おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

2019年04月

カーヴィーレーザー 20190430カーヴィーレーザー
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。担当者は「やや時間がかかりましたが、ケイクン(繋部皮膚炎)は両前ともに治まりつつあるため、近日中には騎乗を再開できる見込みです。マシン運動だけでは体力をもて余しているようで、手入れの際も煩いくらいに元気いっぱい。体も太くなっていませんし、他に気になるところはありません」と話していました。 ノルマンディーファーム 462kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

全ては馬体の良さと、価格で選びました。父エイシンフラッシュという点も、ホーリーラインに続き、期待の念から出資の一因になっています。既に芝向きだとか、胴の長さなどから距離が延びて良いタイプとコメントされていて、牡馬でクラシックタイプの出資馬は、唯一、カーヴィーレーザーだけなので、何とか、どうにかして、3歳クラシック戦線に乗れれば…と、淡い期待を抱いております^^汗

ナンナ 20190419ナンナ
ワラウカド2歳馬&私の出資馬の中で、一番人気のアイドル馬だと思います^^汗 そのルックスもさることながら、既に父ゴールドシップくらいの馬格もあって、今後、徐々にペースを上げて仕上げていくようです。ナンナも目標は牝馬のクラシック路線。厩舎も国枝先生のところと申し分ありませんが、何せ人気厩舎ですので、ナンナの扱いがどんな感じになるのか?その辺が心配なところ。全然関係ありませんが、藤田菜七子騎手のナナコと名前が少し被るところがあるな…と思っているのは私だけ?^^汗

ブロンテビーチ 20190419ブロンテビーチ
まず、たくさんのPOG本に、写真付きで掲載されるとは思いませんでした。しかもファンタストクラブ代表としてですから、驚きです^^汗 しかし、好馬体のマーガレットリバーの半弟ですから、不思議なことではないのかも知れませんね。ただ不安な点があるとしたら、ワラウカド預託3年目&3頭目の加藤先生…。現在勝ち鞍無し。少し気難しさがある先生で、調教コメントはいつも厳しめ。スカイファルコンも先生にお願いしていますが、ダメ出しが怖いです。ブロンテビーチも同じ感じの進め方だと、ちょっと不安になります。まだ入厩は先の話になりますが、天候に左右されるあの外厩は使って欲しくないですね。
(写真はワラウカドより転載)

先日のレースで、サマーロコガールの16(父アイルハヴアナザー)こと、 ボーイズオブサマーが優勝しました。出資者の皆さま、おめでとうございます^^

前5戦ともに8着以内と堅実な走りで、今回のレースも、5番人気とまあまあ人気がありました。これで、昨年の三次募集馬では、5頭中アイルチャーム、アレス、ボーイズオブサマーが勝利し、出資馬ガルラバンもこれに続いてくれ…と思いますが、なかなか現状は厳しそうです…。。。

まだ次の目標レースが決まっていませんが、既に2アウトですので、かなり崖っぷち状態。昨年の今頃、4頭の三次募集馬(プレシャスメールは即行満口で選べず)からガルラバンを選んだ自信満々だった自分が恥ずかしいです^^汗




ホーリーライン 未勝利戦2着 20190427ホーリーライン
4/27 東京・3歳未勝利(芝1400m)戸崎圭太騎手 結果2着
もう少しで勝てたレース。スタートは良く、道中控えることも出来て、直線の追い出しも我慢が出来る程手応えがあり、とにかくセンスがいい。前走乗り、芝の方が合うと感じていたが、その通りだった。すんなり前が開いていれば、差し切っていたかも知れない。(騎手談)
(ノルマンディーオーナーズクラブより引用)ーホーリーライン 未勝利戦2着 20190427

ポンと飛び出た会心のスタートでした。そのまま前に行くのかと思いきや、行けないのか中団に付ける展開になってしまい、ああ、今回もいいとこ8着圏内だな…と思っていました。直線に入ると、インコースから馬場の良い外目に周りを気にしながら移動し、他馬と併せる形で最速の上りで飛んできました。結果、終始経済コースで逃げたコールザチューンにクビ差届かず2着。まさかの9番人気馬が、芝に変更しただけで好走。今まで試さなかったのが勿体なかった…といった嬉しい結果となりました^^汗 欲を言えば勝って欲しかったけど、今回は試行錯誤の上での結果だと思うので良しとします。次走は毎度の馬体重の件があるから、このまま厩舎に留まるのか微妙なところですが、出来たらもう一度、東京の芝コース(距離は延びても良さそう)を使い、必勝を期してレースに臨んで欲しいです。

