2年目のゴルシ牡馬なので、面白いと思います。現在ファンタストクラブで順調に育成中です。


アガサの18 20191227アガサの18
(父リオンディーズ 母父マンハッタンカフェ)牝 青
2018年3月19日 静内・前谷武志 美浦・小野次郎
158/180/20/452kg 1200万円
この馬も初めに出資した4頭のうちの1頭。青毛で好馬体なところが気に入りました。後ろ脚が立ち繋ぎに見え、芝よりもダートの方が良さそうと思っています。サンデーサイレンスの3×4など、クロスが多い点にも注目。現在ハンドオブフェイトの18と共に日高のグリーンマイルトレーニングセンターにて育成中です。

ブルーインザスカイの18 20191227ブルーインザスカイの18
(父キンシャサノキセキ 母父チチカステナンゴ)牡 鹿
2018年4月27日 荻伏・エムエム、ヤマダファーム 栗東・渡辺薫彦
152/176/20/439kg 1000万円
この馬も初めに出資した4頭中の1頭。馬体が小さめで、体高も低いので、もっと大きくなれ!と思いながらも、小さい馬の良さである機敏な動きにも期待しています^^汗 おそらく芝の短距離型で、近親のゴッホやトップロードのようなタイプではないと思いますが、馬体のバランスは良く見えるので、距離の融通はありそうです。現在ファンタストクラブで育成中です。

サトノアスカの1820191227サトノアスカの18
(父ドゥラメンテ 母父Giant's Causeway)牝 鹿
2018年3月16日 門別・奥山博 栗東・寺島良
153/176/20/441kg 2000万円
この馬も初めに選んだ4頭のうちの1頭。父ドゥラメンテという点だけで飛びつきました^^汗 牝馬クラシックを意識して出資しましたが、距離はそこまで持つかは微妙に思います。叔母にアドマイヤリードがいる点は強みです。寝繋ぎ気味の脚なので、走りにしなやかさがありそうですが、怪我には要注意な感じがします。現在浦河の森本スティーブルにて育成中です。


ハンドオブフェイトの18 20191227ハンドオブフェイトの18
(父ディスクリートキャット 母父ジェイドロバリー)牝 栗
2018年2月28日 門別・奥山博 美浦・田島俊明
159/178/19.5/441kg 1400万円
YGG募集馬の中で一番馬体の良さに惹かれた馬です。胸前や首の太さ、繋ぎ、血統などから、ダートの短距離が適性かな…と思います。どうせ後に欲しくなるのが分かっていたので、早めの追加出資となりました^^汗 この馬もクロスが多く、全兄のキズマが活躍しているので面白そうです。現在グリーンマイルトレーニングセンターにて育成中です。


ブルーフェアプレーの18 20191227ブルーフェアプレーの18
(父ネオユニヴァース 母父アジュディケーティング)牝 黒鹿
2018年3月13日 新冠・川上牧場 美浦・稲垣幸雄
160/182/20/452kg 無料馬
今年のYGGの無料募集馬はこの一頭だけ。正直初めの印象は良くありませんでした。ただ、線が細く、ひょろっとしながらも、馬格はあり、長い脚や首差し、極端な寝繋ぎなどは諸刃の剣ながらもすごい武器になるのでは…と思いました。血統的にはダートですが、体型は明らかに芝のクラシックでいけそうな感じがします。3勝している母ですが、高齢出産だし、ブラックタイプもパッとしませんが、その点は無料馬ということで気にしません^^汗 現在ファンタストクラブで育成中。

シーユーサンデーの18 20191227シーユーサンデーの18
(父アジアエクスプレス 母父サンデーサイレンス)牡 栗
2018年4月21日 新冠・川上牧場 栗東・石橋守
154/175/19.5/440kg 800万円
ノボレインボー牡馬(父ダノンシャーク)が怪我で募集停止となり、代替えという訳ではありませんが、この馬も気になっていたので、ポイントが高いうちに出資しました^^汗 小さめの馬体ながらもバランスは良さそうだし、高齢馬の母ですが、母父サンデーサイレンスは、ホーリーラインで勝利をプレゼントしてもらったので、その点はプラスに考えました。石橋守厩舎所属というところも面白そうです。現在浦河の森本スティーブルでサトノアスカの18とともに育成中です。
(YGGオーナーズクラブより引用)


