おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

2018年09月

ミエノプリンプリンの2017ミエノプリンプリンの2017
牝馬 芦 2017/3/18
父スウェプトオーヴァーボード 母父ハービンジャー
栗東・大根田祐之厩舎 船越牧場
募集時測尺 150 / 180 / 20.0 (7月末時点)

牧場コメント  北海道・日高 船越牧場 船越氏
初仔なのでどちらかと言うと小柄でしたが、これまでひとつも病気をしたことがないですし、昼夜放牧でもへこたれることなく、夏を迎えて馬体が大きくなってきました。性格的なところでは、気の強いところはありますが人に対しては従順で扱いやすいですね。放牧地を走り回っている姿からは、スピードがあるように感じられる一方、パワーもありそうな印象を受けるため、芝もダートもこなせそうで短距離から中距離のタイプかもしれません。期待している繁殖牝馬の産駒ですし、近親にクラウンプリンセスやリーチザクラウンがいますが、本馬にはそれ以上に活躍してもらいたいと思っています。

血統解説
シックスクラウンズの流れを汲む名牝系で、遠縁に大種牡馬チーフズクラウン、近親にはダービー2着のリーチザクラウンや、上級で堅実に活躍したエーシンエフダンズ、エーシンジーラインらがいる。また祖母クラウンプリンセスもオープンに昇っている。ハズレの出にくい一族だ。 父が芝ダート問わず、短距離に特化する傾向のあるスウェプトオーヴァーボードであり、本馬の毛色も父と同じなので、おそらくは短距離型になろう。そして牝系からは芝馬と思われる。現時点ではサンプルが皆無に等しい「母の父ハービンジャー」だが、馬力身上なので、快速系の父との相性はとても良いはずだ。筆者が個人的には好きな配合である。

2018年09月28日 最新情報
北海道・日高の船越牧場にて育成中です。現在は昼夜放牧されています。10月上旬に育成先の北海道・日高のファンタストクラブに移動し、馴致が始められる予定です。牧場では「放牧地や普段の手入れでは気の強いところを見せています。このあたりが競馬にプラスに働いてくれると良いですね」と話しています。
(YGGオーナーズクラブより転載)

体高は低いですが、胸前、管囲はまずまずあり、育成牧場はファンタストクラブと、昨年の無料募集馬より、いい馬を提供してくれたと思います。関西所属だったので様子見をしていましたが、ある程度出資馬の選考が整ってきたので、YGGOCの二次募集を待たずに申し込みをしました^^汗

申し込みと入れ替わりに、一次募集馬の歩様動画がHPにてアップされましたが、ミエノプリンプリンの2017は、一時的な跛行のため撮影が延期となり、後日のアップとなっています。跛行ということは、何か怪我か疾病があったのではないかと思いますが、そこまでは分からず・・・。

一目惚れとか、走りがすごかったとか、そういうのがあっての出資ではありませんが、何せ無料募集馬なので、YGGの会員としては持ちたい衝動に駆られました^^汗

父スウェプトオーヴァーボードは今は亡くなっていて、昨日シリウスステークス(GⅢ)を勝った、オメガパフュームや、本日スプリンターステークス(GⅠ)3連覇を目指す、レッドファルクスなど、まだまだ活躍する馬が出てきている種牡馬です。

母父ハービンジャーも、ペルシアンナイト、モズカッチャン、ブラストワンピースなどを輩出し、今をときめく種牡馬なので、BMSでも期待度が高いと思っています。

ミエノプリンプリンの2017に出資の方々、今後ともよろしくお願いいたします^^

まずは10/1から始まるオータムセール2018。

カツナデシコの2017(父ギンザグリングラス)という栗毛の牡馬が上場されますが、
このギンザグリングラスがメジロマックイーンの仔なので、話題になっています。(多分…)
測尺も 154 178 20.0 と悪くないので、Yさんで何とかならないかと願っていますが、
私の勝手な予想では、あのクラブBがセールに参加しそう・・・に思う。
お金に糸目をつけないところなので、もし参加したらダメかな・・・。

そして、本日オメガフレグランスの2017の半兄、
オメガパフュームがシリウスステークス(GⅢ)を勝った!
450kgで、ダート馬では小柄なのに凄い。これはアイルハヴアナザー産駒の弟も注目されそう・・・。

という訳で、また手のひらを返しますが、オメガフレグランスの2017はとりあえず行っときます^^汗
折角のノルマン会員なので、こんな機会めったにありませんもの、祭りですよ、祭り。
倍率4~5倍はあるでしょうが、ダメもと・・・いや、もしかしたらダメであって欲しい?^^汗
とりあえず行っときます。万が一があっても、27000円なら何とかなるさ^^汗

