おきらくごくらく日記

一口馬主のノルマンディーオーナーズクラブYGGオーナーズクラブシルクホースクラブの会員です。
主に出資馬のことについてつぶやきたいと思います^^汗

2018年06月

オルダージュ20180630オルダージュ
現在は馬場2周と坂路2本(上限16~18秒ペース)
のメニューで調整しています。
騎乗担当者は「調教ではまだ時折、左前骨瘤を
気にする時はあるものの、この中間も触診反応や
熱感はなく、再度腫れるといったこともありません。
馬場では長めをジックリと乗り込んでいますが、
患部は良化傾向にあることから、
坂路では徐々にペースアップを図って進めています。
まだ全体的に緩さは残りますが、
この後、順調に軌道に乗りさえすれば、
割と仕上りは早そうに感じられます」と
話していました。なお、今後は入厩に向けてトレセン近郊のNSRで調整を進めることになり、
本日30日(土)に北海道を出発しました。477kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

ホーリーライン20180630ホーリーライン 
現在は馬場2周と坂路2本(上限18秒ペース)
のメニューで調整しています。
担当者は「この中間も2頭併走でしっかりと
乗り込んでいます。ひと頃はムキになり過ぎて
御しづらいところがありましたが、折り合い面に
進展が見られ随分と乗り易くなっています。
体重が右肩上がりに増え精神的に余裕が
出始めていることが最大の要因でしょう。
疲労の兆候には留意しながら
乗り込んでいこうと思います」と話していました。455kg(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)


ガルラバン20180630ガルラバン
現在は馬場2周と坂路2本(上限20秒ペース)
のメニューで調整しています。騎乗担当者は
「成長すれば変わってくるでしょうが、
今はあまり均整の取れた馬体ではありませんし、
まだトモも緩く、乗り込んでいくと
そこに疲れが溜まりやすいようなので、
この中間もペースは上げずに様子見しながら
騎乗しています。トモがパンとしてくるまでは
トレッドミルを交えるなど、調教メニューに
強弱をつけながら進めることも
検討していますが、お腹回りの肉付きも
まだ良すぎるため、なるべく緩めることはせずに乗り込んでいきたい考えです」
と話していました。532kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

まず、オルダージュが本日、美浦トレセン近郊のNSRに出発しました。突然でしたね。
馬自身は若干骨瘤付近を気にするものの、異常が認められないため、
長めを乗り込み、坂路調教も強めてきています。
元々仕上がり早なタイプの馬なので、何もアクシデントが無ければ、とんとん拍子で期待できますね。

一気に馬体がガラッと変わったのが、ホーリーライン。
馬体重がだいぶ増えてきて、理想の感じになってきました。
まだ強い調教まで進んでいませんが、馬体重が増えたことによりそれも可能になりました。
今回のコメントでは、小野町移動の話はありませんでしたが、近々あってもおかしくないと思います。

ガルラバンは、一時期の強い調教スタイルから後退して、無理をせず様子見をして
強弱付けた調教をしていく模様。ただお腹周りの肉は絞りたいので、緩めず乗り込みたいとのこと。
ここにきて、ボーイズオブサマー(サマーロコガールの16)と差が開いてしまった・・・。
やはり大型馬の宿命なのか、調整に時間が掛かるようです。
調子は悪くないのですが、トモがまだまだ緩い感じです。そこはサゼラックと一緒なのか・・・。

スイーツビュッフェ20180629YGGオーナーズクラブ
スイーツビュッフェ
北海道・日高のファンタストクラブにて
育成中です。
引き続き、ウォーキングマシン運動、
ダク800m、1ハロン20秒程度の
キャンター1600m、
週1回坂路コースで1ハロン15秒程度の
キャンター1本のメニューを消化しています。
牧場では「この中間も強めの調教を
課していますが、デビューはもう少し先に
なるということもあり、オーバーワークにならないように長めにじっくりと乗り込んでいます。
併せ馬をメインにしていますが、気持ちは前向きで日々、
真面目に走っているところには頼もしさを感じますね」と話しています。490kg
(YGGオーナーズクラブより転載)

グリームロータス
グリームロータス20180629
美浦トレセン近郊の栗山牧場内
・ヤナガワステーブルにて育成中です。
引き続き、ウォーキングマシン運動、
ダク1600m、1ハロン15~22秒のキャンター
3200mのメニューを消化しています。
牧場では「強めの15-15の調教を3本こなして、
引き続き入厩に備えています。
以前は2本やったところで疲れが出ましたが、
そこを乗り越えてくれたのは良かったと思います。
ゲートにも慣れてきていますし、ここのところは順調に進められていますよ」と話し、
根本調教師は「速いところはあと数本必要かもしれませんが、
そろそろ入厩が見えてきたかなという印象。
ひとまずはゲート試験を目標に、移動の時期を探っていこうと思います」と話しています。430kg
根本調教師の判断により早ければ7月中に入厩する予定です。
(YGGオーナーズクラブより転載)


yggクワイエット
北海道・日高のグリーンマイルトレーニングセンターにて
育成中です。ウォーキングマシン運動を消化しています。
牧場では「ソエに焼烙治療を行っている都合で、
現状はマシン運動のみですが、
来週くらいから乗り出しを始めていく予定です。
10日ほど休ませることになりましたが、
馬体が緩むタイプの馬ではないですね。
そのためペースを戻していくのに長い時間は必要ないのではないかと思います。
この休養で馬体重は10キロほど増えていますよ」と話しています。452kg
(YGGオーナーズクラブより転載)