グリームロータス
東京2Rに出走したグリームロータスは15着。ロスなく回ってきたが、4コーナーでもう手応えが怪しかった。前走より良くなっているが、まだ体がしっかりしていない。(騎手談)
(YGGオーナーズクラブより引用)

スタートは1テンポ出遅れ、道中、中団より後方を位置し、最後の直線はどこに行ったか分からないほど後方にいました。結果ブービーの15着…これで1アウト。馬体重が10kgも減っていたのは大誤算でしたね。軽量牝馬にこのレース条件は勝算も好走も無いと思います。次走は指定交流戦がいいと思いますがね。

ガルラバン
4/20 東京・3歳未勝利(ダ2100m)武藤雅騎手 結果12着
騎手には距離の面で、あまり積極的に行かないよう指示を出した。最後までバテなかったが、あの位置からなら直線ではもっと伸びて欲しいところ。現状、まだ一本調子の走りしか出来ないが、これでギアが変われれば、前進出来るはずなのだが…。本来、ガルラバンのような馬は、経験を積んで良化するのが普通だと思うのだが、3走成績による出走制限がある現行ルールだと、そうも言ってられない現状。既にリーチが掛かってしまっているので、次走はじっくり考えないといけない。交流競走に出走か、頭数が少ないところを狙っていくか…。まずは、経験を積ませるため、8着以内を取りアウトを消したい。在厩で進めながら番組を吟味していきたい。美浦トレセン
(ノルマンディーオーナーズクラブより引用)

スカイファルコン
もっと体の張りが欲しいので、もう1週間リバティホースナヴィゲイトで調教を積ませる。再入厩は、
5/4の検疫で進める予定。レース目標は、再入厩後に考えたい。(調教師談)先週末と火曜日、3/F45程度で乗り込む。他の日、ダクとキャンターでのメニューで調教。代謝が良くなり、皮膚感や馬体のハリは良化してきているが、まだ良化させたいとの事で、このまま体力強化を続けていく。468kg リバティホースナヴィゲイト
(ワラウカドより引用)

ナンナ
今週も他の3頭とは別メニューとなっております。飛節の熱はなく痛みもないようですが、ペースを落としていたので今週は屋内馬場でダクと軽めのキャンターで調整しています。 体調はすこぶる良く、飼い葉もしっかり食べているので馬体重も更に増え497kgになっております。 リフレッシュ前は痩せていた事もあり、見た目の印象が大きく変わって来ました。 休み明けの立ち上げ期間ですので、まずは再発しないよう徐々にペースを上げて行きますが、真面目な馬ですのでペースアップできるようになった後は心配していません。 ゲート練習は本馬も継続しており、駐立から出るところもしっかり対応しています。 ファンタストクラブ

ブロンテビーチ
角馬場でのウォーミングアップ後に、火曜と金曜は屋内ダートコース2周をキャンターで乗った後に、屋外のウッドチップコースの坂路15/Fをそれぞれ1本ずつ、それ以外の日は屋内ダートコースをキャンターで3〜4周程度(2400〜3200m)での乗り込みを行いました。 暖かい日が続いており気温の上昇と共に馬が活気付いて来ています。矯正器具をつけて調教を続けて来ましたが、だいぶ口向きも良くなって来ましたので今日は器具を外して調教を行いました。 乗り役もしっかり抑えて走りましたが、指示に従いつつ前向きにしっかりと坂路を駆け上がって行きました。 これだけの調教を重ねてきても馬体重が増えており、馬体も胴が少し伸びて来ました。現在は493kgですが、馬格から見ても500kgを越すくらいまで増やしながらペースを上げて育成をしていければ、よりダイナミックな走りになってくると思います。 ゲート練習も駐立から出るところまでは問題なくこなしております。 ファンタストクラブ
(ワラウカドより転載)

焦り感のあるガルラバン陣営に対し、スカイファルコン陣営はマイペース。泣いても笑っても残り4ヶ月しかないので、それぞれの師のやり方に一任します。

今年のPOG本では、比較的安価な(割引20%で購入)馬のブロンテビーチが多く取り上げられているようで、まだチェックしていない私は、これを見るのを楽しみにしています^^汗 他に自分の出資馬が掲載されているかどうか?これも大変気になりますね。。。

