おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

2019年10月

ニーズヘッグ
11/2 東京5R 2歳新馬 牝馬限定 芝1600m 田中勝春騎手。

ルミリンナ
11/2 京都5R 2歳新馬 牝馬限定 芝1600m 国分恭介騎手。

シュアリーシーズ
11/2 京都5R 2歳新馬 牝馬限定 芝1600m 吉田隼人騎手。

ニーズヘッグはダート色が強いと思われますが、芝でもやれそうということで、果敢に東京のマイル戦に登録。ベテラン田中勝春騎手に勝利を委ねます。

そして京都は、まさかの出資馬同士のデビュー戦対決となりました^^汗 ルミリンナもシュアリーシーズも、私にとっては期待の大きい馬。しかし両馬ともおそらく人気にはならないと思います。当日は仕事で応援馬券が買えないのが痛いところ…。ただ、買わない方が勝利する可能性があると、勝手にジンクスに思っています^^汗

セプテンバーセール2019マイディアソング2018
マイディアソング2018
(父ディスクリートキャット 母父ディープインパクト) 牝 鹿毛 864万円
https://db.netkeiba.com/horse/2018100096/メイショウアオバ2018







メイショウアオバ2018
(父ダノンシャーク 母父メイショウドトウ )牝 鹿毛 162万円
 https://db.netkeiba.com/horse/2018100848/ユメザンマイ2018







ユメザンマイ2018
(父バトルプラン 母父フジキセキ) 牡 鹿毛 475.2万円
 https://db.netkeiba.com/horse/2018103753/ギタートウショウ2018







ギタートウショウ2018
(父シニスターミニスター 母父アグネスデジタル) 牡 鹿毛 540万円 
https://db.netkeiba.com/horse/2018102746/シンメイミヤビ2018







シンメイミヤビ2018
(父スクリーンヒーロー 母父Langfuhr) 牝 黒鹿毛 583.2万円
 https://db.netkeiba.com/horse/2018101854/







オータムセール2019クリアソウル2018
クリアソウル2018
(父スウェプトオーヴァーボード 母父アグネスデジタル) 牝 芦毛 550万円
 https://db.netkeiba.com/horse/2018100601/スイートウィリアム2018







スイートウィリアム2018
(父:メイショウボーラー 母父:Miswaki 牝 栗毛 落札価格319万円)
 https://db.netkeiba.com/horse/2018103240/アイアンブリッジの2018







アイアンブリッジ2018
(父ヴィクトワールピサ 母父トニービン) 牝 鹿毛 275万円
 https://db.netkeiba.com/horse/2018102446/







おそらくノルマンディーOCで二次以降に募集されるセール落札馬たちです^^汗 馬名の横に★があるのが私の要チェック馬です。マイディアソング2018が一番良い馬に見えますが、高額なのが痛いところ…。牡馬の出資馬が少ないので、★の付いたどちらかにいくのもいいですが、オータムセールで落札した牝の安馬も気になる…。まだ募集されるかも分かりませんので、サマーセールで落札されたまだ募集されていない馬と、岡スタ産の残りの馬も含めて一頭だけ出資を検討したいと思います^^汗

yggブーケドロゼブルーの18
北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。騎乗馴致を終え、騎乗運動を開始しています。 牧場担当者「9月上旬から騎乗調教を開始しています。早めにこちらに入ってきて順調に進められていて、現在は屋内トラックを2周(1600m)、ハッキングキャンターをこなしています。力をだんだん付けてきている印象で、気性的には今のところ難しい面は出していません。今の時期にこの距離を乗るのはなかなか大変だと思いますが、問題なくこなしてくれていますよ」160/178/20/439kg

ハンドオブフェイトの18
北海道・日高のグリーンマイルトレーニングセンターにて育成中です。騎乗馴致が行われています。 牧場担当者「10月初旬にこちらに移動してきて、現在は乗り慣らしをしていてブレーキングの段階です。もう少ししたら円馬場で乗り始める予定です。移動前の牧場でしっかり手をかけていてくれていたようで、現状ではとても扱いやすいですね。特に問題なく進められていますし、進めていけそうです」157/179/19/436kg

アガサの18
北海道・日高のグリーンマイルトレーニングセンターにて育成中です。騎乗馴致が行われています。 牧場担当者「現在は乗り慣らしをしていてブレーキングの段階です。もう少ししたら円馬場で乗り始める予定です。ここまでは特に問題なく進められていますが、時折テンションが高くなるところがあるので、その辺りには気をつけながら進めていきたいと思います」157/177/19.5/442kg

ブルーフェアプレーの18
北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。騎乗馴致を終え、騎乗運動を開始しています。 牧場担当者「9月上旬から騎乗調教を開始していて、現在は屋内トラックを2周(1600m)、ハッキングキャンターをこなしています。ネオユニヴァース産駒らしくピリッとしたところがあって、動きには軽さがありますね。早めに入ってきた組で順調に進めることができ、体力も順調に付いてきました。そこまでウルサいところを見せていないので、このままのイメージでペースを上げていけるといいなと思います」160/179/20/430kg

ブルーインザスカイの18
北海道・日高のファンタストクラブにて育成中です。騎乗馴致を終え、騎乗運動を開始しています。 牧場担当者「9月上旬から騎乗調教を開始して、現在は屋内トラックを2周(1600m)、ハッキングキャンターをこなしています。とても順調に進んでいますが、最近は馬房で寝ていることも多いので、騎乗調教を始めてからの疲れが出てきている頃かもしれません。年末に向けてペースが上がっていくので、しっかりと基礎体力を付けて行きたいですね。気性的には真面目に一生懸命走ってくれるので、そういう点は好印象です」150/175/20/430kg