ノルマンディーオーナーズクラブ
シュヴァリエの18 20191227プリュムドール(シュヴァリエの18)
(父ゴールドシップ 母父フレンチデピュティ)牝 栗
2018年4月14日 新ひだか・岡田スタッド 栗東 ・奥村豊
155/181/20.5/465kg 1600万円
おそらくお金に余裕があれば、芦毛のゴルシ牝馬、サビアーレの18に出資したと思いますが、この馬も素敵な尾花栗毛の好馬体。決して安い訳でもないのですが、あっという間に先行募集期間中に満口となりました。私見では完全に芝馬という感じがしないので、ダートでも走れそうに思います。タニノギムレットの近親で、ブラックタイプでは長めの距離も得意そうなイメージがありますが、この仔はそういったタイプではなく、パワー型な感じに見えます。現在ノルマンディーファームにて育成中です。


ヘヴンリーヴォイスの18 20191227ルクシオン(ヘヴンリーヴォイスの18)
(父エイシンフラッシュ 母父アグネスタキオン)牝 黒鹿
2018年3月1日 熊本・ストームファームコーポレーション 美浦 ・本間忍
155/181/20.0/443kg 720万円
サマーセールでNOCが落札した時から注目していた一頭です。エイシンフラッシュ産駒は、毎年NOCで一頭出資していて、この仔で3年連続になります^^汗 募集当初は皮膚病に悩まされたようで、見た目にも良くなかったのですが、現在は冬毛が目立ってきて、それほどでもないようです。馬名総選挙では、私の考えた馬名が2位に入り、惜しかったのですが、新しい名前「ルクシオン」でしっかり応援したいと思います^^汗 タイプはホーリーラインに似るかな…?と思います。芝のマイルくらいまでだと思います。現在ノルマンディーファームにて育成中です。


ユメザンマイの18ユメザンマイの18
(父バトルプラン 母父フジキセキ)牡 鹿
2018年4月21日 美浦 ・稲垣幸雄
新ひだか・グランド牧場
153/180/20.5/460kg 1040万円
この仔もセプテンバーセールでNOCが落札してから注目していた一頭です。父バトルプランの産駒は、少ないながらも重賞馬をコンスタントに出していますし、血統的にはダートも、この仔もそうですが、芝に適性がありそうな産駒も出しています。首差しが太く短く、体高も低いので短距離馬かと思います。セールでは煩そうな感じでしたが、馴致は問題なく進められたようですね。血統はこの馬もクロスが多く、開花してくれたらと思います。現在オカダスタッドにて育成中です。


ゴールドルージュの18 募集写真ゴールドルージュの18
(父マツリダゴッホ 母父クロコルージュ)牝 鹿
2018年4月2日 浦河・村下農場 美浦 ・的場均
160/183/20.0/474kg 640万円
ぶっちゃけ、いい馬名が思い浮かんだので出資したところもあるのですが^^汗、評価で酷評されるほど、決して悪い馬体ではないと思っています。馬格は牝馬にしては、大きくも小さくもなく、ちょうどいい感じで、歩様もクラブ以外の映像を見ると結構良さげに見えます^^汗 この馬も母高齢馬で、セールの落札価格や募集価格もそうですが、相応の活躍しか期待出来なさそうに思いますが、そんな中にもNOCの過去の募集馬には活躍馬がいて、頭から否定は出来ません。曾祖母のアグネステスコの名前だけが光りますが、的場均厩舎という点も再び栄光を…と応援したくなる一頭です。現在ノルマンディーファームにて育成中。
(ノルマンディーオーナーズクラブより引用)

馬の感想については、私個人の私的な意見ですので、気に入らない点もあると思いますがご了承ください。また、参考にされる場合でも、出資したのに走らなかったじゃないか!と怒るのもご勘弁で…^^汗 全くもって責任は持てません。。。