ワラウカドワラウカド
スカイファルコン
吉澤ステーブル:今週は悪天候が続いていますので、
屋内ダート・坂路コースを使いながら調教を進めました。
坂路調教は週2で15~13/F、
それ以外では2000〜2400mを18〜20/F程度で乗り込んでいます。
本日の坂路調教 3F 44.1 | 15.3 – 14.5 -14.3
移動タイミングですが、
7/21の函館での入厩検疫を目標にしている旨を加藤調教師から伺っております。
入厩に向けてピッチを上げて調教を行っておりますが、
調教で攻めてもへこたれる事がないので、この後もしっかり乗り込んで行きます。
馬体重 458kg (-2kg)
スカイファルコンが7月3週目に入厩予定となりました。

(ワラウカドより転載)

ノルマンディーノルマンディーオーナーズクラブ
サゼラック
ダートコースでダクを2000m、
キャンターを2500~3000m(18~20秒ペース、
週1回は15秒ペース)のメニューで調整中。
まだトモが緩いことを除けば気になるところはなし。
週明けから騎乗運動を再開、徐々にペースアップしています。
28日に3ハロンから15-15の時計消化を実行。
引き続き乗り込みながら負荷を掛け、トモの緩さを払拭できればと思っています。498kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより引用)

月末&週末の出資馬の近況報告は、一遍にアップされるので大変です^^
今日アップされた出資馬はすべて順調ですね。
かねてから入厩の話があったスカイファルコンの他に、
グリームロータスも入厩の話が出てきました。
強い調教に耐えられるようになったためで、体質の弱さが覆され良かったです。
クワイエットもソエの治療期間中に馬体重の増幅があり、短距離馬の馬体に一歩前進できました。
サゼラックはまだまだトモが緩い模様。地道にトレーニングを積んでください^^

YGGオーナーズクラブの2017年産新規募集馬の4頭目は、
トゥザグローリーの牡馬(鹿毛)ですね。
https://youtu.be/JDQid35Pl20
(YGGオーナーズクラブより転載)

動画の景色や、トゥザグローリー産駒などから調べて、
YGGOCと縁が深いK牧場さんの生産馬かな?と思いました。
母はJRAで4勝している活躍馬で、
母父は岡田スタッドでもたくさん種付けされた、ホワイトなんちゃらです^^
兄弟は地方でたくさん勝利した馬はいるものの、成績はパッとしません。

ただ、動画を見る限り、私には結構好みの馬体でした。
トモがしっかりしている感じで、胸前も厚く、悪くありません。
価格もそんなに高くなさそうだし、要チェックな募集馬ですね^^

クワイエット20180626YGGオーナーズクラブ、
クワイエット(スパイクラベンダーの2016)の
最新写真です。
(YGGオーナーズクラブより転載)

おそらく現在はソエの影響で、
同クラブの2頭との併せ馬の動画が無かったので、
軽めの運動のみなのでしょうが、
写真では体つきが締まってきた感じがします。
トモにも筋肉が付いてきた感じがします。

ソエを発症する前は、
JRAの川島騎手に乗ってもらい、
父ローレルゲレイロのようにスピードがある、とコメントをいただきました。
ソエは若駒にはよくあることなので、心配はありませんが、
折角のVTRチャンスを逃してしまったのは、私的にちょっと痛かったです^^

オジ仔ファミリーワラウカドの2017年産新規募集馬の
ラインナップの一部?が発表されましたが、
今のところ、私が出資出来そうなのは、
オージーカンパニーの2017 
(父エスポワールシチー)牡 加藤征弘厩舎予定
ぐらいしかいません。

写真は、パカパカファームさんから
転載させていただきましたが、
右の顔に大きな星がある栗毛の仔が、
オージー仔ですね^^
ちなみに左の青毛の仔が、同い年でも甥っ子の、
ユリカチャンの2017(父パイロ)牡 です。

立ち姿じゃないし、毛色ぐらいしか全く参考になりませんが、
オージー仔の父エスポワールシチーの産駒は、今年羽田盃を勝ったヤマノファイト、
兵庫ダービーを勝ったコーナスフロリダと、活躍馬が出てきているので大変楽しみです^^
ちなみに東京ダービーを勝ったハセノパイロは、もちろんパイロ産駒です^^

母オージーカンパニーは不慮の事故にて、残念ながら子供を産む前に亡くなってしまいました。
そのためオージー仔がラストクロップになります。
半兄のマーガレットリバーはデビュー直前ですが、育成期間からかなり期待されていた馬。
エスポワール産駒の活躍と、マーガレットリバーがそこそこの価格で募集されたことから、
このオージー仔も市場よりは若干高めの価格設定なのかな・・・?と感じます。
何はともあれ、ユリカチャン仔も募集されて欲しいですが、
新規募集馬の正式発表が待ち遠しいです^^

このページのトップヘ