サトノアスカの18
北海道・浦河の森本スティーブルにて育成中です。騎乗馴致を終え、騎乗運動を開始しています。 牧場担当者「現在は騎乗運動を始めてから2週間くらいで、ロンギ場で速歩を踏んでいます。気の強いところを見せていますが、扱いが難しいレベルではないので心配ないですね。メニューとしてはウォーキングマシンに30~40分入れた後、20~30分くらいの騎乗運動を行っています。ここからはキャンター調教を始めて体力をつけながら進めていきます」153/176/20/430kg
(YGGオーナーズクラブより転載)

触れられていませんが、アガサ仔の先月より33kg減が気になるところ…。出資馬6頭とも同じような馬体重となってしまいました…。

ファンタスト組の三頭は、みなブルー時代のクラブ馬の子供たち。早くから育成が始まっているので、既に騎乗運動が始まっています。私の感だとこの三頭は芝適性かな?サトノアスカ仔も森本Sなので早めの進捗具合。この仔も芝かな。グリーンマイル組の二頭はまだ騎乗馴致の段階。この二頭はダート適性なのかな?アガサ仔は立ち繋ぎ気味だし…。この組のデビューは遅めの感じがしますね^^汗

ヘヴンリーヴォイスの18 2018022ヘヴンリーヴォイスの18
牝馬 黒鹿毛 2018/3/1
父エイシンフラッシュ 母父アグネスタキオン
美浦・本間忍厩舎 熊本・ストームファームコーポレーション
募集時測尺 155/181/20.0/443kg (2019/10/4)

コメント
顔や四肢に模様のない黒鹿毛の馬体。ダービー馬である父エイシンフラッシュの特徴がとてもよく出ています。フレンチデピュティ産駒で、ダートに適性を示している半兄スーパーライナーとは異なるタイプに出たように、母ヘヴンリーヴォイスは配合種牡馬の特徴を巧みに引き出すタイプの繁殖牝馬のようです。エイシンフラッシュ産駒のJRA勝利数の約7割が芝ですから、おそらく本馬も芝が主戦場となるでしょう。なお本馬の生産地が熊本である為、毎年、夏の小倉開催で施行されている九州産馬限定戦への出走が可能です。
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

3年連続でエイシンフラッシュ産駒に出資しました^^汗 今年の仔はなんと九州産馬!?特に九州産馬でなくても良かったのですが、今年はこの仔しか選ぶ余地が無くて…^^汗 募集時のホーリーラインの写真にそっくりです。やはり芝の方が良さそうに思います。

募集馬見学ツアーでは、この仔の馬体に皮膚病のあとが目立ち、見栄えが良くなく可哀想だったようですが、おそらく一過性のもので、先々は良くなるものと信じています^^汗 ただ体質は?なので、遠征はどうなのか…心配ではあります。

母父がSS系のアグネスタキオンですから、父エイシンフラッシュとは相性が良さそうです。ミスプロのクロスも面白そうです。母ヘヴンリーヴォイスはもともと社台ファームの牝馬なので、母系も楽しみ。何せ価格が安いので、ノルマンディーOCの楽しみ方である、安馬で回収率を上げるならベストな馬だと思います^^汗

ヘヴンリーヴォイスの18にご出資の方々、今後ともよろしくお願いいたします^^

シュヴァリエの18 2018017シュヴァリエの18
牝馬 栗毛 2018/4/14
父ゴールドシップ 母父フレンチデピュティ
栗東・奥村豊厩舎 岡田スタッド
募集時測尺 155/181/20.5/465kg (2019/10/4)

コメント
父は芦毛のゴールドシップですが、容姿は尾花栗毛の母シュヴァリエそのもの。華やかな見た目だけでなく、雰囲気や筋肉の質の良さも受け継いでくれています。その母は芝1200~1600mで3勝し、最終的に準オープンまで出世。仕上がりの早さを見せ、2歳6月の函館の開幕週にデビューしました。母の初仔で、1歳上にあたる半兄ゴールドパラディンも夏の小倉でデビューしましたので、本馬もこのまま順調にいけば早期デビューが視野に入ってくるはずです。将来はスピードを活かした走りで、桜花賞路線に乗って欲しいと願っています。
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

今年もゴールドシップ産駒(二世代目)が欲しかったので、YGGOCのブーケドロゼブルーの18(牡馬)と、この仔の二頭に出資いたしました^^汗 この仔の毛色は尾花栗毛で全く父に似ていませんが、顔つきなどを見ると父のような気の強さを感じます。

母はノルマンディーOCで活躍した馬で、半兄のゴールドパラディンももう少しで勝ち上がる域に来ています。近親にダービー馬タニノギムレットがいる馴染みのある母系で、父ゴールドシップとは5代までにクロスがないので、丈夫な馬となりそうです。

馬格があり、胸前の筋肉は男勝りです。ダートの適性もあるかも知れません。先行募集では抽選になるほど人気があった馬なので、そういう馬は走らない…といったジンクスもありますが、そんなものは活躍して払拭してもらいたいです^^汗

シュヴァリエの18にご出資の方々、今後ともよろしくお願いいたします^^

このページのトップヘ