2019年、本年の一口馬主の抱負として、元旦に語った目標は達成されたのか?検証してみました^^汗

>明け3歳馬全馬のデビュー。
これはすべて達成されましたね^^汗 当時デビューしていなかったスイーツビュッフェは、その後2戦目で勝利し、休養期間は長いものの未だに現役馬。残念ながらガルラバン、グリームロータスは勝ち上がれず、すでにファンドは解散していますが、地方で未だ競走馬として活躍しているようです。

>3歳馬のJRA勝利馬、目標3頭。
これも達成されました!^^汗 当時はクワイエットが勝ち上がれると信じていましたが、それは叶いませんでした…。代わりにホーリーラインが芝レースに転向して開花。6月に念願の勝利を果たしました^^汗

>4頭(勝利)は無理かどうか…???
これは叶いませんでした…。スカイファルコンにかなりの期待がありましたが、中央競馬では力が振るわずファンドは解散、現在は新天地の佐賀競馬で3勝しています。ガルラバンは性格がおっとりというか、ぼんやりしている感じで、競走馬の闘争心が足りなかったですね。佐賀競馬に移ってからもいい結果が出ていません。

>3歳馬のJRA2勝目を達成。
これも未だ叶わず…。達成が近いとされたオルダージュは、中山ダ1200mに良績があるので、年明けの1月中山開催に期待が膨らみます。ホリラは1勝クラスでも人気はしていますが、少し力が足りない感じ。スイーツは勝利後の体調不良で休養中です。

>重賞にも挑戦できれば尚更よいのですが、贅沢ですかね^^汗
残念ながら目標が大きかったようですね…^^汗 贅沢過ぎでした。

>明け2歳馬に関しては、昨年の2歳馬の成績に準じれればいいかな・・・と思います。
1勝でも出来れば最低限の目標は達成されたのですが、目標は叶わず…。ニーズヘッグは順調にいけば必ず勝利すると思いますので、それに懸けています。ただ、頭数が2016年産とは倍近く違いますので、未だ勝利が無いことはとても残念です…。

>バアゼルザウバー仔とスズカリーガル仔は仕上がり時期を考えて出資しました。
現カーヴィーレーザーとリーガルクランですね^^汗 二頭とも仕上がり早と見ていましたが、年内デビューは叶いませんでした…。カーヴィーは気性が悪く、調教が難しい模様。クランは怪我などの頓挫がありました。現在は二頭とも入厩し、特にカーヴィーはデビュー間近です。

>2016年産より多少、良い馬を選ぶことができた(特に牝馬)と思うので、
これを語った時点では、15頭中まだ6頭しか出資していなかったので、大間違いなことを語っていた結果となりました…^^汗汗汗 

>どの馬も無事に大きな怪我や病気さえしなければ、それが一番だと思いますね^^
本当、これが一番大事なことなのですが、リラジョリフィーユが屈腱炎で引退、エンフォーサーも骨折で休養中、他に小さなものから長く続く頓挫など、なかなか順調にいかない馬も多々います。これからもっと寒い時期になりますので、十分注意して育成、調教は進めてもらいたいですね。

今年一年、私の面白くも、参考にもならないブログをご覧いただき、誠にありがとうございました^^汗 新元号が「令和」に変わっての新しい年でもあった2019年でしたが、それも終わりに近づいています。私の出資馬も今年全ての出走が終了し、成績をまとめましたのでよろしかったらご覧いただければと思います。

本年度戦績 53戦2勝 (2-7-3-1-6-34)

