おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

2019年10月

本日、10/26 東京4R 2歳新馬 ダ1400m戦に北村宏司騎手で出走したエンフォーサーは8着でした…。

パドックでは、引手の厩務員さんのシャツとヘルメットの色と同じ、白とオレンジ色のメンコを着用し周回。馬体重は458kgとまずまずでした。レースでは、スタートで若干下がり気味になり、向こう正面でどんどん遅れ、後方2番手でした。最後の直線はやはり後方2番手から入りますが、バテて下がる馬を尻目に、メンバー中最速の上り(36.4)を駆使し8着でゴール、収穫はあったレースとなりました。

忙しい競馬に向かなそうなので、距離はもう少しあった方が良さそうに思いました。今回は重馬場だったので、良だったらまた違うのかな?と思います^^汗 次走、本日騎乗した北村騎手との話し合いで、適距離やコースなどの再確認があると思います。本日はお疲れさまでした^^汗

yggスイーツビュッフェ
リトルブルーファーム内・ヤナガワステーブルにて舎飼されている。 馬房で寝違えを起こし暴れてしまい、体や顔に傷を作ってしまった。抗生剤と消炎剤で治療を行い、大事に至らなかったが、しばらくはこのまま様子を見ると思う。

ソルレオーネ
松風馬事センターにて放牧中。体を絞るようにしているが、現在530kg。成長期かも知れないが、大きいと動けないし、乗り込み強化と飼養管理を併せて行っている。汗取りや午後のマシン運動なども取り入れ、しっかり負荷を掛け、動ける状態で厩舎に送り出したい。


スカイティアラ
美浦・田中清隆厩舎にて調整中。水曜に坂路で追い切り、徐々に動きは良くなっている。馬体重は増えていないが、フックラして見えるのは中身がしっかりしてきたから…かも知れない。血統的にはダートなので、次走は東京のダート戦を使う予定。次開催の東京2週目か3週目のダ1300m、ダ1400mあたりを検討中

ニーズヘッグ
美浦・小野厩舎にて調整中。今週はチップで併せて追い切り、動きは悪くなかった。 デビューは来週くらいからと考えているが、番組はまだ決めていない。出走想定などを見ながら検討していきたい。

エメラルディ
森本スティーブル美浦エリアにて放牧中。 前脚の状態は良くなったが、今週、トモの動きに違和感があり、獣医に診てもらった。筋肉が少し硬くなっているようで筋肉注射をしてもらっている。バランス的に右トモに疲れが溜まりやすいので、しっかりケアをしながら運動をしていく。筋肉量を増やして調教に耐えられる馬体を作っていきたい。

サンブリテニア
小松トレーニングセンターにて育成中。この中間、メニューはそのままも、乗り込みは順調。いつでも送り出せる状態になっている。

ルミリンナ
栗東・大根田厩舎にて調整中。先週の動きはちょっと良くなったという印象だが、今週はかなり良くなったと感じさせる動き。6Fの長めからセーブ気味の入りだったので、テンから飛ばしても最後まで走り切れるかどうかが大事。いずれせよ順調に良くなっているので、そろそろデビューも見えてくると思う。

リーガルクラン
森本スティーブルにて育成中。強めの調教は坂路で3F15-15を行い、普段は1600mトラックか1600m直線、あるいは1200mの直線を使って調整している。このまま1600mトラックをメインに調整していく。

ポポラリタ
小松トレーニングセンターにて育成中。両前脚に熱感と浮腫みが出たり張りやすいところがある。軽めに乗り続けることは出来ているので、大きな問題ではないが、まだ距離やペースは上げずに慎重に進めていく。
(YGGオーナーズクラブより引用)

スイーツビュッフェの突然の頓挫は正直痛いが、これはどうしようもなく、運が悪かった…としか言えない。しかし、そうだと分かっていても本当に歯痒い…。

その他の馬も、本日エンフォーサーがデビュー戦を終えたが、YGGOC2歳馬全体の進捗度も遅い感じ…。未だ2歳馬の勝利が無いのもそうだが、デビュー馬が4頭(1頭は引退)しかいないのも、笑って見過ごせる場合では無くなってきた。もちろん焦って馬を壊すようなやり方は問題あるし、あーしろ、こーしろとはこちらから言う気もない。そんな会員の感情を汲み取り、良い方向に持っていくのが良心的なクラブの在り方だと思っている。