クワイエット
ムロタホーストレーニングにて放牧中。ウォーキングマシン運動を消化。まだ少し蹄の部分も気にするところはあるが、だいぶ歩けるようになり、この中間からマシン運動を開始。少しずつマシン運動の時間を延ばし、騎乗運動・ダクを始めるタイミングを計っていきたい。

グリームロータス
厩舎で調整中。この中間も南ポリトラックコース中心に乗り込まれ、24日、丸山騎手を背に併せ馬で追い切る。僚馬と併せ、前半から軽快なフットワークで併走していき、残り3ハロンから馬なりで加速して、終い1ハロンは11秒5でゴール。まだ手応えに余裕がある中で、まずまずの時計を出しており、いい状態で出走できそう。4/27 東京2R 3歳未勝利 ダート1400m戦に野中騎手騎乗で出走。
【調教時計】
4/24 丸山騎手騎乗 美浦南ポリトラックコース 良馬場 5F 67.4 51.9 37.9 11.5 馬場の5分どころ 馬なり余力
ヤマタケアンジュ(三未勝)強目の内同入

スイーツビュッフェ
厩舎にて調整中。この中間も南ウッドチップコース中心に乗り込まれ、25日、併せ馬で追い切る。前の馬を追いかけ半馬身ほど先着し、相変わらず動きは良い。来週には出走態勢が整うと思うので、予定通り東京開催3週目のダート1600m戦に向かう予定。鞍上は田辺騎手で調整中。5/4 東京1R 3歳未勝利 牝馬限定ダート1600m戦に出走予定。
【調教時計】
4/25 助手騎乗 美浦南ウッドチップコース 良馬場 5F 69.2 53.5 39.6 13.2 馬場の6分どころ 馬なり余力
ドリームマジック(古500万)馬なりの内0.9秒追走0.1秒先着
(YGGオーナーズクラブより引用)

オルダージュ
4/28 東京 3歳500万下(ダ1400m・混)石橋脩騎手 除外(非当選)
21日、Wコースで5ハロン72.5-56.9-41.8-13.4を単走で馬ナリ、24日、坂路コースで4ハロン54.5-39.0-24.8-12.0を単走で馬ナリに追い切る。今回はいつもと違う乗り手が跨り、いいエンジンを持っていると評していた。最後の1Fもなかなか素晴らしく、力を出せる状態に調整されていただけに、除外は残念ではある。ただ、1週ずれたが、自信を持って送り出せることに変わりはなく、あえて何かあると言えば、少し皮膚に湿疹が出ていることぐらい。季節の変わり目は、梅雨の時期ぐらいまでプツプツ出る馬が多くいるが、パフォーマンスに影響するものではないので心配は要らないとのこと。

ホーリーライン
4/27 東京・3歳未勝利(芝1400m)戸崎圭太騎手騎乗で出走。
21日、坂路コースで4ハロン61.9-42.4-27.3-13.1を単走で馬ナリ、24日、Wコースで4ハロン52.5-38.1-12.7を単走で馬ナリに追い切る。先週は除外で、昨日の想定を見るまで東京、新潟のダート短距離戦も視野に入れていたが、試してみたいと思っていた芝のレースに無事出走が叶った。前走に引き続き、戸崎騎手を鞍上に迎えられたのも心強い。最終追い切りは馬体キープのため負荷を極力抑えたが、動きにはキレを感じた。いくつか組まれているダート戦を含め、番組を吟味した上での選択なので、なおさら良い結果を望みたい。
(ノルマンディーオーナーズクラブより引用)

今週もオルダージュは除外…。なかなか500万下も出走が厳しい状態で、今回は追い切りも良かったので、出走させてやりたかったが、これは仕方なし。代わりにホリラとロータスが同じ日の東京で出走し、ホリラは初の芝、ロータスもダート戦と、レースがかち合わなくて良かった^^汗 ここにきて、ロータスの状態が上がってきて、追い切りの時計もまずまずで、前走よりは様になるレースが出来るんじゃないかと思う。来週、予定では同じ日の東京で、オルとスイーツが出走なので、同日2勝も可能性としてはあると思うので、これも大変楽しみです^^汗

このページのトップヘ