1/13 スカイファルコン 中山 3歳未勝利 ダ1800m 11番人気14着 西村太騎手
1/13 スイーツビュッフェ 京都 3歳新馬(牝)ダ1800m 5番人気着 北村宏騎手
1/27 ホーリーライン 東京 3歳未勝利(牝)ダ1400m 11番人気着 マーフィ騎手
2/3 クワイエット 京都 3歳未勝利(牝) 芝1600m 7番人気9着 小牧太騎手
2/16 ホーリーライン 東京 3歳未勝利(牝)ダ1300m 7番人気着 戸崎騎手
2/23 グリームロータス 中山 3歳新馬 芝2000m 16番人気15着 山田敬騎手
2/23 オルダージュ 中山 3歳500万下 ダ1200m 7番人気着 北村宏騎手
3/2 ガルラバン 中山 3歳新馬 ダ1800m 2番人気11着 田辺騎手
3/2 クワイエット 阪神 3歳未勝利 芝2000m 9番人気着 小牧太騎手
3/30 ガルラバン 中山 3歳未勝利 ダ1800m 9番人気14着 田中勝騎手
3/30 オルダージュ 中山 3歳500万下 ダ1200m 5番人気着 石橋脩騎手
4/20 ガルラバン 東京 3歳未勝利 ダ2100m 14番人気12着 武藤騎手
4/27 ホーリーライン 東京 3歳未勝利 芝1400m 9番人気着 戸崎騎手
4/27 ガルラバン 東京 3歳未勝利 ダ1400m 14番人気15着 野中騎手
5/4 スイーツビュッフェ 東京 3歳未勝利 ダ1600m 3番人気着 田辺騎手
5/4 オルダージュ 東京 3歳500万下 ダ1400m 3番人気13着 和田竜騎手
5/11 ガルラバン 京都 3歳未勝利 芝2200m 8番人気着 藤懸騎手
5/18 スカイファルコン 新潟 3歳未勝利 ダ1800m 12番人気11着 小林凌大騎手
5/25 ホーリーライン 東京 3歳未勝利 芝1400m 1番人気着 戸崎騎手
6/8 グリームロータス 東京 3歳未勝利(牝)ダ1600m 14番人気11着 小林凌大騎手
6/9 ホーリーライン 東京 3歳未勝利 芝1400m 2番人気着 戸崎騎手
6/18 ガルラバン 船橋 ナイスサドル特別 ダ1600m 6番人気着 和田譲騎手
6/22 ホーリーライン 東京 3歳未勝利 芝1400m 1番人気着 戸崎騎手
7/6 ガルラバン 福島 3歳未勝利 ダ1700m 14番人気11着 野中騎手
7/13 スカイティアラ 福島 2歳新馬(牝)芝1200m 14番人気着 木幡巧騎手
7/14 オルダージュ 福島 3歳以上1勝クラス ダ1150m 1番人気10着 丸山騎手
7/23 グリームロータス 川崎 ルビーフラワー賞(C1) ダ1500m 6番人気着 藤田菜騎手
7/27 リラジョリフィーユ 新潟 2歳新馬 芝1600m 8番人気11着 木幡巧騎手
7/28 オルダージュ 新潟 3歳以上1勝クラス ダ1200m 4番人気11着 和田竜騎手
8/4 スカイティアラ 新潟 2歳未勝利 芝1600m 取消 吉田隼騎手
8/17 リラジョリフィーユ 新潟 2歳未勝利(牝)芝1600m 12番人気12着 内田博騎手
8/24 グリームロータス 新潟 3歳未勝利 ダ1800m 14番人気13着 野中騎手
8/24 ブロンテビーチ 札幌 2歳新馬 ダ1700m 7番人気着 岩田康騎手
8/25 オルダージュ 札幌 3歳以上1勝クラス ダ1000m 1番人気着 菅原明騎手
8/31 ガルラバン 新潟 3歳未勝利 ダ1800m 14番人気12着 野中騎手
9/1 オルダージュ 札幌 3歳以上1勝クラス ダ1000m 6番人気着 阿部龍騎手
9/29 ブロンテビーチ 中山 2歳未勝利 ダ1800m 3番人気10着 戸崎騎手
10/5 ホーリーライン 東京 3歳以上1勝クラス 芝1400m 1番人気9着 Mデムー騎手
10/26 エンフォーサー 東京 2歳新馬 ダ1400m 9番人気着 北村宏騎手
11/2 ルミリンナ 京都 2歳新馬(牝)芝1600m 12番人気着 国分恭騎手
11/2 シュアリーシーズ 京都 2歳新馬(牝)芝1600m 11番人気9着 吉田隼騎手
11/2 ニーズヘッグ 東京 2歳新馬(牝)芝1600m 10番人気着 田中勝騎手
11/9 スカイティアラ 東京 2歳未勝利(牝)ダ1400m 11番人気12着 木幡育騎手
11/9 ホーリーライン 福島 3歳以上1勝クラス 芝1200m 3番人気着 菊沢騎手
11/17 ニーズヘッグ 福島 2歳未勝利 ダ1700m 9番人気着 横山和騎手
11/23 エンフォーサー 東京 2歳未勝利 ダ1400m 7番人気着 松岡騎手
11/24 シュアリーシーズ 京都 2歳未勝利 ダ1800m 8番人気10着 吉田隼騎手
11/30 セレンディピア 中山 2歳新馬 ダ1800m 2番人気着 菅原明騎手
12/1 ソルレオーネ 中山 2歳新馬 芝2000m 11番人気13着 大野騎手
12/7 ニーズヘッグ 中山 2歳未勝利 ダ1800m 5番人気着 横山和騎手
12/7 ナンナ 中山 2歳新馬 芝1800m 7番人気13着 三浦騎手
12/22 セレンディピア 中山 2歳未勝利 ダ1200m 5番人気着 田辺騎手
12/28 ニーズヘッグ 中山 2歳未勝利 ダ1800m 2番人気着 横山和騎手
12/28 ブロンテビーチ 中山 2歳未勝利 ダ1800m 10番人気着 西村淳騎手