オルダージュ
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2500~3000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。到着から1週間が経ちますが、体の細さからさほど変わってきません。背肉やお尻の肉も落ちているので、青木調教師からはじっくり乗り込んで立て直してほしい言われています。体を作り直すような感じで進めていくつもりです」(担当者)NSR 481kg

ホーリーライン
松風馬事センターで順調に調整され、23日(水)に帰厩しました。
「短期間のリフレッシュでも、体が増えたのは好材料。今朝の計量で450kg近くありましたので、あとはどれだけこの数字に近いくらいで出走させられるかでしょう。3回福島開催二週目(11/09.10)の芝1200m戦を目標としますが、あまり本数は重ねずレースに臨むつもりです」(矢野英一調教師)

カーヴィーレーザー
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(18秒ペース、週に1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。先週末から15-15を始めました。しっかり対応できていたので今週末もおこなう予定で考えています。ただ、しっかり動けていましたがテンションが上がりやすいところがあるので、そこは注意しながら進めていきたいと思います。速めのところを取り入れても体重が増えているのは良い点ですね」(担当者)宇治田原優駿ステーブル 464kg

セレンディピア
「ゲート練習初日には周りを気にして何度も立ち上がろうとする素振りが見られましたし、全体的にまだ落ち着きに欠ける印象です。そういった精神面の幼さが抜けてくるのはもう少し先かもしれませんが、背中の感じや走りの質は良い。稽古でも求めていけば時計をしっかり出せるタイプだと思います。我慢が利かず駐立にまだ課題を残すものの、ゲート試験もそれほど時間はかからずに合格できそう。疲れからくるものなのか左飛節に若干水が溜まってきたので、そこは血行促進剤などでよくケアしながら進めていきます」(尾形和幸調教師)

シュアリーシーズ
20日(日)に坂路コースで4ハロン60.4-44.7-29.8-15.1を単走で馬ナリに追われ、24日(木)にはCWコースで6ハロンから0.3秒先行して併せ、85.0-69.0-53.3-39.3-12.6を一杯に追い切りました。「今週はレースでも騎乗してもらう予定の吉田隼人騎手を乗せて追い切りました。ハローがけ後でしたが、朝からの雨で馬場が渋っていたので、テンはゆったりと入って終いを伸ばすような感覚で乗ってもらいました。併走馬にこそ遅れてしまいましたが、最後までしっかり走れていましたし、この馬場でも1ハロン12秒台で纏めてきているので、着実に良化していますよ。悪く言ってしまうと非力な感じはあるので芝でこその馬だと思いますが、ここまでしっかりやってきましたし、初戦からある程度やれるのではないかと期待しています。飼い葉食いも全く落ちることなく、入厩当初の430kg台をキープしていますし、牝馬の割にドッシリとしています。ただ、ジョッキーを手配した際に上位の騎手から声をかけたものの、先約があるということで結構断られてしまったので、もしかしたら登録頭数が多くて除外の心配があるかもしれません。隼人騎手はうちでも結構依頼をしていますし、指示通りにしっかり乗ってきてくれるので、今回追い切りにも騎乗できるとのことで、シュアリーシーズの騎乗をお願いしました。今週負荷を掛けたので、来週はサラッと追い切ってレースに臨む予定です」(吉村圭司調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ブロンテビーチ
LHN:台風以降天気が定まらず、馬場状態も不安定な日が多い為、馬場の良い合間の日は17/Fのキャンターで、トレッドミルと併用して調整しています。 体調など大きな変化はなく安定した状態です。また、気性面で特に気になるところはなく、集中して取り組めています。 今週末も天気が悪いようですので、引き続き馬場次第でメニューを組み、進めていきます。

ナンナ
ファンタストクラブ: 今週は火曜・金曜にウッドチップ坂路を17/F単走と15/Fを3頭併せで登坂させ、それ以外の日には屋内ダートコースをキャンターで3〜4周の調教を行いました。 ウッドチップ坂路で調教を行うようになってから、更に馬が変わってきました。脚元もスッキリしており、状態はかなり良いところまできました。今日の併せ馬での調教でも3頭の中で一番の動きを見せていました。ここ数週間は思い通りの調教ができており、ようやく芯が通ってきたと思います。 育成としてできる事があまり残されていませんので、この後は調教師と相談して移動までコンディションを落とさないよう乗り込んで行きます。 *国枝調教師に先週までの調教動画を見ていただいており、「なかなかの動きですね。段取りを整えた上で連絡します。」とのコメントを頂いております。馬体重512kg
(ワラウカドより転載)