ノルマンディーオルダージュ
23日、坂路コースで4ハロンから1.5秒先行して併せ、55.8-39.4-25.9-13.1馬ナリ。26日、Wコースで6ハロンから併せ、84.8-68.8-54.5-39.9-13.5強目。Wコースは、中がぬかるみ力の要る馬場だったので、時計的には悪くなく、3歳馬に先着したように
良い内容だった。脚元や体調面に関しても不安なく至って順調。
調教で掛かるくらいの行きっぷりと、パワフルさが出てくれば
申し分ないが、そこは力が付けば変わってくると思う。これで
15-15を含め、6本目の時計を消化。もう2本追えば態勢が
整いそうなことから、10/6東京・2歳新馬(芝1400m・混)松岡騎手でデビューを予定している。
東京開催開幕週で、除外の可能性はあるが、出走にこぎ着けたいところ。素直な気性で、走ることに
前向き。調教助手が、いいモノを持っている馬。期待しています。と言っているように、背中の
感触が良く、レースでどれだけやれるのか楽しみ。美浦トレセン

サゼラック
26日、坂路コースで4ハロンから0.1秒先行して併せ、55.2-41.3-28.0-14.2一杯。2歳新馬と併せたが、
まだピリッとした面が出てこず、一杯に追われた割に反応は鈍く、時計も出なかった。
ただ、動き自体は良くなっているし、一度実戦を経験させて、走る気持ちを引き出してあげた方が
良さそうなので、10/8東京・2歳新馬(ダ1300m)西田雄一郎騎手
でデビューを予定している。
28日の調教に跨ってもらい、ゲート確認をおこなっており、来週の最終追い切りでも調教をつけて
もらうとのこと。美浦トレセン

ホーリーライン
ノルマンディーファーム小野町で調整され、27日、美浦・矢野英一厩舎に入厩。フレームの割に
まだ筋肉のボリュームが乏しく映るが、見た目はなかなか格好いい。今朝の調教で跨った感じからは、自分から行くような勝ち気な面も窺えた。まずはゲート試験に向けて、週末から練習を開始し、
徐々に適性を探っていきたいとのこと。美浦トレセン

ガルラバン
馬場3周(上限25秒ペース)のメニューで調整。24日より騎乗を開始、まずは環境に慣れさせるところ
から開始。大型馬で腹袋が大きく、背腰の筋肉が少ない印象。まずは長めを乗り込み、背腰からトモへ
のライン、腰角回りの形を整えていく必要がある。しばらくはじっくり進め、体力面などを安定させて
いきたいとのこと。 ノルマンディーファーム小野町 548kg
(いずれもノルマンディーオーナーズクラブより引用)

オルダージュ、サゼラックは、デビュー戦が決まりました。
ホーリーラインも入厩、ガルラバンは福島に移動と、ノルマンデイー組の動きが活発になっています。
来週の東京は、無事出走登録が出来たら、賑やかな週末と祝日になりそうです^^

ワラウカド先週末から馬場の状態が悪かった日があった為、トレッドミルで
調教を行う。馬場が使えた日は、キャンター2400mで調整を行っている。 腱疲労はかなり回復していて、背腰の甘さはあるが、
概ね問題はない。状態を見ながらメニューを進めるとのこと。
リバティホースナヴィゲイト 462kg

腱疲労が良くなり、腰の筋痛も概ね問題なくなり、
徐々にリスタートできる状態になってきました。まだ先の予定は
何も見えていませんが、まずは現状の課題である疲労回復に努め、
焦らず待つことですね。待ち遠しいですが・・・^^汗 

yggスイーツビュッフェ
厩舎にて調整中。この中間も南坂路コース中心に時計にならない
ところで乗り込まれ、併せてゲート練習を消化し、27日にゲート
試験に合格。調教師は、ゲート練習が順調だったので、
試験を受け、無事に合格できた。入り、駐立、発馬と、問題なく
普通にクリアしてくれた。今後は馬の様子を見ながら、
大丈夫そうであれば、デビューに向けて進めていくとのこと。

クワイエット
27日に栗東トレセンに出発。調教師は、検疫馬房が確保できたので、トレセンに直接入厩させる
ことにした。29日に到着予定とのこと。牧場では、左トモの疲れも取れ、普段通りの調教メニューを
こなしていたが、トレセンに入れば調教はハードになるが、頑張って欲しいと送り出してくれた。
(YGGオーナーズクラブより引用)

スイーツビュッフェが難なくゲート試験を合格し、デビューの兆しが見えてきました。
デビュー戦はダートなのか、芝なのか?大変先が楽しみです^^

クワイエットも栗東トレセンに向けて出発。こちらも問題が無ければ、まずはゲート練習から
スタートすると思います。従順な馬なので、疲れがなく脚の具合が良ければ、
すんなり進めていけると思います。

このページのトップヘ