今年は、5月の令和初となる東京競馬1Rで、YGGOCのスイーツビュッフェが3歳未勝利戦を勝利いたしました!メモリアルレースを制したことは特別な記憶に残りますし、レース後すぐに、YGGのイベントの集まりがありましたので、その場は大いに盛り上がった楽しい一日となりました。6月にもノルマンディーOCのホーリーラインが優勝し、その後は新馬戦も始まるので、期待を胸に膨らませて今年の後半戦に入ったのですが…。

私の2歳出資馬は、リラジョリフィーユが屈腱炎で引退となり、現在14頭になりましたが、5頭は今年のデビューに間に合いませんでした…。無事にデビューしたリラ嬢を含む10頭ですが、残念ながら未だ勝利はお預け状態…。唯一2着があるニーズヘッグが順調で、コンスタントに出走、結果を出しているのが本当に救いです。8着入着率は5割超ですが、掲示板率は2割7分と苦しい…。そして、先のリラ嬢もそうですが、怪我や体調不良などによる頓挫が出資馬に多く見られます。未デビューの出資馬の中にもサンブリテニアなどの期待馬がいて、デビューが大変楽しみなのですが、全体的に2017年産の出資馬は、活躍に乏しい…といった現在の印象です。

来年から古馬となる現3歳出資馬ですが、3歳1勝クラスの壁がかなり高く感じます。オルダージュは今年の勝利は無し…。人気はするのですが、大敗が多く、現在、ある意味スランプに陥っています。来年1月から再起を図りますが、成長分は乏しいように感じます。ホーリーラインもオルダージュと同じ路線に近づいていて、試行錯誤で短距離や長距離輸送を試みようとしていますが、正直どうなのか???判断が難しいです。スイーツビュッフェは、前走優勝後は馬の状態が良くなく、やっと少し上がってきた感じですが、一走すればまた空白の時間が長くなるような感じ…。この先も正直あまり期待が出来ません…。

1歳の新規募集馬は全11頭の出資で今年は打ち止め。2018年産も牝馬の出資が多く、適性は芝が多いように感じます。一番の期待馬は、ノルマンディーOCのプリュムドール(シュヴァリエの18)。YGGOCの無料馬、ブルーフェアプレーの18もダークホース的な意外性を感じます。2017年産も大きな期待を抱いて出資したので、大きな口は叩けません^^汗が、とにかく出資馬には体調面を十分気を付けて育成、調教を進めてくれたら…と思います^^汗

今年はいろいろお世話になりました。まだ年内のブログ更新はあると思いますが、来年も当ブログをご覧いただけたら…と思います。長文、乱筆の中、ご覧いただき誠にありがとうございました^^汗

