おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

2019年03月

案の定、今年も馬名候補発表の前日に運営のフライングメールがあり、選ばれた7つの候補を見ずに、自分の応募した馬名の落選を知りました…非常(非情)に残念です。もう今年から、ワラウカドでの出資は辞めますわ・・・。ちょっと私には合いません。。。

残るはYGGOCの8頭の出資馬たちだけ。だけというか、8頭もいる^^汗 候補に残れる確率は高いものの、私の出資口数は、ほぼオンリー1なので、投票ではかなり不利…。ここを逃すと結構ショックだな^^汗

グリームロータス
ヤナガワステーブルで放牧中。ウォーキングマシン運動、ダクで体を解した後、1ハロン15~20秒のキャンター4000mのメニューを消化。この中間は週に1回、15-15を行い、帰厩に向けてペースを上げている。肉体的にパワーアップした印象はないが、馬は活気があって状態は良い。帰厩が決まるまで、さらに乗り込んでいきたい。

スイーツビュッフェ
ヤナガワステーブルで放牧中。ウォーキングマシン運動、ダクで体を解した後、1ハロン15~20秒のキャンター3200mのメニューを消化。帰厩に向けて、この中間からは15-15での調教を開始。状態に不安はなく、帰厩後もすぐ追い切りに入れると思う。調教師は、そろそろ帰厩の段取りを組んでいきたいと話している。
(YGGオーナーズクラブより引用)

今週の想定
オルダージュ 3/30 中山6R 3歳500万下・混 ダ1200m 石橋脩騎手 56kg
想定段階では除外1所持の為、出走可能

ガルラバン 3/31 中山5R 3歳未勝利・混 ダ1800m 田中勝春騎手 56kg
想定段階では出走決定順上位の為、出走可能

スイーツビュッフェが、そろそろ帰厩か?!といった感じ。帰厩したら今までの分を取り戻すよう、バンバン行きたいですね^^汗 もちろん無理なく。

オルダージュが土曜、ガルラバンが日曜の出走予定。オルの調子はすこぶる良く、過度な期待はしないけど、前走の走りをすれば自ずと…ような気がします^^汗 ガルは、好調のピークが過ぎてしまったような…。最低でも8着までには入って欲しい。

本日、YGGOCのブログで、3/31の馬名応募締め切りにおける、現在の応募状況(2回目)が発表されました。

ビービーシグナスの2017     0件
ハロースカーレットの2017    3件
グッドファイトの2017      3件
レヴリの2017          4件
リュウメイの2017        7件
カントリーメロディーの2017   7件
グラントアウイッシュの2017   8件
テールバインダーの2017    11件
スズカリーガルの2017     12件
シルヴァースプーンの2017   12件
トシザユカの2017       14件
デルマオコマの2017      16件
スカイトラベラーの2017    28件
ミエノプリンプリンの2017   31件
ブルーベルベットの2017    31件
プレシャスラインの2017    32件
(赤字は出資馬)

0件のビービーシグナス仔は、前回1件だったものの、その後出資者の方が退会…現在は0件のようです。まさか出資者も0人ってことは無いんでしょうが、ちょっとどころか、かなりの驚きです。

私の出資馬では、ハロースカーレット仔がこれまた3件…。最近アップされた坂路動画の動きが良かったので、出資を検討されている方もいらっしゃると思いますが、やはり価格が若干高いから人気ないのかな?私の本命はシルヴァースプーン仔ですね^^命名者に一頭だけなれるなら、この仔ですね。現在12件なので、選考で選ばれる確率が、5/12でYGGならではの高い確率。選ばれるとうれしいなあ^^汗

ワラウカドオージーカンパニーの2017
角馬場でのウォーミングアップ後に、屋内ダートコースをキャンターで3〜4周程度(2400〜3200m)、坂路を単走で17-15を火曜と金曜に行いました。また今週は木曜にゲート練習でゲート内での駐立から軽く駈歩で出る練習を行いました。 本馬は相変わらず元気に調教に取り組んでいます。調教負荷を上げてもへこたれないタフなところは本馬のいいところだと思っています。 ここまで調教を詰め込んできており、暖かくなってさらに元気が出てきているので、テンションが高くなり過ぎないようリフレッシュさせながら進めていきます。 ますます暖かくなってきて来月くらいから外のウッドチップコースが使えそうなので、そちらも使いながら調教を進めていく予定です。ファンタストクラブ 