ホーリーラインは再来週の福島を目標に調整、シュアリーシーズは来週の京都でデビュー予定ですね^^汗 今週土曜日はYGGOCのエンフォーサーがデビューするので、楽しみが続きます^^汗

ノルマンディーOCの先行募集は、シュヴァリエの18(父ゴールドシップ 牝)が抽選になるも、幸いにして当選^^汗 反対に、ルーシーショーの18(父ホッコータルマエ 牡)は落選いたしました…。無抽選のlヘヴンリーヴォイスの18(父エイシンフラッシュ 牝)も出資となり、まずは1次募集からは牝馬2頭でスタートいたします。オータムセールでノルマンディーOCが落札した馬に興味があるので、その馬が募集されれば狙っていきたいと思っています^^汗


ブルーフェアプレーの18 募集馬写真ブルーフェアプレーの18
牝馬 黒鹿毛 2018/3/13
父ネオユニヴァース 母父アジュディケーティング
美浦・稲垣幸雄厩舎 川上牧場
募集時測尺 158/172/19.5/417kg (2019/9/27)

コメント
かつてロジユニヴァースに携わっていたので、ネオユニヴァースの産駒には良いイメージがあります。自然と期待が高まってしまいますね。本馬の印象としては、手脚がスラッと長くて脚の運びがスムーズなところが良いですね。フットワークからすると、少し長めの距離が合っているかもしれません。芝を走らせてみたくなる雰囲気を持っている本馬ですが、きょうだいはダートで活躍する馬が多いですね。父の産駒は芝ダート問わず多くの活躍馬を出していますし、本馬がどちらに出るか楽しみにしているところはあります。得意な舞台を見つけて活躍できるように頑張ってまいります。(美浦・稲垣幸雄調教師)

これまでの繁殖実績を見て、もう少しピリッとした仔が出ると良いなと思いネオユニヴァースを付けました。アジュディケーティング×ネオユニヴァースは相性がいいと思っていて、本馬のデキを見て再度、同じ配合を試みています。少し性格はキツめなところがありますが、それが競馬にいって前向きさに繋がるといいなと思っています。放牧地ではたくさん走り回って運動量は豊富なタイプ。3勝した母に似た脚長の馬体をしています。どちらかといえばダート寄りに出ているかもしれません。血統的な派手さはありませんが、コンスタントにレースを走って息の長い競走生活を送ってくれることを願っています。(川上牧場 川上氏)

解説
【血統解説(水上学氏)】 本馬の兄で3勝馬のエストゥペンド、2勝馬のアークカンパネラ、共にダートで中堅馬として安定した活躍を見せていた。母ブルーフェアプレーがアジュディケーティングにロイヤルスキーというダート色の濃い配合で、こちらの形質が強く伝わるタイプのようだ。本馬の父ネオユニヴァースは、芝ダート不問ではあるが、切れるタイプの産駒は少なく、ピオネロやグレンツェントのようにダート中距離で開花する馬も珍しくない。おそらく本馬も同じくダート中距離、それもネオユニヴァース産駒が概して得意とする、小回りコースで真価を発揮することになると思われる。仕上がりはやや遅め。長い目で見たい1頭だ。

【馬体診断(治郎丸敬之氏)】 父ネオユニヴァース自身は、手脚がすらりと長く、馬体の幅の薄い、柔らかさと緩さが同居しているような馬体でした。一方、走るネオユニヴァース産駒の馬体の特徴を挙げると、誰が見ても骨格が良く、筋肉がつくべきところにしっかりとついている見栄えのする馬ということでしょう。つまり、父ネオユニヴァースに似ていない馬の方が走るということです。ダートで走った馬たちも同じで、馬格が雄大でバランスが良い。本馬は牝馬ということもあり、手脚の長さが目立つように、どちらかというと筋骨隆々ではなく、ヒョロっと上に高い馬体です。腰高に映るように、これから先の成長によって大きく馬体が変わってきてもらいたいタイプということですね。個人的には、この馬のストロングポイントは気性なのではないかと考えています。顔つき(表情)や動きを見る限り、ネオユニヴァース産駒の牝馬としては気性が良さそう(激しくなさそう)ですので、それほど仕上げが難しくないのではないかと思うのです。ネオユニヴァース産駒の牝馬で大物が出ないのは、実は気性に理由があるはずで、そこがクリアできていれば将来的には面白い馬になるのではと夢を抱くことができるのです。
(YGGオーナーズクラブより転載)