ブーケドロゼブルーの18 20191227ブーケドロゼブルーの18
北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。 1600mのキャンターや坂路コースで1ハロン16~18秒のキャンターを中心に調整しています。 牧場担当者「坂路のラストはハロン15秒に届くようなペースまで上がってきています。早くから乗り込んできたことでしっかり体力がついていて、この先の調教にも余裕を持てそうな印象です。成長するにしたがって良いところも出て、能力を感じさせる走りを見せています。飼葉をしっかり食べる男の子なので、非常にいいかたちで馬体も成長していると思います」165/182/20/453kg

アガサの18 20191227アガサの18
北海道・日高のグリーンマイルトレーニングセンターにて育成中です。800mのキャンターを中心に調整しています。 牧場担当者「少し幼さや臆病な面を残しているということもあり、馴致に関してはじっくり時間を掛けやってきました。無理に進めてしまうと後になって困るケースもありますからね。今はコースに出て少しずつ慣らしている段階なので、年明けくらいにはもう一段ステップアップした調教ができるのではないでしょうか。少し神経質な印象はありますが、食欲はしっかりしているので、今のところ馬体重で悩むことはないと思います」158/180/20/452kg

ブルーインザスカイの18 20191227ブルーインザスカイの18
北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。1600mのキャンターや坂路コースで1ハロン16~18秒のキャンターを中心に調整しています。 牧場担当者「まだ体型的には幼いですが、徐々に胴が伸びてきた印象です。これからの成長次第では距離の融通も利くようになるかもしれませんね。良い意味でピリッとしていないので、落ち着いて調教に臨むことができるのは良いところですね。良い内容の調教をしていけば力もついてきますからね。飼葉喰いも良いですし、普段も扱いやすいですよ」152/176/20/439kg

サトノアスカの1820191227サトノアスカの18
北海道・浦河の森本スティーブルにて育成中です。BTCのトラックコースや坂路コースで1ハロン17~20秒のキャンター中心に調整しています。 牧場担当者「ドゥラメンテ産駒に共通するトモの緩さのようなものは本馬にもありますが、動きそのものやフットワークは悪くありませんね。以前よりも動きにスムーズさが出てきて、全体的な雰囲気は良くなってきました。これからはトモを含めてパワーをつけていきたいところですね。我が強いところを見せることもありましたが、今では納得して順調にトレーニングに取り組めています」153/176/20/441kg

ハンドオブフェイトの18 20191227ハンドオブフェイトの18
北海道・日高のグリーンマイルトレーニングセンターにて育成中です。1600~2400mのキャンターを中心に調整しています。 牧場担当者「まだハロン25秒程度でペースはそんなに速くありませんが、順調にキャンター調教を消化しています。普段から素直に調教をこなしていて、この調子ならどんどん進めていけそうな状況ですね。飼葉喰いは良好で、牝馬にしては食べるのも早いので安心して見ています」159/178/19.5/441kg


ブルーフェアプレーの18 20191227ブルーフェアプレーの18
北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。1600mのキャンターや坂路コースで1ハロン15~18秒のキャンターを中心に調整しています。 牧場担当者「ネオユニヴァースの牝馬にしては気性の難しいところを出しておらず、良い流れの中で成長しているように感じられます。本馬はトビが大きくてきれいなので、現状ではダート馬という感覚は持っていません。スピード能力や芝への対応にも期待しています。飼葉喰いは牡馬ほどバリバリ食べるわけではありませんが、しっかり完食はしてくれるので心配はないかなと思います」160/182/20/452kg

シーユーサンデーの18 20191227シーユーサンデーの18
北海道・浦河の森本スティーブルにて育成中です。BTCのトラックコースや坂路コースで1ハロン15~20秒のキャンター中心に調整しています。 牧場担当者「乗り始めの段階では緩さや幼さが目立ちましたが、最近になって芯が入ってきたような感じで、ドッシリ感やパワーがついてきた様子が見て取れます。まだ良化の余地はあるので、順調に成長していってくれればと思います。ハロン15秒の調教を開始していますが、気性面ではむしろ落ち着きが出ているようにも感じられますね。この調子で今後も順調にいってほしいと思います」154/175/19.5/440kg
(YGGオーナーズクラブより転載)

このページのトップヘ