ナンの2017
角馬場でのウォーミングアップ後に、屋内ダートコースをキャンターで3〜4周程度(2400〜200m)、坂路を単走で17-15を火曜と金曜に行いました。また今週は木曜にゲート練習でゲート内での駐立から軽く駈歩で出る練習を行いました。 本馬は馬格がある分筋肉をしっかりつけていかないとバランスを崩しかねないので、芯が入ってくるよう負荷をしっかりかけて調教を進めています。 普段は慎重な性格なのですが、坂路に出て併せると気合が入って前のめりになるところがあるので、一本調子にならないように心がけています。体調面も問題なく順調です。 ますます暖かくなってきて来月くらいから外のウッドチップコースが使えそうなので、そちらも使いながら調教を進めていく予定です。 ファンタストクラブ
(ワラウカドより転載)

ワラウカド2歳馬の馬名応募の締切が明日に迫りましたね。例年の傾向だと締切日の翌日には、選考に選ばれた方々に、フライングの連絡が運営サイドから来たようで、今年はそういった、運営サイドとしてガッカリな出来事がないことを願っています。

カントリーメロディーの2017 募集馬写真カントリーメロディーの2017
牝馬 黒鹿 2017/5/14
父リアルインパクト 母父Gone West
美浦・勢司和浩厩舎 米田牧場
募集時測尺 158/178/19.0/468kg(11/30現在)

牧場コメント 北海道・浦河 森本スティーブル 森本氏
こちらの育成施設に移動してきてからも順調で、ブレーキングは無事に終わり、馬場での調教を始めています。性格的に少し我の強い所はありますが、競走馬としてはそれぐらいの方がいいですからね。乗った感触としては、バネのある柔らかい動きで、1歳の秋としてはシッカリしています。元々、手先が軽くバランスの良い馬だと思っていましたが、実際に乗ってみると見た目以上に良い印象を受けました。これからの成長によるところもありますが、いい素質を持ち合わせていると思うので、大きなところで活躍してくれることを期待しています。

血統解説 父リアルインパクトは、言うまでもないディープ第2世代の種牡馬。母方に傍流血脈を集めたことで、タフさとパワーを強く補われていて、それを証明するような競走生活を送った。そして本馬の母は、ミスタープロスペクター系にデピュティミニスターの系譜の配合で、牝系は北米ダートでコンスタントに活躍馬を輩出している。 リアルインパクト自身は芝馬だったが、ダート色の濃い母を持っていたことを踏まえると、牝系が北米タイプである本馬も、ダートで走る可 能 性が高い。ベストは1400mから1800mあたりか。3歳春あたりから強くなっていくタイプで、息の長い競走生活が期待できる。

2019/3/1の最新情報 北海道・浦河の森本スティーブルにて育成中です。ウォーキングマシン運動、ダクで体を解した後、1ハロン24秒程度のキャンター3600m、週2回坂路コースで1ハロン15~20秒のキャンター2本のメニューを消化しています。牧場では「この中間は15-15を再開して乗り込んでいます。馬の精神面やコンディションによって、ハロン15秒にしたりハロン20秒にしたりと、強弱を付けながら進めていくつもりです。現時点では動きそのものも良いですし、仕上がりも早そうな印象です。今後もスムーズに進めば、早期に移動となる可能性もあるのではないでしょうか」と話しています。
2019/3/1の測尺・馬体重 体高160cm 管囲19.5cm 胸囲184cm 馬体重498kg
(YGGオーナーズクラブより転載)
カントリーメロディーの2017 20190301
さらばと言いながら、うぇるかむ~♪^^汗 となってしまいました…。これが吉と出るか凶と出るか???

初めてアップされた調教動画がそこそこ良く、価格も安いということで出資に至りました。この仔は、サマーセールで、YGGOCが400万円(税抜)で落札した馬です。馬格があり、多少、気性面に幼さがある感じですが、一時、力んで走るため止めていた坂路調教も、現在はコンディションに合わせて再開できています。

父は安田記念を3歳時に制し、AUSのGⅠレースも勝ったリアルインパクト。この世代が初年度産駒のようですね。2歳馬のSS系の出資馬はこの仔で3頭目となり、ディープインパクト直仔の産駒では初の出資。一応、活躍している系統の種牡馬の産駒も増やしました。

ただ、この仔は母馬が17歳時の生まれ(12仔)で、オジ仔も21歳時と凄いけど、不安な要素は何点もあります。ここ最近の兄弟にも活躍馬が乏しく、ぶっちゃけ、スズカリーガル仔の同僚馬として、好感が持てたのが出資の大きな理由となっており、活躍出来たらいいな…くらいのイメージです^^汗

カントリーメロディー
の2017に出資の方々、今後ともよろしくお願いいたします^^

このページのトップヘ