リラジョリフィーユが2歳半ばで怪我で引退し、その穴埋めとまでいきませんが、この馬に出資いたしました^^汗 無料馬なので不安な面もありますが、2着と好走したクワイエットや、掲示板に載ったグリームロータスなど、出資して楽しめた無料馬もいて、この馬もそうなればいいな…と思っています^^汗

私的にはこの馬、芝の方が適性があるのでは?と思っています。馬格は脚が長くスリムで、繋ぎも寝繋ぎでダート馬?とはちょっと考えにくいです^^汗 ただ、兄弟はダートで好走しているので、血統的にはダートなのかな…と思います。

歩様はおっとりした感じで、あまり良く見えないのが正直なところ…。大人し過ぎるのは、行きっぷりの悪さ、追い出しのズブさなど問題点があるので、育成や調教などで闘争心が出てくればいいな…と思います^^汗

ブルーフェアプレーの18にご出資の方々、今後ともよろしくお願いいたします^^

ノルマンディーオルダージュ
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2500~3000mのメニューで調整中です。到着後は体が寂しく映りましたが、馬体重が増えてきません。このまま軽めのメニューで進めて、体重が戻り次第調教進度を上げていこうと思います」(担当者)NSR 477kg

ホーリーライン
「現在は20~30分の程度のロンジング運動にとどめています。14日まではウォーキングマシンの運動で様子を見ていましたが、体の回復が思いのほか早かったことから調教進度を上げています。今回は疲れもさほど見せていませんし、割と早めに騎乗運動に移行できそうな感じです。もう少しアドバンテージを作ってからペースを上げていこうと思います」(担当者)松風馬事センター 448kg

カーヴィーレーザー
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(18秒ペース)のメニューで調整中です。飼い葉を変えたところしっかり食べるようになったので、前のが合わなかったのかもしれません。今後は速いところも取り入れながら進めていきます。こちらを退厩するまでに15-15を3本程はやりたいので、11月中旬頃までには目処を立てたいと思います」(担当者)宇治田原優駿ステーブル 459kg

セレンディピア
ノルマンディーファーム小野町で順調に調整され、17日(木)に美浦・尾形和幸厩舎に入厩しました。
「ブラゾンドゥリスの後釜にとクラブからも期待されている馬ですからね。厩舎に入ってくるのを心待ちにしていました。さっそく今朝から坂路コースに入れて調整していますが、若干硬さはあるものの走りに安定感があって乗り味もいい。まずはゲート試験合格に向けて進めていきましょう」(尾形和幸調教師)

シュアリーシーズ
14日(月)に坂路コースで4ハロン59.6-44.7-29.8-14.9を単走で馬ナリに追われ、17日(木)にはCWコースで6ハロンから併せ、82.6-66.7-51.3-37.5-13.1を馬ナリに追い切りました。「今週は平場で追い切りましたが、3頭併せの真ん中に入ってしっかり負荷を掛けましたよ。内に同じ2歳の既走馬、外に6歳の3勝馬という形で長目からビッシリとやりましたが、動き自体は悪くなく、ハローがけ後でしたが時計もまずまず出たと思います。ただ、雨の影響が残っていて幾分水分を含んだ馬場だったため走りにくそうなところはありましたが、欲を言えばもう少し終いの時計が詰まってきてほしいところ。まだ若干力強さに欠ける印象ですが、このあたりは乗り込めば変わってきそうな雰囲気がありますし、目標のレースまでにはまだ2週間もありますので、ここまでの過程としては概ね順調と言えるでしょう。今後は11/03(土)京都・2歳新馬(芝1600m・牝)に照準を絞って進めていきたいと考えています」(吉村圭司調教師)
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

先日、ノルマンディーOCの先行募集馬申込状況の中間発表がありましたね。最終発表が10/21にありますが、既にルーシーショーの18は103%、シュヴァリエの18は82%と、抽選必至の様相となりました。

もし抽選に落ちた場合、私事ではありますが、先々手術、入院する可能性が出てきた為、お金を浪費しないのと、それとノルマンディーの馬は安馬から…という原点に戻って、ミワノロマンスの18やディスティンダリアの18を検討、またYGGOCの気になる馬も視野に入れて検討しようかと思います^^汗

このページのトップヘ