カーヴィーレーザー 20190430カーヴィーレーザー
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。担当者は「やや時間がかかりましたが、ケイクン(繋部皮膚炎)は両前ともに治まりつつあるため、近日中には騎乗を再開できる見込みです。マシン運動だけでは体力をもて余しているようで、手入れの際も煩いくらいに元気いっぱい。体も太くなっていませんし、他に気になるところはありません」と話していました。 ノルマンディーファーム 462kg
(ノルマンディーオーナーズクラブより転載)

全ては馬体の良さと、価格で選びました。父エイシンフラッシュという点も、ホーリーラインに続き、期待の念から出資の一因になっています。既に芝向きだとか、胴の長さなどから距離が延びて良いタイプとコメントされていて、牡馬でクラシックタイプの出資馬は、唯一、カーヴィーレーザーだけなので、何とか、どうにかして、3歳クラシック戦線に乗れれば…と、淡い期待を抱いております^^汗

ナンナ 20190419ナンナ
ワラウカド2歳馬&私の出資馬の中で、一番人気のアイドル馬だと思います^^汗 そのルックスもさることながら、既に父ゴールドシップくらいの馬格もあって、今後、徐々にペースを上げて仕上げていくようです。ナンナも目標は牝馬のクラシック路線。厩舎も国枝先生のところと申し分ありませんが、何せ人気厩舎ですので、ナンナの扱いがどんな感じになるのか?その辺が心配なところ。全然関係ありませんが、藤田菜七子騎手のナナコと名前が少し被るところがあるな…と思っているのは私だけ?^^汗

ブロンテビーチ 20190419ブロンテビーチ
まず、たくさんのPOG本に、写真付きで掲載されるとは思いませんでした。しかもファンタストクラブ代表としてですから、驚きです^^汗 しかし、好馬体のマーガレットリバーの半弟ですから、不思議なことではないのかも知れませんね。ただ不安な点があるとしたら、ワラウカド預託3年目&3頭目の加藤先生…。現在勝ち鞍無し。少し気難しさがある先生で、調教コメントはいつも厳しめ。スカイファルコンも先生にお願いしていますが、ダメ出しが怖いです。ブロンテビーチも同じ感じの進め方だと、ちょっと不安になります。まだ入厩は先の話になりますが、天候に左右されるあの外厩は使って欲しくないですね。
(写真はワラウカドより転載)